彼女の私生活-あらすじ-最終回(16話)-結末は!?

韓国ドラマ-彼女の私生活-あらすじ-最終回(16話)-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

彼女の私生活

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ライアンのトラウマであり、苦しみの元凶であったきっかけを作ったのは、ドクミの母親だったことがわかったものの、ライアンの顔はどこか清々しい気もしました。
自分の愛する人の母親が、自分を孤児院に置き去りにしたと知っても受け入れたライアン。それどころか仕方なかったとして許しました。そしてむしろ良かったのだと話した時は、ライアンが愛する人ドクミのためを思って出た言葉なのかなと。ライアンとてもかっこいいです!本当の母親も見つかり、シアンと異母兄弟だったこともわかり、これからの人生はとても幸せに満ち足りたものになるのではないかと思います。
では今回がついに最終回・・・・。あらすじへと行ってみましょう。

スポンサーリンク

    【彼女の私生活】ネタバレあり

    スポンサーリンク

    最終回(16話)

    ライアンのベッドで一緒に眠るドクミ。
    先に目を覚ましたライアンは、隣に眠るドクミを起こさないように絵を描いています。

    目をさますドクミ。

    見つめあう二人。
    心臓がドキドキ♡

    ライアンはドクミにどんな夢を見ていたのか尋ねます。
    ライアンの問いに、思い出だからいい夢だったけれど、少し悲しい夢だったの。みんなで遊んでいた夢と答えます。

    「夢の中でユンジェと一緒に落書きをしていた。
    それを見たウンギがお母さんに告げ口をして・・。私はお母さんにこう言ったの。
    私は美術館に飾る絵を描く人になる。と。
    その夢は叶わなかったけれど、美術館に絵を飾る人になったわ」

    ライアンはキュレーターがいかに重要な存在であるかを話します。
    そしてドクミに感謝するライアン。
    絵を描けるようになったのは、ドクミがいたからだと感謝しています

    笑顔になるドクミ。

    「今の私には館長の顔がキャンパス。描いてもいい?」

    照れ笑いをするライアン。
    二人はベッドの中に潜り込みます。
    そのあとはご想像にお任せ♪(´ε` )

    そしてついに・・・美術館の特別展が始まります。
    シアンの展示を見るために多くのファンが美術館へやってきます。

    シャッターを切るカメラの前で笑顔のシアン。

    それを見つめるヒョジンとその母親であるソヒョ。
    ソヒョはあんなに美しいものがこの世に存在するの?と携帯のカメラでシャッターを切ります。

    「彫刻みたい・・・」

    特別展が大成功のうちに幕をと知ると、ドクミの弟の命日がきます。
    ドクスが眠る寺へと家族で出かけるドクミ。

    そこにはライアンと、ライアンの母親であるウニョンの姿も・・・。

    ウニョンに謝罪することしかできないヨンスク。
    申し訳なさすぎて謝ることしかできないと話すヨンスク。

    ウニョンはヨンスクの姿にこう言います。

    「話は全てユンジェから聞きました。とても感謝しています。お世話をしていただいてありがとうございました。」

    そしてヨンスクに、もう後悔して苦しまないで欲しいと告げました。
    その後・・・・。

    絵を描けるようになったライアンは、時間を忘れ絵を描くことに没頭しています。
    ライアンが絵を描く姿を後ろから見つめていたドクミ。

    静かにドアを閉めると、自分もNYのアートについて勉強することに。
    ライアンはドクミがいるのも忘れて没頭していますね

    それから間もなくしてドクミにNYのモノアートギャラリーからラブコールがきます。
    どうやらアン・ミョンソ作家の作品を展示するところみたいですね。

    半年ほどでいいのでキュレターとして、参加してくれないか?と打診されるドクミ。

    ドクミにきたラブコールに喜ぶライアン。
    ライアンに対して、ドクミは一緒に行きませんか?と誘います。
    ライアンは遠距離恋愛する気満々みたいですけど?

    ドクミはライアンと一緒にNYに行くことで、ライアンの作家としての復帰を果たそうと考えます。

    ライアンはドクミとともに、NYに行くことを決断します。

    NY行きを周囲に挨拶して回ったあと、ドクミを家に送ったライアン。
    ドクミは離れるのを名残惜しそうに、ライアンにふざけてみせます。

    「ライオン、ライアン、ユンジェ。どの名前で呼んであげようかな?」

    ライアンは自分の好きな名前で呼んでくれる?としながらも真面目な顔でこう言います。

    「僕が今から話すことをよく聞いて欲しい。前はこの世の中にこんなにたくさん書きたいものがあるとは思わなかったし知らなかった。
    笑い声、風の匂いや暖かく光り輝く太陽。そして僕が愛している人の体温・・・・・。」

    ライアンは真剣な表情で、ドクミの手のひらにそっと指輪を落とします。

    きた!プロポーズだぁ♪( ´▽`)

    「急でびっくりしたと思うけど、今日は見逃して欲しい。
    今日、いまこの瞬間にしないで、延ばしてしまうともう言えそうにないから・・・・。
    ドクミ・・・。僕はこの世界の誰よりも君と、君の幸せを描きたいんだ。
    だから僕と結婚してくれますか?」
    膝をついてプロポーズ♡こんなプロポーズされたい♪( ´▽`)

    ライアンのプロポーズにドクミは・・・・

    「オタクはオタクらしく答えます。
    OKです。あなたの一番になってあげる。だからあなたも私の一番になってくれる?」

    泣きながら返事をするドクミに、ライアンは「永遠に」と答えます。

    一年後・・・・。

    ドクミは韓国に帰国します。
    古巣のチェウム美術館の館長として。

    ソンジュは二人目の子供を妊娠。
    シアンはジュヒョクとコラボアルバムを発表。

    久しぶりに集まったソンジュとドクミとウンギ。
    盛り上がるんですよね♪( ´▽`)

    話題はウンギの彼女について。
    盛り上がる二人をよそに、いないと否定しながらもどこかにやけるウンギ。
    いつのまにか、ヒョジン(シンディ)といい雰囲気なんです♡

    それから一週間後。

    ライアンはドクミに電話をかけます。
    離れているのが7日なのに、7年も経ってしまった気がする。
    こう話すライアンにドクミは、ここは何も変わってないわ。と答えます。

    そしてドクミに以前、偽装恋愛のためゴシップ写真を撮った場所を聞くライアン。
    そこへ行くドクミ。

    するとそこには・・・・NYにいるはずのライアンの姿が・・・。

    驚くドクミ。
    ライアンサプライズ♡♡

    驚いたままのドクミを引き寄せた、ライアンはドクミにキスをします。
    キスに答えたドクミは、「私が欲しい?」とライアンに尋ねるとキスを・

    スポンサーリンク

    感想

    終わってしまいましたついに。納得のハッピーエンド。
    不幸せになる人が一人もいなかったのが良かった!行くときは半年の予定だったようですが、結局戻ってきたのは1年後。でも永遠にアメリカに行ったままではなく、韓国に戻ってきて古巣であるチェウム美術館に館長として復帰。
    そうなると今後は本拠地を韓国に置くということですよね。できれば家族や友人のそばで、ライアンと暖かい家庭をきづいて欲しいなと思っていたので良かったです。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2件のコメント

グルミットさん、本当にありがとう。
どんなドラマ?と、思ったらすぐに訪問してます。
これからも、楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください