今日、妻やめます-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-今日、妻やめます-あらすじ-31話-32話-33話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

今日、妻やめます

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨンへはシンモに離婚を言い出しました。自分が住む家も契約し、家を出る準備をしています。
弁護士まで雇ったヨンへにシンモは1ヶ月だけチャンスをくれと頼みました。それで変わらなかったら離婚してもいいと言います。
テヤンにプロポーズされたルリ。2人はこのまま結婚できるのでしょうか。

【今日、妻やめます】ネタバレあり

31話

ソニョンはジョンドにファヨンの犯罪歴をバラされたくなければテヤンに会社を辞めるように言えと言う。
反対にジョンドはテヤンに話したらあなたの今までしてきたことを全て会長に話すという。
道連れになりたくなければ大人しくしていろと言うジョンド。

話を聞いていたファヨンに、ソニョンは元夫が成功してて嬉しいかと聞く。
あなたにいい思いはさせないと言うソニョン。
財力のある男が元夫で羨ましいだけではない?

ルリはテヤンからもらった指輪を見て喜んでいる。
テヤンは女性に指輪をプレゼントしたのは初めてだと言う。
これからは何があってもお互いを信じようと言う。
ルリはあなたを信じると言う。

エリは自分のしたことがケビンにバレてしまったと思い会社を辞めると言う。
本部長はテヤンは会長には話していないと言う。
本部長は会長は息子を探しているからこのままでは見放されてしまうと言う。
亡くなった母親のために心を入れ替えてくれと言う本部長。

ウジュとウンビョルはエリに会いに来た。
SC食品の中で人を探していると言うウジュ。
エリはテヤンに聞けばいいと言うが、ウンビョルは兄さんに聞けないから来たのだと言う。

ウンビョルはネックレスの写真を見せようとしたときに、電話がなった。
相手は本部長だった。
エリは本部長に今子供達が来ていると言う。
本部長は子供達とはジョンドの子供かと聞く。
そうだと言うエリ。

本部長はなぜ君が子供たちと知り合ったのかと聞く。
エリはテヤンの紹介でジョンドを紹介してもらったと言う。
本部長はテヤンとジョンドはどんな関係なのかと聞く。
エリは父親だと言う。
テヤンが息子だとわかってしまいました

ウンビョルはエリに写真を見せる。
エリはこの写真はどこで手に入れたのかと聞く。
ウジュは母が大切に持っていたと言う。

エリは写真が小さくてわからないと言う。
ウジュとウンビョルは帰って行く。

エリはテヤンがケビンの息子かもしれない思った。

チュノクはヨンジュの再婚相手に最高の男を紹介してもらった。
相手の動画をヨンジュに見せる。
なんとミョンランと付き合っていたモクシンだった。
それを見たヨンジュは再婚なんてしないと言う。
それが正解!

シンモはヨンへを映画に誘うが、ヨンへは仕事の面接だと言う。
帰りは遅くなるから一人で食べろと言い、出かけて行くヨンへ。

シンモは会社にいるルリに会いに来た。
テヤンと食事に行こうとするルリを見つけたシンモ。
シンモはテヤンになぜ君が娘の会社にいるのかと聞く。
テヤンに掴みかかり、娘につきまとっているのかと怒り出すシンモ。

そこに危機を察したミョンランが走って来てテヤンに抱きつく。
ミョンランはシンモに彼氏だと言う。
私に会いに来たのだと言い、テヤンを連れて行くミョンラン。
後で困ったことになりそうですが…

本部長はケビンに息子が見つかったと言う。
ケビンは誰かと聞く。
本部長が名前を言おうとしたときテヤンが入って来た。

ファヨンはジョンドがテヤンの父親のことを知っていることを知った。
知っていて私に黙っていたのかと聞くファヨン。
ジョンドは君こそ、僕に嘘をついて元夫に会っていただろうと聞く。
ファヨンは私たちのことはほっといてくれと頼みに行ったのだと言う。

ファヨンは私を疑うならおしまいにしようと言う。
あなたの母親もうんざりだと言うファヨン。
ジョンドはそれを言い訳にしてあの男に乗り換えるのかと言う。
ソニョンの思い通りになってしまいます

ケビンは本部長にテヤンの前でもかまわないから息子が誰か言えと言う。
黙っている本部長。
テヤンは部屋を出て行く。

本部長はケビンにテヤンの父親はジョンドだと言う。
ケビンはテヤンが私の息子なのかと聞く。
そうだと言う本部長。

駐車場にテヤンを探しに来たケビン。

その時ルリもシンモを送って駐車場に来ていた。
シンモはテヤンを見つけ、娘と同じ会社で働いていたのかと聞く。
嘘をついたのかと言い、テヤンを殴るシンモ。

シンモは娘とはどんな関係かと聞く。
テヤンはルリを愛していると言う。
その言葉を聞いたシンモは再びテヤンを殴ろうと手をあげる。
その腕を掴むケビン。

シンモもケビンにお前は誰かと聞く。
ルリは会社の会長だと言う。
シンモはルリの父親だと挨拶をする。
テヤンのことを最低の人間だと説明するシンモ。
個人的なことだから口を挟まないでくれと言う。

ケビンはここは私の会社だと言う。
シンモはそれなら外で話すと言い、テヤンを連れて行こうと言う。
ケビンはシンモを掴みテヤンから手を離せと言う。
つまみださせたいのかと聞くケビン。

シンモはそういう態度に出るなら娘を辞めさせればすむことだと言う。
娘の人生のためにこの男と決着をつけなければならないと言う。
ケビンはシンモにテヤンから手を離せと言う。

シンモはあなたには口出す権利はないはずだと言う。
この男の父親なのかと言うシンモ。
ケビンは手を離した。
よく我慢しました

駐車場から連れ出されるシンモ。
シンモはルリに会社を辞めろと言う。
一緒に車に乗って帰るルリ。

ソニョンはケビンが息子がテヤンだと気付いたことを知った。
テヤンに会いに来たソニョン。
ソニョンはテヤンにファヨンの過去の犯罪の書類を見せる。
あなたの母親は30年前にアメリカで殺人未遂を犯し韓国に逃げてきたのだというソニョン。

32話

ソニョンはテヤンにあなたの母親は30年前にアメリカで殺人未遂を犯し韓国に逃げてきたと言う。
結婚して新しい戸籍を手に入れたが、私が通報したらアメリカで裁きを受けることになると言う。
ソニョンはあなたが私の頼みを聞いてくれたら決して口外しないと言う。
テヤンはあなたがこんなにひどい人だとは思わなかったと言う。
ソニョンは時間がないから早く決断しろと言う。

ジョンドはファヨンに疑って悪かったと言う。
ファヨンは内緒で会った自分も悪かったと言う。
これからはあなたに話をしてから会うと言う。

そこにケビンからの電話が鳴った。
ケビンはファヨンに会おうと言う。
ファヨンはもう会わないと言ったはずだと言う。

ケビンは息子を見つけたと言う。
私が父親だと名乗り出てもいいのかと聞くケビン。
ファヨンはそんなことをしたら許さないと言う。

その話を聞いたジョンドは家族のためにきちんと話をつけてきてくれと言う。

ヨンジュの店がオープンした。
初日から大繁盛している。

チュノクは2階にオープンする病院に挨拶に行く。
ソウォンはそのとき新しく入る医師の面接をしてたが、ハンギョルの姿が見えないので探しに行く。

チュノクは面接していた医師が院長だと勘違いした。
独身かと聞くチュノク。
この医師もいい感じですからね

その頃ヨンジュは2階にオープンした病院がソウォンの病院だと知った。
ソウォンに私に未練があってつきまとっているのかと聞くヨンジュ。
ソウォンは父が厳選した場所だと言う。
先に契約したのは自分だから気に入らなければ出て行けと言うソウォン。

ヨンジュはビル全体を買うこともできるから追い出されたいのかと言う。
ソウォンは君とは違って僕には生活がかかっていると言う。
ヨンジュはママには黙っていてあげると言う。

ヨンジュは一つだけ聞きたいことがあると言う。
私が離婚を言い出したときに言った言葉は本心かと聞く。
ソウォンが初めてヨンジュに愛していると言った言葉だった。

ソウォンは僕たちは別れたのだから関係ないと言う。
僕がいるのが嫌ならビルごと買ってもらって追い出したらいいと言う。

シンモはヨンヘに電話をし、ルリが問題を起こしたから急いで帰って来いという。
そのときヨンヘが働く店の社長が帰ってきた。
遅れて悪かったという社長はヨンヘを車で送って行く。
社長は仕事は気楽に始めてくれという。
シンモのライバル出現

シンモはマンションの入口で男性の車から降りてくるヨンヘを見ていた。
シンモはあの男は誰かと怒鳴る。
ヨンへは改心するのではないのかと聞く。
シンモは妻が男の車から降りてきたのだから怒るのは当然だろうという。

ルリは家族にテヤンとの関係を話した。
シンモは彼はお前のことを愛していると言っていたが、お前はどうかと聞く。
ルリは自分も愛していると言う。
彼は性格も良くて能力もあるし、父さんも知ればいい人だとわかると言う。

シンモはそんないい人がグアムではお前と遊びだと白状したあげく、なんども私を騙したと言う。
その場しのぎで嘘をつくなんてお前に本気でない証拠だと言う。

ルリは結婚すると言う。
私たちの仲を疑わないでくれと言う。
シンモはまさか、妊娠したのかと聞く。

ルリはお父さんはいつも私のことをバカにするけれど、彼はそうではないと言う。
私のことを認めてくれるし、慰めてもくれると言う。
おかけで社員にもなれたと言う。
失っていた自信を彼が取り戻させてくれたのだと言う。

シンモは女を口説くためなら男はいつだって嘘をつくと言う。
そんな言葉に騙されるなんてバカだと言う。

ルリはお父さんに私の本心を話せば少しは理解してくれると思ったと言う。
いくら彼のことが嫌いでも娘の愛した人だから一度は会ってくれると思ったと言う。
お母さんが言うようにお父さんと話していると絶望感しか感じないからもう話したくないと言う。
ルリは会社も辞めないし、彼とも別れないと言う。

シンモはヨンヘに私に逆らって本当に娘かと聞く。
ヨンヘは私だけを侮辱するのでは足りないのかと聞く。
こうなったのはあなたのせいだというヨンヘ。
1ヶ月後に期待はできませんね

ソウォンはルリにお前が父さんにここまで逆らうなんてどうしたのかと聞く。
ルリはシンモが会社に来てテヤンにつかみかかり、会長と喧嘩したことを話した。
仕方なく一緒に帰って来たけれど、恥ずかしくて死んでしまいたい気持ちだったという。

その話を聞いたシンモはルリに出て行けと言う。
私もお前が恥ずかしいし、もう信じられないと言う。
これ以上バカな娘を養うつもりはないと言う。

ヨンヘは今の言葉は本心かと聞く。
そうだと言うシンモ。
ヨンヘはルリは私が連れて行くと言う。

慌てるシンモ。
まだ、1ヶ月経っていないではないかと言う。
ヨンヘはあなたは1ヶ月どころか10年経っても変わらないと言う。

シンモはそこまで望むなら今すぐ別れてやると言う。
明日弁護士事務所に来いと言う。

テヤンはケビンにルリの父親の件で申し訳なかったと謝る。
ケビンは口を出して気分は悪くなかったかと聞く。
テヤンは正直味方してくれて嬉しかったと言う。
昔はいじめられても味方がいなかったと言う。

今度は問題を起こさないように気をつけると言うテヤン。
ケビンは手を握ってもいいかと聞く。
テヤンの手を握るケビン。

2人の姿を見ていたエリ。
エリはケビンの部屋に忍び込む。
引き出しの中からファヨンの写真を見つけた。
テヤンがケビンの息子だと知ったエリ。

33話

ケビンに呼び出されたファヨン。
タクシーに乗るファヨンに気づいたテヤン。
テヤンはファヨンがソニョンに会うのではないかと思い、あとをついていく。

ケビンはファヨンにいつからテヤンがうちの会社で働いていると知ったのかと聞く。
ファヨンは最近だと言う。
ファヨンは警告したように父親だとは名乗りでるなと言う。

そのときテヤンが店に入って来た。
ファヨンは席を離れ、テヤンに電話をする。

ファヨンはテヤンに友人と待ち合わせしたのだが、キャンセルになったと言う。
帰ろうと言うファヨンに話があると言うテヤン。
テヤンはファヨンに会社でこの書類を渡されたと言う。
過去の犯罪歴は本当かと聞くテヤン。

ファヨンは事実だと言う。
いくら正当防衛だとはいえ罪を犯したのだから苦しかったと言う。
テヤンは誰を殺しかけたのかと聞く。

もしかして父親かと聞く。
ファヨンはそうだと言う。
彼のせいで私の人生は散々だったと言う。

毎日酒を飲んでは暴れ、首まで絞められしかたなかったと言う。
テヤンはもういいと言う。
父親が気になっていたけれど思ったとおりだったと言う。
いい人だったら隠したりしないはずだと言う。

でも両親が殺しあっていたなんてあんまりだと言う。
ファヨンはごめんなさいと謝る。
テヤンはそんな人間の息子で自分こそ悪かったと言う。
母さんに父親が成功していたら会いたいかと聞かれたが、絶対に許せないと言う。

後ろで聞いていたケビンはうなだれる。

エリは本部長を呼び出す。
エリはパパの息子はテヤンだろうと言う。
そうだと言う本部長に、エリは私の味方だろうと聞く。
あなたが私の味方になる理由はわかっていると言う。
もしかして本当の父親?

エリは絶対にテヤンと結婚すると言う。
本部長はそうなれば会長も喜ぶだろうと言う。
本部長は何をしたらいいかと聞く。
エリはルリを片付けてくれと言う。

シンモとヨンヘが弁護士に会いにいくのにルリとソウォンも同席した。

弁護士は離婚するにあたって財産分与の問題があると言う。
シンモは私が稼いだ金だから一銭も渡さないと言う。

弁護士は家の価値の半分を払えと言う。
本来なら慰謝料を請求されてもおかしくないと言う。
ヨンヘは34年間子供を育てたという。
あなたが早く出世できるように上司の家の手伝いに行ったり、やりくりしたのは私だと言う。
年8回もある祭祀の準備やあなたの母親の下の世話もしたと言う。
あなたがわかってくれていたらこうはならなかったと言う。

弁護士は20年以上暮らした専業主婦には財産を半分要求する権利があると言う。
そうなんですか

ソウォンはシンモに母さんも生活していかなくちゃならないのだから出してあげろと言う。
弁護士は合意しろと言う。
シンモは世界中から避難させれも離婚には合意しないと言う。
ここで離婚したら私の34年間が間違いだったと認めることになると言う。

どうしても離婚したいなら身一つで出て行けと言うシンモ。
シンモは事務所を出ていく。
追いかけるヨンヘ。

シンモはヨンヘに私が嫌いかと聞く。
どうしていいかわからないと言うシンモ。
結婚式で誓った言葉を忘れたのかと言う。
こんなのひどすぎると言うシンモ。

ヨンヘはシンモの背中で泣く。
もう私を自由にしてくれと泣くヨンヘ。
よっぽど辛かったのですね

ファヨンはジョンドに別れようと言う。
あなたの母親のせいでテヤンが私の過去を知って苦しんでいると言う。
彼女の目的は私たちを別れさせることだと言う。

ジョンドは本当は元夫のせいではないのかと聞く。
僕とウンビョルがいなくなれば好都合なのではないかと言う。
どうせなら金持ちがいいのだろうと言う。

ファヨンはジョンドを叩く。
毎日お金の心配をするより、あなたの言う通り出世した元夫に乗り換えると言う。
どうせ籍も入れていないのだから気持ちの整理をすればいいだけだと言う。
ソニョンの思う通りになってしまうではないですか

エリはルリを呼び出した。
ルリは謝罪なら受け入れないと言う。
エリは謝るのはあなたの方だと言う。
エリはあなたの父親が私の父親に何をしたか忘れたのかと聞く。
ルリは父が興奮していたのは認めるけれど先に手を出したのは会長だと言う。

エリはつまり悪いのはパパだと言うのかと聞く。
ルリは誰のせいだとは言えないけれど、厳密に言えばそうなると言う。

エリは今の言葉を録音していた。
この言葉を聞きたかったと言う。
会社で父の面目を丸つぶれにしておいて懲罰委員会は免れないだろうと言う。
またうちの会社で働けると思っているのかと言うエリ。

エリはテヤンと別れないと彼までクビになると言う。
ルリはどういうことかと聞く。
エリは本部長に聞けと言う。

ジョンドはテヤンに会いに来た。
ジョンドはソニョンから母親の過去のことを聞いただろうと言う。
テヤンはなぜ彼女は母さんの過去のことで僕を脅すのかと聞く。
ジョンドはあの女はお前に会社を辞めろと要求するはずだと言う。
言う通りにしろと言うジョンド。
やはり本当の父親と離したいから?

テヤンはなぜかと聞く。
ジョンドは何も聞くなと言う。
そうすれば家族は守られると言う。

このことは2人の秘密だと言うジョンド。

本部長はルリに君とテヤンは今回のことで懲罰委員会にかけられると言う。
ルリはテヤンは悪くないと言う。
本部長は自分もテヤンが君のせいで処分されるのは避けたいと言う。
ルリは何をしたらいいのかと聞く。

本部長は誰かが責任を取ればいいと言う。
テヤンと別れてあげろと言う本部長。

31~33話感想

テヤンを巡って周囲はかなり騒いでいます。知らないのは本人だけです。
ジョンドはソニョンの企みにはまってテヤンとケビンを離そうとしていうようです。あんな母親がいるジョンドとは別れたほうがいいような気もしますが。
エリはテヤンが息子だと知り、テヤンを手に入れようとしていますが、テヤンの気持ちは無理でしょう。本部長はいい人なのかと思ったのに、エリの味方をしてルリに別れさせようとしています。エリの実の父親かもしれません。