女神降臨-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

修学旅行、夜。
ジュギョンはスホに呼び出されます。
スホはジュギョンに、いったい何を伝えるのかしら?

スポンサーリンク

【女神降臨】ネタバレあり

第13話

スホに呼ばれて森の奥へとついて行くジュギョン。
「なぜ俺を避けていた?」というスホ。
「そんなことないよ」と返すジュギョン。

しばらく歩くと、池に小舟が浮かんでいた。

月明りの中、ジュギョンとスホは小舟に乗る。
写真を撮るジュギョン、かたや写真嫌いのスホ。

スホは父親が有名人のため、パパラッチに苦しめられたトラウマがあったのだ。
メイクを始めてから、写真が好きになったと話すジュギョン。

「一緒に撮ろうか」というスホ。
2人で並んで撮るのだが、小さな船の上でバランスを崩すジュギョンは、水の中へ真っ逆さま。

慌てて飛びこむスホ。

その頃、ソジュン達は森の奥にある井戸へと向かっていた。
昼間に聞いた怖い話を思い出し、写真を撮ろうとしていたのだった。

同じタイミングで、水から上がったスホとジュギョンは、びしょ濡れのまま森の中を歩いていた。
すっかりメイクが落ちてしまったジュギョンは、皆にバレてしまうことを恐れていた。

遠くに、スジンの姿が。
ジュギョンが見当たらず心配で捜しに来ていたのだった。

ジュギョンはスホを突き飛ばす。
スジンは驚く。

スホはスジンの手を取り駆けだした。
ジュギョンに会わせないよう気遣うスホ。

スジンをキャンプ場に連れ戻し、再びジュギョンの元へと走って戻るスホ。

一方肝試し中のソジュン達。
井戸の近くまでやって来た。

すると!
井戸の後ろから、真っ白い服を着た顔が泥だらけのジュギョンが出てきたのだった!

恐怖で飛んで逃げ去るチョロン達。
後から遅れてやって来たのはソジュン。

ジュギョンは慌てて木にのぼるのだが!
スホからのメールが鳴り響く。

木の上を観たソジュン、木から落ちるジュギョン。
ソジュンは恐怖のあまりに失神してしまう。

何とか無事にばれずに帰宅した翌朝は、メイクばっちりでキレイなジュギョンだった。

修学旅行の最後は宝探し。
1等の景品を目当てに、必死になる生徒達。

ジュギョンは、水に濡れたせいで熱を出してしまった。
バスの中で休むことに。

心配したソジュンが駆けつけ、薬を飲ませる。
ひと眠りするジュギョンの隣で、雑草で作ったブレスレットを手にかけてやる。

スホはジュギョンを探していた。
バスの中でソジュンと一緒にいるところを見つけると、ソジュンをバスから降ろす。

ジュギョンの取り合いで、殴り合いの喧嘩が始まった。
どちらもジュギョンを諦めない様子。

テフンは気を利かせ、ジュギョンとスホの仲を取り持とうと必死だったのだが。
どこからか歯車が狂ってしまい・・・スジンとスホを引き合わせることとなってしまった。

ジュギョンは、スホはスジンが好きなんだと勘違いする。
ソジュンの前で泣いていた。

泣いて化粧が取れてしまったジュギョン。
そこにチョロンたちがやって来た。

ジュギョンはシーツを頭からかぶり森の奥へと逃げて行く。
するとチョロンたちは、「井戸の幽霊だ!」と後を追うのだった。

スホはジュギョンを助けにやって来る。
そしてジュギョンに自分の気持ちを告白するのだった。

「俺が好きなのはスジンじゃない。お前だ」と。
そしてジュギョンにキスをするスホ。

月夜の晩に、とっても絵になる二人です!

スポンサーリンク

第14話

ジュギョンは今起きていることにびっくりし、思わず逃げ出してしまう。
追いかけるスホ。

ジュギョンの気持ちを確認する。
ジュギョンも、スホの事が好きで1日中考えてしまうと口にする。

両思いだと分かった二人。
幸せな気分の二人だった。

思わずスジンに抱きつくのだが・・・。
ジュギョンは泣いて化粧が落ちていた。

すっかり素顔を知られてしまうジュギョン。
スジンはとても優しく、理解があった。

知られたくないジュギョンの気持ちをとても良くわかってくれた。

スホはジュギョンの好物のジュースを買っていく。
学食もジュギョンの隣に。

しかしジュギョンはスホを避けていた。
スホのファンたちにいじめられると思っていたジュギョン。

ジュギョンはスホと付き合っていたのだが、セボム高校の学生たちにはひた隠しにするジュギョンだった。

スホから、「船で撮った写真が欲しい」と言われ送るジュギョン。
とんでもない失態を犯してしまった!

ヒョンギュに送ってしまったのだ。
「これではまたたく間に噂になってしまう!」と焦るジュギョン。

ヒョンギュのスマホを奪い、消そうとするのだが。
指紋ロックがかかっていた。

何とか携帯解除に成功し、写真消去も出来、ピンチをすり抜ける。

漫画喫茶でデートをしようとやって来た二人だったが、ここではソジュンの妹ゴウンがバイトをしていたのだった。

ジュギョンはアルバイトを探していた。
進学先を考えると、メイクを学ぶためには高額な資金が必要だと思ったからだった。

偶然ソジュンが撮影していた現場に居合わせたジュギョン。
ひょんなことからモデルを頼まれることに。

バイト代につられてモデルの仕事を引き受けたジュギョン。
ソジュンは、スホと仲良くしていることは承知の上だが、ジュギョンを特別な目で見てしまう。

ソジュンとジュギョンもお似合いですよね!

スポンサーリンク

第15話

ソジュンと一緒にバイト帰りのジュギョン。
辛い料理が苦手なソジュンだが、ジュギョンに合わせて付き合う。

ソジュンとジュギョンが一緒にモデルのバイトをしている時。
スジン一家とスホ一家で食事中だった。

スホは父親へのストレスを感じているスジンを気遣い、途中で「勉強会に行く」と言って二人で抜け出すのだった。

ジュギョンの父親は、詐欺にあっていた。
「だまし取られたお金を取り戻すまで帰らない」とメモを残し家出中だった。

ところが、公園でスホとばったり会ってしまう。
スホの家で世話になることになったジュギョンの父。
一晩、サッカーを見て一緒に過ごすのだった。

ジュギョンはソジュンに紹介されたカフェでアルバイトを始める。
慣れないジュギョンは、火傷をしてしまう。

聞きつけたソジュンは思わず駆けつけてくるのだった。

ジュギョンがスホの彼女だと知っても、好きでたまらないようですね

ジュギョンは初めてスホの家に招待された。
そこで、普段は鍵をかけている部屋を見つける。
音楽室だった。

セヨンに教わった曲作り、未発表のセヨンの曲はスホが作曲したという。
セヨンを思い出すため、普段は入らないと話すスホ。

ピザの宅配を頼み、一緒にホラー映画の鑑賞。
スホは恐怖のあまり、ジュギョンの手を握る。
とてもいい雰囲気の二人だった。

ところが。
この部屋の机の下には、何と帰ったはずのジュギョンの父親がまだ滞在していたのだった!

映画の途中、とてもいい雰囲気になったジュギョンとスホ。
机の下から覗いていたジュギョンの父は、彼女が自分の娘だと初めて知る!
怒りがこみ上げる!

机の下からスホの足をわしづかみにするジュギョンの父。
ホラー映画の延長戦?!
飛び上がる二人を追いかけるジュギョンの父。

家に帰りづらかった父は、ジュギョンと一緒に自宅へと戻って行くのだった。
もちろん、家では地獄が待っていた・・・。

学校で、ジュギョンはスジンに本当の事を話そうとしていた。
「スホと付き合っているの」と。

しかし、スジンに先手を打たれる。
もちろん、スジンはジュギョンが話そうとしていることを察知しての上だった。

「私、スホの事が好きなの」と。
ジュギョンは言えなくなった。

友達もスホもすべて失いそうで怖くなるジュギョンです

スジンからジュギョンに電話がくる。
「スホにあげる帽子を探しに来た」というスジン。
「食事会で助けてくれたお礼だ」と言う。

「渡すときに告白しようかな。応援してくれるでしょ?」というスジンだった。
ジュギョンはとても複雑な心境だった。

そんなジュギョンの気持ちを知って、こんな態度を取るスジンもちょっぴり怖いですね

スポンサーリンク

第13話から第15話の感想

修学旅行で、大きな進展がありましたね!
スホは自分の気持ちをしっかり伝えることに成功しました!
ジュギョンも自分の本当の気持ちをスホに伝えることが出来てよかったです。
やっとお互い素直になれて、ホッとしました(^▽^)/
修学旅行でのシーンには、笑いの場面がたくさんありました(^▽^)/
キャンプ場の管理人から聞いた井戸に出る幽霊の話。
肝試しに出かけたソジュン達が、びしょ濡れのジュギョンと遭遇し、井戸の幽霊だと勘違いしました。
すっぴんでおまけにびしょ濡れ、そして真っ白い洋服が幽霊ととてもマッチしていて、皆井戸の幽霊だと勘違いしたようです。
普段はとても強がっているソジュンが、失神してしまう場面には思わず大笑いしてしまいました。
ここが来て、少し心配なのはスジンです。
ジュギョンとスアの3人でとても仲良くしているのですが。
スホの事になるとスジンも譲れないようです。
スジンの行動にちょっぴり不安がよぎります。

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください