夜を歩く士(ソンビ)-あらすじ-17話-18話-視聴率7.7%のドラマをネタバレありで!

韓国ドラマ-夜を歩く士(ソンビ)-あらすじ-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

夜を歩く士(ソンビ).jpg
切れ長の目に、豊かな演技力が魅力のイ・ジュンギ。男性アイドル東方神起シム・チャンミン主演のファンタジー時代劇。
宮中に伝わる伝説の吸血鬼クィ・・・最強のヴァンパイア、クィを倒すため、120年の時を経て人間から吸血鬼として生きる士(ソンビ…学識があり権力を欲せず、礼節を重んじ高潔である人)の役をイ・ジュンギが演じる。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
クィの館、ヤンソンが秘策にならないことに気付いたスヒャンですが、時すでに遅し。クィがヤンソンの首に噛みつこうとしたその時、ヤンソンの肩に吸血鬼に噛まれた傷跡を見つけられます。
ソンヨルもヤンソンを助けるためにクィの館に駆けつけてきます!ヤンソン、スヒャン、ソンヨル・・・皆無事にこの館から出られるのでしょうか・・・。

【夜を歩く士(ソンビ)】(ネタバレあり)

第17話「善なる心」

ソンヨルがやって来たのを見て、クィはわざとヤンソンを傷つけ血を流し、ソンヨルをあおる。
ヤンソンの血を吸おうとするクィ、ソンヨルはヤンソンとスヒャンを守る。
クィとソンヨルの闘いが始まる。
クィに打ちのめされるソンヨル、駆け寄るヤンソン。
しばらく人の血を吸っていないために力が発揮できないソンヨルです
ヤンソンは自分の傷口から血を吸い、ソンヨルに口移しで血を与えると・・・。
今まで見た事のない目つきになり、異常なほどの力を発揮するソンヨルに変身(*_*)
クィの館の前には世孫が。
領議政(ヘリョン父)が兵を連れてやって来る。
館から出てきたヤンソンとスヒャン。
領議政は「捕らえよ」と言い、率いる官軍は世孫達に剣を向ける。
同じ頃、地下の館でもソンヨルがクィと戦っている。
ソンヨルの力に全く歯が立たないクィ。
世孫と王妃ヘリョンは牢獄に入れられる。
ヘリョンは世孫に言う、「力が欲しい一心でクィに仕えてきた」と。
母と自分を守るため、父領議政に勝つためには、力を手に入れるしかないと思っていたヘリョン
世孫は優しくヘリョンを抱きしめる。
ソンヨルは人間の善の心と、吸血鬼という獣の声が頭の中でささやき合い葛藤している。
投獄された世孫と王妃ヘリョンの元に領議政がやって来る。
娘ヘリョンを連れ出す。
父領議政に「協力する、ゆえに世孫の命は助けてくれ」と懇願するヘリョンだった。
父の前で屈辱に耐え、膝まづくヘリョンは世孫の命を助けるために必死です
クィの館に領議政とヘリョン。
ヘリョンはクィに身を委ねると言う。
それもこれも世孫の為に
ヤンソンは都を離れるため死体のふりをし、ぺク・イノに付き添われ検問に差し掛かるが引っかかり、イノは兵士に刺され瀕死の状態に。
そこにソンヨル、獣の心に支配されたソンヨルに剣を突き刺すイノ。「人間の心を取り戻してくれ」と。
ヤンソンに抱かれ意識を失うソンヨル・・・
一方宮殿では、「今日から私が王である」と言うクィ・・・。

第18話「新たに玉座に座る者」

世孫は領議政の命令で馬に乗せられ流刑の地へ。
途中馬に乗った世孫に剣が向けられる、領議政の命令だった。
しかし王妃ヘリョンが世孫を救うため、ヘリョンの部下たちを潜り込ませていたのだ。
命拾いする世孫。
ソンヨルは意識を取り戻すが、地下の宮殿クィの館に入ってからの記憶が無いと言う。
王座に就いたクィ、宮殿の外に現れた吸血鬼から子供を守る。
民心を得ようと言う作戦の様だ。
ソンヨルは街に出て失った記憶を取り戻す。
ヤンソンの血を吸い、自分が民を襲ったことを思い出す。
そして、ぺク・イノがヤンソンを守り亡くなったことを知る。
ソンヨルは「もう秘策は捨てる」と言い残し、部屋に何日も引きこもったまま出てこない。
スヒャンはヤンソンに様子を見に行かせる。
ソンヨルは理性を失っている間に何人の民を傷つけたのかと悔いてならない。
ヤンソンはそんなソンヨルに寄り添っています(^▽^)/
そこに世孫がソンヨルを訪ねてくる。
秘策とは、ヤンソンの血を吸えばクィを倒すことは出来るが、新たなクィを産むことになると言うものだった。
「秘策は忘れろ」と世孫はソンヨルに言う。
各地に吸血鬼が出現し、民を苦しめている、そしてクィが自ら退治していると言う。
世孫は黒衣団と共に民を救うとソンヨルに話す。
ヤンソンは「夜の士様」の小説の続きを世に出そうと書いている。
ソンヨルに対する世間の誤解を解こうとヤンソン奮闘中です(*´∀`*)
ソンヨルと世孫は吸血鬼の現れる場所に先回りをし民を救う。
一足遅かったクィ達一行。
「黒衣団と士(ソンビ)様が助けてくれた」と言う民を斬りつけて殺してしまうクィ。
朝廷では、王クィをたたえる大臣達の声、一方王を批判する内容の本が出回っているとの声も上がる。
「見つけ次第焼き尽くし、関係したものは殺してしまえ」と言うクィ。
そこにまた吸血鬼が現れ、すでに黒衣団が退治したと報告が・・・!!

第17話から第18話の感想

ヤンソンが秘策だと言うことの意味・・・それはヤンソンの血を吸った守護鬼はクィを倒す事が出来ると言うこと、しかしそれはクィと同じ吸血鬼の誕生でもあるということがわかりました。
秘策には頼れないと分かった世孫とソンヨル、クィから民を守るために奮闘します。
ソンヨルがヤンソンの血を口に含んだだけで目つきも変わりあの変貌、自分でも覚えていない程の強力な力を発揮するヤンソンの血ってすごいですね!
王の座を手に入れたクィは、民心を利用する為の自作自演の吸血鬼退治、なんだか滑稽ですね。
ソンヨルは人間の心と獣の心の両方を持つため非情に苦しみます。何とかしてあげたいと思うヤンソン、この先二人の未来が築かれていくことを願って・・・続きを楽しみにしたいと思います!