小さな神の子供たち-あらすじ-9話-10話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-小さな神の子供たち-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

小さな神の子供たち

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジェインとハミンが手を組みチームを結成。
“天国の門”事件を捜査するため。

捜査の中で、施設の広報として撮られていた
映像を確認する。
その中には、ペク会長なども映っていた。

【小さな神の子供たち】ネタバレあり

9話

落ちてきた男性はマ・ジョンウ氏だった。
ジョンウ氏は大手芸能事務所の二世社長で業界では有名人でもあった。
ジョンウ氏の家にジェイン、ダン、ハミンで行き、ジョンウ氏が買っていたポメラニアンがいた。
ダンはポメラニアンが目撃したことが見えた。
ジョンウ氏は第三者に殺害されていた。

ダンの父親はジェインの所を訪ね、ダンを捜査から外すようにお願いをした。
ジェインは外す代わりに隠している事を話してほしい。ダンは天国の門事件の生存者であると言った。

ダンは家に帰り何かを探しながら泣いていた。

ダンの父親は土下座をした。ジェインは
「それが親の選択ですか。僕は頼み事を聞けない。一つだけ言えるのはダンはあなたを信じてる。彼女に背を向けないでください。
 時間がありません。ダンは少しずつ思い出している。」と言い、
ダンの父親はその場を泣きながら去った。
父親はダンに記憶は思い出してほしくはないんでしょう。だけど、ジェインの言葉が最もだ

ジョンウ氏の遺体は解剖を拒否されていた。
ジョンウ氏の姉はヨナが犯人だと言っていた。そして、姉とジョンウ氏は天人教会に入っっていたことわかった。
しかし、ジョンウ氏はヨナと結婚した時から変わってしまった。と。

ダンたちは人形を使ってどう落とされたのかを確認した。他殺を意味していた。

ジョンウ氏の事件を調べるとともに施設にいた子供たちを探す事を決めた。
探す初めの子供は“ポパイ”だと。

ダンはワン牧師に会いに行き、ジョンウ氏の事を聞いた。
そして、そこでは身寄りのない子供たちがいた。
ダンは昔の事を思い出していた。
ワン牧師は
「よくない気が見えます。あなたの後ろに真っ黒な蛇のような影がとぐろを巻いている。呪いを受けたのです。神を信じないとあなただけでなく
 家族にも災いが及ぶでしょう。」と言った。
ダンは
「ジョンウ氏の家族にもそう言ったんですか?今、私に言ったように“奥さんが呪われた”と?だから母親は倒れ姉は巨額の寄付をした。」と聞いた。
ワン牧師は黙った。
そして、ダンはヨナのとこに行き、ワン牧師が関わっていると言った。
ヨナは途中でワン牧師からの電話で席を立った。
電話が終わり、呪われてるの?と言いながらテラスの枠から飛び降りようとした。
ダンがテラス側に引っ張ると鈴が鳴った。
ダンは
「お前は死んでも許されない。1人、2人、3人。男を3人も殺したな。お前は花嫁の仮面をつけた大蛇だ。」と言い、
ヨナのお腹を見てさすり、
「役人になるはずだったんだね。母親のせいで光も見ないまま死んだか。」と言った。
ダンは正気に戻った。
3人も殺害した上に子供まで失っていたんですね…

ジェインは施設にいた子供たちの写真を見ていた。
そのうちの1人がジョンウ氏のヨナだと気付いた。

ヨナはダンに薬を盛り、テラスから落とそうとした。

10話

ダンは薬を飲んでしまったが、自分で手を平を傷つけた。
そして、ヨナを逮捕した。
証拠がなく釈放されそうになったが、飼っていた犬の歯からヨナのDNAが出てカメラからは今までの夫やジョンウ氏の死んだ時の写真が見つかった。

ヨナは夫の殺害を認めた。その後ダンはジェインと交代し、ジェインはポパイの事を聞いた。
ヨナは
「ポパイはどこか違っていた。百科事典や聖書を暗記するほど賢い子だった。だから、体罰を受けてなかった。
 人間以下の園長は私たちをお金のために利用するだけだった。」と言った。
子供たちは園長から虐待を受けていたのだ。
ヨナは人生最初で最後の友達を探してほしい。友達の名前はピョルと言った。
最初で最後の友達がピョル…。なんか悲しいですね

ダンは昔の事を思い出していた。
しかし、ヨナはワン牧師たちをかばっていた。
ヨナの所にハミンが来た。そして、ハミンは昔の話をこれ以上すると命がない。と告げ、ヨナは笑った。ヨナもまたハミンがポパイだと分かった。

ハミンはダンの財布の中にあった写真を見てしまった。ダンがピョルだと知った。
ハミンは帰り道、泣きながら
「やっと見つけた。ピョル」と言った。
ハミンがピョルを見つけましたね。長い間探していたんでしょうね

ジェインはダンを呼び、他のこどもたちの事をヨナの供述で予想した。
ポパイはハミンだとダンに言った。

ダンとジェインは子供のうちの1人コルトンに会いに行った。
コルトンは誰に言われてきた?と言うと、ジェインは警察だ。と言い、ダンは施設出身だ。と。

ジェインはコルトンからクク議員を殺すと連絡をもらった。
そして、ジェインとダンたちもクク議員の街頭演説に向かった。

ダンはワン牧師に会い、また鈴が鳴った。
ダンは
「雨が降るように人が落ちてくる。空から。お前はまた殺すのだな。人を差し出して王を代えようとしている。」と言った。

コルトンはクク議員の目の前にいた。そのことに気付いたハミンは迷っていた。

9話~10話の感想

ヨナもまた施設出身だったんですね…。それも、足を折られるっていう虐待まで受けていて、
そのせいで夢も消えてしまって。
だけど、それで3人を殺害するのはまた違うが、悲しい事実ですね。
それでいて、ヨナもピョルに会いたかったんでしょう。
最初で最後の友達だなんて。

ハミンもダンがピョルだと知ってとても、うれしかったんでしょう。
ここから、どうなっていくのでしょう。
ハミンはピョルを見つける事は出来たし、
それでも、クク議員たちに従うのか?
それとも、違う方向に向かっていくのか?

次回はどんな展開になるのでしょうか。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください