前世の敵-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-前世の敵-あらすじ-13話-14話-15話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

前世の敵

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
カルチャーセンターへ電話をしてオ・ナラがいない事を確認したヤンスクでしたが。
そんなヤンスクの元にカルチャーセンターからのパンフレットが届きます!!
そこにナラが紹介されているのでは??

【前世の敵】ネタバレあり

第13話

ヤンスクの元に送られてきたカルチャーセンターのパンフレット。
ヤンスクが目を通したその裏に、新しい講師として紹介されているオ・ナラ。

しかしヤンスクはナラの写ったページを見ず、にんにくを広げて皮をむき始めたのだった。

ところが!!
皮むきが終わりパンフレットを目にしたヤンスクは、紹介されているナラの写真を見てしまったのだ。

そしてカルチャーセンターへと飛んで行くヤンスク。
それを見たテランはゴヤに報告。

「ナラがカルチャーセンターで働いていることをヤンスクが知ってしまった」と。

ほうきを持ってカルチャーセンターへとやって来るヤンスク。
同じ頃、ナラはたまたま生徒の名簿を見てしまった。

そこに写るテランとヤンスクの姿。
一気に過去が蘇るナラ。

夫テピョンの妹と元妻だとすぐに気づく。

ナラは大慌てです!!

教室を隅々捜して回るヤンスク。
逃げるナラ。

扉が半開きの教室へと入って行くヤンスク・・・。
そこにはナラが??

第14話

ナラと向かい合っていたのは何とゴヤだった。
母ヤンスクはカルチャーセンターでナラの名前を叫びながらほうきを振り回す。
そして警察に連れて行かれるヤンスク。

ゴヤはナラに「父親から連絡が欲しいので伝えて欲しい」と伝言するが。
「私から連絡するまでおとなしく待っていて」と言い残し立ち去るナラ。

ゴヤの母ヤンスクは警察署にいた。
カルチャーセンターから「営業妨害だ!」と連絡があり連行された母ヤンスク。

テランはヤンスクがナラを殺してしまわないかと心配で、ナラを見たと言えなかった。

ヤンスクは、ゴウンを妊娠中に夫テピョンが不倫をして出て行った。
そして生まれてきたゴウンは、透析なしでは生きられない体。

ヤンスクは決して忘れることが出来ない・・・そして憎しみも消えないのでしょう

ゴヤはゴウンの病気を治してやろうと思っていた。
「父にもらわなければいけないものがある」と言うゴヤ。

ナラは、ゴヤ達がテピョンに一体何を求めているのか?と疑問を持つのだった。

第15話

ヤンスクの産んだゴウンは。
生まれてすぐから病気だった。

手術をしないと助からないと言われ、生と死の狭間で生きていた。
そんな時、ナラはヤンスクに離婚届に印をつくよう求めるのだった。
そして家も売り払ってしまう。

なんて非情な( ;∀;)

ゴヤは料理レシピコンテストに応募しようと張り切っていた。
尊敬する料理教室のチャン・オクジャ先生から本まで頂いていたのだった。

そしてどうやらそのコンテストは、オクジャも審査員を務めるコンテストのようであった。

ジソクは迷惑をかけてくるゴヤの事を最初は誤解していたものの、本当は悪い人間ではないと確信していたのだった。
そしてふとした瞬間にゴヤの事を思い出す。

会いたいと思っているジソク。一方ゴヤは二度と会いたくないと思っていますが・・・

料理コンテストの願書を提出しようとやって来たゴヤ。
ところが!!

どうやらその書類はジソクのものと入れ替わってしまったようだ。
ジソクは弁護士事務所でそのことに気付く。

願書を提出に来たゴヤの元に1本の電話が。
それはジソクからの電話??

第13話から第15話の感想

とうとう母ヤンスクは、夫テピョンの不倫相手を見つけてしまいました(≧∇≦)
ゴウンを妊娠中にテピョンは家を出たのです。
そして出産を迎えたヤンスクでしたが。
生まれてきたゴウンは透析なしでは生きられないと言う体でした。
ゴヤはずっと母の苦しんできた姿を見ていました。
そしてゴウンの病気を治してやりたいとずっと願っているゴヤは。
父をどうしても捜し出したいようです。
神出鬼没のテピョン。
ナラでさえなかなか連絡が取れないようです。
そこでゴヤもナラを見つけて父に連絡を取ろうと試みますが。
なかなか父が見つからないようです。
生きて行くことに必死のゴヤと、弁護士事務所で売れっ子の弁護士としてカッコよく生きているジソク。
対照的なゴヤに惹かれていくジソクのようですね。