太陽の末裔-あらすじ-13話-14話-キャスト情報ネタバレありで

韓国ドラマ-太陽の末裔-あらすじ-13話-14話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

太陽の末裔.jpg





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、アグス達に拉致されてしまったモヨン。
助けに行くために隠密作戦を開始したシジン。

だけど、結局尊敬していた人を射殺しなければならなかったシジン。
悲しい気持ちになってしまう場面でしたね。

韓国に戻ったモヨンたち。久しぶりに病院となる中でどんな風に過ごすのでしょうか~!!

【太陽の末裔】(ネタバレあり)

13話

韓国へ戻り初出勤の気分で病院へ入っていくモヨンたち。
ロビーには理事長達がお疲れさまと横断幕と花束を持って待っていた。
理事長はチフンを呼び、チフンの母親が毎日来て大変だった。知っているのかと聞くがチフンは知りませんと答えた。
そして、特別ボーナスを出す事と健診を受けるように言う。健診はチフンの母親へ提出用だ。
花束をモヨンに渡し君がいない間つらかったと言い去っていく。

シジンとモヨンは電話をしていた。シジンは韓国は快適かと聞いていた。モヨンはウルクが恋しい。軍歌を歌うハトもいないしと言う。

モヨンは理事長に辞表を提出した。週末までに受理をと。そして銀行に行ったモヨン。
だけど、融資を受けれないと分かる。それは病院を辞めたら医師免許を持ったただの人だからだ。
医師免許をもったただの人。確かに特診病棟の教授を辞めたらただの人ですね。。。

ミョンジュに転出命令が出た。デヨン達と一緒に帰国できる事になった。
ミョンジュは不思議だった。父の力かとシジンに聞くと僕の力だと答えた。
シジンは大隊長のビョンスを脅していたのだ。それは、ミョンジュが生死をさまよっている時に米軍へ移せと言ったからだ。

メディキューブから出てきたシジンの所にまたモヨンから電話がかかってくる。
シジンはそんなに僕が恋しい?と笑いながら電話を取るが、モヨンは助けてと言った。
どうしました?と表情が変わるシジン。だが、融資が受けられないという電話だった。
モヨンはみんなでご飯を食べている最中にシジンに電話をしていた。
電話を切り机に叩きつけるモヨン。みんなから理事長に頭を下げないとと言われた。
その時、机が揺れ、全員机の下に隠れる。だけど、それは外で工事をして響いて揺れていただけだった。

その後、花を持って理事長室へ行くモヨン。
理事長は融資がダメだった事をわかっていた。
モヨンは理事長から救急室で頑張ってと言われ、夜間当直も手術も全て君に集中させるからと。

モヨンは救急室へ行き治療を始める。
サンヒョン達はなぜここに?と驚いている。特診病棟は外され番組は分からないけど、番組はがんばりますとモヨン。
そして、新たな救急患者が来る。

シジン達も韓国へ帰ってきた。
副司令官に派兵任務を終え特戦司令部への復帰を命じられましたと報告。
司令官から伝言があり、4日間の休暇中は非常作戦から外す。速やかに部隊を出て解散するようにと。

デヨンは退役志願書を書いていた。

シジンとデヨンは2人で72時間お酒を飲むという0泊3日を始めた。
そこにウグンが参加。奥さんに明かりを消したら殴られたとの事。
翌日、モヨンが当直帰りに店に来た。そこには軍服をきたミョンジュがいた。
モヨンは再会を楽しみしていた。空港で出迎える為に新しい服まで買っていた。
ミョンジュは休暇じゃないため部隊へ戻った。

その翌日、モヨンが来た。そこにはなぜかサンヒョンもいた。
そして、モヨンも一緒に飲み始めた。

まさかのモヨンが酔ってしまいシジンに家まで送ってもらった。
飛び跳ねたりするモヨン。そして、変な音が聞こえた。
シジンは静かに音のする方に向かう。しかし、音の正体はモヨンの母親だった。

母親と対面した翌日、シジンとモヨンはサブウェイで待ち合わせ。
モヨンはそんなに飲んでいないと言ったがシジンはだいぶ飲んで別人になっていたと答えた。
「お母様はなんて?僕について」とシジン。
「いつ母と?」と覚えていないモヨン。
「シジンは他の男と飲まないように」と釘をさした。
その時、シジンの電話がなる。部隊からだった。
それはデパートに行かないといけないと。

シジン達は北へ行くことに。大統領の代理の外交官首席の護衛だった。
そこでアン・ジョンジュンと再会した。

シジンは任務を終え韓国へ戻りヘソン病院のエレベーターに乗っていた。
その時理事長と出くわす。

シジン達はデパートへ行く。その時にモヨンにネックレスをあげた。

ユン司令官に会いに行くデヨン。そこには先にミョンジュがいた。
そして退役志願書の件についての話をし、ミョンジュが父親にお願いしていた話を聞いた。
部屋から出た後、2人は喧嘩をし別れてしまう。

南北会議がソウルですることになった。軍はアルファ・ブラボー・チャーリーの3チームが狙撃ポイントを監視と周辺の警戒にあたった。
そして、リハーサルと現場の指揮はアルファチーム長が担うことに。

シジンはデヨンからミョンジュと別れたことを聞かされた。
その時、アン・ジョンジュンが現れる。

ヘソン病院へ2台の救急車が到着する。
1台目は銃弾を受けたアン・ジョンジュン。
2台目が到着。扉が開いた瞬間モヨンは口を押える。乗っていたのはシジンだった。

14話

シジンを運びながら話しかけるモヨン。

運び込まれるまでの地下駐車場の回想シーン。
アン・ジョンジュンに銃をむけるシジンとデヨン。
シジンはなぜここに?と聞くと味方を信じられず友を訪ねてきたと答えた。
北へ行かせてほしいとジョンジュンだがデヨンは亡命ではなく?と聞いたときにジョンジュンは背後から撃たれた。
車から銃を撃ってくるマスクをかぶった相手とシジン達が地下駐車場で銃撃戦を始めた。ジョンジュンは撃たれて車に乗せられてしまう。
車を追いかけるシジン。

病院。
シジンは心停止する。蘇生するモヨン。

地下駐車場シーン。
シジンは車の前に出る。残りの弾数は1発。車を止める為に消火器に撃った。しかし、シジンは撃たれてしまう。
アルファチームが来るが意識を失うシジン。

病院。
モヨンが必死に蘇生している。
「ひどい男。目を覚ましてよ」とモヨン。
シジンは脈拍が戻った。そして、モヨンの心配をよそに一緒に運ばれてきたアン・ジョンジュンの心配をする。

起き上がるシジン。
あなたをこんな目に合わせたのがその人なのと聞くモヨンだが、親しくない友人ですと答えるシジン。
そんな中、ジョンジュンはメスを持ってジャエを人質にとって騒ぎを起こしていた。
シジンがまず治療をとジョンジュンに言うが、ジョンジュンは南の医師は信じられない。生きて手術室から出られるかと言った。
シジンは南北どちらでも患者を助けるのが医師だと言い、ジョンジュンは信じられるかと叫んでショックで倒れてしまった。
自分も撃たれているのに友人を案じるシジン。助けてほしいという気持ちでしょうね~

モヨンはサンヒョンが手術室に待機しているからと行こうとするが、シジンはモヨンに手術を頼む。
そして、モヨンは手術している最中に銃創以外の傷を見つける。

デヨンは大隊長のビョンスにジョンジュンについて報告をする。
第11軍団、特作部隊の出身で現在護衛総局に所属。第2次会談の期間は休暇でジョンジュンは追われる側だと。
マスクをかぶった相手は武装状態や動き、拉致の方法からして訓練を受けたプロだ。
そして更に報告が入る。マスクをかぶった相手はマトボニア大使館の駐在武官と。

モヨンはジョンジュンの手術は一応終わったとシジンに説明する。
そして、手術中に見つけた物を渡そうとしたが、そこにジョンジュンが運ばれてきた。
軍は病室を統制すると。
モヨンはデヨンを呼び出し、見つけた物を渡した。それはマイクロチップだった。

理事長が統制された病棟の前で大騒ぎしていた。
軍の兵士は公務執行中です。ご協力をと言うと、秘書が要請書がと言った。
理事長が順序が逆だと秘書に怒り、モヨンにケガで来て公務執行とはどういう彼氏なんだと聞いた。
モヨンは笑ってごまかした。

病室ではジョンジュンの取り調べが始まっていた。
デヨンはモヨンからもらったマイクロチップを渡し国家情報院で確認することに。

ジョンジュンは殺人事件の指名手配されて容疑者の可能性があった。

シジンはジョンジュンの口を開かせる方法を探った。
それにはマイクロチップとモヨンが必要だった。
マイクロチップは国家情報院にわたってしまっていたのでどうしようかと悩んでいたがデヨンがコピーを取っていた。

そして、モヨンの治療を受けるシジン。
モヨンは盗聴されている事を知らずにビョンスの悪口を言ってしまう。それを止めるシジン。
とりあえず話すモヨン。シジンは紙にジョンジュンと話せる場所が欲しいと頼んだ。
モヨンは嫌だったがCT室を用意した。

CT室で話をするシジンとジョンジュン。
ジョンジュンは話し始めた。特作隊員は傭兵市場で高値で取引されていてそれを見つけて処罰するのが役目だ。内容は共和国の問題だと。
シジンは共和国はもう動いている。日程を早めて向かっている。と言った。

結局、北へ移送されていくジョンジュン。黒幕は部長同志だった。

ジョンジュンが割った窓ガラス代をシジンに請求するモヨン。
2時間後にくるから点滴して待っててと出ていくモヨン。見送った後、出る準備をするシジン。

部長同志のチェ部長の前に連れてこられたジョンジュン。
チェ部長は南朝鮮は離散家族の対面や経済協力など北南の未来は平和協議次第だと言うが、鉄柵は高い方がいいと言った。
人払いをし、取引ファイルはどこにあると聞くがジョンジュンは黙る。
しかし、体内のどこかに隠してあるのだろうとチェ部長は言った。
そして、部屋のカーテンを開けジョンジュンの胸元に赤い点があった。
チェ部長は秘密は反逆者と共に消え去ると言いジョンジュンは墓前に高麗ホテルの冷麺を備えてくれと言った。
その後、ジョンジュンは撃たれる。

チェ部長と外交安保主席と話していた。はなから協力する気はなかったチェ部長だったが、実はファイルの中身は
分かっていた。そしてチェ部長は捕まってしまう。
実はシジン達によって暗号は解かれていた。
人間、悪いことはできないですね。どこからどうやってバレていくかわからない

問題は一段落しモヨンはシジンの部屋で映画を見ていた。
モヨンは思った。
「どちらが先に眠ったかは分からなかった。つらく長い一日は終わりは彼の胸の中にいた。そうして私は一晩中幸せだった。愛されてるかのように、観終わらなかった
 映画は幸せな結末だろうか。悲しい結末だろうか」と。

13-14話感想

韓国へやっと戻れた医療チーム。そして、モヨンは開業しようにも融資が受けれないと。辞表も出したけど、結局取り戻し特進から救急へ行かされてしまう。
理事長は意地悪ですね~。せっかく大変なウルクから帰ってきたのに。。。
恐れていたシジンのケガ。それも銃で撃たれて心肺停止まで。でも、ちゃんと戻ってきてくれたシジン。強いですね。
自分の心配もよそに一緒に運ばれてきた北の兵士の心配まで。
モヨンの気持ちも考えないといけないんじゃ?と思ってしまう回でした。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。