凍てついた愛-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-凍てついた愛-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

凍てついた愛

ご訪問くださりありがとうございます。
クルミットです♪
徐々に明らかになっていくソンホの事故。
自殺の偽装だと信じて疑わないイナとムジンは、警察の調査も学校の調査も自殺で片付けられてしまいどうしていいのか分からなくなる。
独自を調べていても、全く事実が見えてこない。
ただ、息子のソンホは自殺をするような子ではない絶対に違う。
そう信じる事で前に進むのだった。

【凍てついた愛】(ネタバレあり)

凍てついた愛 10話

誰が本当の事を言って、誰が嘘をついているのか。
警察の調査でヨンチョルはギチャンが首謀者と言い、ギチャンはジュンソクが首謀者だと言った。

同じマンションに住むヨンチョルが本当の事を話すと言いイナが訪ねると「ギチャンが首謀者で間違いない」と再び同じ断言する。
イナは、ジュンソクが首謀者だという話を聞けると思っていたので拍子抜けしてしまう。
イナは完全に信じてないよね

ヨンチョルは、ジュンソクから高価なプレゼントをもらっていた。
ジュンソクは、理事長の息子という強力な立場なのに自分に目をかけてくれるという特別感から首謀者をギチャンだと証言したのだった。

ソンホの事で感情的に接してしまった教え子ドンスにムジンは謝りに行く。
その時、妹のドンヒがソンホの同級生と知る。
しかも当日ソンホと会話をしたというのだ。
話を聞くとドンヒは、ソンホが「自殺をするわけがない」と断言する。
なぜなら、その日に死のうとしていたのは自分だからだと。いじめに苦しんでいる自分に「負けるな、絶対に生きろ」と励ましてくれたという。

そして、去り際にソンホは「また、明日」とドンヒに言ったのだ。

その言葉を聞いたイナは、希望の光が見えた。「また、明日」そう言ったソンホが自殺する訳ない。

ドンヒの話には、学校でのジュンソクとソンホの話もあった。
表ではソンホに親切にして仲が良いように見せかけているけれど、裏ではソンホを孤立させて追い詰めていたと。

凍てついた愛 11話

唯一の目撃者、いや共犯者の警備員が動き出す。
ジュンソクの母ウンジュには、あの日の防犯カメラの映像を自分が持っていると匂わせ、ジュンソクの父親にはソンホが落ちる瞬間までの会話の録音を渡して見せる。
いきなりすごい人が出てきたけど、警備員さん大丈夫かな命狙われたりしない?

その頃イナはドンヒの話を聞いていてもたっても居られずに、ウンジュの元を訪ねる。

「ジュンソクが首謀者だと知っていたよね」

いきなり切り込む。動揺をうまく隠すウンジュは「ギチャンが言ったの?」と平静を装うがイナがギチャンではないと言った事で不安が広がる。
イナは何を掴んでいるのか。探りながらも正直に話したというスタンスは崩さずに続ける。
ママ友同士も闘いだね。ウンジュが嘘ついているけど

ジュソクの父は、脅迫に対して強硬手段に出る。
警備員の息子を拘束したのだ。

「カネが欲しいなら俺に土下座しろ」かなりの強気だ。
大丈夫?警備員さんの目の色変わったよ

一方学校でも動きがある。
ソンホの担任は、ジュンソクが首謀者だと教頭に訴える。

イナは学校に来た帰りに、なぜか警備員がサボテンの鉢を手渡す。
何となく、ここに秘密隠したんじゃないの?と思わせる顔つきだったけど・・

凍てついた愛 12話

ソンホと家族の事だけを考えたいとムジンは学校を1年間休職していた。
自分の感情が抑えきれずに、生徒を叩いてしまったという事が決定的だった。

正門側の防犯カメラの映像をイナとみているとウンジュの車が裏門へ向かって行くのを発見する。

「あの時、ウンジュは学校にいたのね」

愕然とするイナ。
信じていたママ友が実は自分を裏切っていた決定的な証拠だった。
ソンホとジュンソクは、事故の日にダヒをめぐって口論していた。
ソンホに敵対心を持つジュンソクが、ソンホが好きなダヒにちょっかいを出しダヒが振り向いた途端冷たい態度をとったのだ。

そして、ダヒが自殺未遂をする。

それを見過ごす事が出来なかったソンホが、あの日屋上にジュンソクを呼び出したのだ。

そうして口論から殴り合いになり、もみ合っているうちにソンホが落ちてしまう。
ソンホがジュンソクと話す内容を携帯に録音しておき、それを携帯を拾った警備員がジュンソクの両親に送ったのだった。

どうしてヨンチョルが嘘をついているのか気になるとイナはヨンチョルの母を呼び出して話す。
ヨンチョルの母も薄々おかしいと気づいていたので「もう一度話してみる」と言いイナと別れる。
ヨンチョルのお母さんは、常識的な人だよね

凍てついた愛 10話11話・12話まとめ

警備員さんがキーマンとは思わなかったです。
これでソンホの事故に関わっている人が全部でてきたのかな。
日記帳と携帯がないという伏線が、少しずつ回収されて首謀者のジュンソク一家を追い詰めていくのが見どころなのでしょうか。
でも、まだまだ隠された何かがありそうですごく気になります。
ダヒというソンホが想いを寄せていた子も、あまり登場していないからもう一波乱は絶対にありそうです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください