夕食一緒に食べませんか?-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ヘギョンの温かい手料理を食べながら、ドヒは心のケアをしてもらっているようですね。
ヘギョンとドヒの二人の未来は一体どうなるの?

スポンサーリンク

【夕食一緒に食べませんか?】ネタバレあり

第19話

ヘギョンは今までになく積極的に、自分の気持ちに忠実に、ドヒに告白する。
ドヒもその言葉に安心し、ヘギョンの手を握るのだった。

そしてドヒも告白する。
「実は私もずっと以前に境界線を越えていたの」と。
「知っていた」と話すヘギョン。

フードセラピストだと言うヘギョンの言葉や言動に癒されていくドヒです

ジェヒョクはノウルと一緒に飲んでいた。
ノウルもヘギョンを諦めないと言う。
「フェアに戦うつもりだ」と言うノウルに、ジェヒョクは言う。

「勝つことよりルールを守る事の方が大事?」と。

2NBOXで放送するノウルの番組は、500万ハートを生み出していた。
ドヒは「ジェヒョクと一緒に仕事は出来ない」と、仲間達に番組の打ち切りを提案する。
するとノウルに、「ウPDが辞めればいい」と言われてしまう。

コンビニ前のパラソルおじさんことキアヌの姿を最近見かけていない、と心配するドヒとアヨン。
アヨンはわざわざ出向いてくるのだが、いつもの場所にいなかった。
そんなアヨンの姿を木の影からそっと眺めるキアヌ。

ゴヌとジェヒョクは一緒にいた。
酒に溺れるジェヒョク。
「ドヒを愛している」と泣くジェヒョクに、「もうあきらめろ」と言うゴヌ。

ゴヌに「最後のお願いだから」と言って、ジェヒョクはヘギョンを呼びだしてもらう。
ヘギョンがやって来ると、「自分にはドヒが必要だ」と言うジェヒョク。

しかしヘギョンは、「ドヒは絶対に渡さない」と言う。
するとジェヒョクは、「自分がドヒを傷つけてしまったから、もう傷つけないで欲しい」と頼むのだった。

これって、ドヒを諦めるってこと?本心なのかしら?

スポンサーリンク

第20話

ノウルとヘギョンの共演がスタート。
のっけからハートが連発。

視聴者からの質問に答えるノウルとヘギョン。
視聴者からは、二人の関係性を問う質問もたくさん上がって来るのだった。

ノウルは正直に答える。
「かつては愛し合う仲だったが、今は違う」と言う。
驚くヘギョン。
そして目の前にいるドヒは、何より気まずかった。

そんなこんなのドタバタ劇もあり、2NBOXで放送した番組には1000万ハートが送られてくる。
仲間達は出来栄えに大喜びだった。

ヘギョンは帰って行く。
ノウルはヘギョンを追いかけるように部屋を出る。
気になるのはドヒ。

ヘギョンはドヒに「待っている」と電話をする。
ドヒは安心してヘギョンの元へ。
するとノウルが一緒にいた。

ヘギョンを食事に誘ったのだが、「ドヒを待っている」と断られたのだった。

一緒にエレベーターで降りて行くヘギョンとドヒ。
扉が開くとそこにはジェヒョクが立っていた。
ドヒに、「話がある」と言う。
ヘギョンは車で待つことに。

「この仕事が終わったらアメリカへ戻るから。今さらだが、良い終わり方をしたい」と言うジェヒョクだった。
「わかった、宜しくチョン記者」と言うドヒ。

ヘギョンは心配していた。
ジェヒョクはどんなことをしてもドヒを諦めないのではないかと。
先輩からの助言もあり、危険を感じていたのだった。

ドヒを送って帰って来るヘギョン。
ドヒはヘギョンに、「一緒にラーメンを食べませんか?」と誘う。

ヘギョンは期待した・・・が、それはコンビニでカップ麺を食べることだった。

ドヒの家でラーメンを食べると勘違いしたようですね

コンビニでラーメンを食べる二人の前に、久しぶりに戻って来たキアヌの姿が見える。
ドヒも「あれ?おじさん?」と気になっている。
ヘギョンも「先輩?」と気になる。

すると駆けつけてきたアヨン。
アヨンはキアヌに抱きつき、いい感じの二人・・・。
そこにヘギョンとドヒが割って入る。

ヘギョンはジェヒョクの事を聞き出す。
「彼は昔、僕の患者だった」と話し出すキアヌ。

ドヒとヘギョンは、アヨンとキアヌに気を遣い、早々に帰って行く。
ドヒを送って来たヘギョンは、「家に上がりたいと言ったら?」とドヒを困らせる。

そしておでこにそっとキスをするヘギョン。
ドヒは戸惑った様子。

なんだか初々しい二人に癒されますね

ノウルとヘギョンの番組に、ジェヒョクが出演する日。
三人の言動に目が離せないと視聴者はくぎ付け。

「今日は食べながら話しましょう」と美味しそうなデザートを食べながら話す3人。
それぞれが好きなデザートを選ぶ。

ノウルはヘギョンの好物を手渡す。
ジェヒョクは「かつての恋人の好物だ」と言ってイチゴのケーキを手にし口に運ぶ。

番組を目の前で見ていたドヒは思わずジェヒョクの元へと飛んで行く。
「ダメ!」と言いながら、ジェヒョクの腕を掴むのだがすでに遅し。
ジェヒョクはケーキを口にしていた。

スポンサーリンク

第21話

ジェヒョクはイチゴアレルギーだった。
知りながらわざと口にしたジェヒョク。

命を危険にさらしながらも、ドヒを諦めないジェヒョクの執着心だった。
番組の途中でドヒが飛び出して行ってしまった事は、ヘギョンにとっても気まずかった。

ドヒはヘギョンと夕食の約束をする。
そしてヘギョンの病院へとやって来ると、出前を取るドヒ。

二人で食事をする。
ドヒはヘギョンの目を見ることが出来なかった。
いち早くヘギョンは察していた。
さすが精神科医。
ドヒの気まずい思いをすべて悟っていた。

ドヒは言う。
「あなたとの関係も大事にしたいから、気まずいなら番組を降りる」と。

ヘギョンは答える。
「気まずいけれど、仕事は諦めないで欲しい」と。

二人が食事を楽しんでいるその頃。
ジェヒョクはドヒの母の家にやって来る。
そして夕食をご馳走になっていた。

ドヒの母は、ジェヒョクとの交際を望んでいたのだった。
ジェヒョクはドヒの母に言う。

「僕はドヒ一筋なのだが、ドヒは違うようだ。だから諦めようと思う」と。

ジェヒョクは本当に怖いですね。全て計算ずく。別れる気など無いようです!

アヨンは仕事終わりに、キアヌと約束をしていたようだった。
アヨンの会社の前で待つキアヌは、スーツに身を包み、見違えるほど素敵な男性となり現れる。

アヨンはそんなキアヌに、「同棲しましょう」と提案するのだった。

ドヒのプロデュースする番組を打ち切ることは出来ないとアヨンは言う。
「広告が入った」と話すアヨン。

番組の一環として、ワークショップ動画の撮影のためにペンションへと出かけることとなった。
そこで二手に分かれ、サバイバルゲームの動画も撮影する。

ノウルは執拗にドヒを狙う。
ドヒが脱落した直後、アヨンに狙われ脱落するノウル。

生き残りをかけたサバイバルゲームの勝者はアヨンチームとなった。

スポンサーリンク

第19話から第21話の感想

留学先から突然帰国し、ドヒの前に現れたジェヒョクですが。
日々彼の行動には恐怖を感じてしまいます!
ドヒへの執着がすごすぎるジェヒョク。
イチゴアレルギーだと知りながら、わざとイチゴを口にしたジェヒョク。
ドヒがどんな行動に出るのかを計算してのことなのでしょう。
鳥肌が立ちますよね。
ノウルもヘギョンへの執着が、ジェヒョクほどではないようですがあるようで。
二人の行動は危険ですよね。
ジェヒョクとの別れはドヒにとって、とても辛い別れでした。
それゆえに、突然現れ復縁を迫る元彼をそう簡単に許せるはずはありません。
ジェヒョクがかつて、キアヌおじさんの元患者だと言うのもびっくりですが。
尋常じゃないジェヒョクの行動は目が離せません。

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください