今日、妻やめます-あらすじ-58話-59話-60話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-今日、妻やめます-あらすじ-58話-59話-60話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

今日、妻やめます

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
スミの妹スジはヨンジュにハンギョルの出生のことをママ友たちにバラされたくなければ6900万ウォンを払えと脅しています。ソウォンもそれを知りました。
シンモは詐欺師だと知らずにテレサに高級時計をプレゼントしました。
エリの母親スザンヌが現れ、今までの悪事の証人であるキム室長を療養施設に隠そうと連れて行きました。

【今日、妻やめます】ネタバレあり

58話

ソウォンはスジに家にまで来るなんて何が目的かと聞く。
スジは6900万ウォンが必要だと言う。
用意してくれたら二度と現れないと言うスジ。

ソウォンはふざけるなと言う。
スジはハンギョルのことがバレてもいいのかと聞く。

そこにヨンジュが来て何をしているのかと聞く。
スジはヨンジュに私が悪いことをしてしまったと謝り帰って行く。

ソウォンはヨンジュにあの女に近づくなと言う。
ヨンジュは気さくな人だと言う。
ソウォンは言うことを聞いてくれと頼む。

懐メロ喫茶の廊下でテレサとヨンヘの社長は出会ってしまった。
社長はテレサの時計を見て新しいカモをもつけたようだと言う。
テレサはお互いに相手がいることだし、知らないフリをしてくれと言う。

シンモとヨンヘもお互いに気付いた。
シンモはヨンヘの前に座り、例の社長と一緒なのかと聞く。
酒まで飲んで、酔っぱらう前に家に帰れと言う。

ヨンヘは私がここで社長と何をしようと干渉するなと言う。
シンモは君がそういう態度なら私も最後の恋愛を楽しませてもらうと言う。

席に戻った社長はテレサと同席しているのがシンモだと気付いた。
社長はヨンヘに詐欺師の新しいカモはあなたのご主人のようだと言う。

ヨンヘは従業員頼んでテレサにメモを渡してもらう。
メモには話があるから外で会おうと書かれていた。

テレサはシンモに断り出て行く。

ヨンヘはテレサにシンモの妻だと言う。

一方社長はシンモに声をかけていた。
社長は女性と一緒のようだが、どういう関係かと聞く。
シンモは妹のような関係だと言う。
相手は僕が初恋の男だと言っていたと言う。

シンモは社長にやり方が間違っていると言う。
車を買い与えてデートに誘えば落とせると思っているのかと聞く。
何もしなくても人柄が良ければ私のように若くて綺麗な女性が寄ってくるのだと言う。
お金目当てです

シンモは社長になぜ年上の女性を選ぶのかと聞く。
社長は年で判断はしないと言う。
世の中はヨンヘさんのように純粋な女性ばかりではないので気をつけたほうがいいと言う社長。

ヨンヘはテレサに私の夫には二度と会わないでくれと言う。
テレサはシンモから卒婚を言い出されたと聞いていると言う。
彼を捨てたくせに邪魔をするのかと言うテレサ。

ヨンヘは彼を利用してお金を儲けようとするのは止めろと言う。
テレサはお金目当てで彼に近づいたと思っているのかと聞く。
ヨンヘはソン・セジュンさんからすべて話は聞いていると言う。
その時計も夫に買ってもらったようだけれど、もう十分に利益は出ただろうと言う。

テレサはシンモのことは利用していないと言う。
私の初恋の相手でお互いに好意を持っているだけだと言う。
時計も彼が好きで買ってくれたのだと言う。

テレサは私がシンモをどうしようとあなたには関係ないと言う。
ヨンヘは卒婚はしたけれど離婚はしていないと言う。
テレサはさんざんこき使って引退したとたん捨てたくせにと言う。
男は引退したら弱るものなのにそばで支えるどころか、彼の恋愛の邪魔をするのかと言う。

ヨンヘはあなたに私たち夫婦の何がわかると言う。
夫があなたのような悪女にだまされるのは見過ごせないと言う。

テレサは老後資金を使い果たしてしまうのではないかと心配なのかと聞く。
夫婦円満なら私のような女が入る隙はないと言う。
彼が私に会うのは満たされていないからだと言う。

ヨンヘは誤解しているようだと言う。
卒婚したことで彼は傷ついたからあなたに会って癒されたはずだと言う。
しかしそれは本気ではないと言う。
あなたもシンモに本気ではないだろうと聞く。
彼は女性の心がお金で買えると思っているようなバカではないと言う。

