奥様はサイボーグ-あらすじ-5話-6話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-奥様はサイボーグ-あらすじ-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

奥様はサイボーグ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
制服を着てとっても上手に交通整理をするボーグマム。
子供達にとってもうけています(^▽^)/
ボーグマムに意地悪したつもりのエレガンスママ達は・・・残念!!

【奥様はサイボーグ】ネタバレあり

第5話

ユルがコボンに送ってもらい登園する中、何と幼稚園の前では制服を身にまとったボーグマムの姿が!!

かっこよく交通整理をするボーグマムは幼稚園児たちに大人気!!

エレガンスママ達はそんなボーグマムが気に入らない様子。
またまた意地悪決行!!

ボーグマムの洋服を汚水の中に付け込むのだった。
耐え難い屈辱があっても、さすがボーグマム。
ものともせずにいつも通りの様子。

そりゃ~そうですよね、ロボットママに感情はないんですものね

へこたれないボーグマムを目にしたエレガントママ達は。
また次の作戦に。

幼稚園のお迎え時間をボーグマムだけに嘘をつく。
待ちくたびれたユルは眠っていた。

お迎えにやって来たボーグマム。
その日はヒョンビン先生の誕生日。

実家から送られてきたご馳走をヒョンビン先生と一緒に食べることになるボーグマム。

そこへ先生のお祝いにやって来たクソル・スジ。
ユルとヒョンビン先生とボーグマムの姿を見てショックを受ける。

ある朝、コボンは公園へと出かけて行く。
黒いスーツ姿で。

ベンチに腰掛け、亡くなった妻ミソとの思い出にふけっていたコボン。
そこにやって来た1人の男。
これまた黒いスーツ姿で見るからに怪しい。

コボンは今日までのプロジェクトの報告だと言って、この男にメディアを差し出す。
未来創造科学部に国情院長、VIPも関心を持っていると話す男。

ボーグマムを作り出した事は、大きなプロジェクトの一環のようですね

「エラーが発生した時は即刻廃棄処分だ」と話す2人。

ドへの子供たちジョージとグレース、ティナの娘ココ、スジの娘オードリー。
女子たちはユルことボーグと遊ぼうとやって来る。

幼稚園児とは言え、女の火花が飛び交うのだった。

第6話

クソル・スジとテンチョルは、ひょんなことで良く出会う。
テンチョルの記憶の中に、どこかでスジと出会った記憶が・・・。

ふと思い出すテンチョル。
それはテンチョルがお気に入りのちょっぴりエッチな成人映画の中でだった。

スジにとっては消し去りたい過去。
しかしテンチョルはスジの大ファンだと言う。

ユルと遊ぶと言って家にやって来たエレガンスママ達の子供。
我が子がユルの家にいると聞き大慌てで迎えにやって来る。

ドへににらまれては幼稚園で生きて行けないんですものね(≧∇≦)

ドへはまたまた何か企んでいる様子。
エレガンスママ達にウィリアムの母グィナムも一緒にボーグマムの家に上がる事に。

緊急事態が起きた事をテンチョルから聞きつけるコボン。

その頃ボーグマムの自宅では、ドへたちによる意地悪作戦が実行されようとしていた。
突如、エレガンスママ達はボーグマムの家から「席を外す」と言って出て行ってしまう。

沢山の子供たちをボーグマムに押し付け、自分達はヨガにファッションショーにと楽しむエレガンスママ達。
4時間も子供をボーグマム1人に放りつけていたエレガンスママ達は、作戦成功だと思っていた。

エレガンスママ達が子供たちを迎えにやって来ると。
子供たちは口をそろえて「帰りたくない!」と言う。

しかしコボンが「早く帰りなさい!」と怒鳴りつけたために全員泣き出してしまう。

第5話から第6話の感想

ドへは学生時代、コボンの妻ミソに惨敗でした。
容姿端麗だったミソは男子からも人気者。
ドへが好きになる男性は皆、ミソが好きでした。
その逆恨みから、ボーグマム(ミソだと思っています)を徹底的にいじめていますね。
しかしボーグマムはミソにそっくりなコボンの作り出したロボットです。
ドへの事など記憶にありません。
そんなボーグマムに一人憤りを感じ、逆襲を仕掛けるドへ。
彼女が率いるエレガンスママ達の集団も、とても個性的な人達で笑っちゃいますよね。
ヒョンビン先生、幼稚園の先生にしておくのはもったいないくらいのイケメン先生(^▽^)/
そんなヒョンビン先生とボーグマムがまたなんだかとってもお似合いなんですが。
まだまだ始まったばかりの幼稚園生活。
どんな波乱が待ち受けているのか、ドキドキものです(≧∇≦)