力の強い女-トボンスン-あらすじ-最終回(16話)-好視聴率のドラマをネタバレありで!

韓国ドラマ-力の強い女-トボンスン-あらすじ-15話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
気持ちの悪いジャンヒョンはボンスンたちの手によって捕まりました。これで女性拉致事件は解決でしょうか。
最終回はボンスンとミンヒョクのラブラブシーンばかりかもしれませんね。
忘れてはいけないドンピョもいました。ドンピョはボンスンに復讐できるのでしょうか。また、なぞのインド人の活躍はあるのでしょうか。

【力の強い女-トボンスン】ネタバレあり

【最終回(16話)】

ジャンヒョンも捕まり、これで安心して眠れると言うミンヒョク。
隣ではすでにボンスンがいびきをかいて寝ていた。

グクドゥはジャンヒョンを取り調べる。
女性たちが泣いて助けを求めるのが面白かったと言うジャンヒョン。

新ゲームのプレゼンの練習をするボンスン。
ゴン秘書はゲームの最後で2人の主人公はどうなるのかと聞く。
ボンスンは、2人は幸せに暮らすと答える。
ゴン秘書はつまり結婚して子供を授かって暮らすのかと聞く。
ボンスンは、それはシーズン2でのお楽しみと言う。
ミンヒョクはシーズン2が楽しみだとウキウキする。

ミンヒョクがボンスンを連れて行ってしまったので1人残ったゴン秘書。
ドンピョが入ってきてまたのけ者にされたのかと聞く。
ゴン秘書は最近やけに寂しいのだと言う。

家出した父が戻らないので心配するボンスン。
ミンヒョクは自分が何とかすると言う。
そんなミンヒョクをかわいがるボンスン。
ミンヒョクはボンスンを抱きしめる。
ここは会社ですよ~

ミンヒョクはボンスンの父に会いにきた。
ミンヒョクはそろそろ家に帰ったらどうかと言う。
まだ帰らないと言う父。
ミンヒョクはボンスンと結婚したい、結婚を許してほしいと言う。
明日にでも結婚したいのにお義父さんが家出をしていたら遅くなってしまうと言う。
ボンスンが好きでおかしくなってしまいそうだと言うミンヒョク。

ボンスンの父はミンヒョクに娘に苦労させるようなことはしないかと聞く。
苦労させないと言うミンヒョク。
ボンスンは、力は強いが心はガラスのように傷つきやすいと言う父。

父はミンヒョクにボンスンのどこが好きなのかと聞く。
ミンヒョクは、ボンスンは自分のようだと言う。
ボンスンがいると自分もいて、ボンスンがいないと自分もいないと言うミンヒョク。
今までボンスンを育ててくれて感謝する、これからは自分が幸せにすると言う。
こんなこと言われてみたい~

ヒジはボンギに来月ウィーンのオーケストラに入ることにしたと言う。
ボンギは運がよければ運命の相手に出会えるはずだと言う。
ヒジは、私たちは運命の相手ではなかったのかもしれないと言う。

ミンヒョクに連れられてボンスンの父は家に帰ってきた。
ボンスンの母はミンヒョクにボンスンの部屋でお茶でも飲んで行けと言う。

ボンスンの部屋に初めて入るミンヒョク。
母が果物を持って入ってきて、ミンヒョクに今夜は泊まってもいいと言う。
ボンスンといい雰囲気になってきたとき、ボンギがいきなり入ってきた。

1人で帰りたくないと言うミンヒョク。
ボンスンにキスをされて喜ぶミンヒョク。
夢で会おうと言うボンスン。
いつまでも離れない2人。
テレビを見ているこちらまで恥ずかしくなります

なぞのインド人はインド人ではなくダルホンという名前の韓国人で今まで人をだましてお金を稼いでいた。
それを聞いたペク・タクは怒り出す。

詐欺容疑で指名手配されるダルホン。

ジャンヒョンは無期懲役の判決を受けた。

ミンヒョクは犯人を捕まえるのに協力した市民として警察から表彰された。
ボンスンのことを隠すために自分が表彰されるのは恥ずかしいと言うミンヒョク。
これからも私に変わって表彰されると思うからよろしくと言うボンスン。

グクドゥは江南警察署に移動になった。
ミンヒョクにもう会う機会はなくなると言う。

ボンスンの考えた新ゲームのプレゼンが始まった。
「スーパーガールボンスン」という名前のゲームを説明するボンスン。
プレゼンは成功した。

グクドゥはボンスンに、高校生のときに自分がコスモスみたいな女の子が好きだと言ったのを覚えているかと聞く。
ボンスンはそれを聞いてから怪力を隠すようになったと言う。
あれはお前の事だったと言うグクドゥ。
自分にとってボンスンはコスモスのような女性だったからわざと聞かせたのだと言う。
感激しますが、もう遅すぎた(涙)

ボンスンは知らなかったと言う。
グクドゥは心の温かいボンスンが友達で嬉しかったと言う。
これからも友達だろと言うグクドゥ。
グクドゥはボンスンに幸せになれと言う。

ボンスンと別れたグクドゥは、ボンスンに渡せなかったネックレスを取り出し、涙を流す。

ボンスンは企画開発チームに採用が決まった。
新ゲームは私の下で開発すると言うドンピョ。

ボンスンを慕う高校生がミンヒョクに会いにきた。
自分達の姉貴を傷つけないでくれと頼む高校生たち。
簡単に傷つく姉貴ではないとうミンヒョクは高校生にご馳走する。

企画開発チームに移動になったボンスンを見守っているミンヒョク。

グクドゥはミンヒョクを呼び出す。
グクドゥはボンスンを傷つけたら許さないと言う。
ボンスンは自分の友達だ、幸せにしろと言うグクドゥ。
ボンスンはみんなに愛されていますね~

ボンスンのゲームが発売された。
バスの中で自分の考えたゲームを楽しんでいる人を見て嬉しくなるボンスン。

交通事故で車の下敷きになった血だらけの男性がいた。
そこを通りかかったボンスン。
ボンスンはみんなの力を借りる振りをして男性を助け出した。
そのせいで遅刻してしまったボンスン。
ドンピョはボンスンを怒る。

ボンスン家族とミンヒョクはバーベキューを楽しむ。

ボンスンはミンヒョクに自分の愛する人を守りたいと言う。
ボンスンのことは俺が守ると言うミンヒョク。

ボンスンは毎日人助けをしている。
そのため会社に遅刻をしたり、仕事を抜け出しては助けに行く。
その度にドンピョに叱られる。

ドンピョはミンヒョクに、ボンスンは自分を馬鹿にしていると言う。
宇宙人なのに地球の物をたくさん食べるし、東や西に走り回っていると言う。
もう一緒に仕事はできないからチームから追い出すと言うドンピョ。

ドンピョに追い出されたボンスンはミンヒョクの部屋に戻ってきた。
ミンヒョクは歓迎するべきか慰めるべきか悩む。
ボンスンはこの部屋にいるのが楽だと言う。
親友社員歓迎会をしようと言うボンスン。

ゴン秘書を無視してイチャイチャする2人。
退社後デートに出かけるボンスンとミンヒョク。
2人の姿を見て羨むドンピョ。
ゴン秘書はドンピョにお前も誰かと付き合えばいいと言う。

ドンピョは、ゴン秘書はドンピョと付き合っていると大声で言いふらす。
ドンピョはゴン秘書が好き?

ボンスンはミンヒョクにいつから私の事が好きだったのかと聞く。
最初に会ったときからだと答えるミンヒョク。
ミンヒョクはボンスンが自分のことを見てくれるまで待っていたのだと言う。

ミンヒョクはボンスンに10年後も一緒にいようと言う。
ボンスンは屋上で私が逃げろと言ったときに話があるから置いて行けないと言っていたがその話って何かと聞く。
ミンヒョクは一瞬でもボンスンなしでは生きていけないと言う。
永遠に一緒にいたいと言うミンヒョク。

ミンヒョクはボンスンに指輪を渡す。
そしてキスをする2人。

結婚式の日がやってきた。
みんなに祝福されるボンスンとミンヒョク。

バージンロードを父に手を引かれながら歩くボンスン。
父はボンスンをミンヒョクに渡した。
ボンスンとミンヒョクは結婚した。

ボンスンたちは子供を授かった。
産まれた赤ちゃんは女の子でそれも双子だった。
最強×2倍!

その双子の面倒を見るためベビーシッターとして雇われたペク・タクの子分たち。
しかし双子の赤ちゃんの蹴りやパンチで顔があざだらけ。
パパになったミンヒョクも自分の子供にミルクをあげようとするが、パンチをくらう。
ミンヒョクはボンスンに助けをもらうために電話をするが、ボンスンは仕事中だと答える。

ボンスンは毎日、子供たちが住みやすい街にするため闘っているのだった。

最終回感想

ボンスンの結婚式にミンヒョクの両親は来ていませんでしたね。まあここは気にしない事にしましょう。
グクドゥは高校生の時からボンスンのことが好きだったのですね。ボンスンも自分のことが好きだったのに気づいていなかったなんて鈍感すぎます。ボンギの言うように気付いていたらこのドラマはつまらないものになってしまいますね。グクドゥにはかわいそうですが、ミンヒョクの愛情には勝てませんからボンスンとは友達のままでいてください。
女の双子が生まれハッピーエンド(?)で終わってよかったです!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。