偽りの雫-あらすじ-107話-108話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-偽りの雫-あらすじ-107話-108話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

偽りの雫 タイトル





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジョンウォンが真実を知ったから、スンヒに対する復讐はいよいよ開始ですかねぇ?!
中々癖のあるスンヒだから復讐は簡単ではないと思うけど、スンヒは周りに恨みを持つ人が多いですからねぇ。敵の敵は味方ってこともあるじゃない?!そういう敵の敵を利用する戦略もいいかも!例えばマングを利用するとか?だってマングは自分の考えではなかったけどジョンウォンのことを傷つけたこともあるし、スンヒに対して大きい恨みを持っているから適任者かもねぇ!
ん…。復讐に取り掛かる前に閉じ込められているウンエとオクシム会長を救い出すことが先かな?

【偽りの雫】(ネタバレあり)

107話

ジョンウォン。自分とチワンを嵌める為にマスコミ側に悪い噂を流しのはスンヒではなくスヒョクであること、またチワンはホン議員の息子でありスヒョクとは腹違いの兄弟であることが分かった。
ミョンスは、だからこそ、チワンはジョンウォンと絡めば絡むほど人生を苦しむと話した。
チワンがスヒョクの為に用意して来た資料は見ようともしないで破ってしまい、チワンに目の前から消えろ!と毒舌を吐く。
スヒョクがジョンウォンを病院に呼んだ。スンヒとは関係なく結婚のプロポーズはまだ有効だと言う。ジョンウォンは腹が立つ気持ちを隠して笑顔を見せる。
ミソンの店にマングが訪ねて来た。ミソンはマングが男に見えて来た。あの年齢にも腕の筋肉が…。(笑)
ミョンスとジョンファも、二人でお酒を飲んだあの日以来カップルのような感じになって来た。
あの日、二人はお酒に酔って同じ部屋で過ごしたから…。(〃艸〃)ムフッ
ジナは自分に会いに来たビョン女史に、私は生んでくれた母親のこと何か見つけたくない、私の前に現れて欲しくないと言う。
ママとは話せなかったけど、ビョン女史が母親であることを知りながらも冷たく言ってしまったことが辛かったのか、お酒に酔ってチワンに会いに来た。ジナがチワンを抱きしめている姿をジョンウォンが目にした。ジョンウォンも辛くてチワンのところに来たのに…。ジョンウォンはミョンスから言われたことを思い出す。
ジョンウォン。マングから、スンヒの仕業だろうか、ウンエが家から居なくなったことを伝え聞いた。マングと力を合わせてオクシム会長を救い出す方法を考える。
マングがウンエを見つけられなかったのは、やはりスンヒの仕業だった。マング側に自分が家を空けると情報出して、マングが家に来る間だけウンエを他の場所に隠した訳だ。ウンエはスンヒの家に戻って来ている。
スンヒ。ホン議員が自分の許可なくお金を使おうとすることに腹が立って怒りだす。もう政治資金は出さないと脅すのだ。だが、ホン議員は持っていた反撃のカードを出した。ジョンウォンがウンエの娘であることを言い出した。
オクシム会長は一日でも早くジョンウォンに、自分がおばあさんだと知らせることを考えている。
ジョンウォンももう知ってますよ。もう少し待っててください。ジョンウォンが救いに行くからねぇ。
ジョンウォンはスヒョクが退院して通院治療を勧める。スンヒの家に入る口実を作る為だ。ジョンウォンはスヒョクを連れて家に入って来た。
その時スンヒは、オクシム会長が家政婦を通じてジョンウォンにメモを伝えようとしたのが分かった。直にオクシム会長に駆けつける。
私が何もするなぁと言ったじゃない!お願いだからこの部屋で何もしないでと言ったじゃない!約束してよ。これから何もしないと、この部屋で大人しく死んでくれると約束してよ!

108話

ジョンウォンは、スンヒがオクシム会長を脅していることに強い憤りを覚えたが、今は我慢するしかない。
チワンは、ミョンスがジョンウォンにスヨクと兄弟であることを話したことが分かった。心配しているはずのジョンウォンに会いに向かう。
ジョンウォンが朝からスンヒの家に来て気に食わないスンヒ。スヒョクからの招待だということで仕方なく一緒に朝食をとる。
ジョンウォンはホン議員とスンヒにこれ見よがしに、以前ホン議員が言ったことについて話し出す。ホン議員がジョンウォンの母親捜しを手伝うと言ったことだ。それを聞いたスンヒは冷たい目つきでホン議員を睨む。
スンヒとホン議員そしてスヒョクの三人は家族会議のように、ジョンウォンのことについて話をしている。ジョンウォンがウンエとの関係を知っているか、知ってしいないかが疑問だということだ。
ジョンウォンとチワン。ジョンウォンはスヒョク家族との食事で胃もたれした。それほど嫌な時間だということだ。チワンとジョンウォンはキム看護師を利用してスンヒ家族の疑いから気をそらすつもりだ。
オクシム会長を救い出すまでは、知らないふりをした方がいいよねぇ。
ジョンウォンはスンヒの秘書が分かるようにと、キム看護師と会う約束をした。当然ながらジョン秘書はジョンウォンの後を追う。
ジョンウォンはキム看護師に、ウンエが居た療養院で自分が昔失くした母親も入院したようだと言い、助けを求めるふりをした。
キム看護師を呼び出して事情を聞いたスンヒは一安心する。
とりあえず疑いの気をそらす作戦は成功かなぁ?
マングはミソンの店でチキンとビールを飲んでいる。マングは自分の家のことをミソンに相談する。可哀そうなおねえさんと怖い娘に関する話だ。
その怖い娘のスンヒは、またウンエの部屋に入り暴れる。ウンエがご飯を食べようとするが、ご飯のテーブルをひっくり返してしまう。
ジョンウォンは手作り料理をスヒョクに持って来た。スンヒが料理を投げ出してジョンウォンの服が汚れてしまった。トイレに行くと言ったジョンウォンはこっそりオクシム会長の部屋に入った。ジョンウォンを見たオクシム会長の顔は嬉しさと頑張って何かを言おうする。
そんなオクシム会長に、頑張って言おうとしないで下さい。私、もうし知っています。おばあさんの孫だってことを…。

107話~108話の感想

スンヒのムチャぶりは本当に人間であることを諦めたかのようですよねぇ!
だって、オクシム会長に、大人しく死んでくれって言ってましたよねぇ?!本当に悪魔だ!
スンヒとホン議員の子供だからか、スヒョクも狂った性格だし、スンヒの家族は全員人間のクズだなぁ~!と思っちゃいました。

でも今回は腹立つことばっかりではなかったのです。マングとミソンが段々と良い感じになって来たのですよねぇ。おっちゃんとおばさんの中年の恋の始まりみたいな話になって来てるので、二人をみると可愛いと言うか、面白いですよねぇ!もっと仲良くなって欲しいなぁと思います。また、ミョンスとジョンファも付き合っ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。