夕食一緒に食べませんか?-28話-29話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ノウルはヘギョンの母親が亡くなったことを聞きつけ、家に飛んできます。
ヘギョンの家ではドヒがヘギョンを待っていました。
ノウルを家にあげて待つように言うドヒでした・・・。

スポンサーリンク

【夕食一緒に食べませんか?】ネタバレあり

第28話

ノウルはヘギョンの母の死を自分に知らせてくれなかったことがショックだった。
ヘギョンの母の事が好きだったと話すノウル。
ドヒは涙を流すノウルを見て、慰めてあげるのだった。

そこにヘギョンが帰宅する。
ドヒは気を遣い帰って行く。

と思いきや!
気がかりで帰れなかった。
ノウルが部屋から出てきたとき、まだヘギョンの家の前にいたドヒ。

ヘギョンはそんなドヒを家の中へと連れ込む。
とてもいい感じになる二人だったが、そこにドヒの母親から電話がかかって来る。
「すぐに帰って来て!」と言う母。
ヘギョンはドヒを家まで送ることに。

ジェヒョクはキアヌの診察を真面目に受けていた。
妄想性障害のジェヒョクは、ドヒがいない世界で生きて行くことを受け入れられずにいた。

「妄想の世界で生きて行く方が楽なのでは?」と言うジェヒョクだが。
キアヌはジェヒョクを治療するため、誠心誠意向き合うのだった。

アヨンは最近携帯を持ったキアヌの所へとやって来る。
ヘギョンの病院で診療をしているキアヌ。
どこにいるのかと捜し回ると、奥から「精神科医キム・ヒョヌ」と書かれた白衣に身を包んだキアヌが登場する。

驚くアヨンだった。

コンビニ前のパラソルおじさんとは全く違いますものね

ところがアヨンは、ステキな白衣のキム・ヒョヌではなくコンビニ前のパラソルおじさんの方が好きだったようだ。

ドヒは母に見合いを勧められる。
断ることが出来ず、見合い相手に会うことに。

そして、「恋人がいる」と話していると、やって来たのはヘギョン。
見合い相手にも恋人がいることがわかった。

ヘギョンの病院で診察を受けたことがある、自分の母の話をするドヒ。
「娘と先生が付き合うと言ったら弁当持参で阻止をする」と言っていたあの女性がドヒの母親だと知り驚くヘギョン。

二人並んで帰る途中、少し様子がおかしいジェヒョクと遭遇した。
キアヌことヒョヌに電話をかけ様子を伝えるヘギョン。
「自殺の可能性があるから刺激するな」と言うヒョヌだった。

その直後、ヘギョンの前から突然走り出したジェヒョクは、車の前に飛び出す。
ヘギョンがかばって車に跳ねられる。
ドヒは泣きながらヘギョンの元に駆けつける。

スポンサーリンク

第29話

ジェヒョクは、ヘギョンが車に跳ねられる前、こう言った。
「ドヒが怖い顔で僕を見ている。ドヒは僕がいなくなったら喜ぶはずだ。ドヒのためなら何でもする」と言ったのだった。
そして自ら向かって来る車に飛び込んだ。
ヘギョンがそれを助けたため、車に跳ねられたのだった。

救急車で運ばれるヘギョンとジェヒョク。
ジェヒョクは軽傷だったが、ヘギョンは意識が戻らなかった。
一晩中付き添うドヒ。

「目を覚まして」と祈りながらヘギョンの看病をするドヒの手を握り返してきたヘギョン。
意識が戻ったようだ。

ジェヒョクの病室にやって来たのは彼の父親だった。
「過去の事はもみ消してやったのに、今度はこんなことで呼ばれたのか」と言う父親に、ジェヒョクは言う。

「縁を切ります」と。
「父さんは僕を愛してくれない」と言うジェヒョク。

病室を出てきたジェヒョクの父親に、ヒョヌは言う。
「今度医院に来てください。治療しますよ」と。
「僕は息子さんの担当医だ、僕のことを誰だか忘れているようだが」と言うヒョヌ。

以前ジェヒョクは父親に認めてもらおうと必死だった。
いつかは愛してくれるとずっと信じていたのだった。

そこで、ヒョヌを陥れてしまうような誤報を記者として報道してしまったジェヒョク。
尻拭いをして、もみ消したのは彼の父親だと言う。

直後、ジェヒョクはアメリカへと旅立つことに。

ジェヒョクは今度こそ治療に専念すると言う。
「自分が傷つけてしまった人がいるのだから、自分も頑張らないと」と心に誓うジェヒョクだった。
地方の病院に入院することを決めたのだ。

今度こそドヒのいない世界をきちんと受け入れられますように

スポンサーリンク

第28話から第29話の感想

衝撃的でした!
ジェヒョクは、究極に追い詰められていたようです。
妄想の世界で生きていたいジェヒョクにとって、現実の世界でドヒがいない生活には耐えられなかったようです。
自分がいなくなることで、ドヒの記憶にはずっと自分が残るとも考えたのでしょう。
ドヒを自分にしばりつけておきたかったジェヒョクの究極の行動。
ドヒの目の前で命を落とす事です。
ためらいなく車に飛び込んだジェヒョク。
精神科医として、とっさにジェヒョクを助けたヘギョン。
ヘギョンが車に跳ねられてしまいました。
目の前で起きてしまった恐怖の出来事は、ドヒの心に深い傷として残ってしまいましたね。
ジェヒョクが改心し、本当に自分の病と向き合い、克服することが出来る日を望みます。
ヘギョンも早く眼を覚まして欲しいですね。

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください