凍える華-あらすじ-58話-59話-60話-キャスト情報ネタバレありで

韓国ドラマ-凍える華-あらすじ-58話-59話-60話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

凍える華.jpg
親子2代にわたる悪縁、愛した人に心を踏みにじられ未婚の母となった女性の悲しい復讐ドラマ。韓国では2016年2月に放送がスタートし、第1話で同時間帯視聴率1位を記録。『私はチャン・ボリ!』で悪役ミンジョンを演じたイ・ユリと、『白夜姫』で、ミンジョンに負けない強気なペク・ヤ役を演じたパク・ハナが共演する事でも話題になりました!
ドロドロ愛憎劇好きドラマファンには必見です!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ナヨンの母のチキン屋とフランチャイズ契約を結べたらフィギョンとドヒのAP食品には一切口を出さない、反対に契約を結べなかったらフィギョンは社長を辞任し、ドヒは会社から出ていくことを約束させられました。
絶対に契約をしないと言いはっていたナヨンの母はドヒがAP食品に関わっているなら契約すると言いました。果たして、このまますんなり契約ができるでしょうか。

【凍える華】(ネタバレあり)

【58話】

フィギョンの母の部屋で自分の母とユギョンとフィギョンの母との3人が写っている写真を見つけたドヒ。そこにユギョンが入ってきた。
フィギョンの母が眠っているので時間をつぶしていたと言うドヒ。
部屋から出るように言うユギョン。
セジンは母が飲ませていた栄養剤が実は避妊薬だとわかった。
やっぱり!
ユギョンに写真のことを聞くドヒ。
同級生が親子になったのはペクド家の恥だと言う。
もう一人写っていた人のことを聞くドヒ。
3人の中でユギョンが一番きれいだとお世辞を言う。
ナヨンと双子ならそんなお世辞を言う訳はないと言うユギョン。
ドヒにフィギョンと結婚するつもりがないなら、この家に出入りをするなというユギョン。
そして、ドヒのことが嫌いだと言う。
ドヒは、私はフィギョンと別れるのは嫌だと言う。
起きたフィギョンの母はフィギョンから離れないでほしいとドヒに頼む。
ドヒは頻繁に遊びに来るから、昔の話を聞かせてほしいと言う。
母の話を聞きたいのですね
薬が避妊薬だとわかったセジンはユギョンに怒っている。
テジュンから引き離したいから子供ができないようにしたのだろうと言うセジン。
その通りだと開き直るユギョン。
セジンは薬を床にばらまき出ていき、家政婦に残っている薬も捨てさせた。
フィギョンはテジュンに契約の邪魔をしたことを尋ねる。
ドヒはAP食品を売る気だ、AP食品を守ることが自分の役割だと言うテジュン。
フィギョンはテジュンに全力でつぶしに来いと言う。ただし卑怯な手は使うなという。
使うでしょう!
ギョンワンに3人の写真を見せるフィギョンの母、
ユネの娘はどうしているのだろうかと言う。
契約が取れたお祝いにフィギョンたちはドヒの母の店で親睦会を開いた。
セジンからの電話にでるテジュン。
ドヒはテジュンに幸せかと聞く。
テジュンを見ていると馬鹿みたいに見える、テジュンのことが気になると言う。
それを聞いていたフィギョン。
フィギョンはウンボンを呼び出した。
ナヨンの写真が見たいと言うフィギョン。
ナヨンの写真を見て驚きのあまり固まるフィギョン。
以前、空港で会ったのがナヨンだと思い出した。
テジュンが帰ってきた。
今までドヒと一緒だったのかと問い詰めるセジン。
一緒にいたらだめなのかと聞くテジュン。
母の言う通りに一度裏切った男は同じことをするのだと言うセジン。
そんな男を選んだのでしょう
テジュンは避妊薬を出し、自分も義母のいう通りにもっと早く別れていたらこんな目にあわなかったと言うテジュン。
どうして薬のことを知ったのか、ドヒに聞いたのかというセジン。
自分も母に騙されたのだ、母は自分の体を心配してやったのだと言うセジン。
信じられないと出ていくテジュン。
テジュンに会いに来たユギョンはチキン屋との契約をつぶせと言う。
こんな三流のやくざを使うやり方はできないというテジュン。
お前は三流のやくざと変わらないと言うユギョン。
だったらユギョンは三流以下!
ナヨンの母の店にチキンを食べて食中毒になったという客が押しかけてきた。
商売をさせないと店で暴れ始めた。

【59話】

チキンを食べて食中毒になったとやってきた客たち。
原因はうちのチキンではないと言うナヨンの母。
診断書もあるという客。
調べる時間をくれというウンボン。
契約当日に食中毒がでたなら契約はできないというスタッフ。
これはセジンの仕業だった。
セジンに何か知っているかと聞くテジュン。
ユギョンの仕業ではないかと聞く。
ギョンワンはテジュンを呼び、お前がやったのかと聞く。
違うと言うテジュンに契約は阻止したいが、汚い手は使うなというギョンワン。
汚い手を使ったのはあなたの娘ですよ
店に食中毒患者の代表者というやくざ風の男がやってきた。
保健所に通報したら営業停止だと脅かし、和解しようと言う。
こちらには非がないから保健所でもどこでも訴えろという母。
入院患者たちは病室で宴会をしている。
入院患者たちはやくざ風の男に雇われたのだった。
男は入院患者に今後の打ち合わせする。
ドヒは病室から出てきた男を尾行するようにセグァンに頼んだ。
ユギョンにギョンワンに会う前の恋人は何をしているだろうと言うフィギョンの母。
セジンの本当の父親だ
セジンは、フィギョンにドヒが無理な経営をしたことを理事会で追及すると言う。
そしてドヒに責任をとってもらうというセジン。
ドヒは自分の力になっていると言うフィギョン。
ドヒの父親は食中毒の患者が入院している病院を調べた。
食中毒は芝居だろうと言うドヒの父。
証拠を見つければ黒幕もわかるだろうと言うドヒ。
やくざ風の男を尾行してきたセグァンは、男の事務所でバイトをさせてくれないかと頼む。
やばい仕事が多いと言う男。
セグァンが気に入ったようで仕事が見つかったら連絡すると言う。
病院にやってきたドヒ。
和解の件は男と話をしてくれという患者たち。
警察で話をしてきた、全員が詐欺と営業妨害の容疑で検察に送られると言うドヒ。
そして、すでに男が白状したと言う。
自分達がやったことがばれてしまったと思った患者たちはすべてのいきさつをドヒに話した。それを録音するドヒ。
頭がいい!
理事会が招集され、フィギョンもここまでだと言うユギョン。
フィギョンが首になりそうだと聞いてドヒの父に会いに来たフィギョンの母。
息子を助ける方法はないかと相談する。
うまく解決するはずだと言うドヒの父。
安心したフィギョンの母は最近昔のことが懐かしくなると言う。
フィギョンの母を送っていくドヒの父。
テジュンの母はセグァンとグムボンが付き合っていることを知ってナヨンの母のところに怒鳴り込んできた。
絶対に親戚にはならないと叫ぶ。
ナヨンの母もグムボンにセグァンとのことは絶対に許さないと言う。
ドヒの母に電話をして、ドヒは痛みで苦しんでいるのではないかと言う看護師。
わざわざ電話をする看護師はいないでしょう
ドヒはセジンの部屋に来た。セジンの部屋で拾ったと興信所の名刺を渡す。
こんな名刺は初めて見ると言うセジン。
落ちていたら誤解されるから気をつけろと言うドヒ。

【60話】

フィギョンの母は、ユギョンとユネとの3人の写真を大きく引き伸ばした。
すぐに片付けろと言うユギョン。
ユネの娘を探してみるというフィギョンの母。
怒ったユギョンはその写真を床に叩きつける。
セジンはユギョンに電話をして食中毒の件をドヒに感づかれたようだと言う。
自分に任せろというユギョン。
ドヒは男の事務所にきて、患者たちが話す音声を聞かせる。
その録音機を足でつぶす男。
これはコピーだと言うドヒ。
警察に電話をして詐欺にあったから告訴したいと言うドヒ。
男はテジュンの指示でやったと告白した。
先に手を回したユギョン
ユギョンはテジュンを呼び出し、今回の件はお前がやったことにしたから話を合わせろと言う。
相談もなしに言い渡すのかと言うテジュン。
今回のことはセジンがやった、後継者になるセジンに傷をつけたくないと言うユギョン。
この先も自分の使い道がありそうで安心したと言うテジュン。
2人の会話を聞いていたドヒ。
テジュンは無実だから犠牲にできないと言うセジン。
ギョンワンがなんとかするから大丈夫だと言うユギョン。
セジンはテジュンに嫌だったら断ってもいいと言う。
ドヒの動きを見てから告白しろと指示をするセジン。
理事会が始まった。
フィギョンにAP食品を辞任しろと言う理事たち。
自分のせいでAP食品が危機に陥ったのだから約束とおり辞任すると言うフィギョン。
ドヒが入ってきた。
今回の件は誰かの策略だと言うドヒ。
証拠もあると言う。
証拠は必要ない、自分が仕組んだことだと言うテジュン。
ドヒはむやみに罪をかぶるなという。
そして証拠だといい、患者たちを理事会の席に入れた。
患者たちは自分達が小遣い稼ぎにやったことだと告白した。
話が違いますね
テジュンはドヒに証拠まであるのに、なぜ本当のことを言わなかったのかと聞く。
ドヒはセジンとユギョンがやったことだとわかっている。しかし、その証拠は見つけることができなかったと言う。
テジュンはどうして自分にこんなことをするのかと聞く。
テジュンのことが気になると言う。
ナヨンにそっくりだと言うテジュン。
ドヒの頬に手をあて、顔を近づけるテジュン。。
ドヒはその手を離し、錯覚だ、自分はドヒだと言う。
ドヒに顔が似ていると男の好みも似るのかと聞くフィギョン。
2人の間には自分の知らない何かがあると言うフィギョン。
昔の恋人に似ているとしても許されない、自分は嫉妬しているというフィギョン。
正直ですね
セジンはドヒに主謀者がテジュンと知りながら、なぜテジュンのことをかばったのか聞く。
かばってあげたのに妻のあなたが怒る理由がわからないと言うドヒ。
今回の件の一番の被害者はテジュンだからテジュンを守りたかったと言うドヒ。
セジンは興信所の男にもう一つやってほしいことがあると電話をする。
ドヒを攻撃するつもりだ
テジュンに会社が落ち着いたらドヒにプロポーズをするつもりだと言うフィギョン。
ギョンワンにユネの娘を捜したいと言うフィギョンの母。
今さら見つけてどうするのだというギョンワン。
ギョンワンに協力してくれというフィギョン母。
ドヒたちはナヨンのチキン屋と契約をした。
感謝しているとドヒの手を握るナヨンの母。
ドヒの母は電話をしてきた看護師に会った。
看護師はドヒには心臓の腫瘍があると教える。
医師に確認しようとする母。

58~60話感想

ドヒの母がドヒらしくないと言って髪型を変えさせたのに、いつのまにかストレートヘアに戻っていましたね。化粧は濃い目ですが…。そろそろドヒの母にはドヒではないとバレそうです。正直に話して協力してもらう方がいいと思いますが、ドヒではないと知ったらドヒの母がどう出てくるか心配です。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください