嫉妬の化身-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-嫉妬の化身-あらすじ-19話-20話-21話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
お天気キャスターと嫉妬知らずのマッチョ記者&紳士なイケメン御曹司が繰り広げるラブロマンス。
学歴もお金もない非正規社員のお天気キャスターを演じるのはラブコメの女王コン・ヒョジン。
入社早々一目ぼれしたのは嫉妬なんか縁のないマッチョ記者。3年後、ひょんなことから出会ったイケメン御曹司。二人は大の親友で・・・予測不能な三角ラブロマンスの嵐発生!!

3人で暮らし出したのも束の間。ファシンは家を出てしまい、会社ではヘウォンとファシンがキスしているのを見てしまったナリ。ナリの気持ちはどうなる?

【嫉妬の化身】(ネタバレあり)

第19話

ヘウォンとキスをしているファシンを見て、ナリは二人のいる部屋に入る。「もう別れた」と言うファシン。「別れて数時間で他の女とキス?しかも他の女の前で眼鏡かけないでって言ったのに。」と責めると、ファシンはナリを屋上へ連れて行く。「クムアナウンサーには嫉妬しないのに、なんで俺の時だけ怒るんだ?嫉妬してるんだな」とファシンはニヤリ。ナリは否定するが、ファシンは嬉しくて仕方ない。

確かに!ジョンウォンの時は「二股かけてるから何も言えない」って言ってたもんね。ファシンには怒れるし、素直になれてる。

ジョンウォンはファシンに「出て行ったんなら諦めたってことだ。俺は簡単にはあきらめない。結婚する。」と宣言。
ナリはジョンウォンに正直に「昨日ファシンと他の女がキスしているところを見て嫉妬した。これが答えだと思う。私の心はファシンにあるみたい」と伝える。
ジョンウォンはもちろん納得いかず、「僕への気持ちも愛のはずだ」「ファシンが君を好きになったのは僕がいたからだ。僕がいなくなったら気持ちも消える。あいつは3か月以上続いたこともない。3か月で終わる」と言って説得しようとするが、ナリは「ごめんなさい」と言って家を出る。

ジョンウォン。せつない~。優しすぎるんだよな。そして諦めがやっぱり悪い・・・という。納得できてないだろうからまだジョンウォン終わらなさそう。

ジョンウォンはナリに振られたことをファシンにメール。それでも諦める気はないから邪魔するなとくぎを刺す。
ナリはジョンウォンに気持ちを伝えてからファシンに何度も話しかけるが、ファシンは素っ気ない返事しかしない。
ナリはめげずにファシンを追いかける。

当直室にいるファシンの元へ来たナリ。「どうしてそんなに冷たくするの?」としつこく聞くナリに、ファシンは「親友と別れたんだから時間が必要だろう。しかもいい男と別れたんだから」と。それを聞いて号泣するナリにファシンは「もういいだろ。付き合おう」と言ってキスをする。

ファシンなりのジョンウォンに対する誠意だったのかな。でもあまりにも素っ気なさ過ぎて、ナリは不安だったと思う。きっと3年前の片思いの時と重なっただろうね。

第20話

ラーメンを作ってあげるファシン。「これからラーメン1000回は食べる」というファシンに、ナリは「それプロポーズ?」と。「こんなプロポーズないだろ」と否定するファシンだったが、後から思い出して「かわいすぎる」と一人はにかむファシン。

もう。目尻にシワ寄ってるからー!!何やってもナリがかわいくてしょうがないかんじ。

ファシンと選挙特番を受け持つことになったナリ。
練習は、トラブル想定時以外はそつなくこなすナリ。本番が始める前、ファシンはナリに変顔を見せてリラックスさせようとするが、ナリは緊張してるみたいで笑顔で返すだけ。そんなナリにファシンは「緊張するな 一人じゃない 俺がいる」「愛してる」とメモを渡す。
本番が始まり、CGに合わせて投票率を読むナリだったが票数と投票率が逆になっていて気づかなかったナリ。周りが気づき、急いでファシンが訂正する。
その後もCGの位置を間違えナリはミスを連発。ファシンのフォローでなんとか1部は終了。
1人トイレで気持ちを切り替えようとしていたナリの元へファシンが来る。気持ちを切り替えさせようと思っていたファシンだったが、「次ミスをしたら大変だ。お前が決めろ」と言い「ここまでにしよう」と家に帰らせる。2部はヘウォンが担当することになる。それを見たパン部長「テレビ局は冷たいわね」と言ってナリを探す。「番組の為なら恋人でも家族でも傷つけて犠牲にする。あの時のことを思い出したわ」と言うケ記者。放送を見ていたジョンウォンもナリを心配して探しだす。朝のレギュラーまで切られるリスクを考えてナリを想ってのファシンの行動だった。ナリの家の前で会うファシンとジョンウォン。「あれは俺なりの愛だ」と言うファシンだったが、「だからお前にピョナリは渡せない」とジョンウォン。

ミスを引きずってるのがわかったからファシンの行動はしょうがなかった気もする。「自分の彼女と他の女を交代させた」って言われても、仕事とプライベートは別なんだから問題ないと思うけど・・・。ファシンはお兄さんのこともあったからみんな責めるのかな。

朝何事もなかったのように笑顔で出勤し、無事に朝の番組を終えたナリ。ファシンとお茶をし、自分から「昨日は私のせいです。すみませんでした。」とナリ。怒らずに笑うナリ。ファシンはケンカしようと挙句の果てには怒り出す。

家に帰ってラーメンを食べる2人。「本当は彼女を交代させてつらいだろうから何も言えなかった。でも私を信じてないでしょ?ケンカしたら別れると思った。」とナリ。話しているうちにやっと気持ちを伝えて怒り出したナリ。それを聞いていたファシン。「結婚しよう」。「俺はお前がこうかっとなるところが愛おしいんだ。あとラーメンを998回作るよ。プロポーズだ。水キムチ持って来い」と。

ファシンはナリに特番のことを怒って欲しかったんだね。気持ちを押し殺されてるのがつらかったんだと思う。プロポーズのタイミング、そこか!って思ったけど(笑)。

第21話

「プロポーズの言葉を水キムチと一緒に?どっちかにしても?」「水キムチ持ってくる」とナリ。プロポーズを流されたファシン。ナリはナリで「怒ったから勢いで言ったのか」と悩んでいた。

ナリからしたら急だったしね。でも明らさまにプロポーズスルーして、ファシンの顔がおもしろかった。

ナリとファシンは病院へ。ちゃんと通い出したおかげで放射線治療も無事終了。うれしそうなファシン。ナリも涙を流して喜ぶ。そしてなぜか踊り出すファシン(笑)。

パルガンはケ記者とパン部長の前で振り込み詐欺をやったと告白する。「あのときは憎んでたから・・・」と。ラクも交え、チヨル達も一緒に怒られる。ファシンだけが一千万ウォン騙されたと知ってケ記者は知りあいの警官に確認。被害届が出ていない事を確認する。
ラクは「パルガンの叔父さんにお金を返して謝らないと」と言うが、ケ記者とパン部長は2人そろって「ダメ!」「あの男の性格を知らないから。姪でも刑務所に送るはず」と。

ラクは本当にいいお父さんになりそう。詐欺をやったと聞いて、パルガンの頬をたたいたパン部長。本当にパルガンのことを想ってることが伝わった。

ジョンウォンはナリに会いに行く。「つらい時は頼って」と言うジョンウォンに「ファシンにプロポーズされた」とナリ。「OKするつもりだから違う人を探して」と言うナリに、顔色を変えるジョンウォン。「本気なワケがない。俺と結婚しよう」とジョンウォン。そこへ通りかかったファシン。また2人はケンカする。

ジョンウォン。やっぱり来たね。でもナリの気持ちがもうファシンに向いてるんだから、潔く引き下がってほしい。

初雪が降る。ファシンは雪だるまを作り、ナリに「一緒に生きていこう。子供も2人作って」と言う。「わかった」と言って消えたナリは小さな雪だるまを2つ作って戻ってくる。幸せそうな2人。

ラク達は話し合った結果、ファシンがいない間にこっそり家に入りお金を戻す作戦に出る。パン部長とラクがファシンの部屋に入ると、間もなくファシンが帰ってきてしまう。慌ててクローゼットに入るラクとパン部長。そのまま朝を迎える。
ファシンがいなくなった隙に外に出た2人。ラクはパン部長にキスをし、「付き合いましょう」と告白する。

ケ記者と3人でいるところ、結構好きだったんだけどなぁ。どうにか仲よく3人で・・・って都合よすぎかな。

病院からファシンに電話。「検査結果が出てきたから、できれば一人で来てほしい」と言う先生。病院へ行くと、「精密検査が必要だけど、男性不妊症かもしれない」と言われる。
「乳がんにもなって子供もできないなんて。どうして俺だけ・・・誰がこんな男と結婚したいと思う。」と泣くファシン。

19-21話感想

ファシン、子供欲しがってたから余計にショックだったと思う。ナリへのプロポーズでも「子供二人作って」って言ってたし。

ファシンへの気持ちを確信してジョンウォンの元を去ったナリ。ジョンウォンはまだ受け入れられてないけど、ファシンとナリは着実に進みだして未来は明るい~と思った矢先のファシンの不妊症問題。
ナリの性格を考えて、不妊症だから別れるなんて選択はしないだろうけど、ファシンの落ち込み度を考えると一人で抱え込みそうな予感もする。
どうにかこの先2人が幸せになれる道が見つかってほしい。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。