帰ってきてダーリン!-あらすじ-1話-2話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-帰ってきてダーリン!-あらすじ-1話-2話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

帰ってきてダーリン!.jpg
「帰ってきて ダーリン」は、浅田次郎の小説「椿山課長の七日間」が原作のドラマ。同時期に突然死んでしまった二人のおじさんが現世に残してきた家族らが心残りで死にきれず?全く異なった姿で生まれ変わって帰ってくるというストーリーだそう。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
主演はプライベートで何かとお騒がせのRAIN。昨年放映されたドラマではイマイチぱっとしなかった彼がこのドラマで再び輝けれるか気になりますね~!また、イ・ビョンホンの奥様イ・ミンジョンの2年ぶりの復帰作だからますます期待が高まります。では気になるあらすじを早速見ていきましょう~!

【帰ってきてダーリン!】(ネタバレあり)

第1話

不慮の事故で突然死んでしまって未練タラタラの二人のおじさん。まずは二人がどうして死んでしまったのか?生前のおじさんたちの最後の現世での姿からドラマがスタートします!
キム・ヨンスが目を覚ますと誰もいない山の中の駅??だった・・いやそれにしてはなんだか妙だ。
そして時と場所を同じくして目を覚ましたもう一人の男がいた。彼の名前はハン・ギタク。
二人とも自分らがなぜここにいるのかてんで分からない。駅の周辺をきょろきょろと見渡すと駅の標識は「中間点」で前駅は「現世」そして次の駅は「来世」と表示されている。さらに線路の行く先をたどって見ると「天国」と「地獄」を示している標識が。
そしてヨンスは悟った。自分らがもはや死んでしまったことを・・・
そして二人のおじさんの生前にさかのぼること一日前、
キム・ヨンスはソンジンデパートの婦人服売り場の万年課長。ぱっとしないイケメンとは程遠いただのおじさん。毎日、家族の為だと思って一生懸命に働くもいつも仕事に追い回されて家族サービスはどうしても後回し。
今日も結婚記念日だったのをうっかりと忘れていたヨンスを見かねたデパートの後輩のソン・ジフンがおしゃれなレストランを彼のために予約してあげる。ヨンスと妻のダヘは不相応なおしゃれなレストランでぎこちなく食事をするもまたもや上司のマ部長から電話で呼び出されてしまいせっかくのディナーが台無しに。結局ヨンスは妻のダヘと共にデパートの上司の通夜の雑用にかりだされてしまう。
ヨンスは日本のサラリーマンによくありがちな?若干要領の悪いダサイおじさんのようです。そんなヨンスが美しい若い妻ダヘと結婚することができたか謎ですね・・・
一方、もう一人の死んだおじさん、ハン・ギタクはパブ“クヌルプ”のオーナーシェフだ。
その夜、突然ギタクの初恋の人ソン・イヨンが彼のパブを訪れる。別れた夫の陰謀と脅迫に絶えず苦しめられており助けてほしいと頼みにやってきたのだ。しかしギタクは“今更自分が何を助けることができるのか?帰ってくれ”と本心とは裏腹にイヨンを突き放してしまう。
実はギタクは高校時代にイヨンを助ける為に暴力沙汰で少年院にまで入ったことのある過去がある。またもやイヨンが自分を必要とするのは自分の拳かと思うと複雑な心境のギタク・・。
40歳を超えても初恋の人を想い続けて独身を貫くギタク。見かけとは裏腹に情の厚い純粋なおじさんのようです。
次の日の朝、ヨンスは可愛い娘を幼稚園に送り今日も気分よくデパートに出社してみると“ルチア”売り場の女性がひどい剣幕でヨンスに向かって怒鳴りかかってきた。売り場が他のブランドに変わってしまっていたのだ。上司のマ部長が賄賂を受け取って勝手に今まで“ルチア”だった売り場のスペースを別のブランドを変えてしまっていたのだ。
またもやヨンスは今回の賄賂騒動の始末の為に今夜も遅くなることに・・。
“次は必ず守るから”と言いながらもいつも家族の約束を守れないヨンス。“理解してくれ。家族のために一生懸命に働いているのだから”というヨンスにいつもだまって我慢していたダヘもとうとう我慢できずに今までの不満をぶちまけてしまう。疲れ果てていたヨンスはダヘに向かってどなりつけてしまう。
会社のストレスで疲れ果てているヨンスにタイミング悪く責めるダヘ。まさかこれがヨンスとの最後の会話になるとは思ってもいませんでした・・
その晩、ヨンスは取引所の接待を終えた帰りのタクシーの中で過労のために吐き気がしてタクシーから下車するやいなや道端で倒れてしまう。ソンジンデパートの前の地面に横たわっているとデパートの屋上から下げていた垂れ幕が外れているのに気が付く。垂れ幕を直そうと屋上に上がり柵を超え、外れた垂れ幕をとろうと思った瞬間に足を踏み外して屋上から転落してしまった・・。
危険を冒してまで垂れ幕を直そうとするなんてヨンスはどこまで仕事熱心なのやら。
死んでしまったら意味がないのにね・・・(´;ω;`)

時を同じくしてギタクも昨晩イヨンを突き放したものの彼女が気になって仕方がない。
結局、ギタクはイヨンの頼みを聞いてあげることに。脅しで手に入れたスキャンダル映像をイヨンに渡し“頼みを聞くのはこれが最後だし、会うのもこれで最後にしよう”と言う。そして二人は最後の別れに抱き合う。ところがその現場をパパラッチに写真をとられてしまう。全てがイヨンの夫のジェグクによって仕掛けらえた罠だったのだった。
ギタクは写真を取り返そうと車でパパラッチを追いかける。だが猛スピードで追いかけているうちに車がスピンして宙に舞い上がってひっくり返ってしまう。もうろうとしているギタクの車に追い打ちをかけるようにトラックが追突、そしてギタクの意識は無くなってしまう・・・
初恋のイヨンによってとうとう死ぬハメになってしまったギタク。それなのに死んでもイヨンの心配をするギタクはなんて情が厚いのかしら~!!
そうして死んでしまったヨンスとギタク。
二人は駅の切符売り場で切符を受け取る。ヨンスは“地獄”行き、ギタクは“天国”行き。納得のいかないヨンスは“リライブセンターのメッセンジャー”マヤになぜ地獄なんだと抗議する。すると“自殺したからだ”との答えが返ってくる。
ヨンスは“自分は自殺ではない”と必死で弁解するもヨンスの今まで行った行動はどうみても自殺行為だと逆に怒鳴られてしまう。自分は一生懸命やろうとおもっただけなのに。申し訳なかったと泣いて詫びると切符の表示が天国行きに変わった。
そしてヨンスとギタクが乗った天国行きの汽車が出発した。二人は汽車の中で握手してお互いの自己紹介をする。汽車を乗り進めていくと汽車の窓の外に幸せだったころの記憶の風景がよぎっていく・・
家族が恋してたまらないヨンスはもう二度と会えないと思うと涙が止まらない。窓の外に向かって妻や娘の名前を呼ぶもどうしようもできない。
その時、汽車は大きくゆれて天に向かって登っていくのであった。
未練いっぱいのヨンスは汽車を止めろと叫ぶ。汽車の車掌に向かって“このまま死んでしまったら残された妻や娘はどうなるかまだやり残したことがたくさんあるしまだ行くことができない。”と食い掛かる。
う~ん。自分も生前悔いのないよう生きないと!と考えさせられてしまう場面でした・・・。
ギタクも“自分がこのまま行ってしまったらイヨンや自分の弟分たちはどうなるのか!”と車掌に殴り掛かるも自慢の鉄の拳をしてもびくともしない。車掌らから逃げようと二人は列車の後方に向かって走って逃げる。行きついた先は列車の最後尾。もう逃げ場のない二人は列車から地上に向かって飛び降りるのであった。帰るために・・・。

