奇皇后-あらすじ-16話-17話-18話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-奇皇后-あらすじ-16話-17話-18話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

奇皇后

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨンチョルは、「自分に刃を向ける側近は一体誰なのか??」と疑い始めます。
上奏文をうまく利用したワン・ユの方法は、確実にヨンチョルを破滅の道へと導いているようですね。

【奇皇后】ネタバレあり

第16話 妖術師

上奏文を目にしたヨンチョルは蹴鞠の会場へとやって来る。
一体誰が自分に刃を向けるのか想像もつかないヨンチョルだった。

蹴鞠で勝負をするワン・ユとタファン。
お互いスンニャンをかけて一勝負のようである。

ワン・ユが蹴った鞠はタファンの頭にぶつかり気絶するタファン。

ヨンチョルは誰が上奏文を書いたのかを突き止めようと必死だった。
先帝の血書の存在を知る者は全て殺したと言うヨンチョル。
1体だけ遺体が見つからないと言う。

それは先帝に仕えたチョクホと言う護衛だと言う。
高麗の出身だと言うチョクホ。

彼についての情報を捜し出そうとタンギセ達も必死になっていた。

スンニャンはワン・ユに協力しようと、パン・シヌに指示を仰ごうとしていた。
その様子を聞いてしまったワン・ユ。

スンニャンを危険な目に合わせたくないワン・ユは、「二度と私の前に現れるな」と突き放すのだった。

これも全てスンニャンを守る為の方法です

ワン・ユに突き放されたスンニャンは落ち込んでいた。
そんなスンニャンの姿を見るタファンも辛かった。

ワン・ユを想い続けるスンニャンの気持ちを知りながらも、タファンはスンニャンを離すことが出来なかった。

ワン・ユはあと一息ヨンチョルをあおる為、妖術に目をつける。
雨に濡れても消えない墨、雨に濡れると消える墨をうまく使い分け街中に張り紙をする。

そして雨が降ると浮かび上がる文字。
そこには「先帝の血書が出てくれば、ヨンチョル3代は没落」と書かれていたのだ。

ヨンチョルは皇帝タファンを呼び出す。
玉座に座ったヨンチョルは、皇帝たちが入って来ると私兵がその周りを取り囲むのだった。

恐怖におののくタファンは。
ヨンチョルに脅され、「生きる屍のごとく何もするな!」と命じられるのであった。

気の毒なタファンです

スンニャンはタファンを慰める。
タファンと背中合わせで座ったスンニャンは。
目を閉じ耳をふさぎ、「何も見えない何も聞こえないから気楽に寄りかかってください」と慰めるのだった。

スンニャンに寄りかかるタファン。
遠くを通りかかるワン・ユは。

その姿を見てしまうのだった・・・。

第17話 呪いの始まり

スンニャンに寄りかかるタファンの姿を見たワン・ユは嫉妬する。

タファンは部屋で布団を整えていたスンニャンを側に座らせる。
スンニャンの耳を塞ぎ、タファンは言う。

「これから丞相と戦う。側で見守っていて欲しい」と。

その頃丞相は皇太后の所へとやって来る。
そして血書を持っているのかを確かめるため、わざと皇太后を挑発するのだった。

出てきた丞相は、皇太后が血書をもっていないことを確信した。

ワン・ユは皇太后に呼ばれる。
縁談の話をする皇太后。
しかし丁重に断るワン・ユだった。

スンニャンはタファンに命じられお茶を入れるが、ヨンファにわざと衣の裾を踏まれ転倒。
そしてよろけたスンニャンを抱きとめたワン・ユは肩に火傷を負った。

血書が見つからないと血眼で探す丞相。
ペガンは命じられる。

「逆賊に見せつけるために、妖術師の首を切ってさらせ!」と。

何ともむごい仕打ちです( ;∀;)

丞相は「血書について話したものを告発すれば褒美を与える」との張り紙をするのだった。

ワン・ユは次の作戦に入る。

またもや雨によって消える文字を利用し、街中に「先の皇帝の呪いが始まる」との文書を張り出すのだった。

怒り狂う丞相。
そしてまた次の作戦に映るワン・ユだった。

村で大量に捕まえたネズミを宮廷内に放す作戦。

タファンは影絵を催す事に。
もちろんスンニャンを喜ばせるために。

ところが勘違いした皇后タナシルリは自分の為に催してくれたと思っていた。
タファンを嫉妬させようとワン・ユも招待するタナシルリ。

影絵をワン・ユとタファンの間で見るスンニャンは、タファンとワン・ユから手を握られ困ってしまう。

第18話 嫉妬

タナシルリは大きな勘違い。
タファンがワン・ユと自分に嫉妬していると思い込んでいた。

タファンはスンニャンに言う。
「命令だ。そむけば打ち首にする。ワン・ユと話すな、見つめるな!」と。

ワン・ユはスンニャンに「私と一緒に高麗に帰るか?」と聞く。
「はい」と答えるスンニャン。
立ち去ろうとするスンニャンを抱きしめるワン・ユだった。

この様子を遠くから見ていたのはタンギセだった。

宮中ではワン・ユ達の作戦によって放された大群のネズミが。
先帝の呪いが始まったと噂になっていた。

そして宮中の仏像が血の涙を流したと言う。
この様子を絶対に口外してはいけないと口封じに走るペガン。

ワン・ユは丞相が自分に必要な人を捜しているはずだと悟るのだった。
そして自分が必要だと気付かせる為、丞相に取り入る。

仏像に血の涙を書いたのはスンニャンだったが、スンニャンはワン・ユに聞かれたが違うふりをするのだった。

陰で力になりたいとワン・ユを心から慕うスンニャンですね

何とも卑怯なヨン・ビョンスは。
高麗村で暮らしていたが、その様子はまるでスパイだった。

タンギセに会い、ワン・ユの部下が高麗村にやって来てからネズミがいなくなったこと等を告げ口するのだった。

そしてタンギセは父からの信頼を取り戻そうと、ワン・ユとスンニャン2人を始末しようと企む。

これに気付いたのはペガン。
タファンはスンニャンと一緒に妓楼に呼び出されていた。
もちろんタンギセがスンニャンを始末する為の作戦だった。

ワン・ユも同じ頃妓楼に呼ばれる。
同じくタンギセの策略だった。

皇帝は丞相に血書を探している事がバレ殺されそうになったが、そこにやって来た皇太后。
何とか命拾いをする。

タンギセの策略にはまったスンニャンとワン・ユだったが、丞相は息子のタンギセよりワン・ユを信頼していた。

そして「自分の部下になって欲しい」と頼み込む。しかしスンニャンは皇帝タファンを手伝ったものだと言って連れて行かれるのだった。

ワン・ユは翌日丞相に申し入れる。
「スンニャンを釈放してくれたら、近くにいる逆賊を見分ける秘策を教える」と。

丞相はスンニャンの釈放を命じる。
地下牢で拷問を受けていたスンニャン。

タンギセはスンニャンを自分のものにしたかったようです。叶わぬ想いですね

ワン・ユは地下牢にやって来てスンニャンを助け出す。
スンニャンを背負ったワン・ユとそこにやって来た皇帝タファンはお互いに火花を散らしにらみ合うのだった。

第16話から第18話の感想

力で抑え込むヨンチョル丞相。
恐怖が人々を支配する丞相のやり方ですが、ワン・ユは頭脳プレー。
とても頭のいい人ですよね。
丞相の気を読み、今何が必要かこれからどうすれば丞相がどう動くかを全て計算。
そんなワン・ユを心から慕い力になりたいと思っているスンニャンも健気です。
皇帝タファンは皇后の事など全く頭には無く、スンニャンの事ばかり想っています。
そんなスンニャンはワン・ユの事を一途に想っています。
タファンの想いは一方通行でもどかしいですね。
ワン・ユに嫉妬する皇帝タファン、可愛いですよね。
スンニャンとタファンは並ぶと美男美女でとても素敵なカップルに見えるので個人的には大賛成なのですが・・・なかなかそうはいかないですね(^▽^)/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください