偽りの雫-あらすじ-95話-96話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-偽りの雫-あらすじ-95話-96話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

偽りの雫 タイトル





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、ジナがジョンウォンに対して警告をしたのです。警告って言うかチワンから離れろと、挑戦状を出した訳ですねぇ。ジョンウォンはこれに対して特に反応はしてないですねぇ。ジナはジョンウォンに無理な仕事をさせたりそんなズルいことじゃなくて正々堂々と勝負して欲しいなぁ。これからどんな出来事が起きるんだろう。楽しみの一つですねぇ!

会長が段々と記憶が戻るようだけど、早く元気になって欲しいわ!スンヒはジョンウォンを虐める何かを企んでいるようですよ。本当の孫を助けて下さい!

【偽りの雫】(ネタバレあり)

95話

ジョンウォン。スヒョクから母親を見つけたとの話で面食らう。明日会うことにした。
ビョン女史。ジョンウォンから母親のことを聞いて心配になる。自分とジナのように再開するお母さんの姿でがっかりしないかということだ。
ビョン女史。ジナのネックレスと見つけてくれたことのお礼でジナとの食事会を楽しみしている。
スンヒとジョン秘書。スヒョクの手下を利用して、スヒョクに偽物のジョンウォンの母親を見つけたと情報を流したようだ。ジョンウォンの母親という人はスンヒが作り上げた偽物だった。
やはりか?やはりスンヒは最悪な人間なのねぇ!許せない!
スヒョク。ウンエにご飯を食べさせようとした時に赤ちゃんを恋しく呼び上げるウンエのことで、スンヒに赤ちゃんのことを聞いてみるが、スンヒは正直に答えるはずがないのだ。
ビョン女史とジナの食事会だ。ジナの前では緊張し過ぎて話も上手く出来ないビョン女史。
ジョンウォンは偽の母親と会った。スンヒから渡して貰ったウンエのネックレスを見せた。偽の母親の役を演じる女の芝居は見事だった。
ミソンの店にマング一行が訪ねて来た。相変わらず忙しい。お客さんからは夫婦に見られたようだ。
ジョンウォンは偽の母親を家にまで連れて来た。ジョンウォン家族に対する芝居もお見事だ!
ミョンスはジナに頼まれてチワンと会う場面を設ける。チワンはジナのこういう行動にがっかりする。もう一度こんなことをしたら本当に怒るから!と腹を立ってるチワン。去って行くチワンを見ながら、チワン氏こそこういう風にすれば、私どんなことをするか分からないよ!
ホン議員は。スンヒが誰かとこっそり電話をしていることに何かを企んでいることを気づく。スヒョクにウンエのことを聞いてみるがスヒョクは嘘を言う。ホン議員はスヒョクとスンヒの後をつける指示をした。
ジョンウォンと偽の母親はジョンウォンの部屋で寝ている。ジョンウォンにとっては夢のような時間だ。
オクシム会長。ホン議員とスヒョクが揉めていることを見て事故当時のことが思い浮かぶ。
ショックを受けて倒れたオクシム会長は長い間動いていないせいで、言語障害と共に運動能力もほとんど失っている状態だ。そんな会長が必死に頑張ってスケッチブックに何かを書いている。それをスンヒにみせた。その内容は、スンヒよ!ウンエを隠したのがホンだったのよ。
ダメ!それじゃないですよ!もっと思い出して会長!

96話

スンヒ。オクシム会長が書いた内容を読んだ。スンヒはオクシムに、このことはホン議員には知らないふりをしようと言う。4年前、ホン議員がウンエを引き抜いて隠したのは自分の為ではなく、自分の弱みを握る為であることに気づいた。
それじゃないでしょう?自分の弱みを握られる前にウンエを隠したのはあなたでしょう?自分の罪に対しては何も反省してないのねぇ?!
ホン議員。スヒョクの後をつけたことがスヒョクにバレてしまった。キム補佐官の下手な仕事ぶりに怒るホン議員は信用出来る人を欲しがる。
チワンのような人?
ホン議員は酒の友としてチワンを呼び出した。自分の家族の話をする。こんなのが家族って言えるのかな?薄氷を踏む思いで妻の実家での生活、妻とは相互牽制に忙しくて、一人だけの息子はお母さん子で…。もう一人息子が居たらこんなに寂しくないだろうにねぇ。
二人は代行を呼んで帰り中だ。ドライバーさんは、お二人は親子ですよねぇ?そっくりです。酔ったホン議員は、はい、そうです。長男です。と答える。
本当の親子だからねぇ!
スンヒがオクシム会長に、お母さん!私もホン議員に騙されたようだよ。心配しないでね。私がウンエを見つけ出すからね!と偽るスンヒ。
マング。オクシム会長にスンヒが起こした罪について話そうとするが、スンヒが邪魔をして失敗。
ミソン。チキンの配達中に、ジョンウォンの偽の母親に出会う。その偽の母親は昔ミソンのお金を騙し逃げた人物だった。
チワン。ジョンウォンの忘れ物を渡しにジョンウォンの家の前に着いた。偶然、ジョンウォンの偽の母親が自分の娘と話すような電話をする内容を聞いた。偽の母親の存在を怪しむチワン。
ホン議員。自分のことを怖い目で見つめるオクシム会長のことが気になる。スンヒに聞いてみるが、答える訳がないスンヒだ。
偽の母親はジョンファが貯めておいたお金があることを知り、ジョンファを騙すつもりだ。
ホン議員。書斎でスンヒが破り捨てた紙の一部を発見した。ホン議員だったのよ。という短い内容だった。最近の会長の行動からスンヒに腹が立つホン議員。
スヒョク。ジョンウォンに母親を見つけたお礼で夜食を一緒に食べてくれとしつこく言ってくる。仕方なく約束をするジョンウォン。
嫌だって言えないジョンウォンにしつこいなぁ!
人の目が少ない夜だし安全だと思ったスンヒは偽の母親を会社に呼び出した。
ジョンウォンとの約束で会社に着いたスヒョクは自分が見つけて上げたジョンウォンの母親を見た。怪しく思ったスヒョクは偽の母親の後を追って行くとスンヒの副会長室だった。中を覗いて見て偽物だったことが分かった。乗り込もうとした時、何も知らずにスヒョクの後をついて来たジョンウォンの気配を感じる。

95話~96話

前話よりも多く記憶が戻って来たオクシム会長だが、断片的な記憶でホン議員のことしか覚えていない。これを利用するスンヒ。ダメ!ダメ!これはダメだ!もっと頑張って記憶を戻してよ会長!永遠にこのままだと、本当の孫とウンエには会えないのよ!可哀そうすぎる孫を助けてよ!
偽の母親の正体を知ったスヒョクだが、ジョンウォンに言わなければ、ジョンファは詐欺にあうかもしれないし、そうなるとジョンウォンはまた心が傷つけられる。
チワンとミソン、どちらかのおかげで偽の母親の正体が明かされる気もするけど、まだどうなるかは分からないですよねぇ。
このドラマのキーマンはやはりオクシム会長なんですよねぇ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。