名もなき英雄-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-名もなき英雄-あらすじ-1話-2話-3話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


【名もなき英雄】ネタバレあり

第1話「マカオでの作戦」

シユンは中央情報局の諜報員として任務を遂行していた。
ところが突然、「任務を中止しろ」との命令が下る。
シユンの恋人で同じ情報局員ソアンと後輩諜報員ジヌと一緒に、命の危険にさらされることとなる。

そして、後輩諜報員ジヌを目の前で亡くしてしまうのだった。

命令に背き任務を遂行しようとしたシユンは、やむなく刑務所で過ごす事になってしまう。
3年の刑に服し、出所したシユン。

諜報員の先輩、スヒョクが迎えにやって来る。
シユンはしばらく遊んで暮らすと言う。
そして「金が尽きたら実践武術道場を開こうか」とシユン。
スヒョクは「危険だからやめておけ、お前の武術もお前の体も」と言う。

シユンが出所し手土産持ってやってきたのは母の所だった。
まだかまだかと待ちわびていた母。
シユンの姿を見るなり飛んできて、豆腐を口に。

その頃刑事イム・テホは住宅ローンの返済や子供の習い事など家計が圧迫、苦しんでいた。
見回り中のテホは強盗で捕まった青年を見つけて車を止める。
窃盗の集中取り締まり違反の期間は来週からだと聞き、青年に善処だと自宅謹慎をさせる。
しかし本当の狙いは、加算点目当てのテホ。
ちょっとずるがしこいテホでしたが・・・結局捕まえることはしませんでした

そこにテホの先輩、パク・ソンフからの誘いが。
会社を設立し、元中央情報局員OBの監視をすることに。

バー隣人が売りに出されていることに興味を持ち、客層を知らべつくしたシユン。

警察官志望のチェ・チャンギュ。
試験会場へ遅れて入り警察官に追い回されるが逃げ切るチャンギュ。
運動神経の良さをテホに認められ、テホが立ち上げた会社「清渓企画(チョンゲ)」に抜擢される。
元諜報員を監視するというものです

第2話「スーパーヒーロー」
チャンギュはさっそく尾行開始。

シユンはバー隣人を買い取ることに。
脚本家志望のアルバイト、ぺ・ジョンヨンをそのまま雇うことを条件で。

そこにやって来たソ・ジュンソク元諜報員。
遅れてやって来たチャギョン。
そう、チャギョンが尾行しているのはジュンソクでした

ある日ジョンヨンと友人ソミが絡まれる。
見て見ぬ振りが出来ないシユン、覆面に帽子姿で二人を助ける。

シユンは3年前後輩ジヌを亡くした事件以来、ずっと悪夢にうなされる。
表向きはバー隣人のオーナーになったシユンですが、ジヌを殺した人間たちに復讐しようと誓います

シユンは復讐のため、元諜報員ジュンソクを尾行していたチャンギュに目をつける。
チャンギュに近寄り情報収集。

シユンの誘導尋問に素直に答えてしまうチャンギュだった。

その頃ジョンヨンは、自分とソミを助けた人物は誰なのかと探ろうとしていた。

チャンギュは朝早くから一日中ジュンソクの監視にあたっていた。
バレてないと思っていたのは本人だけ、実はバレバレのチャンギュ。
ジュンソクから「今日はどこへも出かけない」と声を掛けられてしまう。

早速テホに尾行がばれた事を報告するチャンギュ。
しばらく待機しろとの命が下るチャンギュ。

チャンギュの尾行していた元諜報員ジュンソクは、何者かに襲われて・・・。

第3話「殺人事件」

テホは殺人事件の連絡を受け現場に向かう。
そこにはチャンギュが尾行していたジュンソクの遺体が!!

チャンギュは理由も知らず尾行していた相手が殺されたことに驚きを隠せない。
テホは「自分も孫請けで指示があった通りに動くだけだから」と説明するも納得がいかない様子のチャンギュ。

「この仕事は辞める」と言うチャンギュだった。

テホは龍門企画(ヨンムン)の先輩パク・ソンフを訪ねる。
ソンフから、「この事件には深く関わるな。秘密がばれてはいけない、チャンギュは辞めさせないように」と言われるテホ。

バー隣人の元オーナーファン社長も元諜報員。
「秘密を抱えた諜報員たちが、束の間の心を休める場所としてここを残してほしい」とシユンに話すファン社長。

シユンはジュンソクの事を知りたくてファン社長に「教えて欲しい」と頼む。
「話す前に、3年前に何があったかを先に知りたい」とファン社長。

マカオで任務中ジュンソクに「我々の邪魔をしないで欲しい」と言われ、作戦中に後輩ジヌが命を落とした事を話す。

ジュンソクは少し前に解雇されていたと言う。
幹部になり機密情報を閲覧できるようになったジュンソク。
「全ては繋がっていた」と話したと言う。

バー隣人で接客するシユンは大忙し。
アルバイトのジョンヨンの姿が見えない。
「親友ソミの店で問題が起き離れることが出来ない」と言うジョンヨン。
シユンは元オーナーファン社長に店を任せて飛び出していく。

帽子にマスク姿でソミの店に現れるシユン。
3人のチンピラ相手に一瞬で叩きのめすシユンだった。

バー隣人に飲みにやって来るテホ。
ジュンソクが殺された事件を捜査したいけれど出来ないもどかしさ( ;∀;)

一方チャンギュも落ち続ける警察官試験、やるせなくて飲みに来る。

テホが「ファン社長に聞きたいことがある」と残していったジュンソクの写真。

ソミとジョンヨンはチャンギュが正義の味方のヒーローだと勘違い。
チャギョンの被る帽子が、自分たちを助けてくれた人物と同じだったからだ。

店にやって来た3人組の男女。
その中に、シユンの元恋人諜報員ソアンがいた。

店じまいしたバー隣人にやって来たソアン。
「なぜ面会を拒んだのか」とシユンに尋ねる。
「ジヌが死んだとき、自分の心も死んだから」と答えるシユンだった・・・。

第1話から第3話の感想

国家の秘密を握る中央情報院。
そこで諜報員として働いていたシユンは、後輩ジヌが殺されてしまったことへの復讐を心に誓い動いています。
表向きはバー隣人の経営者として、裏の顔は元諜報員の事件の真相究明。
早速アルバイト店員のジョンヨン達がチンピラに絡まれてしまいますね。
見て見ぬ振りが出来ないシユンは、諜報員として培われた腕っぷしを生かしジョンヨン達を助けます。どこからともなくスーパーマンのように現れる謎の人物、いったい誰なのか女子たちはとっても気になりますよね(^▽^)/
刑事テホは家族を養っていく上で、子供たちの養育費や住宅ローンなどお金は山のように出ていくようです。お金に困っていた時に先輩ソンフから声を掛けられ、会社を設立することになりました。短期間で高収入、ちょっと怪しいですよね~(≧∇≦)
運動神経抜群、身体能力の高さはピカ一のチャンギュ。チャンギュ演じるイ・スヒョク氏、いつも素敵な声色で美男ですね(^▽^)/
ソアンとシユンの今後も気になります(*´∀`*)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください