奥様はサイボーグ-あらすじ-3話-4話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-奥様はサイボーグ-あらすじ-3話-4話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

奥様はサイボーグ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
キュートだけれど最強のロボットママ、ボーグマム。
ユルのバッキンガム幼稚園のエレガントママにまで選ばれたボーグマム!
なんだかいろいろ心配ですよね(≧∇≦)

【奥様はサイボーグ】ネタバレあり

第3話

エレガントママのクソル・スジ。
彼女の上階にコボンたち一家が引っ越してくる。

うるさくて我慢ならないと言うスジは、文句を言いにやってくる。
そこで初めてボーグマム一家だと知り引き上げていくのだった。

相変わらず意地の悪い?ト・ドへ。
イ・ミソを徹底的に困らせようとしていた。

いきなりボーグマムをパーティーに誘うエレガントママ達。
ドレスの準備に1ヶ月はかかると言うが、ボーグマムは最強!
すべて自分で制作し、時間通りにパーティー会場へ。

素敵なドレスを身にまとったボーグマム。
何とドへと同じドレスだった。

ドへはボーグマムを見て怒りが沸き起こる。
その怒りはハイヒールへ・・・足を踏み鳴らしたドへのヒールは折れてしまった。

ボーグマムの靴を貸して欲しいと頼まれる。
しかしこの靴。
バッテリーの充電に必要な靴だった。

靴を貸したボーグマムの充電の消費は早く、いきなりバッテリー切れとなってしまう。

家でのんびり焼き肉を食べようとしていたコボンたち。
ボーグマムの充電がないことに気付いたコボンは、慌ててパーティー会場へ駆けつける。

充電切れ間近のボーグマムに、妻の姿を重ねてしまうコボン。
ボーグマムにドキドキしてしまうのだった。

そっくりに作りすぎたせいだと思い込もうとしているコボンです

第4話

ボーグマムにミソを重ねてしまう自分の気持ちが「大変なことになりそうだ!」と自分で認識するコボン。

そもそもミソとの出会いは大学に新任教授として赴任したのがきっかけ。
酔っぱらたミソと最悪の出会いをしたコボンだったが・・・。
いつの日か忘れられない大切な存在に。

目の敵のようにミソに憎悪を抱くドへ。
実は彼女とミソは同じ高校だった。

とっても可愛いミソと対照的だったドへ。
ドへの恋路はいつもミソに敗れてしまう。

そして恨みつらみの時を経て・・・。
不細工と言われない美貌を手に入れたドへ。

幼稚園ではセレブママ、一歩外に出ると背中に入れ墨の姉さんと呼ばれるドへ。
 貫禄ありますね

生まれ変わったドへの前にまたまた現れたにっくきミソ(ボーグマム)に、ぎゃふんと言わせたいドへは。
作戦実行へと移る。

ミソ(ボーグマム)を陥れるために、幼稚園ママの集まりの時間をわざと早める。
8時にやって来たボーグマムは。
中止になったと言う交通整理をせっかくだからとやってこなす。
制服を着てかっこよく交通整理するボーグマムは子供たちにも一躍人気者に。

第3話から第4話の感想

セレブママ達の集まるバッキンガム幼稚園。
ママ達の意地悪も半端ないですね!!
そんな意地悪にも全くめげないボーグマム。
しぐさや動きがとってもキュート(^▽^)/
ユルの為にと頑張るボーグマム、素敵ですよね!
そしてバッテリー不足になってしまいますが、ハードなダンスまで披露したボーグマム。
パク・ハンビョルの可愛い顔からは想像できないほどセクシーなダンスに思わず笑みがこぼれてしまいます(^▽^)/
自分が作った最強のロボットママとは言え、亡くなった妻にそっくりな容姿に思わず妻ミソを重ねてしまうコボン。
こんなに近くにそっくりな女性がいるのに、実はロボット・・・。
切ないですよね。
コボン演じるヤン・ドングンの何とも言えない絶妙な演技が、ドラマにさらに花を添えていますね!