復讐の花束をあなたに-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、テプンは、スクチャが投資したモルファ建設の不正を暴けば、スクチャが損失を被ると考え、モルファ建設の数々の不正を見つけました。そして、ソクチャの買った店舗の工事は中止になりました。7億ウォンも家を担保に借り投資してしまったスクチャと家族の行方はどうなるのでしょうか?

では、今回は25話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【復讐の花束をあなたに】(ネタバレあり)

復讐の花束をあなたに 25話

ソジュンとユラは食事をしたが、ソジュンははっきりとユラに次はないと言った。
ファヨンにも見合いはもうしないと怒りを露にした。
そんな時、偶然テプンはユラがDLグループを狙いソジュンと見合いをしたことを知った。
テプンは邪魔をすることを考えていた。

あのテプンはもういないのが辛い

スヒはなんとDLグループの傘下で働いていた。そして、店にソジュンが来ることをテプンは知る。スヒの店にきたテプンはソジュンの車を無理矢理パンクさせ、自分の車で送った。
テプンはソジュンのユラへの気持ちを聞き出そうとしているようだが、ユラに興味はなさそうだった。

ユラみたいなことしてるテプンを見るのは辛いなー

その頃、家族から投資のことを攻められたスクチャは家出をした。
ユラはモルファ建設にスクチャが投資して、ユ・ミニョク(テプン)がモルファ建設の不正を暴いたことに違和感を感じていた。そんな時にシリコンで指紋を偽造できることを知った。
そしてユラは、テプンが留守の間に事務所で指紋を採取した。
その時、ユラはミニョク(テプン)の机の上に、ギョンヘの資料があるのを見つけた。
そして、ますますテプンかもしれないという思いが強くなった。

指紋取られたしバレちゃうかも

その夜、ユラは甲殻類のアレルギーがあるテプンの料理にパウダーをふりアレルギー症状が出るかを確かめた。
テプンにアレルギー症状が現れたのをユラは確認した…

スポンサーリンク

復讐の花束をあなたに 26話

テプンはアレルギー症状が出たときのために薬を持っていっていたが、道で倒れてしまい、そこをユジュンに助けられた。

DLグループ内ではソジュンがデザインを盗用したと記事が出て問題になっていた。記事を書いた記者はユラの先輩だった。その事を知ったユラは先輩の手帳と自分の手帳をすり替え、情報提供者の連絡先を書き写した。そしてユラは自分が聞き出したと言って連絡先をソジュンに渡した。しかし電話には誰も出なかった。

うまくいくかな。

スクチャは、サウナでお金が払えず、警察に家族を呼ばれ家に帰った。

ソジュンは、検事のミニョク(テプン)を頼った。そして犯人がパク常務だと突き止めた。

ソジュンはユジュンのことを探していた。
その夜、ソジュンはミニョク(テプン)をお礼の食事に誘った。
ソジュンはミニョクに心を開き、好きな人がいるが見つからないと話した。

酔っ払ったソジュンってかわいい

ユジュンは母が作った借金を払うため夜の仕事を始めた。
実はソジュン達のいる店にユジュンは来ていた。

そして、ソジュンはユジュンの声を聞いた…

でもテプンが〜。

スポンサーリンク

復讐の花束をあなたに 27話

ソジュンはユジュンを追いかけたが、泥酔していて見失ってしまう。

ユジュンはひったくりにあったスヒのバッグを取り返した。ユジュンは少し怪我をしたが、なんともないと言って謝礼も断った。そして母に呼ばれ急いで帰ってしまう。

ここで繋がったね。

スヒは家族にひったくりの話をした。謝礼を断った女性にテプンは頭が下がると思った。

テプンはサンテに自分がお金を出すから名義を借りて商業ビルを買わせて欲しいと頼んだ。
そして1階の店の更新は契約しないように頼んだ。

とどめを刺す気ね

ソジュンはユジュンを探していた。運転代行の会社に訪ねたがユジュンはそこでは働いて居ないと言われた。
しかし、ソジュンが帰った後で、ユジュンの履歴書が無かったことが分かった。

ソジュンはユジュンを見つけた。
その日は社運をかけた契約の日だった。
ソジュンはユジュンを追いかけたが見つからなかった。その上ソジュンの遅刻のせいで契約を逃してしまった。
その事を知ったユラはソジュンに気に入られるため社長に取り入ろうと考えた。

そして番組の収録中に社長の息子が居なくなった。

これは、ユラが誘拐させたね。

スポンサーリンク

復讐の花束をあなたに 25~27話感想

今回、あの可愛かったテプンはもういないのかと思って悲しくなりました。
ユジョンのことも憎んでいるけど、良いことは忘れてしまっているのもとっても悲しいです。
大好きだったから裏切られた時の憎しみが強くなるということでしょうか?
ユラがソジュンに気に入られようと取り入ろうとする姿が滑稽に感じてしまいます。
もしも感謝してもユジョンへの思いは消えないだろうし、最後には脅して婚約を勝ち取ろうとしそうな気がしてそこは怖いですね。
ユラのようになってしまったテプン。
せめて、ミヌやユジョンのことは早く真実をしって欲しい。取り返しがもうつかなくなってしまうから。最後にどのような結末になるのか検討もつきませんが。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください