君を愛した時間-あらすじ-7話-8話-感想つきでネタバレありで!

韓国ドラマ-君を愛した時間-あらすじ-7話-8話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

君を愛した時間.jpg
ハ・ジウォン主演、原作は台湾ドラマ「たぶん私は君を愛していない」。
たどれば、日本の漫画「イタズラなkiss」がもととなる。
ハ・ジウォン演じるアラサーのキャリアウーマン、34歳の誕生日を迎えた朝からスタートするラブコメディー。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ピアニストのソフ、ハナの元カレの登場です。
ハナとよりを戻したくて帰ったと言うソフの言動に惑わされているハナですが・・・ウォンはハナの事が心配でたまらない様子。
ハナとソフ、ウォンの関係・・・これからに注目です(^▽^)/
【君を愛した時間】(ネタバレあり)
第7話「タイミング」
ハナは今日も残業だというのでウォンは頼まれた弁当を会社に届けに行く。
ところがハナは帰ったと言う、ハナを探すウォン。
そのころハナはホテルのスパとエステを予約、バスタブにつかりながら「当分の間男は除外する」と思うハナだった。
ハナの母がやって来て、ビールを飲みながらハナは仕事の愚痴をこぼす。
ハナの話を聞き、一緒に悪口を言う母。なぜかスッキリするハナだった。
ウォンはハナの会社までやって来た。
ハナは欠勤、ソフもまたハナを探しにやって来る、鉢合わせするウォンとソフ。
ウォンにハナから電話が。
慌てて家に帰って来たウォン、ハナが駆け寄る。
「連絡も取れない、心配したぞ!」と言いうウォンに「ごめんね」と可愛く甘えて見せるハナ。
怒っているウォンに「電話したかったけれど我慢したの」と言うハナだった。
二人はいつものアジト(屋上)で語らう。
ハナは「ウォンから自立したい、しばらく男は除外する」と宣言。
「男のせいで仕事の評価がされないのは許せないから」とハナは言う。
良いことも悪いこともすべて共有しているハナとウォン、じゃれ合い仲睦まじい姿に癒されます(^▽^)/
ハナは会社に出社、ソフとの打ち合わせに出向く。
ソフはハナをじっと見つめ、隣に座る。
愛しそうに見つめるソフ、ハナへの気持ちが溢れています
またまたアジトでハナとウォン。
会社で任されたソフのプロジェクト担当は自分だと話す。
ウォンに隠し事はしたくないと言うハナ。
「明日から三日間北米路線に出張だ」とウォン、「帰ったらデートしよう」と言う。
ソフはハナの家に車でやって来る。
「今日は今から同行してくれ」と言うソフ。
ハナを練習会場へ、そこでソフは以前ハナが聞きたがっていた曲を演奏する。
ハナは会社に戻り、理事に言う、「秘書でもないのに連れまわされるからプロジェクトの進め方を再検討してほしい」と。
ソフはハナに近づきたくて、飲み会を開催する。
酔っぱらたハナを送ろうとしているところにやって来たのはウォン。
ハナを負ぶって帰る・・・。
第8話「読めない心」
ハナを背中に負ぶったウォンは昔を思い出す・・・今日と同じようにハナを背負って帰るウォンは・・・
「ハナ、ハナ・・・好きだよ」。
家に着きハナをベッドに寝かせる。
ハナの頭を撫でながら「心配させるなよハナ」と言うウォン。
ウォンは海外研修に選ばれる、ミヒャンがウォンに伝えるがあまり乗り気でないウォン。
二年もハナから離れるなんてウォンに出来るのでしょうか( ;∀;)
ソフはハナと一緒に居る時間を作る為、仕事と称して拘束する。
承諾するハナに「反論しないのか?」とソフ。
「一緒に居るのも苦痛だ」とハナは言う。
足が疲れたハナは、ウォンと電話で話しながら椅子に足を投げ出す。
突然ハナの足をマッサージするソフ、びっくりしたハナは大声を出す。
ウォンは電話の向こうにソフの声が聞こえて気になる様子。
ハナとソフ、衣裳合わせの靴選びの為店に寄った二人。
靴を合わせる二人を見てしまうウォン、ハナに電話を掛けて夕飯に誘う。
ガラス越しにハナを見つめるウォン。その彼を見つけたソフ。
ハナとウォンとソフ・・・絡み合う糸のように複雑です
夕飯を一緒に食べるウォンとハナ、口喧嘩が収まらない。
「いつもウォンは本音を言わないから心の中が読めない!」と言うハナ。
ハナの後姿を見つめながら、「俺も読めない・・・同じだ」とつぶやくウォンだった。
ウォンはハナに海外研修の話をする。
ハナは、「私の事は気にせず行ってきて」とウォンに言う。 
三年前、ソフとハナの婚約式に姿を見せなかったソフ。
実は遅れて来ていたと今になって知る。なぜあの時弁解しなかったのかとソフを責める。
「ハナを守る力をつけてやり直すために戻って来た」と言うソフ。
結局ソフの演奏会は中止になった。
「二度とお前を失いたくない、そのために戻ったのだから」と。
ソフは「思い出したら来て」と言いハナに楽譜を渡す。
ウォンはハナにメールを送る、「アジトで宝探し第2弾」。
ウォンはハナにネックレスを贈り、想いを伝えるようですね(*´∀`*)
ソフに渡された楽譜には昔ハナがウサギの絵を描いて付けたピンクの付箋。
幸せだった頃を思い出すハナは歩き出す・・・いったいどこへ?!
第7話から第8話の感想
ハナを取り戻そうと必死のソフですが、三年前婚約式をすっぽかされたと思っているハナ。今頃になって勝手なことを!!と憎らしく思っているようです。
ハナはソフにも事情があり遅れて婚約式にやって来たことを今更ながら知ってしまいます。
ソフが自分の元を去ったのではないと知ってしまったハナ、複雑な心境ですよね(≧∇≦)
一方ウォン、ずっとひた隠しに秘めていたハナへの想いを伝えようと決意したようです。
いつだってハナを心配し、ハナの気持ちに寄り添ってくれるウォン。何も言わなくてもお互いわかりあえるような存在、羨ましい~!!
ハナがピンクの付箋を見て思い出す幸せだったころ・・・ハナの向かった先にはいったい誰がいるのでしょうか?!とっても気になります(^▽^)/








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。