品位のある彼女-あらすじ-19話-好視聴率のドラマをネタバレありで!

韓国ドラマ-品位のある彼女-あらすじ-19話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
上流階級を夢見て沢山の人の恨みを買ったボクジャ。反対に様々な試練に遭っても、自分の生き方を貫いて新たな道を開いていくアジン。
対象的な二人の人生ですが、どっちが幸せを手に入れたのか…一目瞭然ですね。
ボクジャがこの生活をこれほどまでに夢に見た原因は何なのか?
そして最後、ボクジャは誰によって殺されてしまうのでしょうか?
それでは19話を見てみましょう。

【品位のある彼女】ネタバレあり

19話

お粥の事件で、ボクジャはテドンの殺人未遂の容疑者となり、更に家族からの恨みを買うことになる。

しかし、ボクジャの死後アジンは、お粥事件の犯人は豊熟亭の女主人が犯人であり、この人が上流層の情報を盗聴して売っていた事を知るのだった。
ボクジャが殺害に遭い、この店も警察達の調査を受ける。

そして、刑事はボクジャの遺品から遺書とメモ用紙を見つける。
この遺書はアジン達のヒーリングスタディーの遺書でしょ?

一方、目を覚ましたテドンは、デソンパルプをもう一度立ち直す考えはないと言い、売却に賛成する。
そして、死んだボクジャと一緒に取った写真を見て恋しく思うテドン。
ボクジャは19話から亡霊(?)みたいな形で少しずつ登場する。

「だれも知らない」(ボクジャの声)

テドンも警察の陳述を受ける。
テドンは倒れて、目を覚ましてすぐに家に帰った様だった。
ボクジャが殺されたちょうどその頃に…

秘書は、テドンの呼び出しを受けたが、急に病院に居ると聞き、そちらに向かったと陳述する。
一方、殺害に遭う前に、ボクジャはアジンに自分の胸の内を全て語っていた。
自分は本当にテドンとこのまま幸せに暮らして行きたかったと言うボクジャ。
アジンは、自分が聞いたボクジャの本音をそのままテドンに伝える。
その話を聞き、心を痛めるテドン。

そして、アジンは逃げたが戻ってきた、ボクジャの第一発見者の女性に話を聞く。
この女性は真犯人を見たかもしれないと話すのだった。

そして、もう一人の容疑者だったバンスンも調査を受けている。
バンスンに対しては、拘束調査もしないといけないという警察。
バンスンは、ボクジャが殺された当日、ボクジャを脅迫して1000万を要求していた。
しかし、そんなバンスンのことなんて気にも止めていなかったボクジャは、会うことすらしていなかった。
バンスンも容疑者から外される。

一方、相変わらず調査を受けようとしないジェグ。
ジュミはボクジャが殺された事をとても痛快に思っていた。
そんなジュミを怪訝な目で見るジェグ。

ジュミが調査を受けに行っている間に、ジェヒはジェグを訪れる。
そして、自分が真犯人を見たかもしれないと言うジェヒ。
ジェヒは、犯人を第一発見者の女性と思っているようね。

ボクジャの殺人事件の真犯人を探す刑事達は、調査を実行しながら、ボクジャの所持品から出てきた遺書とメモを調べる。
そして、この2つは全て筆体が同じだという。

ボクジャの剖検が全て終わったと、お葬式の準備をしないといけない所、テドンは自分が死んだのと同じだと言い、葬式には出席しないと言う。

画家を夢見ていたボクジャ(亡霊?)は、旅立つ前にギャラリーに行く。
ボクジャの死を表現しているようなソンヒの絵画を見つめるボクジャ。

そして、ボクジャが注文した白いツーピースがアジンの元に届くのだった。

とうとうデソンパルプは他の会社に買収合併される事になる。
ハン代表は、金を稼ぐために手を血で汚したと言うのだが…

一方、ボクジャの葬式の準備をするアジン。
アジンはボクジャの死に装束として、必ず白いツーピースを着せて上げてほしいとお願いする。
ボクジャ(亡霊)は、白いツーピースを着てアジンの横に現れる。

ジェグは悩んだ末、結局、調査を受けに警察へ行くことにする。
その頃、現場からジェグのナイフを発見したという報告が入るのだった。
事件当日にジェグを屋敷に呼び出したのはハン代表だったらしい。
ハン代表は、ジェグにボクジャを始末するように雇った様だった。

しかし、実はジェグはその日の夜は屋敷には行っていなかった。
ジェグがコンビニで何かを食べているところが、コンビニの監視カメラにしっかり映っているのだった。(これはまだ警察には確認されていない)
ジェグも真犯人じゃないようね。

アジンは刑事からボクジャが持っていた遺書とメモを渡される。
全ては自分が書いたものだと警察に伝えるアジン。
ボクジャはアジンを看病人として雇われる時に知ったのではなく、それ以前に働いていたホテルのスイートルームで初めて会ったんだ。という話を思い返すアジン。
その時からボクジャはアジンに憧れていたらしく、アジンの書いた遺書やメモを大切に取って置いた様だった。
ボクジャはここまでアジンに憧れていたのね。

ボクジャ(亡霊)は、辺りを見回りながら、最後にテドンを見に行く。
眠っているテドンを見つめるボクジャ。

ジュミはジェグの話を聞き、コンビニに監視カメラを確認しに行く。
しかし、店長が不在で確認させることは出来ないとことわられるジュミ。

一方アジンは、寝ていると夢を見る。
その夢は、テドンが煉瓦でボクジャの頭を打ち、殺してしまう夢だった…

19話感想

どうやら真犯人は、最終回まで持ち越しの様です。
ボクジャを殺した犯人は誰なのか非常に気になりますが、全然真相が掴めません。
テドンなのか?もしかしてアジン…?
ボクジャも、どうして殺されるような事をしてまで上流階級に憧れたのかしら…そこのところまでわかると嬉しいな。
さて、いよいよ次回が最終回です!お楽しみに〜!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。