恋するダルスン-あらすじ-49話-50話-51話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-恋するダルスン-あらすじ-49話-50話-51話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

恋するダルスン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
最初は冷たい人だな~とヒョンドの事を思っていたのですが、いつも冷静に公正な判断をする姿勢とダルスンの事のピンチを助けてくれる所に、少しずつ印象が変わってきました♪しかし、サーモンレザーの件が彼女のホンジュだと知ったヒョンドは、どういった行動にでるのでしょうか??気になりますね!!

今回は46話からお伝えしていきますね♪

【恋するダルスン】ネタバレあり

49話

ヒョンドが待っているとそこに現れたのはホンジュだった。
焦る店主にホンジュは「どうせ証拠なんてないんだから、ダルスンから買ったと言い張ればいい」の一点張り。そんな彼女の行動・言動に陰から見ていたヒョンドは驚きを隠せない様子。
味方である彼氏にもホンジュの本性がばれてしまいましたね!!

その後、ソンインに戻ったホンジュ。
そこでヒョンドがトンバンのキム社長を連れ、帰ってくる・・キム社長は「誰からも皮を買ったりしていない。うちの社員が間違えて違う商品を持ち帰っていたみたいで・・」とサーモンレザーを持ってやってきていたのだ。

しかしホンジュは「じゃあ、ダルスンさんが持っていた大金は?」とダルスンに罪をかぶせようとする・・すると「ダルスンさん、僕が言っていたお金は振り込んでくれた?」とヒョンドが気を利かせ難を逃れる。
ホンジュは裏でヒョンドがダルスンをかばったことを恨んでいた・・。
ヒョンドがせっかくかばってくれたのに、ホンジュは自分の事しか考えてないですよね!

その夜、ホンジュを呼び出し「本当の事を話して欲しい」と話すヒョンド・・しかし「あなたのせいで計画が台無しになった」と反省していないホンジュ。
そんなホンジュに「ダルスンさんのことになると取り乱すのはなぜだろう・・」と納得いかない様子のヒョンド・・。

夜学の下見でダルスンの住んでいる町に来たヨンファ・・そこでヨンファはダルスンの家に寄って行くことに。
そこにブニが帰宅し「もしかして、家政婦さんがダルスンさんのお母様?」と混乱するヨンファ・・そこでブニが機転を利かし「奥様の会社で娘が働いているのに、親が家政婦だと体裁が悪いと思って」と話すも納得いかない様子で去って行くヨンファ・・。
ブニとダルスンの関係が明らかになってしまうとホンジュが再びピンチになりますよねぇ・・

翌朝、出勤したブニを待ち伏せし、昨日の出来事を責めるホンジュ・・そこで「もうこの仕事は辞めようと思っている」と話すブニ。
そしてテソンとヨンファに「朝食を作ったら辞めさせていただきたいと思っている」と話すブニ・・受け入れるヨンファ・・しかしテソンは何か引っかかる様子。
テソンにホンジュの魂胆がばれたら大変なことに!!

会社でダルスンがテソンに呼び出された事を知ったホンジュは「パパに何を聞かれたの?」としつこく聞き、「お母さんと孫娘の事を聞かれた・・本当の事は言ってないけど疑われてるみたいだった」と話すダルスン。
その話を聞いたホンジュは急いでブニの元へ向かう・・その一部始終をテソンからの指示でホンジュを監視していたオ秘書に見られていたのだった。
ホンジュ、絶体絶命のピンチじゃないですか!!

オ秘書から報告を受けたテソンは直接ブニの元へ行くことに・・ちょうどその頃、ブニの家を訪ねていたホンジュ・・。

50話

顔を合わせる2人・・「どうしてここに?しかも勤務時間中に・・」と話すテソンに「大事な資料がなくて、家政婦さんが何か知っているかもと思って」と嘘をつくホンジュ。
しかしホンジュがブニの孫娘だと疑っている様子のテソン・・。
ホンジュの言い訳が苦しくなってきましたねぇ・・

急にやめたブニに挨拶に行こうとテソクがなかなか手に入らないピーナッツバターを持ってブニの元を訪ねる。
そこでブニもホンジュと一緒で「ピーナッツバターアレルギー」だったことを知るテソク・・その話をテソンたちにも話す・・すると「パズルが一つずつ確実に埋まっていくな」とますます疑うテソン・・。
調べれば調べるほど、ホンジュが怪しくなるテソン・・

一方ユンジェと距離を置いているものの寂しくなったダルスン。
1人でアイスを食べていると、ダルスンの事を思い、寂しいユンジェもダルスンの元に・・2人は「他のことは考えず、自分たちの気持ちに従おう」とお互いの気持ちを再確認し、抱き合う・・。
この2人が仲良くしているシーンを見るとほっこりしますね♪

その頃、ホンジュの事やブニの事を調べていたテソンは「ブニにジョンオクという孫がいること」を知る。ホンジュがソンインの家に来た時期と失踪した時期が同じで失踪した場所も一緒な事、かつて新聞にジョンオク失踪の記事が載った時、ホンジュが新聞社を変えたりして必死に隠そうとしていた事などから、ジョンオクとホンジュは同一人物だと確信する。
テソンにホンジュがジョンオクだとばれてしまいましたね・・どうなるのでしょう?

翌朝、ホンジュに新聞を取りに行かせるテソン・・その新聞には「ジョンオクを捜しています」という記事が。その記事を読んだホンジュはブニかダルスンの仕業だと思い込み、ブニの元へ急ぐ。
ダルスンの手を引き、家の外に引っ張り出したホンジュは新聞記事の事を責める・・しかしダルスンもブニも「なんの事か分からない」と話す。
戸惑っていると陰からホンジュを見ているオ秘書の姿が・・そのオ秘書に気付いたホンジュは急いで去る・・そんなホンジュを追いかけるブニ、ダルスン・・すると途中で車にぶつかってしまうブニ・・。

51話

車にぶつかった瞬間、倒れるブニ・・一瞬止まるもホンジュはブニを置いて走り去ってしまう。
病院に行ったブニは車にはぶつかってはいないが、転倒した拍子に頭を打ってしまい、意識を失っている状態・・精密検査が必要だと診断される。
ブニを置き去りにしたのは今回で2度目ですよね!!あり得ない!

家に帰ってきたホンジュ。するとテソンはヨンファに「ホンジュの実の親を捜そうと子どもを捜すチラシを見ていたらジョンオク・・」と話していると「パパ、話があるの」とホンジュが割って入ってくる。

ホンジュの部屋に移ったテソン。
ホンジュは「ごめんなさい。許して・・ジョンオクって子は私の事みたい。最近思い出したの」と謝る・・しかし「今日中にママに話せ。話せないなら俺が話す」と部屋を出るテソン。
テソンはホンジュに機会を与えたのでしょうか?

ヨンファを説得しようと目論むホンジュはブニのお見舞いにも行こうとしない。
その頃、ミリョンにだまされ、お見合いの場所に来たユンジェは「彼女がいます」と正直に打ち明ける・・しかし相手の女性は「あなたたちを許しません」と怒って帰ってしまう。
その後、チョン社長と男同士で飲みに行くことに・・そこでお見合いの事やダルスンとの事、父親には理解して欲しい、信じて欲しいと真剣に話すユンジェ。
ミリョンは相変わらずじっと出来ない性格ですよねwwチョン社長はユンジェたちを認めてあげて欲しいです♪

見舞いにも来ない、「ジョンオク」と言い続けるブニの姿を見たダルスンは、ホンジュの元へ・・門の前で「ずっとあなたの名前を呼んでいる」とブニの状況を話すも「大事な約束がある」と話すホンジュに「コ・ジョンオク!!」と呼び止めるダルスン。
「その名前を消すために14年前に記憶を失った芝居をして2人のことを“パパ、ママ”と呼んだの。この家の娘になるためにずっと記憶喪失を演じてきたの。だから私から離れてよ!!」と怒鳴るホンジュ・・その後ろから「ホンジュ!!」と呼ぶ声が・・ヨンファだった。

恋するダルスン~幸せの靴音~49話・50話・51話感想

ホンジュの本性が少しずつばれて、今までヨンファやテソンたちをだましてきたことが、どんどん明らかになってしまっていますね~!!ホンジュがダルスンを排除しようとした結果、嫌がらせがエスカレートしすぎてしまったんでしょうが・・スカッとしますねww
そんなずる賢いホンジュを利用しようとするのが、さらに腹黒いテソンwwこの2人、実の親子じゃないのに性格がそっくりですよね!
さぁ、ホンジュの嘘を知ったヨンファは一体どういった行動にでるのでしょうか??