凍える華-あらすじ-85話-86話-87話-キャスト情報ネタバレありで

韓国ドラマ-凍える華-あらすじ-85話-86話-87話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

凍える華.jpg
親子2代にわたる悪縁、愛した人に心を踏みにじられ未婚の母となった女性の悲しい復讐ドラマ。韓国では2016年2月に放送がスタートし、第1話で同時間帯視聴率1位を記録。『私はチャン・ボリ!』で悪役ミンジョンを演じたイ・ユリと、『白夜姫』で、ミンジョンに負けない強気なペク・ヤ役を演じたパク・ハナが共演する事でも話題になりました!
ドロドロ愛憎劇好きドラマファンには必見です!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ドヒがナヨンだとユギョンにばれそうです。それを阻止しようとするフィギョンです。ドヒを愛しているから守ろうとしているのでしょう。
ギョンワンはナヨンへの後悔と反省で一気にいい人になってしまいました。
テジュンはナヨンのところに戻りたい…。しかしセジンはテジュンを離なさない…。今回はどうなっていくのでしょう。

【凍える華】(ネタバレあり)

【85話】

ユギョンが持っているドヒの櫛を取り上げるフィギョン。
ドヒが本当のドヒか確かめるというユギョン。
ドヒがナヨンで、ギョンワンの娘だと思っているのかと聞くフィギョン。
その正体をあばいてやるというユギョン。
ドヒはナヨンでないことは自分がわかっているというフィギョン。
ギョンワンはドヒを食事に誘った。
ギョンワンはナヨンの話をする。
子どものときにナヨンが宝石を盗んだというユギョンの言葉を信じてナヨンのために何もしてあげることができなかったと言う。
なぜ、何もしなかったのかと聞くドヒ。
ナヨンのせいで順調だった生活が崩れていきそうな気がして不安だったのだと言うギョンワン。
ナヨンを施設に送り、1カ月後に迎えにいったが遠くから見ているだけで、それが最後だったというギョンワン。
ドヒがナヨンによく似ているからドヒに謝りたくなったと告白した。
フィギョンはナヨンがギョンワンの子どもならセジンとは姉妹になり、自分の姪になると考えている。
血は繋がっていないですよ
ギョンワンはフィギョンに明日会長の就任を行うという。
なぜ、急ぐ必要があるのかと聞くフィギョン。
フィギョンはギョンワンに娘を見つけたのかと聞く。
ユギョンはドヒに昔、心臓手術をしたことがあるのかと聞く。
今元気でいるのは奇跡だと答えるドヒ。
火事のあった病院にナヨンに会いに行って、会えたのかと聞くユギョン。
1人は死んで、1人は助かった、2人の間に現実離れした出来事が起きたのではないかと聞く。
それは、ありあえる、私がドヒでなくイ・ナヨンかもしれないと笑うドヒ。
セジンはテジュンに家を出て、2人で暮らそうと言う。
セジンと離れて、自由になりたいというテジュン。
あなたを殺してでも離さないと言うセジン。
やりそうだから怖い
ドヒの部屋に来て、この家に来た目的は何だと暴れるセジン。
フィギョンに、この女のせいでテジュンが自分と離婚しようとしていると言う。
この女の目的はテジュンだと騒ぐセジン。
テジュンがセジンを連れて行く。
テジュンはフィギョンにドヒを好きになったという。
ドヒがナヨンに見えると言う。
ドヒとナヨンは別人だというフィギョン。
自分にとってはナヨンだと言うテジュンを殴るフィギョン。
捨てておいて今さらどう思っても手遅れだというフィギョン。
ドヒは絶対に渡さないと言うフィギョン。
ドヒはフィギョンに話があるという。
フィギョンとやっていく自信がないと言うドヒ。
それなら止めないと言うフィギョン。
自分には罪悪感を持たなくていい、楽に行けばいいと言うフィギョン。
本当に優しすぎる…
ドヒは出ていく準備をしている。
ドヒはフィギョンの母と寝ている。
フィギョンの母は、今は頭もはっきりしていると言う。
フィギョンのことを頼むと言う母。
あれほど孤独な子もいないから、ドヒが横にいてほしいと頼むフィギョンの母。
ドヒはしばらく長い出張に行くと言う。
いつ帰ってくるかわからないと言うドヒに、行くなというフィギョンの母。
フィギョンが悲しむのを見ていられないと言う母はドヒを抱きしめる。
フィギョンはナヨンとギョンワンのDNA鑑定の結果を見る。
ナヨンがギョンワンの子どもだったと知ったフィギョン。
寝ているナヨンにさようならと言うフィギョン。
実は寝ていなかったナヨンはその言葉に涙を流す。
好きなんでしょう…
ドヒは朝からご馳走を作った。
出勤するフィギョンに今日出ていくというドヒ。
みんなには出張だと言えと言うフィギョン。
フィギョンはドヒに元気で…といい会社に向かった。
ペクドでは新会長を選出する理事会が始まった。
家ではユギョンがテジュンに何かを指示している。
先日フィギョンにトロフィーを渡した取引先の社長と話すテジュン。
そのトロフィーは純金でできている物だった。
いくらくらいするのだろう…
フィギョンを新会長に指名するギョンワン。
フィギョンは就任の挨拶をしようとする。
その時警察が入ってきた。
フィギョンに背任受財の罪で出頭をしろという検察。
心配するギョンワンに検察に行って説明をすれば誤解だとわかるはずだと言うフィギョン。
検察に連行されるフィギョン。
家を出ていくドヒ。

【86話】

ドヒは家に帰ってきた。
温かく迎える母はドヒを抱きしめる。
めちゃくちゃに壊れてしまったと言うドヒ。
写真のドヒにフィギョンを傷つけてしまったから去るしかなかったと泣きながら話すナヨン。
ドヒは父から、フィギョンが検察に連れて行かれたと聞かされた。
検察はフィギョンの机の中からトロフィーを見つけた。
ドヒはフィギョンの元に駆け付けた。
検察に連行されるフィギョンに、フィギョンではないことはわかっているから少し待っていてくれという。
ドヒにこの件には関わるなというフィギョン。
ギョンワンはフィギョンを信じている。
しかし、無罪が解ったとしても会長就任までは時間がかかると言う役員。
ユギョンの目的は時間を稼ぐことだったのですね
フィギョンが賄賂を受け取るのは不自然だと疑うセジン。
テジュンにママとどんな取引をしたのか、2人が満足するのは自分との離婚だと考えるセジン。
フィギョンの母にフィギョンが賄賂を受け取ったから会長にはなれなかったと話すユギョン。
あなたの仕業だろうと言うフィギョンの母。
怒ったフィギョンの母は隠してあったDNA鑑定の書類を取りだした。
誰と誰の?
家に戻ったドヒに、家を出たなら振り返るなというテジュン。
誰がフィギョンを罠にはめたのか明らかにすると言うドヒ。
戻ってもフィギョンとお前は伯父と姪の関係だと言うテジュン。
あなたの元に戻るとは言っていないと言うドヒ。
テジュンはドヒに自分が復讐の手助けをすると言う。
その代わりフィギョンとは関わるなというテジュン。
セジンと別れてユギョンを潰してやると言う。
それも悪くないと答えるドヒ。
すべて終わったら5年前の屋根部屋に戻って再出発をしようと言うテジュン。
最後の条件が気に入らないが考えてみると言うドヒ。
戻れるはずがないです
フィギョンの母はユギョンが一番恐れるものだと言ってセジンとギョンワンのDNA鑑定書をギョンワンに持っていこうとする。
自分を黙らせたければフィギョンを元に戻せと言うフィギョンの母。
そして、ユギョンにユネを殺しただろうと言う。
自分がセジンとギョンワンのDNA鑑定書をユネに送ったその日にユネは亡くなったと言う。
教えたのはあなただったのかと言うユギョン。
フィギョンの母はユギョンが自分の夫にフィギョンが本当に父の子どもかDNA鑑定をしてみろと話しているのを聞いたという。
自分はあなたのように他の人の子どもを妊娠しているのに、他の人の彼氏を盗むなんてできないというフィギョンの母。
DNA鑑定書を取り上げようとフィギョンの母を突き飛ばすユギョン。
フィギョンの母は壁にぶつかり倒れてしまった。
気を失ったフィギョンの母。
ユギョンはDNA鑑定書をソファの下に隠し、コップを割り、自分の腕を傷つけた。
帰ってきたセジンに救急車を呼べと言う。
病院に運ばれたフィギョンの母は脳しんとうだった。
ドヒが病院にやってきた。
ユギョンの腕はフィギョンの母が暴れて噛みついからだと言うセジン。
ユギョンはフィギョンの母は自分に飛び掛かろうとして勝手に転んだと言う。
体をはった芝居!
ドヒは寝ているフィギョンの母に起きてくれと泣く。
母の手の甲についた傷跡を見つけたドヒ。
ユギョンはセジンにテジュンと別れろと言う。
セジンはテジュンを利用して自分達を離婚させようとするのは諦めろと言う。
テジュンとは死んでも別れないと言う。
フィギョンの母の見舞いにきたナヨンの母。
病室の外の廊下で寝ているギョンワン。
食事をしていないと聞いたギョンワンに食べてくれと詰めてきたお弁当を渡す。
誰に持ってきたの?
ドヒはフィギョンの上着のポケットから自分とギョンワンのDNA鑑定書を見つけた。
ドヒはリビングの置物に隠してあったカメラを取りだした。

【87話】

ドヒは録画した動画を見る。
ユギョンとフィギョンの母の会話を聞き、ユギョンはセジンの出生の秘密を守るため母を殺したのかと泣くドヒ。
その動画には、セジンとギョンワンのDNA鑑定書はセジンが破り捨てるところまで映っていた。
寝ているユギョンの首を絞めるドヒ。
ユギョンの夢だった
目覚めたユギョンの前に立っていたドヒ。
うめき声が聞こえたから心配で入ってきたと言う、
大丈夫だから出て行けと言うユギョン。
家に帰ってきたユギョンとギョンワンに、フィギョンが釈放されることになったと話すドヒ。
セジンはテジュンが持っていた離婚届を破り捨てる。
テジュンに自分と離婚したらペクドグループの孫娘の婿という肩書をすべて失うのだと言うセジン。
そんなのいらないっていっているでしょう
自分が子ども産めないから女として見ることができないのかと聞くセジン。
そこに食事だと呼びにきたドヒ。
ドヒは義母が目を覚ましたから病院に行くと言う。
一緒に行くと言うユギョン。
ユギョンはナヨンの母に看病してくれたお礼だと言ってお金を渡す。
フィギョンの母はユギョンの顔を見て、あの人は仮面をはぐと蛇のような顔をしている、正体を暴いてやると、ユギョンにご飯を投げつける。
認知症が悪化したことを喜ぶユギョン。
ドヒの両親が見舞いにきた。
父親を見て、昔のことを話すフィギョンの母。
警察から釈放されたフィギョンを迎えにきたギョンワン。
警察に入っていたフィギョンよりギョンワンのほうがぼろぼろだ
テジュンにフィギョンが簡単に釈放されたというユギョン。
会長就任を阻止できたのだから約束を守ってくれというテジュン。
セジンと別れて出ていくと言うテジュンに時間が必要だというユギョン。
セジンを説得するから待っていろと言う。
セジンのどこが悪いのか聞くユギョンに、セジンは悪くないと答えるテジュン。
自分が嫌なのはセジンの後ろに見えるお義母さんだと答えるテジュン。
セジンがお義母さんに似てくると言う。
今まで我慢していたが、もう無理はしたくないと言うテジュン。
その話を聞いていたセジン。
母を捨てる?
グムボンはセグァンと結婚すると日取りを決めた。
セジンはユギョンに実の父親はどんな人かと聞く。
あなたの父親はギョンワンだけだと言うユギョン。
ギョンワンの子どものナヨンが羨ましいと言うセジン。
だけど死んでくれたから良かった、生きていたら何をするかわからないと言う。
生きているとき、いろいろやってきたじゃない
家に帰ったフィギョン。
母はフィギョンのことがわからなくなっていた。
フィギョンはドヒに家に戻った理由を聞く。
ドヒは、今は話せないが、時期が来たら離すと言う。
フィギョンは事故の前のドヒが恋しいと言う。
あの時のドヒは正直で明快だった、今は隠し事も多く、緊張させられる、正直、重荷だと言うフィギョン。
ドヒは居心地が悪くても、もう少し我慢してほしいと言う。
何を望んでいるのか、どうしていつも自分を試しているのかと聞くフィギョン。
あなたにしてあげることがあるかもしれないと言うドヒに、目の前から消えてほしいと言うフィギョン。
フィギョンの母がドヒを捜しに来た。
どこにも行かないから心配しなくていいと言うドヒ。
フィギョンにお義母さんのためにも、もう少しここに居させてほしいと頼むドヒ。
家に帰ってこないギョンワンに土下座をして謝るユギョン。
ナヨンのことは自分が悪かったと言う。
セジンも苦しんでいる、セジンのために一緒に生きようと泣いて頼むユギョン。
騙されるな~
テジュンはドヒに話があると連れて行く。
庭で話をする2人。
5年前を同じように手ぶらでこの家から出ていくと行くテジュン。
そこに帰ってきたセジン。
テジュンがドヒのことをナヨンと呼んでいるのを聞いてしまったセジン。

85~87話感想

ナヨンはセジンがギョンワンの子どもでないと知りました。姉妹でないことがわかって良かったですね。
優しいフィギョンもいつまでも心を開いてくれないドヒに疲れたようです。
そして、セジンにドヒがナヨンだと知られてしまいました。次回はセジンが暴れそうですね~。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。