第2話

列車から真っ逆さまに地上に向かって落ちていく二人。しかし落ちていった先は地上ではなくある部屋の一室で、そこにはマヤが待っていた。着くや否やマヤは二人に現世への“逆送申請書”にサインしろという。マヤはせっかくの天国行きの汽車なのに飛び降りた者は初めてだ。そんなにも戻りたいのであれば家に戻ることができる。しかしそれはかなり危険なもので、とって~も恐ろしいことが待ち構えている。だからよく考えるように。“とマヤは二人を脅すものの二人はひるむこともなくあっさりと契約書にサインにしてしまう。ただ残された大切な人たちの心配をするが為に・・
自分のことは全く気にせず自分の大切な人たちの幸福だけを願う二人。このおじさんたちなかなかかっこいいです!
そして二人は現世に帰ってきた、全く別人の姿になって・・・。
ヨンスはマヤからの電話で目が覚める。そこは高級ホテルのスウィートルームの一室だった。鏡を見るとなんとヨンスはなんと若い完ぺきなスタイルのイケメン男性に生まれ変わっていたのだ。あまりの完ぺきな美しい姿にヨンスはびっくり仰天!
一方、ギタクも目を覚ますとこちらもびっくり仰天!おなじ姿で戻ってきて自慢の鉄の拳で自分を殺した奴らを復讐しようと思っていたのに拳とは程遠いか弱い美しい若い女性になってしまったのだ。
イケメンになって嬉しくてたまらないヨンスに対し美女になっても腹が立って仕方がないギタク。正反対の二人です。
マヤは二人に対し、“自分の正体を絶対に明かさない”、“復讐は禁止”、“人間の生死に決して関与してはならない。”という3つの約束を必ず守るように、そして“次の天国行きの列車が地上の時間で2か月の猶予があるのでそれまでに必ず戻るように”と言う。
二人はちゃんと約束を守れるのでしょうか?なんだか危なっかしそうですが・・(笑)
イケメンになって上機嫌のヨンスはバスに乗ってソンジンデパートを訪れる。するとマ部長がデパートの前でヨンスの死についての記者の取材に対し“ヨンスが誤った一瞬の判断で自殺した”と答えていた。皆に自分が自殺したと誤解されて悔しくてたまらないヨンス。しかしたやすく誤解が解けるとは思っていないと覚悟していたヨンスはじっくりと機会を待とうと考え直す。
ヨンスは婦人服売り場に行きフロアーを見て回ると懐かしい社員らがいつもと変わらず働いていた。心配していた“ルチア”も健在。だが驚いたことに妻のダヘが婦人服売り場で働いていたのだ。今まで10年間も専業主婦だったのに自分が死んだせいで働かないといけなくなった妻の姿をみて心が痛むヨンス。
一方、ギタクは今まではいたこともない高いピンヒールとセクシーな服で歩くだけでもヨタヨタ状態だ。なんでこんな姿になったのだと天に向かって悪態をつきながら地下鉄に乗り込むとイヨンが自分とのスキャンダルで大騒ぎとなっていることを知る。
急いでクヌルプに戻ってみると店は様変わりしておりギタクの天敵ナ・ソクチョルの部下が店を占拠していた。腹の立ったギタクは俺の弟分たちはどこいった?と彼らにつかみかかっても、美女を相手に彼らは笑って誰も相手にしようとしない。生前の自慢の鉄の拳も女性になった今はじゃれているようにしか見えない。あっさりと店からつまみ出されてしまう。
店の外に出てみるとカルキルが店の外で虐げられており、スンジェがイヨンを守るためにソクチョルの下でイヨンのマネージャーとなったことを知る。
実はイヨンはギタクの死後、知らずにソクチョルの事務所と芸能契約を交わしてしまったのだった。ソクチョルは高校時代からの因縁でイヨンがチンピラに襲われた時にギタクが半殺しにした相手だったのだ。罠にはまったこと知ったイヨンは悔しくてたまらない。
ギタクの死後あまり立たないうちにすっかりと現世の状況が変わってしまいました。女性の姿となったギタクはこれからどうやって事態を収拾することができるのでしょうか??
続けてギタクはイヨンのアパートを訪れる。イヨンとスンジェに自分がギタクの妹だと名乗るものの妹がいるとは生前のギタクから聞かされていない二人はギタクが何かと弁明するも嘘くさくてなかなか信じてもらえない。
その頃、ヨンスは妻のダヘが気になってデパートの婦人服売り場でダヘを監視する。
ヨンスとは知らずにいるマ部長に対して今までの恨みの仕返しに大柄に振る舞うヨンス。
婦人服売り場で変な行動を繰り返すイケメンとなったヨンスに社員たちもいぶかしげ・・
ソンジンデパートでは会長の命令により社長の離婚騒ぎや社員の自殺騒ぎでイメージダウンしたデパートの立て直しの為にアメリカ在住の腹違いの次男ヘジュンが呼び寄せられることとなった。
だが!しかしマヤのミスによりヨンスはそのヘジュンとそっくりの姿で生まれ変わってしまったのであった・・・。
間もなく本当のヘジュンが韓国にきてしまいます。マヤは二人の鉢合わせを避ける為に何かを仕組んだようですが・・どうしたのでしょうか?第3話で明らかになるようです・・・

第1話~第2話の感想

このドラマ、題材が“死んだ人が現世に戻ってくる”なんてって言ったら一般的には幽霊の怖い話になるのですが、そんな暗~い雰囲気は全く無しのコメディータッチのドラマです。流石、日本の小説が原作だけある!って言いたくなります。初回からとても楽しく視聴できました。なんたってキャスティングがグッド!どの役柄も魅力的で甲乙つけがたいのですが個人的にはギタクの生まれ変わりのホンナン役の“オ・ヨンソ”がいい味だしていて気に入りました!おっちょこちょいのリライブセンター・メッセンジャーのマヤも面白いし第3話が待ちきれません!!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。