今日、妻やめます-あらすじ-最終回(70話)-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-今日、妻やめます-あらすじ-最終回(70話)-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

今日、妻やめます

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ケビンとチュノクは再会しました。そしてケビンの会社を救ったチュノク。
エリは母親の罪も被るつもりのようです。すべて自分独りでやったというエリ。
シンモはヨンヘを解放し、離婚することを決意しました。しかし反対にヨンヘは出張先でソン社長の告白を断り先に帰国しました。

【今日、妻やめます】ネタバレあり

最終回(70話)

エリはすべて一人でやったことだと言う。
警察にも自首すると言ったと言う。
ルリはまたギョンアが会社を狙うかもしれないと言う。

エリは私の株をテヤンに譲渡すると弁護士に伝えてあるからママは何もできないと言う。
テヤンは彼女がお前に何をしてくれたのかと言う。
エリはたとえお荷物だと言われても私の母親だと言う。
私が全部償うから許して欲しいと言うエリ。

そこにパク本部長とギョンアが入って来た。
ギョンアはエリにどこまで話したのかと聞く。
テヤンはあなたがすべて黒幕だと聞いたと言う。

テヤンは録音したので警察に渡すと言う。
ギョンアは私が黒幕だと言うのはこのバカな娘の言葉だけだろうと言う。
証拠もないのに警察だって暇ではないと言う。

ギョンアが出て言った後、テヤンはエリにあれでもかばうのかと聞く。
あの女は母親ではなく君を破滅させるクズだと言う。

ギョンアはパク本部長にほとぼりが冷めるまで韓国を離れるからあとは任せると言う。
パク本部長はエリにすべての罪を着せるつもりかと言う。
ギョンアはたとえ捕まっても6年だと言う。
パク本部長は6年も捕まればエリの人生は終わりだと言う。
30歳前後の6年間は大きいでしょう

ギョンアはそれならあなたが捕まればいいと言う。
あなたが指示をしたと言えばいいと言う。
パク本部長はなぜ私がそんなことをするのかと聞く。
ギョンアは初めて会った時から私のことを好きだと知っていると言う。
だからあなたが捕まってくれと言う。
パク本部長はのぞみ通りにすると言う。

パク本部長はギョンアにエリに最後の挨拶をしてくれと言う。

ギョンアはエリに電話をする。
弁護士をつけるから余計なことは言うなと言うギョンア。
エリは刑務所に入るかもしれないのに他に言うことはないのかと聞く。

ギョンアは余計なことをするからだと言う。
あなたの悪いところはバカな上に腰抜けだと言う。
この機会に精神を鍛えてこいと言う。
こんな母親はいらないでしょう

テヤンはエリにこれでも一人で抱え込むつもりかと聞く。
エリにこのままでは母親は悪魔になってしまうと言う。
エリはテヤンに母に天罰が下るなら手を貸すと言う。

エリはテヤンとルリとゴールドマンパートナーズにやって来た。
ギョンアの部屋の金庫に入っていた不正の証拠を探したテヤン。
テヤンはケビンに電話をし、これでギョンアを捕まえられると言う。

パク本部長はギョンアを乗せて車を走らせる。
スピードを出すパク本部長に何をすると言うギョンア。
パク本部長はトラックに向かって車を走らせる。
そしてハンドルから手を離すパク本部長。

ハンギョルはスミの作った料理を食べる。
ハンギョルはスミにどこか悪いのかと聞く。
スミは目が悪いから明日手術を受けると言う。
ハンギョルは自分の手をスミの目に当てる。
こうすれば良くなると言う。

ハンギョルは病気だと悲しいから良くなってくれと言う。
スミはハンギョルを抱きしめる。
本当の母親と一緒の方がいいと思いますが

スミはハンギョルにおばさんが憎くないかと聞く。
ハンギョルは好きだと言う。

スミはスジにハンギョルを手放せないと言う。
アメリカに連れていきたいと言う。
スジはハンギョルは向こうの生活に慣れたばかりだと言う。
スミは図々しいのはわかっていると言う。

ハンギョルは上着とカバンを持って出て来た。
家に帰ると言うハンギョル。
スミは今夜はここに泊まっていけと言う。
ママにも話してあると言うスミ。

ハンギョルはママに会いたいと泣き出す。
スミは私もママだと言う。
ハンギョルはおばさんはママではないと言う。

ヨンジュはソウォンにハンギョルが心配だから迎えに行くと言う。
車を出そうとしたときタクシーに乗ったハンギョルが帰ってきた。

スミはソウォンに今日一緒にいて面倒だとわかったと言う。
やはり私は母親には向いていないようだと言う。
手術を受けて新しい人生を歩くと言う。

ヨンジュはハンギョルに会わなくても大丈夫かと聞く。
スミはもうあなたの娘だからあなたが育ててくれと言う。

スミはヨンジュに自分の写真入りのペンダントを渡す。
いつかハンギョルが私に会いたがったら渡してくれと言う。
中に住所も書いてあると言う。

そしてヨンジュにありがとうと言うスミ。
ヨンジュもスミにありがとうと言う。

シンモはヨンヘとソン社長が2人で夜の星を見ている姿を想像する。
その頃ヨンヘはシンモの家で料理を作っていた。

シンモが家に帰ると食事の用意がしてあった。
シンモはヨンヘにどこにいるのかと聞く。
ヨンヘはモンゴルだと言う。
シンモはヨンヘがバス停にいることがわかった。

今すぐに行くからそこを動くなと言うシンモ。
バス停にいるヨンヘになぜここにいるのかと聞く。
ヨンヘは動くなと言われたからだと言う。

ヨンヘは私は年下男より気性の荒い夫の方がいいみたいだと言う。
シンモは愛しているといいヨンヘを抱きしめる。
おめでとう!!!

パク本部長とギョンアは事故で意識不明の状態だった。

チュノクはケビンたちを連れてケビンの父親の墓に行った。
ケビンは父のは墓に向かって息子のウンジョだと言う。
来るのが遅れて申し訳ないと言うケビン。

ジョンドはSC食品のレストランでシェフとして働いている。
そしてファヨンは妊娠した。
かなりの高齢出産ですね

ルリは明日テヤンと結婚する。
シンモは複雑な心境だった。

ルリは最後の夜は両親と一緒に寝ると言う。
シンモは幸せになれと言う。

シンモはルリと腕を組みバージンロードを歩く。
テヤンにルリを泣かせるなと言うシンモ。

式の途中でヨンジュが産気づいた。
チュノクはまだ産まれないから先に家族写真を撮ろうと言う。

そしてみんな揃って家族写真を撮った。

最終話感想

シンモは良い夫であり、良い父親でした。ヨンヘが卒婚を言い出すほど悪い夫だったのかよくわかりませんが、家族のために一生懸命だったことは確かです。
パク本部長とギョンアは意識不明ですが、エリの父親がパク本部長だったのか最後まで確信はとれませんでした。しかしエリのために心中しようとしたのですからエリの父親だったのでしょうね。
テヤンとルリはやっと結婚できました。最後は全員がハッピーエンドでした。