奇皇后-あらすじ-10話-11話-12話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-奇皇后-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

奇皇后

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
高熱で意識を失うスンニャン。
皇帝タファンの腕の中に倒れこんでしまいますが、タファンはスンニャン本人だと気付くのでしょうか(≧∇≦)

【奇皇后】ネタバレあり

第10話 試された信義

チュルクを討つために、武器を作ったり罠を仕掛けたりするワン・ユ達の部隊。
ペガンたちよりもいち早く、チュルクを撃たなければならなかった。

山道の細かな地図を作るところから地道に始めるワン・ユたち。
その成果あって、チュルクの兵士を大勢射止めるのであった。

チュルクの女将軍ヨンビスも、ワン・ユとの戦いで負傷していた。

チュルクの本当の狙い、それは昼夜問わず攻撃を仕掛けることで、馬を眠らせないことだ。
ペガン将軍率いる兵士たちの馬は、最近言うことを聞かない。

これに気付いたワン・ユだが、内密にする。

宮廷では、タンギセとスンニャンが一緒にいるところを遠くから見る皇帝タファン。
タンギセのしぐさを見て、もしかしてスンニャン本人なのか?と疑いを持ち始める。

そして洗濯を干すスンニャンに「スンニャン!」と声を掛ける皇帝タファン。
思わず振り向くスンニャンを見て、疑いが確信へと1歩近づくのであった。

側室反対の皇后タナシルリとヨンチョル丞相。
皇太后と側室のオジンが目障りな彼らは、2人まとめて一掃しようと考える。

皇后タナシルリは女官の中からオジンを消すための間者を選び出そうと試験をしていた。
字が読めるもの、信頼出来る者を選ぶために。

そして選ばれたスンニャン。
最後まで皇后を裏切らず、皇后の期待に応えたスンニャン。
皇后タナシルリから命が下されるのだった。

「オジンにこの薬を飲ませよ」との命を受けるスンニャン。

そうです、これは懐妊したオジンのお腹の子を殺す薬でした(≧∇≦)

第11話 だまし合い

残忍なことを考える皇后タナシルリ。
同郷の側室オジンのお腹の子を殺めると言う密使を受けるスンニャンは胸が苦しかった。

たった1人、夜空を見上げるスンニャンをずっと眺めていた皇帝タファン。

スンニャンは監視の元、茶菓子を用意していた。
オジンのお腹の子を殺すと言う薬を混ぜて作る茶菓子。

皇后付きの尚宮は、スンニャンが毒を盛ることろを確認して戻って行く。

オジンはスンニャンから事の内容を聞き全て知っていました。そこで毒入りのお菓子には 一切手を付けないオジン

ところがタンギセがヨンファを使い、オジンに薬を盛らせるのであった。
タンギセの怪しい行動に気付いたスンニャンは、オジンの身辺に目を配る。

ワン・ユたちはパン・シヌとチョンバギをチュルクに送り込む。
そしてペガンたちの一騎打ちを仕掛ける日時を知らせるのだった。

宮廷では、オジンのつわりがひどくなっていた。
相変わらずお腹の子の命を狙うのは皇后とタンギセ。

その頃皇帝タファンは、スンニャンの行方を捜させていた。
結果、スンニャンはヤンと同一人物であること、またある日突然女の姿で現れたと聞くタファン。

いてもたってもいられず、スンニャンの元に駆けつける皇帝タファンだった。

第12話 敗戦の計

スンニャンの元に駆けつけてきた皇帝は。
駆けつけてはきたものの、スンニャンと同じく知らないふりをすることにした皇帝。

目の前にいるヤンがスンニャンだと知ってしまった皇帝タファンは、動揺してしまう。

「オジンの世話を良くしている」という理由から、豪勢な食事を振る舞うのだった。

その頃ワン・ユたちはチュルクに送り込んだパン・シヌ達のおかげで、思い通りの襲撃の運びとなっていた。
しかし「ここからが本当の闘いだ」と言うワン・ユ。

チュルクの将軍ヨンビスを捕らえようと構えているワン・ユ。

スンニャンを忠実な自分の飼い犬だと信じ込んでいる皇后タナシルリ。
しかしタンギセは、スンニャンをどうしても信じられなかった。

皇后に「オジンの懐妊は嘘だ」との噂を流すよう命じられるスンニャン。
アッと言う間に噂は宮中で広がる。

皇太后の耳にも入り激怒する。
そこにやって来たのは皇后タナシルリ。

「オジンの懐妊を再度調べるべきだ」と詰め寄るのだった。

皇太后と皇后の火花が散っています(≧∇≦)

高熱が続き体調が悪いオジン。
それを聞いた皇后は大喜び。

「そろそろ子供が流れたのでは?」とオジンの懐妊の再診を要求するのであった。

高熱のオジンの脈を診る医官は。
「子どもの胎動を感じられない」と言う。

流産したと言うオジン。
そのことを知ったヨンチョル丞相は、大義名分をつけ皇太后もろとも葬ろうと考えていた。

ワン・ユはチュルクの女将軍の首を取ろうと攻め入るのだった。
そしてついにワン・ユはパトル(女将軍ヨンビス)と対面する。

宮廷ではオジンの再診を巡り、皇太后とヨンチョル丞相は火花を散らしていた。

スンニャンは、オジンの再診を行うよう皇帝に話そうと向かうのだった。

オジン、流産していないのでは??これは皇后を陥れるための罠?

皇帝タファンは疲れ切っていた。
スンニャンを思い出し、スンニャンの名を呼ぶ皇帝。

そこに現れたスンニャンの姿を見た皇帝は。
「王座はこの程度のものなのか?このために裏切ったのか?とあざ笑うために来たのか」とスンニャンに向かって言う皇帝タファンだった・・・。

第10話から12話の感想

元の宮廷で雑用係として仕えるスンニャンに対し、大暴れしているというチュルク討伐隊の一員として連れてこられるワン・ユ。
それぞれに過酷な日々を過ごしていますね。
遠く離れているけれど、必ず生きて会うことを夢見て日々を過ごすワン・ユとスンニャン。
早く再会を遂げて欲しいものです。
それにしても気性の激しさナンバー1では??というくらいおっそろし~い正妻の皇后タナシルリ。
史実上でも、「側室の奇皇后に嫉妬し、度々嫌がらせをしていた」とのこと。
女の嫉妬は怖いですよね(≧∇≦)
そしてとうとう皇帝タファンもスンニャンが女だった事、目の前にいる雑用係のヤンがスンニャンだと言うことに気付くのです!
タファンはスンニャンにどんなに会いたいと思っていたことか・・・。
・・・なんてスンニャンはつゆ知らずですよね。
タファンの事は、裏切り者だとしか思っていないスンニャンですもの。
女だと知った皇帝タファン。
今でもかなり動揺していますがこれから毎日スンニャンを前にどう過ごすのでしょう、楽しみです(^▽^)/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください