凍える華-あらすじ-97話-98話-99話-キャスト情報ネタバレありで

韓国ドラマ-凍える華-あらすじ-97話-98話-99話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

凍える華.jpg
親子2代にわたる悪縁、愛した人に心を踏みにじられ未婚の母となった女性の悲しい復讐ドラマ。韓国では2016年2月に放送がスタートし、第1話で同時間帯視聴率1位を記録。『私はチャン・ボリ!』で悪役ミンジョンを演じたイ・ユリと、『白夜姫』で、ミンジョンに負けない強気なペク・ヤ役を演じたパク・ハナが共演する事でも話題になりました!
ドロドロ愛憎劇好きドラマファンには必見です!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ユギョンがペクドの会長に就任しました。経営なんてできそうもないのにドラマだからそこは気にせずに見て見ましょう。
しかしナヨンはなぜフィギョンではなく、ユギョンを会長にしたのでしょうか。何か計画があるようですが、フィギョンはナヨンに裏切られたと思い、また傷ついてしまうのではないか心配です。

【凍える華】(ネタバレあり)

【97話】

ユギョンに会長就任の祝いの言葉を送るナヨン。
今からが始まりだと言うナヨン。
ユギョンはナヨンになぜ自分を推したのか尋ねる。
ナヨンは、理由は2つあると言う。
1つ目はセジンが歩けなくなったのでその罪悪感、もう1つはユギョンの中にはペクドを大きくする野望が見えるからだと言う。
フィギョンはナヨンに自分に話すことがあるだろうと言う。
姉に復讐するために自分と結婚したのに、なぜ姉の味方になったのかと聞く。
ビジネスの観点から見て誠実なフィギョンより、野望の大きいユギョンがいいと思ったと話すナヨン。
計画だとしてもかわいそうすぎる
拘置所にいるテジュンに会いにきたギョンワン。
ユギョンの仕業だろうと問い詰めるギョンワン。
テジュンはユギョンからナヨンと自分を叔母と甥の不倫だとマスコミにばらすと脅され、しかたなく自分の単独犯行だと自供したと話す。
ユギョンの会長就任の祝いに来たギマン。
ユギョンを車に乗せて連れて行く。
それを見ていたギョンワン。
ギョンワンはユギョンに電話をかける。
ユギョンは理事たちと食事中だと嘘をつく。
ユギョンはギマンに自分が会長になったから近づいてきたのかと聞く
フィギョンの母はフィギョンにセジンは本当は歩けるのだと話す。
フィギョンは母に2人でアメリカに行こうかと聞く。
ユネが一緒なら考えてみると言う母。
本当に傷ついたのですね~
ギョンワンはユギョンに隠し事はないか、テジュンを脅迫したのかと聞く。
テジュンは追いつめられているから信じるなというユギョン。
もし本当ならお前は会長になる資格はない、自分が引きずりおろすと言うギョンワン。
テジュンの面会に来たユギョン。
ギョンワンの前で卑劣な男になりたくないから正直に話したと言うテジュン。
フィギョンはテジュンと和解すると言っているが私がそうさせないと言うユギョン。
会長の席に座って考えが変わったのかと聞くテジュン。
自分の弱みを握っているのかと聞くユギョン。
二重帳簿を自分が持っているというテジュン。
いつか二重帳簿で自分を脅すと思っていたが、やってみたらいいと言うユギョン。
テジュンは三日天下を楽しんでおくといいと言う。
私を怒らせたことがお前の命取りになったというユギョン。
ユギョンはテジュンに横領の罪をきせた。
テジュンはユギョンの指示だと言うが、横領したお金はテジュンの母の口座から見つかったという刑事。
命取りになってしまった…
ギョンワンはユギョンにこの件に関わっていないかと聞く。
自分は知らないと答えるユギョン。
セジンは何日もテジュンに連絡がとれないので焦っている。
出張が長引いていると言うギョンワン。
テジュンの面会に来たナヨン。
無様なテジュンの姿を見て少しは気持ちがはれたと言うナヨン。
それなら良かったと言うテジュン。
こんな姿になるために自分とセビョルと捨てたのかと聞くナヨン。
ユギョンの会長就任式が始まった。
同時刻、ギマンが記者会見を開いた。

【98話】

就任の挨拶をするユギョン。
ナヨンはユギョンに、今日欠席している財界人からの祝いのメッセージが届いているがそれを見るかと聞く。
見て見ようと答えるユギョン。
ギマンの記者会見の映像が流れた。
ギマンは最近、32年前に別れた女性が産んだ自分の娘が訪ねてきた、しかし、その娘を冷たい言葉で帰してしまったと涙を流す。
その子供を実娘として認知をすると言うギマン。
その娘の名前を尋ねる記者。
そこに車いすに乗ったセジンが入ってきた。
セジンを娘だと紹介するギマン。
セジンは記者から写真を撮られ、あわてて車いすで会場を出て行こうとする。
しかし車いすが倒れてしまった。
立ち上がって歩いて会場を出ていくセジン。
その映像を見たユギョンはギョンワンにあれは間違いだと言う。
そこにさらに映像が続いた。
ユギョンがテジュンを脅迫して金を横領させたり、フィギョンの会長を阻止させたりしようとしている映像だった。
もう終わりだ!
その映像はテジュンがナヨンに渡したものだった。
その時、ユギョンに横領の件で同行しろと警察が入ってきた。
フィギョンは今日のことはナヨンの仕業かと聞く。
ユギョンからペクドを取り戻すためには仕方なかったと言うナヨン。
そして、はまだ終わっていない、ユギョンを再起できないように叩き潰すと言う。
ギョンワンの気持ちを考えろと言うフィギョン。
セジンはギマンに文句を言いにきた。
セジンは母がペクドの会長になったから、あんな会見を開いたのかと聞く。
セジンにユギョンが逮捕され、テジュンは拘置所にいることを教えるギマン。
警察で取り調べられるユギョン。
テジュンのねつ造だと話すユギョン。
テジュンが入ってきた。
テジュンに質問する検事。
自分のねつ造だったら潔く罪を認めて償うと答えるテジュン。
席を外した検事。
テジュンによくも裏切ったなというユギョン。
裏切られたのは自分だと言うテジュン。
そうだ。そうだ
テジュンに面会にきたセジンはテジュンに謝る。
テジュンはユギョンのことは絶対に許さない、だからセジンの元には戻らないと言う。
ギョンワンはナヨンにフィギョンを愛しているのかと聞く。
自分ができることはユギョンと離婚することだと言うギョンワン。
あとのことは自分に任せて幸せになれというギョンワン。
ユギョンと離婚をしたらフィギョンと家族でなくなるから
フィギョンをたくさん傷つけてしまった、もう遅いと言うナヨン。
一番大切なものを失うなというギョンワン。
まだやるべきことが残っていると言うナヨン。
家に帰ったギョンワン。
家ではセジンが酔っ払っている。
セジンはギョンワンにナヨンの親に戻って、自分のことは気にするなと言う。
他人の子どもを育てさせられて悔しいだろう、実父のギマンが一文無しじゃなくて良かったと言うセジン。
ギョンワンはユギョンと一緒に写った写真を床に投げつけた。
許すな~
フィギョンはユギョンの会長職の解任とギョンワンの復帰を提案して緊急理事会を開いた。
ギョンワンは会長にはフィギョンを推す。
黙秘を続けるユギョン。
証人がいるから拘束令状もすぐに取れるという検事。
証人としてセジンが入ってきた。
セジンにテジュンを使ってユギョンが横領した事実を確認する検事。
ユギョンの口から直接横領の話を聞いたと言うセジン。
釈放されたテジュン。

【99話】

釈放されたテジュンに会ったナヨン。
ナヨンにお礼を言うテジュンに、あなたを釈放させたのはセジンだと言うナヨン。
セジンが迎えにきた。
テジュンはセジンの手を振りはらす。
ナヨンはユギョンの面会にきた。
後悔しているのではないかと期待したと言うナヨン。
つけ上がるなというユギョン。
自分の母の事故現場にいただろうと言うナヨン。
母に何をしたのかと聞く。
ユギョンはナヨンにあなたの母はセジンの出生の秘密を知ってお金を要求してきた、それを払えないと自分は土下座をしたが家族を引き裂いてやると行ってしまった、追いかけた時にイヤリングが落ちたと言うユギョン。
そのあとのことは知らないと言うユギョン。
母がお金を要求するはずがない、1度でなく2度も母のことを辱めたというナヨン。
ユネは昔からお金が好きなのを知らないのかというユギョン。
それはあなたです
あなたが自分から真実を話し、涙を流したら最後の切り札は使わないつもりだったが、楽しみにしていろと言うナヨン。
ユギョンは会長職から解任された。
テジュンは家を出ていく準備をしている。
セジンは母を裏切ったのはテジュンを取り戻すためだったと言う。
ナヨンのところに行くのかと聞くセジン。
ナヨンは関係ないと言うテジュン。
行かないでとテジュンにすがりつくセジン。
セジンを振り切って出ていくテジュン。
出ていくテジュンに姉に復讐するためにセジンを捨てるのかと聞くフィギョン。
そうだと答えるテジュン。
ギョンワンはフィギョンに、テジュンは最善をつくしたから行かせてやれと言う。
拘置所で涙を流すユギョン。
何の涙? あなたに涙は似合いません
フィギョンがペクドの新会長に就任した。
テジュンはペクドを辞めると退職届を出した。
ギョンワンはセジンにはお前しかいないと言うが、テジュンはセジンの夫ではなく一人の男として生きたいと言う。
警察から釈放されたユギョン。
ユギョンを迎えにきたギョンワン。
ギョンワンはユギョンにユネが死んだ日にユネに会っていないかと聞く。
正直に話せと言うギョンワンに、結婚してから連絡を取っていないというユギョン。
そしてナヨンが実の子だと知っていたのではないかと聞くギョンワン。
知らなかったと答えるユギョン。
正直に話すわけがない
ギョンワンはユギョンに封筒を渡す。
中には離婚届が入っていた。
最後にチャンスを与えたのにそれを裏切ったのはお前だ、絶対に許さないと言うギョンワン。
言い訳をしながら謝るユギョン。
信じないというギョンワンはユギョンにSDカードを渡す。
それにはフィギョンの母とユギョンが争った映像が入っていた。
家を出ていくギョンワン。
出ていくのはユギョンでしょう
ユギョンが帰ってきた。
フィギョンの母からセジンの様子がおかしいと聞いたユギョン。
セジンは薬を飲んでいた。
安定剤を飲んだだけだと言うセジン。
そこに家政婦が大変だと走ってきた、
借金を返さないので家が差し押さえられてしまった。
貸主に会わせろと言うユギョン。
貸主と約束した場所に行くと、そこに来たのはナヨンだった。

97~99話感想

ユギョンは拘置所に入っていても強気ですね。まだまだ自分はなんとかなると自信があるのでしょうか。
セジンは母よりテジュンを選んだのに、結局ユギョンが原因でテジュンは去ってしまいました。
ナヨンの復讐もそろそろ終わりを迎えようとしています。
しかし、復讐を終えたナヨンが幸せになれるのか心配になります。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。