品位のある彼女-あらすじ-15話-16話-好視聴率のドラマをネタバレありで!

韓国ドラマ-品位のある彼女-あらすじ-15話-16話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボクジャが会社を売却してしまったことに衝撃を受けたテドンは倒れてしまいました。
これを知った家族達、ボクジャに対しての恨みがどんどん募っていきます。
誰がボクジャを殺した犯人になってもおかしくない状態になりました。
果たして誰が犯人になってしまうのか…
15話から見てみましょう。

【品位のある彼女】ネタバレあり

15話

ボクジャが会社を売却したと言う話を聞き、衝撃を受けて倒れるテドン。

そして、再び場面はボクジャが死んだ後に移り…
ボクジャの死因には特別変わったところは無く、頭部を強く打たれ頭部損傷による脳震盪で死んだと言う解剖医。
刑事達はアジンを一番怪しく思うが完璧なアリバイがある為、周辺の関係者達を容疑者として捜査を開始することにするのだった。

またボクジャ生前の場面に戻る。

ボクジャもテドンが倒れたという話を聞く。
しかし、ボクジャは本家には戻らないと言うのだった。
一方、ボクジャに追い出されたバンスンが屋敷から出ていこうとしていることろにジュミが現れ、ボクジャとグルなのではないかと疑い、バンスンを部屋に閉じ込める。

またボクジャ死後の場面に戻る。
警察の調査を受けるアジン。
家族全員が慌ただしい中、すでにデソンパルプとは関係がないアジンが入院しているテドンの御見舞に行く。
ボクジャの死が段々と近づいているのがわかります。
その頃、デソンパルプはファンド会社に手渡され、大変な事になる。
ジュミはボンチョルとボクジャの位置を把握し、ボクジャの家に向かおうとする。
殺しても、もう一度財産を取り戻すと言うジュミ。

その頃、ボクジャはホテルのスイートルームで上流階級の生活を楽しんでいた。
信じられない額の入った自分の通帳を見て微笑むボクジャ。
バラの華を撒いてベッドに横たわる。
これがボクジャの上流のイメージなのね…

一方ソンヒは、母親と一緒にどうしたらこの家を手渡さずに済むかを考えていた。
色々探す中で、結局家の権利がアジンにあるという証拠だけを発見する。
家を手に入れることが出来ないソンヒ。
更にはマンション住人からの弾劾にも遭うのだった。

ボクジャは、誰かからのメモを受け取る。
そこには「アジンより」と書かれているが、どうやら差出人はジュミの様だ。
ボクジャを罠にはめようとしているみたいね。

その頃、テドンの横で看病をしているアジンを呼び出すギホ。
お腹が空いてると思い、食べ物を持ってきてくれるのだった。
そこにちょうどテドンの御見舞に来たジェソクが2人の姿を見かけ、ジェソクは2人の中を疑い始める。
アジンとこのまま別れるのを恐れるジェソク。
もう離婚してるんだけどね(笑)

その頃、ボクジャがらメモの返事を受け取るジュミ。
自分の計画が上手く行っている事を核心する。
ジェグはジュミに動くなと言われながらも、個人的にボクジャに復讐を図る。
しかし、先回りしていたボクジャにより2人の計画は失敗に終わる。
ボクジャに送った人達はボディーガードによって捕まってしまうのだった。

一方、アジンの部屋を漁るソンヒとソンヒ母。
家に戻って来たアジンにその姿を見つかってしまう。
ソンヒはもうジェソクと別れるから、自分の絵を返して欲しいと言うのだった。
しかし、アジンは法的な内容を話し、ソンヒを論破する。

その頃計画が全て失敗に終わったジェグ。
本気でボクジャを殺す決意を固める。
部屋に閉じ込められたバンスンをボクジャを殺すぞと言って連れ出す。
別の所では、ジュミも同じ考えで居るのだった。

ところで、ジェグ夫婦の計画をどうしてボクジャが先に防げたのかというと、ボクジャが秘書をお金で買収していたからだった。
お金で買われた秘書はジェグ達に違うボクジャの居場所を伝えていたらしい。

一方、アジンがテドンの御見舞に病院に行くが、寝ているはずのベッドにはテドンの姿はなかった。
そして、意識を取り戻して座っているテドンを発見するアジン。
テドンはアジンにボクジャの事を聞く。

場面はまたボクジャの死後に変わる。
ボクジャがいたスイートルームにはアジンが居る。
そして、警察にテドンが目を覚ました事を伝えていないアジンなのだった。

16話

世間知らずの長女ジェヒは、ハン代表(ボクジャが会社を売った相手)側に付く。
ハン代表は、会社を取り戻したければ家を担保にしてお金を借りてくださいと、ジェヒを誘う。
ジェヒのせいで家まで失う事になるの!?

ジュミは全てを失っていくことに耐えられず、酒に依存し始める。
そして、アジンには文句ばっかり言い始め…

そして、テドンはアジンに頼んだのか、昏睡状態からまだ目を覚ましていない振りをする。
医者は状態が安定してきているのでおかしく思っているようだが…
もちろん家族の誰にもテドンの意識が戻ったっことは伝えていないのだった。

そんな渦中、ボクジャは金持ちだけが受けることが出来る皮膚美容を受けに行く為、アジンの友人の旦那(不倫中)の所へ足を運んでいた。
しかし、この医者の生活も乱れていることを知るボクジャ。
段々と、上流階級の生活もスペクタクルで汚い事を知るのだった。

その頃、ジェソクは家に帰り、ソンヒからアジンとギホがただの弁護士と依頼人の関係ではないみたいだと言う話を聞く。
なんとなく2人の関係を怪しく思っていたジェソクは更に不安になる。
すでにソンヒの事が眼中にな入らなくなっているみたいね。
ソンヒの話を聞き、ギホの事務所を訪ねるジェソク。
もう離婚しているにもかかわらず、ギホに対して大きな声で怒鳴りつける。
しかし、ジェソクの話を聞くには聞きたギホは、アジンの様な素晴らしい女性をこれ以上辛くさせるなと、ジェソク言い、控訴するなら弁護士を選任して来てくれと伝える。

その頃、「正しい生活が品位ある正しい環境を造ります。」
という張り紙に、自分の写真を貼られるソンヒ。
恥ずかしくて外に出ることができなくなる。

そして、ついにボクジャとアジンが会う事に。
アジンはテドンがボクジャに全てを手渡した時に、痴呆にかかっていたという診断書を手渡す。
なので、2人のやり取りは法的に無効であると言うのだった。
「持っていてはいけないのは欲望、その終わりは破滅よ。」
という言葉を残すアジン。
診断書をみて目を丸くするボクジャだった。
アジンは本格的にボクジャが持っているお金を回収するつもりみたい!かっこいいわ!

ボクジャは家に戻ると、隠れていたジェグにナイフを突きつけられる。
ジェグは、今すぐ金を返さないと殺すぞとボクジャを脅す。
その時、ボクジャの秘書が訪ねて来るが、ボクジャは隠れるジェソクの事を伝えないまま、秘書からハン代表が風俗の女性と付き合いがあるという情報を得る。
その時、秘書がジェグの事を見つけ、ボディーガードに捕まえてもらうのだった。
この人やばいね。いつもナイフ持ってるよ…

一方、ボクジャは風俗のその人を探しに出かける。
そして、その人の家を見つけると風俗の女性はボクジャに対し、
「奥様は、誰かから殺される事になるかもしれない。」
と言うのだった。
どういう事!?ゾッとするんですけど~

その頃、アジンはボンチョルから連絡を受けて会うことにする。
ここでボンチョルは、ボクジャがわざとアジンに接近したことなどの全ての事実を告白するのだった。
ボクジャはテドンの病室に行く。
昏睡状態で寝ている(振りをしている)テドンの手を握り、
「私を信じてはいけなかったでしょ…」
とつぶやき涙を流す。
そして、ボクジャが病室を出ると、テドンは目を開く。
話を聞いていたのね…ボクジャはテドンに対しては胸が痛むのかしら。

アジンはボクジャに電話をかける。
そして、もう一度はじめに戻ってテドンの看病人として、テドンの目を覚ますようにしてくれとお願いする。
ボクジャは、もう一度初めて会った時の方言を使ったボクジャとして話し、アジンに、取引をしないといけませんか?聞くのだった。
これは、アジンの提案を受け入れた感じね。

15-16話感想

いよいよボクジャの死が近づいている感じです。
ジェグとジュミが犯人としては動機が十分だけど、ここでテドンも有力候補にあがりました。
このドラマ、アジンが本当に頭が切れて、性格もよくって魅力的過ぎます。
でも、これでアジンが犯人だったらこれも面白い!!
結末の想像が全然つきません。
そして、ボクジャの動機もまだ曖昧でわかりません。
過去と現在の時間軸がどんどん接近してきて面白くなってきました!
次回も楽しみです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。