六龍が飛ぶ-あらすじ-10話-11話-12話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

六龍が飛ぶ.jpg
2015年SBS演技大賞12冠受賞。SBS創社25周年特別劇。朝鮮王朝時代が今始まろうとしています。腐りきった高麗に革命を起こして立ち上がろうとする6人の生き様を描いたエンターテイメント時代劇。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
若様を二度も救ったのにこの仕打ちと不満をヨンギュにもらすムヒョル。ヨンギュはここで成果を出さないとだめだと言います。むかついたムヒョルはヨンギュに向かって馬の糞をかけます。チョンニョンが現れた事に気づくヨンギュ。チョンニョンと話すイジラン。チョンニョンは自分はホンインバンから送られてきたと言います。バンウォンにある疑惑がかかります。イソンゲの小間使いをしているブニは幕を抜けて急いでバンウォンの元に向かいます。ムヒョルは同じ頃バンウォンにいろいろ話していました。お前はこの高麗についてどう考えている。これからどうする気だ。バンウォンはムヒョルに聞いてみました。何も考えていないし行動する気もない。自分の立場を考えてほしいと言います。バンウォンはこの先どうする気でしょうか?続きが気になります。見てみましょう。

【六龍が飛ぶ】(ネタバレあり)

第10話

ブニはバンウォンが偽装した物だと知り怒ります。

ブニとしてはバレないか不安で仕方ありません。
当の本人バンウォンはブニの話を聞いていません。むしろ通った事に勝利を感じた方が良いと言い豪快な一面をブニに見せつけます。そんな豪快なバンウォンに魅了されて納得す

ブニも少しずつですがバンウォンが気になる存在になりつつあります。
るブニ。ドジョンは謎の剣士について不安に思います。しかしヨニに自分が調べるのでその事について不安に思う必要はないと言われます。一方で安辺策が通った事を知ったイソンゲは怒りがこみあげますが
バンウォンに父に撤回する勇気はないから安心して欲しいと言われます。しかしその予想は外れてしまいます。イソンゲは撤回すると言い出します。そして息子を逮捕しろと部下に命じます。バンウォンは兄をブニとムヒョルの元に連れていき面倒をしばらく見てほし

平和な場面です。落ち着いて見る事ができる。このドラマでは珍しい場面です。
いと言います。ムヒョルは家族を呼び寄せます。

第11話

ドジョンはヨニにバンウォンがイソンゲの代わりに印を押した事を伝えます。

大丈夫なのでしょうか?
イ・インギョムが何かを仕込んでくる事を予測します。モンジュはホンインバン、キルテミ、イソンゲが安辺策によってできたお金を半分に分けると書かれた手紙を読みそんな事ができる人間のはずがないと驚きました。イ・インギョムは調査するようにした方が良いのではないかと考えていました。ドジョンはイソンゲに会いに行こうとしますがヨニに止められてしまいます。

ヨニは常に冷静沈着です。幼い日の事が関係あるのでしょうか
バンウォンはその頃ブニに責任を取りに行くと言いブニを残して家を出ていました。そこに兵が来て捕らわれてしまいます。偶然ドジョンはその様子を見てしまいます。その事を聞いたブニは心配でたまらず様子を見に行く事に決めました。

ブニはもうバンウォンの事が好きですね。きっと。間違いないでしょう。
その頃ムヒョルは叔母にイソンゲを捕まえたと報告していました。危険な目を覚悟のうえでバンウォンに会いにいったブニ。ドジョンその事で謝罪します。その頃イソンゲにもバンウォンがとらわれたという事が伝わっていました。

第12話

ぺクユをイソンゲが殺すはずはない。

分かりませんよ。犯人は意外な人物かも。
将軍には2万の兵士がいる。証拠の手紙でイソンゲではなくイ・インギョムが疑われるはず。飴をなめながら市場を歩く二人の群衆。イソンゲがホバルトを攻撃したと周りも騒ぎ始めます。その頃義禁府ではもう一度バンウォンを尋問するという話し合いがありました。都堂ではイソンゲがホバルトを攻撃したというニュースが入っていました。こんな手紙一枚でイソンゲにぺクユを殺したのですか?など聞く事ができるわけがないとその場にいた全員が思っていました。その頃獄中で過ごすバンウォンはどうしてこんな事になってしま

悲しそうなバンウォン。今まで見た事がない姿です。
ったのかを必死で考えていました。イソンゲ勝利の報告でなんとかバンウォンは救われる事になります。チョヨンとイ・インギョムと手紙がすり替えられた事に気づいて誰の陰謀なのかと考えるようになります。チョヨンはドジョンが怪しいと思っていました。

どうなのでしょうか?誰なのでしょうか?
いずれにせよ、バンウォンは影の男とつながりを持っているはず。ぺクユを殺した犯人だけではなく影の男も探せ。と命令します。

第10話から第12話の感想

ブニとバンウォンの距離が縮まっていっているような気がします。お互いに少しですが意識しているような気もします。バンウォンは何回も囚われの身になってしまいますね。そういう運命なのでしょうか?チョヨンとイ・インギョムの動きも気になります。今後この二人がどのように行動する気なのかも気になるところです。影の男とは誰なのでしょうか?なぜバンウォンとつながりがあると思われているのでしょうか?すごく気になります。
次回もお楽しみに。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。