彼はあなたが本気だと思っているのだと言う。
そんな人を弄ぶなんて間違っていると言う。
彼は傷つきやすい人間だと言う。
ヨンヘはあなたの本性を知って夫の傷つく姿が見たくないと言う。
それは愛ですよ

ヨンヘはあなたにも純粋に人を愛したことがあっただろうと聞く。
人を騙すことこはしないでくれと言う。

テレサは大してお金は取れないから切ろうと思っていたと言う。
ヨンヘは今日私が話したことは夫には黙っていて欲しいと言い、帰って行く。

テレサはシンモが今の会話を聞いていたことを知った。
テレサは私がどんな人間かわかっただろうと言う。
奥さんの言うように人を純粋に好きだったころを思い出して騙すのはやめると言う。

テレサはシンモに時計を返し、手遅れになる前に奥さんを捕まえろと言う。

ケビンの幼い頃の記憶の中にノク姉さんがいた。
チュノクの「ノク」ですか!

ノク姉さんに可愛がられていたことを思い出したケビン。
テヤンとルリは捜して見たらどうかと聞く。
ケビンは散々捜したがダメだったのだと言う。

テヤンはケビンに顔に火傷の跡がある女性を知らないかと聞く。
ケビンは心当たりはないと言う。

テヤンたちは火傷の女性とパク本部長がグルではないかと疑い始めた。

スジはヨンジュに公園のトイレのゴミ箱にお金を入れろと指示をする。
入れなければ幼稚園に噂を流すと言う。

ヨンジュはチュノクに現金で6900万ウォンを用意してくれと頼む。
チュノクはなぜお金が必要なのかと聞く。
ヨンジュはスジが送って来た脅迫文を見せる。

チュノクとヨンジュは公園に向かう。
ヨンジュは約束のゴミ箱に現金の入った袋を入れる。

ソウォンは刑務所にいるスミに会いに行くがすでに出所したあとだった。
刑務官に連絡が欲しいと伝えて欲しいと頼む。

ソウォンはカフェから出て来たスジのあとをつけて行く。

59話

ヨンジュは公園のトイレのゴミ箱に現金の入った紙袋を入れる。

スジはゴミ箱から袋を取り出した。
トイレを出ようとすると目の前にチュノクとヨンジュが立っていた。
チュノクはスジのマスクを外す。
ヨンジュはスジだと知って驚く。

スジは私が犯人だと言う。
チュノクはスジにお前は誰かと聞く。
スジは出て行こうとするが、チュノクはスジを捕まえ何度も叩く。
スジは私が口を割ればおしまいなのに叩いていいと思っているのかと言う。

そこにソウォンが入って来た。
ソウォンはスジにお前はクズだと言う。

ヨンヘはシンモに嫉妬するから若い女性にはもう会わないでくれと言う。
私も社長に車を返してバスで通うと言うヨンヘ。
できた奥さんです!

シンモはヨンヘの手を握り、君のことを今ままでバカにしていたことは全て取り消すと言う。
本当のバカは私だと言うシンモ。
君とテレサとの会話を聞いていたと言うシンモ。
ヨンヘは昔だったら口を出すなと怒ったが、今は大人になったと言う。

テヤンとルリの両家で食事をすることのなった。
家族が自己紹介をするとシンモは兄弟の名字が違うはなぜかと聞く。
ファヨンは3回結婚したのだと言う。

ファヨンはシンモとヨンヘに2人は私の憧れだと言う。
私の夢は一人の人と添い遂げることだったから素晴らしい家の娘さんがテヤンと結婚してくれて幸せだと言う。

ファヨンはシンモに昔ダンススクールに来ただろうと聞く。
シンモはあの時の先生だったのかと聞く。

ケビンは私も幸せな家庭が見たいから家に招待して欲しいと言う。
ヨンヘは顔合わせの席を用意すると言う。
卒婚も終わりそうですね

ケビンは駐車場にいるスザンヌを見つけた。
死んだはずなのにありえないと考えるケビン。

テヤンは火傷の女性がイ・ギョンファだと突き止めた。
イ・ギョンファは取引先のゴールドマンパートナーズのチーム長だった。

ソウォンはスジにスミはどこにいるのかと聞く。
スジは今回のことは姉さんは関係ないと言う。
チュノクは私が通報したら脅迫罪で刑務所送りになると言う。
スジはどうせ人生は終わっているのだから好きにすれば良いと言う。

ヨンジュはハンギョルを捨てたくせにやっとつかんだ幸せなを奪って姪を利用してお金と取ろうだなんて人間かと言う。
ソウォンはスミに電話をしろと言う。

スジは土下座する。
姉は何も知らないから許してくれと言う。
ソウォンはスミを呼べと言う。
許すかどうかはそれから決めると言う。

その時ソウォンにスミから電話がかかってきた。
スミは刑務官から連絡をするように言われたれたがハンギョルに何かあったのかと聞く。
ソウォンは今スジと一緒にいると言う。
スミはなぜかと驚く。

ソウォンは君が仕組んだことだろうと聞く。
すぐに病院に来いと言うソウォン。

幼稚園が終わったハンギョルはソウォンの病院に行く。
スミと対面してしまうかも?

ソウォンの病院に着いたハンギョル。
そのときスミが現れた。
スミはハンギョルを見て驚く。

ヨンジュとソウォンはハンギョルを見ているスミに気づいた。
ソウォンはスミを連れて行く。

ソウォンはスミに君のせいで妻は傷ついたのに脅迫するなんて娘を利用するなと言う。
スミは諦めていた子供を授かったのだから代償を払うのは当然だと言う。
ソウォンは今度妻を侮辱したらタダではおかないと言う。
スミは妹を返せと言う。

スミはスジのところに行く。
スジは今回のことは一人でやったことだと言う。
チュノクはスミにあなたが妹に指示をしてやらせたのかと聞く。
スミはそうだと言う。

チュノクはスミの頬を叩く。
チュノクは手が出るのが早いです

チュノクは子供のために死ぬこともできるのが母親なのにあなたは子供を金で売るのかと言う。
スミは身ごもった瞬間からあの子は私の人生を邪魔する厄介者だったと言う。
だから私に母性愛を期待してもダメだと言う。
生きるために娘を売ったのだと言う。
お宅も子供ができたのだからもっとお金をもらってもいいくらいだと言う。

ソウォンはスミに君のような女と付き合っていた自分を呪うと言う。
スミはやっと目が覚めたようだと言う。
ハンギョルに愛情はなかったし、これからもないと言う。
あの子はあなただけの子供だと言うスミ。

ソウォンは金輪際ハンギョルに関わるなと言う。
二度と現れないと誓えと言う。
スミは望むところだ、最後まで責任をもって育ててくれと言う。

チュノクは紙袋に入っていた6900万ウォンを床にばらまく。
帰ろうとするスミとスジにお金を拾って持っていけと言うチュノク。
スミは床にばらまかれたお金を拾い集める。

チュノクはこれであなたは子供を捨てたのだと言う。
スミは子供を産んで正解だったと言いながらお金を拾う。

チュノクはヨンジュにすべて片付いたと言う。

スミはスジを叩き、今度バカなことをしたら一人で死んでやると言う。
スジは姉さんのためにしたことだと言う。
どうして金を受け取ったのかと叫ぶスジ。
スミはスジにもうここには来るなと言う。

ヨンジュはスミにもう終わったのかと聞く。
スミはハンギョルはあなたにあげるから自分の子供として育てろと言う。
ヨンジュは言われなくても私の子供だと言う。

スミはソウォンはお金のためにあなたと結婚したのではなくあなたを愛しているようだと言う。
ヨンジュはソウォンの前に現れたらタダでは置かないと言う。
スミは3人の幸せを祈っていると言う。

60話

ヨンヘが社長からもらってきた国産牛の箱を床に投げるシンモ。
下心があって贈り物をしているのにわからないのかと怒鳴る。
ヨンヘは話をしても疲れるだけだと言い、肉を片付ける。

ヨンヘはテヤンの家族には私たちが卒婚をしていることは内緒にしようと言う。
顔合わせは今週末だと言う。
シンモは早すぎるから来週にしろと言う。
ヨンヘは来週は出張で韓国にいないと言う。

シンモはどこに行くのかと聞く。
ヨンヘは事業説明会で社長とウランバトルに行くと言う。
シンモは何日かと聞く。
3泊4日だと言うヨンヘ。

シンモは必死に怒りを抑える。

ヨンヘは私には家事しかできないと思っていたが、仕事ができると褒められてやりがいを感じていると言う。
だから私の邪魔をしないでほしいと言う。
シンモは許すかどうか検討すると言う。
ヨンヘは許しを得るつもりはないと言う。

シンモはウランバトールと叫び怒りを爆発する。
(笑)

ケビンはルリとテヤンに火傷のある女性を見たと言う。
ルリに写真を見せ、病院で見たのはこの人かと聞くケビン。
ルリはこの人に間違いないと言う。

テヤンは誰かと聞く。
ケビンは3年前に死んだ人だと言う。

ケビンはエリの母親が生きていたと言う。
テヤンは3年前に亡くなったのではないのかと聞く。
パク本部長から電話があり危篤だと聞いて、駆けつけた時は亡くなった後だったと言う。

ケビンは2人で結託して私を騙していたのかもしれないと言う。
テヤンは取引先のゴールドマンパートナーズのイ・ギョンファを知っているかと聞く。
ケビンは初めて聞く名前だと言う。
テヤンは彼女がエリの母親だと思うと言う。

エリはアメリカに帰る準備をしていた。
そこにパク本部長がやってきて諦めるのかと聞く。
エリは私が自殺をしてもパパはもう見舞いにも来てくれないと言う。

そこに入って来たのはイ・ギョンファだった。
エリはママと呟き驚く。

エリは娘にまで死んだと嘘をつくなんてひどいと言う。
ギョンファはエリにあなたがケビンに気に入られていれば簡単に済んだのだと言う。
エリは火事に気づかなかった自分をずっと責めて苦しんでいたと言う。
ギョンファはそのおかげでSC食品の株が手に入っただろうと言う。
悲しむあなたにケビンが同情したのだと言う。

ギョンファは明日から逆転するから見ていろと言う。
テヤンに必死に尽くしたのに彼はあなたの思いを踏みにじったのだろうと言う。
ケビンが私にしたのと同じだと言う。
親子して性格が悪いから好きになってくれないのでしょう

ケビンを支え、SC食品を大きくしたのはテヤンではなく私とあなただと言う。
これから私がこらしめてやると言うギョンファ。

ソウォンは病院で講義をすることになった。
講義を終えたソウォンは病院にいるスミを見つけた。
ソウォンはスミになぜここにいるのかと聞く。
スミは偶然だと言う。

ソウォンは具合が悪いのかと聞く。
スミは前科者だからソウルでは暮らせないから海外に移民をすると言う。
ソウォンは良かったと言う。
スミは永遠に戻れないところに行くから安心しろと言う。
死ぬ?…

シンモはヨンヘが社長と一緒に出張すると聞いてから落ち着かない。
行き先がウランバトルだと聞いたチュノクはロマンチックだとうっとりする。
シンモは妻を愛していると言う。
妻の素晴らしさに気づいていなかったと言う。

チュノクは今から捕まえればいいと言う。
正直に自分の気持ちを伝えればいいと言う。
シンモは妻は私より社長がいいみたいだと言う。
どうかなりそうだと言うシンモ。

チュノクは奥さんを引き止めるために人質を取ればいいと言う。

チュノクはシンモと一緒にルリの荷物を運ぶ。
それを知ったヨンヘは急いで家に帰る。
ヨンヘは本人の同意なしに勝手なことをするなと言う。
シンモはルリは私の娘だと言う。

ヨンヘは出張のことが気に入らなくてこんなことをするのかと聞く。
邪魔をしてもいいなりになるような昔の私ではないと言う。
シンモは俺も昔の俺とは違うから心配せずに出張に行ってこいと言う。

モンゴルの金を両替しておいたと言いお金を渡すシンモ。
ヨンヘは何を企んでいるのかと聞く。
シンモは君の知っているシンモはもういないと言う。
ルリが嫁に行くまで尽くしてあげたいのだと言うシンモ。

チュノクはヨンヘにあなたのことは無関心だから恋人と楽しんで来いと言う。

シンモはチュノクにこれで妻は戻ってくるのかと聞く。
チュノクは恋には駆け引きが重要だと言う。
このコンビはなんとなく気が合いますね

ケビンはパク本部長にゴールドマンパートナーズのイ・ギョンアを知っているかと聞く。
パク本部長は知らないと言う。

SC食品の店舗の総括マネージャーにジョンドが選ばれた。
スタッフのことはテヤンが任されていたのだった。

テヤンの理事就任を認める理事会が開かれた。
ゴールドマンパートナーズの本部長として現れたギョンア。
ギョンアはケビンに久しぶりだと言う。
ギョンアはテヤンに親の七光りでは信用に値しないと言う。

58~60話感想

エリの母親はギョンアなのかスザンヌなのかどちらで呼べばいいのでしょう。どちらにしても性格は悪いようです。だからどんなに支えてくれてもケビンは好きにならなかったのでしょう。エリは母親に似たようです。
ヨンヘの広い心と優しさに気づいたシンモです。ヨンヘもシンモに対する気持ちが変わって来たような気がします。卒婚を解消することはあるのでしょうか。