凍える華-あらすじ-13話-14話-15話-キャスト情報ネタバレありで

韓国ドラマ-凍える華-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

凍える華.jpg
親子2代にわたる悪縁、愛した人に心を踏みにじられ未婚の母となった女性の悲しい復讐ドラマ。韓国では2016年2月に放送がスタートし、第1話で同時間帯視聴率1位を記録。『私はチャン・ボリ!』で悪役ミンジョンを演じたイ・ユリと、『白夜姫』で、ミンジョンに負けない強気なペク・ヤ役を演じたパク・ハナが共演する事でも話題になりました!
ドロドロ愛憎劇好きドラマファンには必見です!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テジュンがセジンと帰国したのを知らないナヨン。セビョルと5年間ひたすらテジュンを待っていました。一方テジュンの母はテジュンがセジンと付き合っていることを知りながらナヨンに生活費を出させて生活していたようです。
テジュンも本当は良い人ではなかったのですね。ずっと支えてきたナヨンを裏切ることができるなんて、母親の血が入っているからですね。
とうとうナヨンは裏切られたことを知るのでしょうか。

【凍える華】(ネタバレあり)

【13話】

ナヨンの家を見つめるテジュン。
ナヨンの姉はナヨンに、テジュンに電話をかけてみろと言う。
電話にでたテジュンはまだアメリカにいると嘘をつく。なぜ、帰国が延期になったことを言ってくれなかったのかというナヨン。数日中に連絡すると言うテジュンの言葉に安心したナヨン。
だから~人が良すぎるって
セジンとテジュンの結婚に反対するユギョン。絶対に認めないと言う。
ギョンワンはテジュンをセジンに紹介したのは自分だと言う。
セジンは妊娠したと言ってしまった。
セジンの頬を叩くユギョン。
ナヨンはフィギョンの携帯電話を見つけた。フィギョンから電話がかかってきたのだ。届けることにしたナヨン。
フィギョンは結婚に一度失敗していた。母はフィギョンに再婚して再出発してほしいと言う。父の最後の頼みでもあると言う。
フィギョンに携帯電話を届けるために病院にやってきたナヨンはテジュンを見かけて追いかける。子どもとぶつかり、子どもが持っていた風船が飛んで行ってしまった。
セジンを病院で再検査させたユギョン。妊娠が確かなものだと知った。
あやまるテジュンに平手打ちをするユギョン。
妊娠と結婚は違う、セジンを利用して出世したいのだろうと言うユギョンは2人を残して去って行った。
ユギョンにののしられたテジュンは必ずセジンと結婚すると誓った。
これが本性でしょう
さっきの人はテジュンではなく見間違いだったと思うナヨン。
同じエレベーターにテジュンとセジンが乗っていることに気付かない。
ナヨンはフィギョンの携帯電話と一緒にお礼の料理を受付に届けた。
会長はフィギョンにAP食品に行けと言う。赤字の会社だから諦めた方がいいと言うフィギョン。本社の楽な部署に入れてくれというフィギョン。
こいつは使えない男?
セジンのスクープを狙うナヨンの姉。セジンと一緒にいるテジュンを見つけ、同僚に見られないようにする。
ナヨンはユギョンにケイタリング料理の件で電話をするが、注文はしばらく延期だと言う。
その方が良い
セジンはテジュンの部屋にお揃いの物をそろえていく。
自信のないテジュンの言葉に、母のことが心配なのではなく、昔の恋人のことが気になるのかと聞く。すべてお金で解決するから大丈夫だというセジン。
テジュンが席を外した時、そこにナヨンからの電話が入る。
その電話に出るセジン。
電話にでているあなたは誰かと聞くナヨン。

【14話】

セジンがナヨンに誰かと聞かれ、答えようとしたときテジュンが電話を取り上げた。
自分にまかせろと言うテジュン。
気分が悪いと言うセジン。
しかし、5年間待っていた人だから、これくらい理解すると言う。
自分でけじめをつけるから心配するなというテジュン。
セジンは4年3か月間、テジュンに断られ続けて、ストーカーにつけ回されていると嘘をつき、テジュンの家に転がり込んだのだった。しかし、テジュンはその嘘を見破っていた。知っていて、テジュンもセジンのところに行く口実を待っていたのだった。
なんで男だ。我慢ができなかったのか!
ナヨンの作った料理を食べて喜ぶ会長。お礼のメールを送るフィギョン。
テジュンはナヨンに韓国に戻ったから明日会おうと電話をした。
ナヨンの妹はお金持ちの男性を紹介された。自分はお金持ちの令嬢と偽っている。その金持ちの男をゲットする気満々だ。
ギョンワンの会社に行くフィギョン。
フィギョンの配属先は物流倉庫に決まった。
会長の指示のようだ。
それを受け入れると言うフィギョン。
待ち合わせのレストランでテジュンを待つナヨンとセビョル。ナヨンを見つけて近づくテジュンだがナヨンの隣にセビョルがいることがわかり、足が止まる。
テジュンは母に電話をするが母は出ない。
テジュンを待ちくたびれて寝てしまったセビョル。
ナヨンはテジュンから来られなくなったとメールをもらった。
セジンは記者からテジュンとの結婚についての真相について取材電話を受けた。
この声ナヨンそっくり!
ユギョンはテジュンのことを反対する。反対するならアメリカに戻ると言うセジン。本当に自分の子どもかというユギョン。
同じことをして夫を手に入れたのだから似ている親子でしょう
テジュンは母の家に来た。
セビョルのことを聞くテジュン。これ以上隠せないと思い、セビョルはテジュンの子どもだと言うテジュンの母。
ナヨンがテジュンに話すと言うのを自分が止めてあげたのだから感謝をしろという母。
それを聞いていたらこんなことにはならなかったと言うテジュン。
ナヨンを裏切ったのはテジュンだと言う母。
自分が罪をかぶるから幸せになることだけを考えろと言う母。
どっともどっちだが、母が一番悪い
ナヨンは会えなかったテジュンをかばい、母に忙しかったから少ししか会えなかった、その時セビョルは寝ていたと言う。ナヨンの様子がおかしいと思った母は心配するが、ナヨンは大丈夫だと言う。
テジュンがナヨンに会いに行ったことを知っているセジンも心配でいられない。
テジュンはナヨンの家の前に立っている。
テジュンに声を掛けるナヨンの姉。

【15話】

ナヨンの姉はテジュンにセジンと一緒に帰国したことを確かめる。
それを認めたテジュン。
今なら間に合うからセジンと終わりにしてナヨンのところに戻れと言う姉。
翌日、テジュンの母にテジュンの居所を聞きに来たナヨン。
会社に行ってみると言うナヨンを引き留める母。
テジュンに一晩中連絡がとれない上に、家に行ってもいないので腹をたてるセジン。
テジュンは一人海辺で酒を飲んでいた。
セジンとナヨンの留守番電話のメッセージを聞いて泣き叫ぶテジュン。
ナヨンに対して悪いと思っているのでしょう?
覚悟を決めて物流倉庫で働くフィギョン。
セジンは駐車場でお腹が痛くなり倒れてしまった。
幼稚園にセビョルを見に来たテジュン。
迎えに来たナヨンと仲良く変える2人の姿を見ている。
その時、韓国病院からメールを受け取ったテジュンはすぐに病院に駆けつけ、セジンが流産しそうになったと聞いた。目を覚ましたセジンはテジュンに恋人のところに戻らないでほしいと言って泣いてすがる。
テジュンはナヨンに電話をして明日会おうと言う。
今度こそ会えますか?
ナヨンの思い出の写真や指輪を箱にしまうテジュン。
幼い時にナヨンが落とした時計を修理に出したフィギョン。時計が直ってきた。フィギョンは結婚していたころを思い出した。妻に浮気をされたのだった。
ひどい女ですね
テジュンはギョンワンの会社の総括チーム長になった。昔の上司は、今度は自分が部下になるので面白くない。
ナヨンの姉は、セジンとテジュンの記事を出そうとしているペク記者に電話をして記事を出さないように頼む。
ペク記者は、やはりナヨンに似ているような…
しかし、セジンとテジュンの記事が出てしまった。
ナヨンはテジュンの家にやってきた。迎えに出たテジュンに抱きつくナヨン。
テジュンもナヨンを抱きしめる。

13~15話感想

テジュンはセビョルのことを知ってもナヨンのところには戻らない決意をしたようです。もし、セジンが妊娠していなかったら戻ったのかしら…。
今回はテジュンを手に入れるためにいろいろな事をしたセジンのことがわかりました。母親とそっくりではないですか。
ギョンワンは自分の子どもではないセジンのために、自分の本当の子どものナヨンの恋人を奪ってしまいました。真実を知った時にはショックでしょう。そんなシーンはまだまだ、すっと先のようです。