名もなき英雄-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-名もなき英雄-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソアンもスヒョクの手下のようですがシユンは大丈夫なのでしょうか(≧∇≦)
ファン社長も殺されて・・・次々と狙われる命。
一体どんな問題が隠されているのでしょうか!!

【名もなき英雄】ネタバレあり

第10話「遺した物、遺された者」

ファン社長の家に向かうシユンとチャンギュ。
電話にも出ないファン社長の家のカギは壊されていた。
シユンが扉を開けるとそこには変わり果てたファン社長の姿が(≧∇≦)

チャンギュは今話題の文化通りの「影」ではないかと警察に連行される。

シユンはファン社長からの手紙を読んだ。
そこには「悲劇を招く復讐に燃えるのではなく、影の道を歩む方が似合っている。真実を記録した回顧録を守って欲しい」とシユンへのメッセージも残されていた。

シユンはジヌの母親の食堂へとやって来る。
そして正直に自分が作戦中止を聞かなかったため、ジヌの命を危険にさらしてしまったことを打ち明ける。
しかしジヌの母はジヌが憎くて危険な目に合わせたわけではないシユンを憎まないという。

「ジヌと同じあなたも私の息子よ」と言い抱き合うシユンとジヌの母だった。

チャンギュは何の罪もないのに留置場の中。
スヒョクが電話一本かけるとすぐに釈放されるチャンギュ。

ソンフがチャンギュに会いにやって来る。
清渓企画に対して不信感を持つチャンギュはこの仕事を辞めたいと言う。
必死に説得するソンフです。警察官になりたいチャンギュを揺さぶります!

ファン社長の葬儀を終え、シユンはスヒョクに「回顧録は自分が持っているからむやみに手出しするな」と上に伝えて欲しいと伝言する。

バー隣人にやって来たチャンギュ。
新たな指示が出たとシユンに告げる。監視するのはジョンヨンだと。
嘘をつくチャンギュですがシユンは元情報局員です。ちゃんとわかっているようですね

そこにジヌの母親から電話が。
店で食事がまずいと暴れる二人の男。
シユンは二人を痛めつける。
そこにサンミンが現れます。サンミンの指示でしょうか・・・。

ジョンヨンは、シユンの命が危険にさらされていると思いテホに相談する。

第11話「腹の探り合い」

テホの妻は、高収入のアルバイトをする夫テホに協力しようと探偵ごっこのようにシユンの見張りをする。

テホの居場所をなぜか知っているソンフ。
チャンギュ以外のバイト二人の観察者が変わったと伝えに来る。
そして二人はヨンムン企画の事務所へと向かうのだった。

ヨンムン企画の事務所に移った二人。
テホは観察者が次々と殺された事で不安だと訴え涙を流す。
そしてなぜ殺されたのかをソンフに聞く。
ソンフは「ファン社長の殺人は、シユンに謎を解く鍵がある」と告げる。
テホもわざとらしい演技で先輩ソンフから謎解きのカギを聞き出そうとしますがソンフはさらに上をいっているようですね、テホをうまく利用しているようです(≧∇≦)

テホが帰り際にすれ違ったのはユン・サンミン。
ヨンムン企画の事務所へと入って行った。

ユン・サンミン、彼の人生も悲惨だった。
10歳の時に親を交通事故で亡くし、お金の為に走り回りすさんだ人生を歩んできた。

サンミンの会社の顧問弁護士イェジュンは、ギャングに襲われてこの世を去ったヒョンジュと瓜二つ。
サンミンが心から愛した女性だと言う。

イェジュンに「多くのものを一緒に共有しよう」と提案するサンミン。
イェジュンは「私を他の誰でもない、ソ・イェジュンと見てくださるなら」と応える。

シユンの観察を命じられているチャンギュは今日も店を後にする。
ジョンヨンから「一緒に店長をまもりましょう」と言われるチャンギュ。

店じまいした後のBar隣人の中には元情報局員ばかり。
カン・リス、手品師ミン氏、寿司屋のイルムン。
皆ファン社長を慕う人間ばかりだった。犯人は誰か、なぜ殺されたのかを話す4人だった。

話し合いを終え帰って行く元情報局員達。
ソアンは店じまいしたシユンの元へ。

ソアンとシユンは昔のようにいい関係に・・・。
ソアンを信頼しているのでしょうか・・・不安です大丈夫?!シユン(≧∇≦)

ファン社長が残した回顧録を一枚一枚写真に収めるシユン。
ソアンは甘えるようにやって来て、その中身を確認するのだった。

シユンは実家の母を訪ねる。
母はシユンの危険を心配し、戻って来いと言う。
その会話の一部始終をスヒョクとその仲間たちが盗聴していた。

Bar隣人に乗り込んで来るテホ。
シユンが来てから起こる事件の犯人ではないかと問い詰める。

シユンは3年前のマカオで自分の後輩が殺されたことを話す。
犯人は同一人物だと。
テホを信じて話したようです

ミンギはずっと街中を一人で観察していた。
そしてシユンを監視する人物がどこに事務所を構えているかまで全て調べつくしているのだった。
シユンに助けられたミンギはテホにこの情報を伝えに来る。

テホは調べた事をジョンミンチーム長に伝えるが、それはすべて裏でスヒョクとつながっていた!!
怖すぎますね、一体誰を信用したらいいのでしょう!!

第12話「狙われる”影”」

テホは反抗期真っただ中の娘スビンの遅い帰宅に少しだけと話をする。

テホは大金に目がくらみ、始めた裏会社の副業。
しかし本来のテホの心の奥に眠る正義感がどうしても頭をもたげてくるようで、自分のしていることに納得がいかないようだった。
スビンが大人になる頃いい世の中だと言えるようにしてやりたい、そう話すテホだった。

スヒョクは情報局局長のギュマンと会う。
回顧録をどんな手を使っても手に入れろとスヒョクに言う。

スヒョクはシユンのBar隣人へやって来て、回顧録を会社に渡すべきだと話す。
スヒョクは「回顧録を渡せば監視されず暮らせるように協力してもらえるのか」と話す。
「自分を頼ればいい」とシユンを安心させるような言葉を連ねるスヒョクだった。
シユンは気付いています、スヒョクが自分と実家の母の会話を盗聴していたことも

ソミが「助けて!」とジョンヨンに電話をよこす。
慌てて駆けつけるシユン、チャンギュにジョンヨン。

そこには手の甲に入れ墨をした見覚えぼある男が!!
3年前ジヌを殺したあの男のようです( ;∀;)

男とシユンが格闘しているところにテホたち警察官がやって来るが男は逃げてしまう。
シユンはこの町に残り一緒に戦うと言う。
テホもシユンが”影”であることに気付くのだった。

手に入れ墨のある男とサンミンは3年前のマカオでのことを秘密にしなければならないと話していた。
誰に指示されたかを絶対に明かしてはならないと・・・。

シユンはチャンギュが自分を監視していることに気付いていた。
武術を早く教えて欲しいと言うチャンギュに「信頼関係のない人間には教えられない」と答えるシユン。

元情報局員のイルムンは、ソンフを締め上げ黒幕の名前を聞き出す。
ソンフはずるい男、清渓企画のテホをやり玉に挙げる。

ソアンはシユンの味方のふりをし、回顧録を手に入れようとしているようだった。
シユンと親しく話した帰りに乗り込んだ車にはスヒョクが。
もう誰を信じたらいいのかさっぱりわからなくなりますね(≧∇≦)

シユンは、刑務所で知り合ったヨンジンをバイク便の格好をさせて呼び寄せる。
大事なものを運ぶと言うシユン。
回顧録でしょうか・・・

清渓企画のテホは会社を辞めたと言うソンフ。
チャンギュは次期社長になりたくて、ソンフに頼み込む。
兄の示談金が今すぐ必要でソンフから貸してもらうことに

サンミンは何としても文化通りの土地を買い上げ、コアモールを成功させたい。
弁護士イェジュンを引き連れ、ソミとジヌの母の店にやって来る。
お金をちらつかせ契約書にサインをさせようとする二人にソミはサインをするが、ジヌの母は契約書を破り捨てるのだった。

第10話から第12話の感想

ハラハラドキドキのアクションが、毎度シユンの魅力をアップさせているようです(^▽^)/
シユンが”影”であることに気付いたテホも、本当はいい奴だったんだとシユンの事を見直したようですね。
それにしてもソアンです!!
シユンと男女の仲になりながら、スヒョクと通じているなんて(≧∇≦)
ソアンもスヒョクの手下なのでしょうか、それとも最後はシユンの味方なのでしょうか。
色んなことに頭が回るキレるシユンですが、ソアンに対してはガードが甘いのか・・・心配です(≧∇≦)
複雑に絡み合う人間関係。一体誰を信じて行動すればよいのかがわからなくなりますね。
「人を見たら泥棒と思え!」ではないですが身近にいる人間さえも信用できなくなります。
派手なアクションと心理作戦が、一度見たら癖になるドラマです(*´∀`*)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください