復讐の花束をあなたに-あらすじ-最終回(105話)-結末は!?

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、ユラがテプンを轢き殺すつもりなのを知り、ソジュンはテプンを助け、身代わりに自分が轢かれ、亡くなってしまいました。
凄くショックで悲しい結末でした。

それでも、ファヨンはユラとテプンをまだ殺そうと画策していました。
反省なんてことはファヨンにはありえないのでしょうか?

そして、逃走資金が失くなったユラは、スクチャを頼りますが、スクチャがユラを裏切り、遂にサンテに逮捕されました。そこで、ユラはテプン殺害容疑にはファヨンが関わっているとサンテに話しました。

遂に、ファヨンは逮捕となるのでしょうか?

今回はいよいよ最終回を紹介します♪どんな結末になるのでしょうか?

スポンサーリンク

【復讐の花束をあなたに】(ネタバレあり)

復讐の花束をあなたに 105話(最終回)

ユラは、白血病になってしまった。
ユラは、面会に来てくれた両親に、優秀な弁護士を付けろと言ったり、国選弁護士を付けたスクチャに、わめきたてて救いを求めた。

こんな人間にしたのは誰なのか?

遂にファヨンとユラの裁判が始まった。
ユラは、ファヨンに指示されてテプンを轢き殺そうとしたと証言した。そして検事であるテプンは、ソジュンの録音した二人の会話の音声を提出した。

ファヨンはユラに脅されたと言った。
理由はジュンソクをユラが殺そうとした証拠をテプンが持っていたので、テプンを消したいとユラは言い、殺害を手伝わないとDLのイメージを悪くするといって自分を脅したとファヨンは話した。

ファヨンは自分にはテプンを殺す理由がないと話した。

テプンは、ファヨンがカン・サンヒョンを殺害した罪をイ・ギョンヘに着せ、それを探る自分が目障りだったから殺そうとしたのではと話した。

それからテプンは、5年前のひき逃げ事件の担当検事のカン・ワンソクを証人として呼んだ。

ファヨンは驚きを隠せない

テプンは、カン・ワンソクに5年前の事故の時カフェに行ったとあるがその日は休みだったと指摘され、ク秘書に金を渡され、その調書の部分を自分が抜いたと話した。

ク秘書は全て自分がやったと罪を被ろうとしていた。

その頃、スヒはサンヒョンの携帯を見つける。

そこには、サンヒョンが死んだときの証拠の音声が残されていた。
スヒはテプンに携帯を渡し、音声は証拠として提出した。

目をおおいたくなるくらいに辛い

実はこの携帯はソジュンがテプンに託したものだった。
ソジュンが全て知っていたことを知ったスクチャはソジュンの名を呼び発狂した。

テプンはユラに懲役30年、ファヨンに無期懲役を求刑した。

やっと終わったのね

スポンサーリンク

裁判が終わり、テプンは倒れてしまう。

病院に行かなかったからだね

テプンは夢を見ていた。ミヌの夢を。そして、テプンの心拍は低下していった。
手術後、ユジョンがテプンは大丈夫かと聞くと、医師は落ち込んだ顔をして押し黙った…

どういうこと?

少しの時が過ぎー

スクチャの兄が店をオープンした。

ユラは抗がん剤治療の為に入院していた。ユラの毛は副作用で抜け落ち、ユラは死にたくないと医師に何度も叫んだ。

人の命は平気で奪うのに自分が死ぬのは怖いのね

ファヨンは面会に来たウソクにソジュンの遠足の準備をしないといけないから出してと頼んだ。

ファヨンは心身に支障をきたしてしまったようだね。

ユミョンはイェジンとよりを戻した。

サンテとミリは結婚の挨拶をミリの兄のウソクにした。ウソクはサンテを歓迎した。

この二人が一緒になれて良かったし、嬉しい

ミリは、ジスクにウソクのことをお願いしますと頼んだ。

その頃、ユジョンは納骨堂にいた。
テプンも一緒だった。

テプン、死んでなくて良かったよ~

その帰り道、テプンは膝まずきユジョンに指輪を差し出して結婚を申し込んだ。

ユジョンはあなたに会えたことは自分にとって奇跡だと言った。
二人はお互いに愛してると言い、テプンは、ユジョンの額にキスをした。

二人は涙を流し、幸せそうに微笑みあった…

スポンサーリンク

復讐の花束をあなたに 105話(最終回)感想

今回は最終回。どんな終わりになるのかと思いましたが、テプンが検事として法廷に立ってユラとファヨンに判決を言い渡せたのは本当に良かったと思います。
その後テプンが倒れてしまい、どうなったか分からないまま時間が経過したので焦りましたが二人がハッピーエンドになって良かった。
大好きなミリとサンテが結婚するのも嬉しいし、ジスクとウソクが一緒にいられるのも嬉しいし、ユミョンとイェジンがまた寄りを戻せたのも嬉しかったです。
残念なのは、ソジュンが亡くなったことです。何も悪くない上に、ソジュンを殺してもファヨンは反省しなかったし、長い間好きだったユジョンとも結局兄妹だったし。
ファヨンが精神に異常をきたしたのはソジュンの死があったからだし、救われない気持ちで辛いだろうけど、なにか気分が悪いですね。
もしも、生きていたらファヨンに罰を与えられないと考えたのか疑問です。
そう考えるとユラが逮捕後白血病を発症したのもこれと同じかもしれない。
ユラは刑に服すだけでは足りなかったということですかね。何かもやもやするものが残りました。

 

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください