太陽の季節-あらすじ-61話-62話-63話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-太陽の季節-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

太陽の季節

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テヤンは母親もわかり、ジミンが自分の息子だとも知りました。そしてシウォルが復讐のためにヤンジに嫁いだことを知り、これからは苦労はさせないと約束しました。
そんな2人を見ていてドクシルはテヤンが去ることを恐れています。
グァンイルは合併したら離婚し、ジミンの親権もシウォルに渡す約束を破りジミンは自分が育てると言い出しました。

【太陽の季節】(ネタバレあり)

61話

テヤンはジョンヒにジミンのことで相談があると言う。
ジミンは僕の息子だと言う。

テヤンは命を奪われそうになり今度は息子を奪われたと言う。
チャン会長はジミンのことを知っているかと聞く。
ジョンヒは父は何も知らないから私と話をしようと言う。

テヤンは家の中に入って行く。

家ではチャン会長が冷麺を食べているところだった。
テヤンはチャン会長に挨拶する。
チャン会長は冷麺は好きかと聞く。
テヤンは好きだと言う。
私も大好物です

チャン会長はテヤンに食べていけと言い、ヤン室長に用意させる。
ジョンヒ、チャン会長、テヤンは3人で冷麺を食べる。
本当の親子3世代です

グァンイルが帰ってきた。
グァンイルはテヤンになぜお前がここにいるのかと怒鳴る。
チャン会長は私が誘ったと言う。
グァンイルに食べないなら出ていけと言うチャン会長。
チャン会長は完食したテヤンにたまには一緒に冷麺を食べて囲碁をしようと言う。

家から出てきたテヤンを待っていたグァンイル。
グァンイルは二度とうちには来るなと言う。
テヤンはジミンは僕の子供だと聞いたと言う。
ジミンは僕の息子として育てると言うテヤン。

グァンイルは勝手にはさせないと言う。
それを口実にシウォルと復縁したいのかと聞く。
テヤンは僕を裏切っただけでなく息子の存在まで隠した女はゾッとすると言う。
こうなった以上妻と義母に頼んでジミンを引き取ると言う。

グァンイルはジミンは俺が育てると言う。
テヤンはお前の両親はジミンを受け入れないと言う。
ジミンの未来を考えるなら俺に渡すべきだと言うテヤン。

テヤンはドクシルに隣の家もジミンの出生を知ったと言う。
ドクシルは離婚したいのかと聞く。
テヤンはジミンは俺たちで育てようと言う。
シウォルが承知しませんよ

テヤンはジミンを父親のいない子供にしたくないと言う。
ドクシルは私にジミンを育てろと言うのかと聞く。
テヤンはそうしてもらいたいと言う。
ドクシルは断ったらどうするのかと聞く。
テヤンは離婚するしかないと言う。

グァンイルはシウォルにテヤンがジミンを引き取ると言っていると言う。
シウォルは絶対にダメだと言う。
ジミンを違う女に育てさせるならあなたの方がマシだと言う。
シウォルはジミンを私に渡してくれと言う。

グァンイルはドクシルを呼び出す。
グァンイルはジミンと引き取ると言うのはテヤンだけの考えか夫婦で同意しているのかと聞く。
ドクシルはシウォルとは離婚するのかと聞く。
グァンイルは離婚とは関係なくジミンは僕が育てると言う。

ドクシルはジミンは私たちが育てると言う。
夫婦で大切に育てると言う。
絶対に大切にしないはず

ドクシルはシウォルに会いにヤンジに行く。
シウォルはロビーではなく他で話そうと言う。
ドクシルはどうせ追い出されるのに人目が気になるのかと聞く。

ドクシルはジミンは私が育てるからテヤンには二度と会うなと言う。
ジミンがいる限りテヤンはあなたから離れないと言う。
だから引き取るのかと聞くシウォル。
ドクシルはそれ以外に何があると言う。

シウォルはジミンは渡さないと言う。
ドクシルは今後もジミンを口実にテヤンに会うつもりだろうと言う。
ドクシルはシウォルを叩く。
ドクシルはあなたの子供は私が育てる、奪われたくなければグァンイルと暮らし続けろと言う。

その様子をずっと見ていたテヤン。
ドクシルへの信頼はなくなりつつあります

ミランはテジュンを呼び出す。
ミランはドクシルにジミンを育てさせるわけにはいかないと言う。
テジュンは引き取れとは言っていないと言う。
ミランはグァンイルを離婚させるなと言う。

ミランはあなたも妻を騙して息子を育てさせただろうと言う。
これは因果応報だと言う。
テジュンは嫌だと言えばいいだろうと言う。
グァンイルは他人かと言うテジュン。
君が産んだグァンイルのことを考えろと言う。

2人の会話を聞いていたジョンヒ。

62話

ジョンヒは隠れてテジュンとミランの会話を聞いていた。

ミランはあんなことをするのではなかったと言う。
どんな罰が下るか恐ろしいと言う。

テジュンは私を恨んでいるのかと聞く。
お前とは結婚の約束をしたことは一度もないと言う。
社長の娘と結婚する私を妊娠を口実に脅したのは君だと言う。

ミランは20歳で未婚の母になるのに黙っている女がいるかと言う。
テジュンはだから君の息子をヤンジに入れてやったと言う。
今やヤンジの主人だから、むしろ感謝するべきだろうと言う。

テジュンは子供をすり替えたのは君だと言う。
自分の子供は財閥に、妻の産んだ子供は施設に送っただろうと言う。
ミランは命じたのはあなただと言う。
どっちもどっち!2人とも悪党です

会話を聞いてたジョンヒは怒りでいっぱいだった。
帰りの車で大泣きするジョンヒ。

ドクシルはテヤンにジミンを引き取ろうと言う。
私たちが育てようと言う。
テヤンは僕のために決めたのかと聞く。
そうだと言うドクシル。
私はいつもあなたのことを思っていると言う。

ミランはドクシルにジミンを育てる自信があるのかと聞く。
ドクシルは私が引き取ったらシウォルが苦しむと言う。
ミランはシウォルを苦しめるために引き取るのかと聞く。
ドクシルはあの女も苦しめばいいと言う。
性格がどんどん悪くなってきました

ジョンヒが帰ってこなかったので心配するシウォル。
ヤン室長は奥様は昨夜テジュンとミランが会っているところを見たからショックで帰れないのだろうと言う。

シウォルはテヤンにお義母さんがテジュンとミランの関係を知ったようだと言う。
お義母さんに全てを話そうと言うシウォル。
テヤンはジミンの親権を取り戻すまではダメだと言う。
シウォルは話すべきだと言う。

テヤンは母さんなら気付くべきだと言う。
隣にいながらなぜ息子に気づかないのだと言う。
シウォルは腹を立てているのかと聞く。
テヤンはその話はやめようと言う。
気づかれないのが寂しいのですね

ジョンヒはテヤンの父親ソッキュの墓のある農場にいた。
チョン道人も来ていた。
チョン道人はジョンヒにまだソッキュが恋しいのかと聞く。
いくら恋しくても会えないと言うジョンヒ。

チョン道人はソッキュにそっくりな人を見たと言う。
ソッキュが生き返ったのかと思ったと言う。
テヤンだと言うチョン道人。
テヤンを見てソッキュに似ていると思わないかと聞くチョン道人。
ジョンヒは戸惑い出す。

ジョンヒはシウォルに会いに行く。
ジョンヒはシウォルにグァンイルは私の息子でないことを知っていたのだろうと聞く。
私の息子はどこにいるのかと聞くジョンヒ。

ジョンヒはまさかテヤンかと聞く。
シウォルはそうだと言う。
ジョンヒはショックで倒れてしまった。

ジョンヒは病院に運ばれた。
病室で目を覚ましたジョンヒ。
そのときテヤンが入ってきた。

63話

ジョンヒの病室に入ってきたテヤン。
ジョンヒは泣きながらテヤンにごめんなさいと言う。
私を許してと言うジョンヒ。

ジョンヒは私が産んだ子供がすぐ近くにいたのに気づいてあげなくてごめんなさいと言う。
テヤンは天涯孤独だと思っていたのに生きていてくれたと言う。
僕に息子だけでなく母さんもいるなんて、まるで夢を見ているようだと言う。

ジョンヒはテヤンの手を掴み、母さんが全て元どおりにしてあげると言う。
テヤンは母さんは今のように綺麗なままでそばにいてくれればいいと言う。
自分で取り戻し復讐すると言う。

ジョンヒはシウォルが最初から全て知っていてテヤンの復讐のためにグァンイルと結婚したことも知った。
ジョンヒはテヤンになぜ私に真実を話さなかったのかと聞く。
テヤンは彼女はジミンのことでテジュンに脅迫されていると言う。

テヤンはシウォルは僕のために不幸の中に飛び込んだのだと言う。
だからシウォルを許して欲しいと言うテヤン。
そこまでテヤンを愛しているのですから感謝するでしょう

テヤンはヤンジロジスとヤンジ物産の合併に無効の訴訟をおこすことにした。

ジョンヒは庭の手入れをしている。
そこにグァンイルが帰って来た。

グァンイルは庭師にやらせたらどうかと言う。
ジョンヒは数日ほっといたら雑草だらけになってしまったと言う。
大切に手入れしてきた庭を雑草の好きにはさせないと言う。
二度と生えないように駆除してやると言うジョンヒ。
雑草=テジュンとグァンイル

ドクシルはたくさんの買い物をして帰って来た。
買ってきた宝石を見ながらドクシルはもうテヤンはいらない、テヤンのお金だけあればいいと呟く。
これからはテヤンが稼いだお金はすべて使ってやると言うドクシル。

テジュンはジョンヒに2日も外泊するなんて何かあったのかと聞く。
ジョンヒはジミンのことを考えると胸が張り裂けそうだと言う。
テジュンはジミンのことで外泊をしたのかと聞く。
ジョンヒは腹が立って耐えられないと言う。

テジュンはジミンを戸籍から抜くことは賛成だろうと聞く。
ジョンヒはまずはグァンイルを離婚させるのが先だと言う。
テジュンは君がグァンイルを説得してくれと言う。

ジョンヒはチャン会長になぜソッキュとのことを反対したのかと聞く。
チャン会長はいつまで初恋の男にこだわっているのかと怒る。
お前の息子を立派に育ててくれたテジュンに感謝するべきだと言う。
その言葉を後悔するときがくるでしょう

ジョンヒはシウォルに、酒に付き合ってくれと言う。
ジョンヒは男のために人生を捨てるなんてあなたはバカだと言う。
今までつらくあたって悪かったと言う。

ジョンヒはシウォルに可哀想に捨てられた私の息子を愛してくれてありがとうと言う。
ジミンを育ててくれてありがとうと言う。
シウォルは泣き出す。

ジョンヒはこの地獄から抜け出す方法があるはずだと言う。
シウォルは罪深い私を許してくれてありがとうと言う。
ジョンヒはあなたのおかげでテヤンが帰って来てすべてが明かされたのだと言う。
泣いているシウォルを抱きしめるジョンヒ。
苦労が少し報われましたね

ジョンヒは鎌を持って寝ているテジュンに近づく。
気配で起きたテジュン。
ジョンヒは鎌を隠し、寝顔を見ていたと言う。

ジョンヒはシウォルとテヤンを呼び出した。
ジョンヒは2人に話があると言う。

61~63話感想

ジョンヒは殺したいほどテジュンが憎いはずです。実の息子でもないグァンイルのために献身的に尽くしていたのは実は本当の息子だったからで、自分の息子は捨てられていたのですから殺したくもなるでしょう。
しかし殺すよりも復讐です。これからテヤン、シウォル、ジョンヒの復讐がスタートです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください