彼女はキレイだった-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きをネタバレありで!

韓国ドラマ-彼女はキレイだった-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

彼女はキレイだった.jpg
昔は才色兼備、現在はくるくるパーマにそばかすだらけのキム・へジンをファン・ジョンウムが、昔は太っちょ今は完璧なイケメン男子のチ・ソンジュンをパク・ソジュンが演じる。彼らが繰り広げるラブコメディーです(*´∀`*)





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
シニョクは謎の御曹司?!スイートルームに泊まる彼の正体はいったい?
酔っぱらった勢いの電話、ソンジュンには伝わらなくてよかったけれど、シニョクはすべて聞いてしまいます。ヘジンはソンジュンとの過去の関係を知られて、これからどうなるのでしょうか。

【彼女はキレイだった】(ネタバレあり)

第7話「雨の思い出」

スポーツジムで汗を流すハリ、ソンジュンの姿を思わず探してしまうハリだった。
ハリは彼氏と車でデート。
何をしても気乗りがしないハリ、ソンジュンへの気持ちが大きくなっている。
ソンジュンの姿を見かけると追いかけてしまうハリだった。
シニョクに今夜だけ婚約者のふりをしてほしいと頼むハリ。
大親友の大好きなソンジュンを諦めるために・・・ハリも苦労しているようです
仲間とランチに出かけるヘジンは、ソンジュンが食事をしているのかと気になって仕方がない。
そこで帰りにサンドウィッチとジュースを買って、ソンジュンの部屋に置いてくる。
ビューティーアシスタントのソルに仕事を押し付けられるヘジン。
帰ろうとするソンジュンは指先を怪我したヘジンを見てバンソーコを貼ってやる。
雨の中事故で大渋滞。
母親を事故で亡くしたソンジュンは、過去の記憶がよみがえる。
雨が恐い理由は・・・母親が雨の日に事故で亡くなったから。
ヘジンが昔のように雨から守ってやる。
雨に濡れ、震えるソンジュン。
「頼むから帰ってくれ」と言われ代行にソンジュンを頼むヘジンだった。
一方、ソンジュンが来なくて待ちわびるハリとシニョク。
体調を崩し家に向かうと代行運転手から聞くハリ、ソンジュンの家に行く。
ソンジュンを心配するヘジン、シニョクに薬とおかゆを届けて欲しいと頼む。
代わりに3つの願い事を聞くならと交換条件を出すシニョク。
薬を届けに来たシニョク。
ハリの作ったスープが異様なにおいを放つ・・・スープは捨てて、おかゆをソンジュンの口に流し込む。頭を冷やしたりと世話するシニョクは一晩泊まることに。
ヘジンも風邪気味で出勤。
シニョクが風邪薬を用意しヘジンに渡す。
一足遅かったソンジュン・・・わざわざヘジンの薬を買いに行ったのに・・・
ハリとランチに行くソンジュン。
突然の雨も嫌がらないハリ・・・青信号を「よし、出発」と渡らないハリ・・・。
ソンジュンは昔のヘジンと変わってしまった・・・と見つめてしまう

第8話「四角関係!?」

ヘジンの机に玉ねぎ。
ソンジュンが風邪の菌が弱まると置いたようだった。
玉ねぎに書かれたニコニコ顔、なんだか元気づけられます(^▽^)/
残業中のヘジン、薬がきつかったのか眠気に襲われる。
首が折れそうな勢いで傾くヘジン、ソンジュンが支えてやる。
バスに乗って帰るヘジン。
車で帰るソンジュンはヘジンが居眠りしている姿を目撃する。
ヘジンの眠気は我慢できず、相変わらず首が折れそうに傾いている。
ソンジュンは車を置いてバスに乗り、ヘジンの隣に座ってやる。
自分の肩にヘジンが頭をもたせかけられるようわざわざバスに乗ってくれました(*´∀`*)
ハリはソンジュンへの想いを突き進めることに。
モストが廃刊になれば後二ヶ月でこの恋も終わる、行けるとこまで行ってみようと決心するハリ。
ヘジンの机にあるパズルのピースをハリはソンジュンに渡してしまう。
レストランでは継母とも遭遇。
名前を偽りソンジュンと会っていることがばれ、弱みを握られるハリ。
モストのロケハンとして急きょ出張に行くこととなったヘジン。
ソンジュンの車で二人きりで行く羽目に。
二人は昼食のため店による。
特上肉を頼むソンジュン。
ところが財布を忘れてきたソンジュン、「財布を忘れてきたから払っておいてくれ」とヘジンに言う。
ヘジンはと言うと・・・残高不足で支払い不能、無銭飲食で電話すると言われる二人。
ヘジンは編集部の先輩たちに電話をかけるが、詐欺電話だと勘違いされ誰もヘジンからの電話に出ようとしない。
「体で払ってもらう」と言われ連れてこられたのは食堂直営農場。
牛の糞の片づけをしろと言われるソンジュンとヘジンは・・・。

第9話「急接近」

ソンジュンとヘジンは牛のふんを片付けて、餌やりまで終わらせる。
社員証が無い事に気付いたヘジン。
舞い戻って探すが見つからず落ち込むヘジンに、ソンジュンが社員証を差し出す。
片づけた肥溜めを掘り返してソンジュンが探し出したようですね
社員証がどれだけ大切なものかを話すヘジン。
ソンジュンの大切なものはヘジンがこの前壊したパズルだと言う。
ガラス代を弁償しろと言われ本気になるヘジン、それを見て思わず微笑むソンジュン。
二人の間が少し近くなったようですね(*´∀`*)
一方その頃、別の車で出かけたロケハンのソルとジュヌ。
ソルの策略はこうだった・・・行き先をわざと間違え、挙句の果てには車が壊れたふり、そしてジュヌといい感じに(*´∀`*)
ところが実際は!!なんとおなかを下し?紙が無くて・・・強烈なにおいでジュヌをびっくりさせてしまうソルだった(≧∇≦)
シニョクはヘジンに電話がつながらない。
ソンジュンと二人でいることをジュヌから聞き大慌て!
海辺を歩くソンジュンとヘジン、初めてソンジュンに名前で呼ばれて感動するヘジン。
夕食に出かけたソンジュンとヘジンは、閉店時間まで時を忘れて語り合う。
とっても意気投合する二人でした
帰り道、ヘジンは「今日なら本当のことが言えそうな気がする」とソンジュンに向き合う。
そしてその重い口を開いた瞬間、「おい妹よ!」とシニョクの声が!!
わざわざここまで駆けつけてきたようだった。
ソンジュンと二人きりにはさせたくなかった一心です( ̄▽ ̄)
三人はお酒を飲む。
シニョクとヘジンの仲の良さに若干嫉妬するソンジュン、ノンアルと間違えてお酒を口に含んでしまう!
ソンジュンをホテルの部屋に運ぶ。
一口でぶっ倒れてしまうほどの弱さです
シニョクと屋台でいつものように食事。
ソンジュンに本当のことを打ち明けるつもりだと話すヘジン。
シニョクは「ヘジンの事がすごく好きだから、ソンジュンとくっついたらどうしようとスンデを見てもヘジンを思い出す」と言う。
冗談でしょ!と立ち去るヘジン、その先にはハリとソンジュン。
ハリはソンジュンにキスをする。
シニョクは二人のキスを見てしまう。
ヘジンに気付かせないよう、シニョクはヘジンの背後から抱きしめる・・・。

第7話から第9話の感想

今回も笑えました!
ヘジンがとってもチャーミング!シニョクがヘジンにぞっこんなのが伝わってきますね!
からかってばかりのシニョクですが、ソンジュンとくっついたらどうしようと不安になったりするシニョクもとっても可愛いです。
ソンジュンは明らかにヘジンに対して心開いてきましたね。
呼び方も名前で呼んでくれるようになり、しかめっ面の毎日から、笑顔が見られることも多くなってきました(^▽^)/ヘジンパワーですね!!
変わりつつあるソンジュンを目の当たりにするハリは気が気ではありません。
親友の好きな彼を好きになってしまうハリ・・・いけないとは頭で分かっていても心が言うことを聞かないようです。
ハリとヘジンのいい関係が崩れませんように・・・。
今度はどんな笑いが起きるのでしょうか、とっても次回が楽しみです!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。