内省的なボス-あらすじ-1話-2話-感想つきネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-内省的なボス-あらすじ-1話-2話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

内省的なボス

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ラブコメディで社長と部下の設定といえば「ツンデレ」「俺様キャラ」を想像しがちですが、今回は超人見知りで内気なキャラということで、どんな作品になるのか楽しみです♪

それでは、そんな期待満載の1話からお伝えしていきますね♪

【内省的なボス】ネタバレあり

1話

広告業界実績第1位の「ブレイン広告」。
ある日、大きなプロジェクトのプレゼンにだけでも参加して欲しいとお願いするもフードを被り、姿をあらわさない超内気で超人見知りの社長ウン・ファンギ。
そのファンギに代わり、表舞台や社員を取りまとめる「ブレイン広告」代表でファンギの幼馴染カン・ウイル。
プレゼン当日、ライバル会社が「ブレイン広告」と同じプレゼン内容であることを知ったウイルは、機転をきかせる・・それにより見事、契約を勝ち取る。
しかし「今抱えている仕事で手一杯の社員には、無理だ。欲張るな」とこのプロジェクトには反対するファンギ。

ある日、ミュージカル観覧に来るファンギ。実は密かに想いを寄せているミュージカル女優がおり、花を送り続けていた。しかし、内気な性格のため、名乗り出ることが出来ない。
精神科医にカウンセリングを受け、「ファンです」と繰り返しいうというトレーニングをするファンギ。
勇気を振り絞り、そのミュージカル女優に「ファンです」と伝えに行く途中、前の車に衝突してしまう・・その相手は憧れているミュージカル女優のチェ・ロウンだった。動揺したファンギは逃走してしまう・・が、諦めずに追いかけてくるロウン。

うまくいかなかったファンギは落ち込んでしまう。・・その社長室に足を踏み入れるロウン。部屋の中を物色し、机や引き出しの中をあさっていると・・そこにお風呂上りのファンギが・・急いで服を着てフードを被り、顔を隠すファンギ・・しかし、「事故の後処理はきちんとしないと!」と諦めず、フードを外そうとするも、その騒動を聞きつけたキム秘書からつまみだされてしまうロウン。
実はロウンは、ミュージカル女優の夢を諦め、今日から「ブレイン広告」の社員になることになっていた。
引き出しの中まで開けるなんて、ロウンには何か秘密がありそうですね・・

翌日、出勤してくるロウン。警備員や清掃員、秘書にファンギのことを聞いてまわり、その話を携帯に録音していく。
ファンギの元では生きた心地がしないと秘書が話しているのを聞いたファンギは、自ら昼食を用意しもてなそうとするが、あれこれ深く考えてしまい、機会を逃してしまう。
秘書の元を再び訪れたロウン。話している途中で腹痛を訴えるキム秘書・・ロウンはファンギに助けを求める。しかし、ファンギは実家に帰っていた・・

病院に運ばれるキム秘書。その姿を見て3年前に「ブレイン広告」社長秘書をしていて、自殺した姉を思い出し、涙するロウン・・。
ロウンは姉の復讐のために入社したのだった。
明るいロウンにそんな悲しい過去があったなんて・・

今日こそは・・今日が最後だと言い聞かせ劇場にむかい、憧れのミュージカル女優に直接花束を渡しに行く決心をするファンギ・・しかしそこでロウンが辞めたことを知り、「ファンです」という機会を逃した自分に落ち込み、花束を捨てようとした瞬間・・ずっとファンでいてくれた人に会いに来たロウンが「私がロウンです!」とあらわれる・・

2話

ロウンに「スミスさんはどこ?(花束をくれる男性をずっとスミスさんと呼んでいた)」と聞かれたファンギは花束を押し付け、男子トイレに逃げ込む・・しかしトイレまで追いかけてくるロウン・・個室に逃げ込むファンギ。
ロウンのアグレッシブさにびっくりですww

ロウンは隣の個室に入り「3年前まで姉が講演の度に花束をくれたこと」「姉の死後もなぜか花束が贈られ続けたこと」を話す・・ファンギは3年前の事件、そしてロウンの姉ジヘのことを思いだしていた。
辛かった姉のことを理解してあげられなかったロウンは泣きじゃくる・・

そんな悲しいことが繰り返されないよう、ファンギはキム秘書の病院に花束を持ってお見舞いに訪れる。「極度の緊張で人と接するのが難しいこと」「辛い思いをさせて申し訳なかった」とカーテン越しではあるが、勇気をだして伝えるファンギ・・ファンギの本当の気持ちに触れ、涙があふれるキム秘書。
ファンギの頑張りの第一歩、ちょっと感動してしまいます・・

一歩、前進したファンギ。しかし「秘書に過酷な労働をさせた」という記事が出てしまう。たくさんの記者が待ち構えている中、その対応をするウイル・・その場から立ち去ってしまうファンギ・・その後を追いかけるロウン・・顔を見られたくないピンチのファンギのもとにウイルが助けに入る。ロウンと話すウイルをみて「知り合いか?」と尋ねると「新入社員だ」と知らされ、驚き、何かの理由でこの会社にきたのではないかと疑うファンギ。

記事を出したのがロウンではないかと不安になったファンギは、キム秘書に「入院のことを誰かに聞かれても、誰にも話してないと答えるように」と伝える。
その後、ウイルがあらわれ、キム秘書を心配し、全部話してと諭す。
ウイル、裏の顔がありそうな気がします

ジヘがファンギの秘書をしていた頃、大事な妹の講演があったのに、無理なお願いをしてしまったことを思い出すファンギ・・屋上で「すみませんでした」と大きな声で練習をしていると、そこにロウンがあらわれ、驚いたファンギは落ちそうなる・・それを助けるロウン・・ロウンの体をかばうファンギ・・ロウンと目が合う・・
ロウンが地面に落ちないようかばうファンギにキュンとしちゃいますね♪

キム秘書の件で記者会見が開かれることになる。社員は一度も姿をあらわしたことのない社長がこの場にくるのか気になる様子・・そこに決意したファンギがやってくるがウイルが止めに入る・・「3年前のことは秘密にしておくから、謝罪させてほしい」と頼むが「人前に立つ自信があるのか」と却下され、社長職を退き、社内ベンチャーのチーム長“ボス”になるように言われる。
ウイルが3年前の事件で秘密にしといて欲しいことって・・気になる~

記者会見場にあらわれるキム秘書。記事は全て誤解だと話すキム秘書・・しかし、誰かに言わされている様子。
会見後、キム秘書を訪ね「ウイル代表からお金を受け取って、言わされたんでしょう?」と責めるロウン。「仕方ないじゃない。家族を養っていたのに、内部密告者の判を押された自分を雇ってくれるところはない」「余計なことをしてくれたわね」と怒りを押し込めるキム秘書。

ある日、ロウンに宅配業者の新人だと勘違いされたファンギは迷ったあげく、撮影場所の公園まで荷物を届けることに・・荷物が届かないと混乱する現場・・そこに必死に走ってくるファンギ・・笑顔で迎えいれるロウン・・後ろからバイクが突っ込んでくる・・ロウンをかばうファンギ・・

内省的なボス 1話・2話感想

内気な性格を克服しようと頑張るファンギの姿がかわいくて「頑張れ!」と思わず、応援したくなってしまいます♪
ロウンのアグレッシブさにびっくりしながらも、想いを寄せるロウンをかばったりするシーンは男性的でキュンとしてしまいますよね^^

一方ロウンは姉が自殺した過去があり、その復讐のために「ブレイン広告」に入社してきたなんて、あの笑顔や明るさからは想像もできません。その事件にファンギ、そしてウイルもどうやら関わっているようですね・・まだまだ謎ですが、今後明らかになっていくことを期待します!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください