太陽の帝国-あらすじ-73話-74話-75話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-太陽の帝国-あらすじ-73話-74話-75話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

太陽の帝国

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
グァンイルがジョンヒの息子ではないと知ったスクヒ家族。グァンイルとジョンヒの親子鑑定をしましたが、ミランがテヤンの髪の毛を盗み、グァンイルのものと入れ替えました。
グァンイルが自分の息子ではないと知っているジョンヒはテジュンを欺くために黙っています。
テジュンは秘密がバレる前にチャン会長を始末するよう命じました。会長の病室に入った偽医師は会長の顔を枕で覆い息を止めようとしました。

【太陽の帝国】(ネタバレあり)

73話

偽医師はチャン会長の顔の上に枕を押し付け息を止めようとした。
しかし、そこに寝ていたのはチャン会長ではなかった。
チャン会長の身代わりは偽医師を捕まえようとするが結局逃げられてしまった。

テジュンは作戦が失敗したと聞き怒る。

テヤンやシウォルはこうなることを予想していたのだった。
ヤン室長にいつも同じ時間に病室を離れさせ、その時間を犯人は狙うだろうとよんでいた。

ジョンヒはテジュンが派遣していた警備員を全て変えた。

テジュンはジョンヒになぜ警備員を変えたのかと聞く。
ジョンヒは何があったか聞いていないのかと言う。
テジュンは聞いて鳥肌がたったと言う。

ジョンヒは誰も信用できないからこれからは父は私が守ると言う。
テジュンは私がいるのになぜ君がそこまでするのかと聞く。
ジョンヒは私の父だからだと言う。
一番信用できないからです

他の会社も合併無効訴訟に賛同し、グァンイルがヤンジを継承することが難しくなってきた。
グァンイルはテジュンにテヤンには何一つ渡さないと言う。

ジョンヒはテヤンにおじいさんに会いに来いと言う。
何も答えないテヤン。
ジョンヒはシウォルに自分を殺そうとしたのだから許せないのかもしれないと言う。

テヤンはチャン会長の病室に行く。
ジョンヒに遅くなって悪かったと言うテヤン。

ジョンヒは寝ているチャン会長に父さんの孫が来たと言う。
テヤンは会長の嫌いなテヤンが来たと言う。
早く起きて一緒に囲碁をやり冷麺も食べようと言うテヤン。

ジミンはテヤンの書斎で宿題をしている。
ドクシルがおやつを持って来た。
ドクシルはここでの生活は楽しいかと聞く。
ジミンは、おばさんは家を出て知らない人と暮らしたら楽しいかと聞く。
ドクシルは楽しいわけないかと言う。

グァンイルがジミンを迎えに来た。
グァンイルはジミンに帰ろうと言う。
ジミンはおじさんに挨拶して明日家に帰ると言う。
ドクシルが陰険だからこの家は嫌なのでしょう

テヤンはジミンが帰ると聞き、この家が住みづらいのかと聞く。
ジミンはおじさんとママはどうするのかと聞く。
テヤンは今進めている仕事が終わったら質問に答えると言う。
テヤンはいつでも会いに来いと言う。

グァンイルはテジュンにジミンが帰ってくるから受け入れろと言う。
テジュンはジミンより合併無効訴訟が重要だと言う。
グァンイルは絶対に無効にはさせないからジミンのことを頼むと言う。

ニュースでサンホールディングスのオ・テヤンが10年以上身分を偽っていたと報道された。

74話

テジュンはグァンイルにテヤンの正体をバラしたのはお前かと聞く。
そうだと言うグァンイル。
テジュンはテヤンが本当のことを言ったらどうするのかと聞く。
グァンイルは優先すべきは訴訟を潰すことだと言う。

サンホールディングスやテヤンの自宅には記者が殺到した。

ジミンは家に帰って来た。
ジョンヒはジミンを抱きしめ何も心配しなくていいと言う。

ジェボクはミランにドクシルの父親に会う前にテジュンと付き合っていたのかと聞く。
ミランはなぜわかったのかと言う。
ジェボクは今でも忘れられないのかと聞く。
ミランは私がどんなに悪い女か知らないだろうと言う。
私は知っています

ミランは20歳の時にヤンジ建設の経理課に入ったと言う。
そこで経理課長だったテジュンに出会ったと言う。
不慣れな私にあの人が手助けをしてくれて、そのうち愛が芽生えたと言うミラン。
そしてテジュンの子供を妊娠し、結婚すると思っていた私に彼はヤンジ建設の会長の娘と結婚すると言ったのだと言う。

泣いてすがったけれど無駄だったと言うミラン。
子供を堕ろせと何度も脅され、拒むとお腹を踏みつけたと言う。
悪魔だ!!!

ジェボクは子供はどうなったのかと聞く。
ミランはこれ見よがしに産んでやったと言う。
ジェボクはそれがグァンイルなのかと聞く。
ミランはどうして知っているのかと言う。

ジェボクはテジュンとの会話を聞いたと言う。
ミランは私が何をしたかも知っているのかと聞く。
ジェボクは知っているという。

ミランはテヤンも知っているのかと聞く。
ジェボクは知らないと言う。
ミランはテヤンには言わないでくれと言う。

ジェボクは全てを告白して楽になれと言う。
ミランは今はダメだと言う。
地獄に落ちるのはわかっているが、ドクシルと夫婦でいるうちは言えないと言う。

酔っ払ったジェボクは家から出て来たテジュンに絡む。
今度悪事を働いたら俺がお前を潰してやると言うジェボク。

テジュンはミランを連れて行く。
テジュンはジェボクは知っているのだろうと聞く。
ミランは知らないと言う。
私たちがお互いを忘れられないと思っているだけだと言う。

テジュンは俺たちの過去を話したのかと聞く。
俺のことを悪党だと脅したと言う。
ミランは私を好きだから嫉妬しているのだろうと言う。

2人が話しているのを見ているグァンイル。
そろそろ母親がわかりそうです

シウォルはジミンに戻ってきてくれてありがとうと言う。
ジミンはママのことを理解したわけではないと言う。
それでも外よりマシだと言う。

ジミンは自分が何者か知りたかったと言う。
シウォルはそれでわかったのかと聞く。
ジミンはママの息子だと言う。

パパが誰であれ、ここにママがいるから戻って来たと言う。
シウォルはジミンを抱きしめママのところに戻って来てくれてありがとうと言う。
ジミンはこれからはママを苦しめないと言う。
ジミンは大人になりました

グァンイルはテジュンになぜテヤンの義母と一緒にいたのかと聞く。
テジュンはジミンの話をしていただけだと言う。
グァンイルはジミンを受け入れる約束だと言う。
テジュンはシウォルもジミンも受け入れないと言う。

グァンイルはテジュンと母親の会話を聞き直した。
母親の声がミランだと気付いた。
実の母が誰かわかったグァンイル。

サンホールディングスの株価が下落した。
ギジュンはテヤンに本当のことを話せと言う。
テヤンは今はその時期ではないと言う。
静かなところで考えたいと言う。

テヤンはドクシルにしばらく家を離れると電話をかける。
ドクシルは居場所を聞くがそのまま電話を切るテヤン。

合併無効訴訟は取り下げられた。
そしてテヤンはサンホールディングスの取締役を解任された。

テヤンは海辺のホテルにいた。

75話

グァンイルはテジュンにテヤンの義母が俺の実母かと聞く。
テジュンは謝る。
グァンイルは実母だと思っていないから謝らなくていいと言う。
自分の子を捨てた人だと言う。

グァンイルは僕の母親は一人だけだと言う。

テヤンは海辺のホテルにいた。

ドクシルは連絡のとれないテヤンにイライラしている。
シウォルに電話をし、一緒にいるのかと聞くドクシル。
シウォルは会社で仕事をしていると言う。

テヤンはシウォルに電話をかけ心配しなくていいと居場所を教える。
シウォルは安心させるためジョンヒに電話で伝える。
ジョンヒはシウォルにテヤンのことろに行って来いと言う。
テヤンに一番必要なのはあなただと言う。

ジョンヒは全て元の場所に戻す頃だと考えていた。

ジョンヒはテジュンにグァンイルの再婚相手を決めているのかと聞く。
テジュンは再婚に賛成かと聞く。
シウォルとの復縁は無理だと言う。
家庭が安定しないと仕事にも専念できないと言う。
テジュンはグァンイルにぴったりの人を選んでいると言う。
グァンイルが嫌がるでしょう

ジェボクはミランにドクシルとテヤンを離婚させようと言う。
そしてあんたは私と一緒になろうと言う。
あんたが好きなのではなくあんたのメシのためだと言うジェボク。
だからわしの嫁さんになってくれと言う。

ミランは泣きながら出て行く。
ジェボクは感動したのかと聞く。
ミランは聞かなかったことにすると言う。

浜辺に座っているテヤン。
そこにシウォルが来た。
シウォルはつらいだろうと聞く。
テヤンは何も考えずに何時間も座っていたと言う。
おかげで楽になったと言う。

テヤンは元の場所に戻ると言う。
テヤンではなくユウォルに戻ると言う。
ユウォルに戻ったら12年前に戻ってやり直そうと言う。
シウォルはそうしようと言う。

そしてキスをする2人。

ミンジュはグァンイル、スクヒはジョンヒの髪の毛を手に入れDNA鑑定に出した。
今更っていう感じですが

ジョンヒはグァンイルを食事に誘う。
グァンイルが待ち合わせの店で待っていると、そこに来たのは見合い相手の女性だった。

グァンイルは相手の女性に見合いだとは知らなかったと言う。
女性はあなたに再婚の意思がないことはわかっていると言う。
でも私はあなたに関心があると言う。

グァンイルは再婚はもちろん離婚もしないと言う。
女性はお義母様が離婚すると言っていたと言う。

家に帰ったグァンイルはジョンヒに離婚しないと言っただろうと言う。
ジョンヒはあなたに幸せになってほしいと言う。
シウォルとは別れた方がいいと言う。

愛されていないのに3人で幸せになれるのかと聞くジョンヒ。
グァンイルは僕が愛していると言う。
ジョンヒはだったら手放してあげろと言う。

あなたを愛してくれる人と人生をやり直せと言う。
何も言わずに出て行くグァンイル。
別れてあげてください

テヤンは市役所に行った。
事情があって住民登録がされていないから登録に来たと言うテヤン。
テヤンはキム・ユウォルして新たに住民登録した。

家に帰ったテヤン。
ドクシルはテヤンに私たちが離婚しない限りあなたたちのやっていることは汚い不倫だと言う。
テヤンは今身分を回復して来たと言う。
もうテヤンではなくユウォルだと言う。
それならここからはテヤンではなくユウォルと書くべきですね

テヤンは誰も死亡届を出していないから抹消されていたと登録を回復させたと言う。
ドクシルに法的には僕は未婚だと言う。
君が結婚した相手はテヤンだと言う。
だから離婚してくれなくても僕は自由だと言う。

73~75話感想

最後のテヤンの言葉は驚きました。そう来たかと言う感じです。ユウォルに戻ったら12年間やってきたことは全て消えてしまうのですね。
ドクシルにはかわいそうですが、諦めた方がいいでしょう。母親のやったことを知る前に別れた方が傷つかないですみます。
すべて知っていて知らない振りでグァンイルに優しく接するジョンヒの演技力は素晴らしいです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください