夜警日誌-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ-16話-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

夜警日誌.jpg
「夜警日誌」は架空の朝鮮を舞台にしたファンタジー・ロマンス時代劇。「太陽を抱く月」出演のチョン・イルと、「野王~愛と欲望の果て~」出演のユンホ(東方神起)という二大人気イケメンが夢の初共演!ヒロイン、トハ(コ・ソンヒ)をめぐり王子イ・リン(チョン・イル)と武官カン・ムソク(ユンホ)の三角関係の恋愛の行方や鬼神との戦いから目が離せません。甘いラブロマンスだけでなく華麗なアクションにも注目です。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回までに12年前に起きた事件の全貌が判明しました。リン達夜警隊は無事サダムのイムギを復活させるという陰謀を阻止できるのか? またヨンウォルは無事記憶を取り戻すことができるのか? 色々注目するところが盛り沢山ですね。
【夜警日誌】(ネタバレあり)
【16話】
憶鬼は夜リンの枕元を訪れて魔術をかける。
キサン君はリンを塔の建立責任者に命じる。
トハはヨンウォルが無事を確かめるために梅蘭房を訪ねる。しかしヨンウォルはトハとの記憶がなく冷たい態度で接する。
サンホンはトハとムソクにヨンウォルには近づかないよう忠告をする。
ムソクは王命と夜警隊の任務の狭間で悩む。
怨霊の見えないムソクの複雑な気持ちが伝わってきますね。
都の怨鬼を成仏させると言い薦度斎をサダムは行い杖に怨鬼を集める。
リンは憶鬼によって操られたリンは領議政に王座を奪い返すと告げる。さらにスリョンにやさしく接し王座を奪う協力を仰ぐ。
その様子を見ていたトハ、さらにトハの傍にいたムソクを思うと胸が痛くなりました。
そしてリンはサンホンを襲う。ムソクとサンホンはリンに取り付いている憶鬼を退散させようとするが失敗に終わる。
最後の手段としてトハが千年花を使った治療を試み、無事リンを救うことに成功する。
リンに取り付いていた憶鬼を退散させ、いよいよ反撃にリン達はでるのでしょうか?
【17話】
リンはトハの助けで憶鬼から解放される。しかしまだ憶鬼に取り付かれたふりをしてサダムに近づくことにする。
サゴンも夜警隊に復帰しリン達夜警隊は憶鬼を倒すことに成功。サダムも同様に退治し二度と復活できないように死体を焼き払う。
リン達はサダムをこれで倒したと喜ぶ。しかしリンがキサン君に会いにいくと、そこにサダムが平然といる。
リン達の一歩先をサダムは行っていましたね。
塔の建設の視察に訪れたキサン君に領議政の陰謀によって落石が落とされる。ムソクがキサン君を助けるが、キサン君は何者かが自分の命を狙っているとして激怒する。
サダムはキサン君に生贄を塔に捧げることを進言するが、ムソクが命を懸けてそれを止めようとする。
そして夜、夜警隊は生贄となった民を救いに行く。
サダムはトハにそっくりな操り人間を作る。
スリョンは本物のトハと偽物のトハを入れ替え、リンとトハの仲を裂こうとする。
スリョンの策略、単純すぎますよね……わかりやすい
しかしリンとムソクの前に本物と偽物のトハが同時に現れ、二人は混乱をする。
ここで二人が同時に現れるなんて作戦がずいぶん不完全すぎるのでは?
【18話】
リンは2人のトハが現れる前、スリョンがトハを呼んだことを疑う。
ムソクは塔での落石事故の件で領議政を疑い会いに行き、釘を刺す。
王妃であるランイはサンホンにリンの助けになってくれるよう頼む。
ランイは王妃様だったんですね。それで人一倍リンのことを心配していた……納得。
チョンス大妃はパク・スジョンにリンとスリョンの婚姻を進めるよう話す。
しかしキサン君はその会話を聞いてスリョンを自分の側室にすると言い、パク・スジョンの怒りをかう。
サンホンは夜警隊の各々に特別な道具を渡し偽物のトハの退治を試みる。リンは偽物のトハに翻弄されるが、ムソクによって無事退治される。
リンとトハは互いに大切なものを交換しお互いのことを想い合う。
この場面胸キュンでしたよね。リンとトハ、お互いの距離がさらに近くなって良かったです!
サダムの策によってトハは連れ去られキサン君の元に連れて行かれる。リンはそれを知りキサン君の元へ向かう。
これは一波乱起きそうですよね。
ヨンウォルは徐々にヨンハだった頃の記憶を取り戻し、サダムに襲いかかる。しかしサダムによってヨンウォルは悪鬼にさせられてしまい人々を襲い始める。
16~18話感想
偽物のトハを夜警隊は無事退治できましたが、次はヨンウォルが悪鬼となり人々を襲い始めてしまいました。キサン君の寝所に乗り込んでいったリンもこれから一波乱起きそうです。サダムを倒しトハと姉のヨンハは無事再会を果たすことができるのか続きが楽しみです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。