名不虚伝-ミョンブルホジョン-あらすじ-15話-最終回(16話)-結末は?

韓国ドラマ-名不虚伝-ミョンブルホジョン-あらすじ-15話-最終回(16話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

名不虚伝





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前話のおさらいをしましょう。
チョンスルの元にホームレスのパクさんとキムさんがやってきました。おなかの調子が悪いというので診察しましたが、どこも悪くなかったのに2人は食い下がって鍼で治療してもらったのですが、キムさんが倒れ、チョンスルおじいさんが逮捕!
容疑は何とか晴れましたが、今度は別の試練がやってきたみたいです・・。

【名不虚伝-ミョンブルホジョン】(ネタバレあり)

15話

イムは襲撃されたホジュンの屋敷を見て茫然としていました。
どのくらいの時間がたったのかわかりません。

イムはマクゲを探して屋敷の中に入ります。
屋敷の中は完全に、果てています。
探し回っていると、今の時代にはそぐわないものを見つけ拾い上げてみるとヨンギョンのバックでした。
ヨンギョンのバック。よくご無事でしたね

バックを開けると、中にはホジュンが書いた手紙が入っています。
イムは読むとすぐにホジュンたちのいる場所へと向かいました。

ホジュンのいる空き家に着くとマクゲとヨニが。
イムはすぐにヨニの診察をします。
ホジュンはヨニに起きた出来事を話しました。
「父親が出かけていたら、賊に押し入られ母親は賊に暴行されて首をつったのを見ていた」と。
ホジュンにイムは「ヨニを救うことができるのはお前だけだ」と。

ヨンギョンは突然、倒れたチョンスルを病院に連れていきます。
そして手術が必要な病気だとも知り、隠していたチョンスルを責めます。
チョンスルは家に帰りたいと頼みますが、ヨンギョンはその頼みを断ります。
「おじいさんがいなくなってしまたら、私は天涯孤独になる。一人ぼっちに。おじいさんは私を残して逝きたいの?」と。

チョンスルはヨンギョンの言葉に自分が浅はかだったと、思い直します。
チョンスルはヨンギョンに自分の手術は、ヨンギョンにしてほしいと頼みました。
ヨンギョンももちろんチョンスルの手術は自分が行うと心に決めていました。

その頃、朝鮮時代にいるイムもヨニを救うために治療を開始します。

一方、ソンテは不正におこなった医療が、マスコミによって白日の下にさらされ窮地に陥っていました。
ソンテが窮地に陥った時に助けてくれるVIP患者もいなく、孫のジェハからも冷たい言葉を掛けられてしまいます。
悪はいつか必ず、裁きを受けるのです

ヨンギョンは、横になり数を数えています。
何度も数を数えます。200までの数をもう何度、何十回、数えたのかもわかりません。
それでもイムが朝鮮に戻る前に約束した「200数え終わる頃には、君の元に帰るから」と言い残した言葉を信じていました。

ヨンギョンがイムを想っている頃、イムも同じようにヨンギョンを想っていました。

翌日、ヨンギョンは台所にたつイムを見つけ抱きしめます。
「おはよう。」
イムは振り向くとヨンギョンを抱きしめ
「会いたかった」そうつぶやきました。

ヨンギョンは、イムが去ろうとしていると感じていました。
朝鮮時代で医者として必要とされるイム。
そして現代で自分のそばにいるイム。
チョンスルが言った言葉を思い出します。
「人は、必要とされる場所にいて初めて、輝きを放つことが出来る」
ヨンギョンはイムとデートに出かけることにします。
イムとケーブルカーに乗ると、ソウルタワーに行きました

ゲームをしてみたり、夜景を見たり、カップルには大人気の南京錠広場で南京錠に互いの名前を刻みます。

「ヨンギョン、話したいことがある」
そうイムは言うと謝ります。
ヨンギョンにはイムが何を伝えたいのか、話したいのかわかっていました。
「ありがとう。私はここでソウルで、ソウルを守るからイムは・・イムは朝鮮で朝鮮を守ってほしい。戻るべき場所へ戻って。」と。

16話

最終回

ヨンギョンとイムは、ヨンギョンはソウルで、イムは朝鮮でそれぞれの患者を守ることを決めました。
イムが朝鮮に帰るまでの数日間で、ヨンギョンはイムにしてあげたいこと、おしえてあげたいこと、すべてを実行することにします。

朝鮮で役に立つ日が来るかもしれないと、心臓マッサージのやり方を教えたり、映画を見て二人で感動してみたり、料理をつくってあげたり、一緒にカップル写真を撮影してみたり、出来る限りの残された数日間を二人は精一杯に明るく、楽しく過ごしました。
イム。心臓マッサージいやがってます(*^▽^*)

そしてイムとヨンギョンは別れの日が来ます。
イムはチョンスルらに別れの挨拶をすると、ヨンギョンにも別れの挨拶をします。

ヨンギョンは泣いていました。

「今の寒い季節は、空気が冷たいから肺に良くない。だから乾燥しないように暖かくして過ごして」とイム。

「それから僕の、運命に付き合って付き添ってくれてありがとう。」
そういうとイムはヨンギョンに背を向け、心臓に鍼を刺します。
ヨンギョンはイムが消滅するまでイムを抱きしめていました。
大号泣(´;ω;`)ウゥゥ
それから二人はそれぞれが生きるべき場所で、人を救うために奔走します。
それでも救えない命があることに心を痛めながらも・・。

それからヨンギョンは、一生懸命に勉強し、ついに博士号を取ります。
どれくらいの月日が流れたのか・・・。
ヨンギョンは、ホームレスの人たちにも同じ医療をと、街中で無料で治療のサービスを行っていました。
一人、また一人、治療を終え見送っていた時、ヨンギョンの視界に時代劇のような姿義を来た人物をとらえます。
その人物は、ゆっくりと自分に向かって歩いてきます。

それはイムでした。
夢でもなく、幻でもなく、イムだったのです。

ヨンギョンはイムがけがをしていることに気づきます。
「怪我したの?」
「会いたい人に会いに行く途中で転んだんだ・・。会いたくて会いたくてたまらない人だったから・・。遅くなってしまってごめん。」

ヨンギョンは何も言わず黙っています。

「僕に会いたいと思っていなかった?」

「いつまでいるの?」

「一生。」

「私がいつ、一生一緒に生きるって?」
ヨンギョンはイムを疑いの目で見ています。

「一度捨てた奴は二度目も同じことをするって聞いたことないの?」とヨンギョン。

イムは慌てます。
「僕は君を捨てた事なんて、一回もない。もう君がいないと、君なしじゃ生きていけないって言うのに」
そう言うとヨンギョンと腕をきつく組みました。

二度と離れないように・・・。

15話と最終回の感想

今回で最終回でした。あっという間の16話。
初めはイム役を演じている俳優さんの顔の濃さに、目がいったりもしたんですが・・。
お話にはもう大満足の内容で、ストーリーの展開も早くとても見やすかったです。
最終回でチョンスルおじいさんも元気になったし。イムも現代に戻ってきたし。
イムが朝鮮に帰ることを決めた時は、イムとヨンギョンは結ばれずに終了してしまうのかなとちょっと残念でしたが、無事イムは現代に生還しヨンギョンとハッピーエンドで幕をとじてくれたので良かったです。
数年後のイムとヨンギョンが、現代でどんな生活を送っているのかSPがあったらいいな♡








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。