恋の花が咲きました-あらすじ-112話-113話-114話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-112話-113話-114話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボラはスヒョクの家を出ました。子どもは海外に行って一人で産む決心をしたようです。本当の理由を知らないスヒョクはボラが自分にお金がないから別れると思っています。
テジンはドヒョンの罠にはまり、ネットに悪徳警官だと言う記事が出てしまいました。それを仕組んだのがドヒョンだと知ったテジンは怒鳴り込んできました。

スポンサードリンク

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

112話

ドヒョンはテジンに無実の自分に罪を着せるつもりかと言う。
テジンは罪を隠そうとしてまた罪を重ねるのは破滅への道だと言う。
テジンはグンファの夫の真犯人を絶対に捕まえると言う。
ドヒョンは頑張ってくれと言う。
テジンは期待してくれと言い帰る。

チョムバキがいなくなった。

グンファはサンチョルにお茶を入れる。
サンチョルは、2人は別れたのかと聞く。
グンファは私が振られたと言う。
テジンはそう思っていない、テジンのことを頼むと言うサンチョル。

ヒジンの店に来ていた高校生の客がこの店は悪徳警官の店だろうと言う。
ネットに身元が出ていたと言う。
ヒョンスとチキンを食べていたヘチャンは、その高校生におじさんは正義感の強い警官だと言う。
ヒョンスが怒り出し高校生に外に出ろと言う。
高校生はヒョンスを見て、ビビリ出した。
逃げ出していく高校生。
ヒョンスは小柄なのに強いらしいです

グンファの家に忍び込むチョムバキ。
自分のかばんを捜して家の中を荒らしまわる。
結局何も見つからずに帰った。

グンファは泥棒が入ったと聞き家に戻った。
なくなったものは現金だけだった。
ソノクの友人はお弁当で儲かっているのを知っている人かもしれないと言う。
家族に警官がいて良かったと言う。

グンファはボラに会いに来た。
机の上に置いてある母子手帳に気付いたグンファ。
ボラは生徒の忘れ物だと言う。

ボラは何か用かと聞く。
この前まで仲良くしていたのに冷たい言い方だと言うグンファ。
ボラは貧しい暮らしって思ったより大変だったと言う。
結婚して調味料も好きなように使えないし、服も買えず、バッグを買った時も気を使ったと言う。
そういうのがつらくて耐えられなかったと言う。

グンファは信じないと言う。
他の理由があるのだろうと言う。
ボラはもうすぐ海外に行くと言う。
スヒョクを置いていくのかと言うグンファ。
グンファはなぜこんなことができるのかと言う。
ボラは今までありがとうと言う。
グンファは怒って帰る。

グンファはボラの母子手帳が気になり病院に行った。
そこでボラが妊娠していることを知ったグンファ。

テジンとスヒョクは酒を飲む。
離婚するかもしれないと聞いたと言うテジン。
スヒョクはボラに離れる理由を聞いたら俺が貧しいからだと言っていたと言う。
テジンは、ボラはそんな人ではないだろうと言う。

テジンはボラに交通事故の話をしたことがあるかと聞く。

スヒョクは、昔誕生パーティーの帰りにドヒョンが迎えに来て事故にあったことは聞いたと言う。
それはいつかと聞くテジン。
2010年5月28日だと言うスヒョク。
ウリの父親が亡くなった日だと言う。
ボラが離れた理由がわかりましたね

グンファはスヒョクに電話をする。
急いで帰って来いと言うグンファ。

帰ってきたスヒョクにボラは妊娠していると言う。
あわてて出て行くスヒョク。

スヒョクはボラの家に来た。
ドアを開けるなと言うボラに、ソンヒは追いかけすわけにはいかないと言う。
ボラは、私は会わないと言い部屋に入ってしまった。
ドアを何度も叩くスヒョク。

そこにドヒョンが帰ってきた。
ドヒョンはスヒョクにドアを開けないのならボラはお前に会いたくないのだろうと言う。
どうしてもボラに会わなければならないと言うスヒョク。
ドヒョンは留学しないと知っていたくせに今さら何かと聞く。

スヒョクは、ボラは妊娠していると言う。
だから帰れないと言うスヒョク。
妊娠しているのを隠してまで離れた理由を聞かなければならないと言う。
ドヒョンは俺が話してみるから今日は帰れと言う。

ドヒョンはボラに妊娠の話は本当かと聞く。
本当だと言うボラ。
もうすぐ海外に行くから離婚手続きを早めてくれと言うボラ。
ボラは私がこうする理由は兄さんが知っているだろうと言う。
ドヒョンはショックを受けて出て行く。
ドヒョンが自首しなければなりません…

ソンヒはドヒョンにテジンのことはあなたの仕業だろうと言う。
ドヒョンはつまらない警官には興味はないと言う。
大人しくしていればいいのにでしゃばるからだと言うドヒョン。

テジンはパトロール中に世間の人からも横領した警官だと言われるようになった。

イ警部はテジンに懲戒処分の話が出ているようだと言う。
テジンは調査もしないで処分するなんてありえないと言う。
ファン調査官が主導して大ごとにしているようだと言うイ警部。
グンファの夫の事故を再捜査したのか気に入らなかったのかもしれないと言う。

テジンはファン調査官に会いに来た。
何の用かと聞くファン調査官。
テジンは、これはねつ造された事件だと言う。
原則にのっとって調査してくれと言う。
ファン調査官はもちろんそうすると言う。

テジンはなぜ自分を目の敵にするのかと聞く。
懲戒を急ぐ理由が気になると言う。
ファン調査官はねつ造されたというなら説明してみろと言う。
説明は私が聞くべきだと言う。

テジンは2010年5月28日ポン・ユンジュ巡査の死亡事件、目撃者の証言と調書の内容が一致していないと言う。
捜査責任者として説明してくれと言う。
ファン調査官はそんなはずはないと言う。
テジンは誰かが何かを隠すためにやったのだろうと言う。
警察を辞めさせられてもねつ造だと明らかにすると言う。

113話

テジンはファン調査官に警察を辞めさせられてもねつ造だと明らかにすると言う。
ファン調査官は俺がねつ造したと言いたいのかと聞く。
テジンは疑う理由は十分にあると言う。
私を陥れるつもりだろうが、今回はやられないと言い出て行くテジン。

ファン調査官はドヒョンにテジンが騒ぎ出したと言う。
7年前の事故の話もしていたと言う。
ドヒョンは懲戒処分の件はどうなったかと聞く。
問題なく処理されるだろうと言うファン調査官。
ファン調査官はテジンを辞めさせるまでチョムバキを表に出すなと言う。

ドヒョンはジェヒにチョムバキを捜させている。

グンファはスヒョクにボラに会ったかと聞く。
会えなかったと言うスヒョク。

スヒョクはグンファに昨日テジンにボラの事故のことを聞かれたと言う。
ボラは2010年5月28日にドヒョンの車に乗っていて事故にあったのだと言うスヒョク。
ウリの父親が事故にあった日と同じだと言う。
グンファも気付き始めた?

ボラからの電話で急いで出かけて行くスヒョク。
ボラは私が妊娠しても何も変わらないと言う。
この子供に苦しい思いをさせたくないと言うボラ。
スヒョクは俺が死ぬところを見たいのかと聞く。
ボラは子供を言い訳にしても絶対に戻らないと言う。

ボラは私にこの子と一緒に新しい人生を歩かせてほしいと言う。
ショックを受けて出て行くスヒョク。

ソノクはボラが妊娠したから家に戻ってくると思っている。
まさか離婚するとは言わないだろうと思うソノク。

グンファは夫の事故の真犯人について考える。
まさかありえないと言い聞かせるグンファ。
そのまさかです

チョムバキが現れた。
通報を聞いて駆けつけたテジンとパク巡査はチョムバキを捜す。
チョムバキはナイフを出し、パク巡査に向かっていく。
パク巡査がひるんでいるうちに逃げ出すチョムバキ。

テジンがチョムバキの前に現れた。
チョムバキと戦うテジン。
ついにチョムバキを逮捕し、手錠をかける。

テジンが車を取りに行っている間に男たちが現れた。
パク巡査を殴りチョムバキを連れ去る男たち。

男たちはドヒョンの手下だった。
ドヒョンはチョムバキになぜ逃げたかと聞く。
チョムバキは俺を殺すのだろうと言う。
ドヒョンはどうするか考えているところだと言う。

グンファはテジンを朝食に誘う。
グンファはスヒョク達が別れるのを悲しんでいる。
テジンは別れる理由があるのだろうと言う。
グンファはボラが妊娠したのだと言う。
だから仲直りするべきだと言う。
ただの喧嘩ではないのですよ

ドヒョンはジェヒにボラのことを頼む。
スヒョクと離婚すると言う。
法的にスヒョクと会わないですむようにうまくやってくれと言うドヒョン。

ジェヒはボラに会いに来た。
書類を渡し印鑑を押しておけと言う。
ジェヒは一緒に海外に行こうと言う。
ここだと気持ちが整理できないだろうと言うジェヒ。
俺が支えると言うジェヒ。

ボラはスヒョクの子供を妊娠していると言う。
それを聞いたジェヒはだまって帰ろうとする。
そんなジェヒにソンヒはドヒョンから聞いていないのかと言う。

ソンヒはジェヒに私たちはこの家に仕えてきたのにひどい仕打ちをすると言う。
テジンの件はドヒョンの仕業だろうと聞くソンヒ。
テジンを助ける方法を教えてくれたら何度もすると言うソンヒ。

ウリはヒジンのピザ屋に来た。
ヒジンはウリを見てグンファの娘だと思い出した。
そこに祖母がやってきた、
ウリは祖母に挨拶をする。
ここで何をしているのかと聞く祖母。
友達とチキンを食べに来たと言うウリ。
ウリはまた公園で会いましょうと言う。
祖母はとても喜ぶ。

ベクホは祖母に知り合いかと聞く。
公園で私を助けてくれた女の子だと言う。

ヒジンはあの子がグンファの娘だと知ったら大変なことになると心配する。
それを聞いたギョンアは祖母にその女の子に会いたいから家に連れて来てほしいと言う。
ギョンアはどれくらい可愛いのかと聞く。
祖母はとてもかわいく、賢い子だと言う。
わざと聞いたのですね

パク巡査とテジンの会話を聞いているグンファ。
パク巡査はボラが手術を受けた記録はあるが、事故の記録がないと言う。
しかもドヒョンは事故の翌日に海外に出ていると言う。

スヒョクは酒を飲み続けている。
ジュヨンはグンファに電話をして来てもらう。
グンファはスヒョクに死にたいのかと聞く。
スヒョクはいっそ死んだ方がマシだと言う。
スヒョクはボラから妊娠を理由にしてすがるなと言われたと言う。
俺が愛したボラはどこに行ったのかと泣くスヒョク。
グンファはしっかりしろと言う。

テジンはグンファを待っていた。
テジンはグンファに7年前の事故の目撃者はひいたのは背の高い痩せた男だと言っていたと言う。
グンファはその男はドヒョンなのかと聞く。
本当にドヒョンはウリの父親を殺したのかと聞く。
テジンはそうだと言う。

グンファは、スヒョクはどうなるのかと泣きだす。
テジンはグンファを抱きしめる。

114話

グンファはテジンに、ウリの父親を殺したのはドヒョンなのかと聞く。
テジンは調べたところそのようだと言う。
グンファはスヒョクがかわいそうだと泣き出す。
テジンはグンファを抱きしめる。

テジンはスヒョクに話した方がいいと言う。
ボラが悪いのではないと言うテジン。
愛する人がそばにいれば耐えられると言うテジン。

ヒジンたちはテジンに祖母が公園で倒れそうになったのを助けたのがウリだと話す。
それを聞いていた祖母。
サンチョルは祖母にグンファとテジンは縁があるのだろうと言う。
祖母はもう寝ろと言い、何も答えない。

サンチョルはテジンにグンファはいい人だと言う。
俺は気に入ったと言うサンチョル。

グンファはスヒョクの事務所に来た。
グンファは兄さんも知るべきだと思って来たと言う。
ウリの父親を車でひいたのはチョムバキではなくドヒョンだと言うグンファ。
スヒョクはありえないと言う。

スヒョクはグンファにつらいだろうと聞く。
グンファは今すぐにドヒョンのところに行って怒鳴ってやりたいと言う。
怒鳴るだけで済みますか? 殴ってやりたいでしょう

しかし証拠がないからドヒョンも認めないだろうと言うグンファ。
ボラは兄さんの何倍もつらかったはずだと言う。
スヒョクはボラに電話をするがわざと出ないボラ。

グンファはテジンにチョムバキを連れ去ったのはドヒョンだと思うかと聞く。
テジンはそれしかないだろうと言う。
罪が罪を呼ぶのだと言うテジン。

スヒョクとジュヨンが出した広告コンテストで2人は大賞を受賞した。
ジュヨンはとても喜んでいるが、スヒョクはボラのことを考えている。
ボラもネットでスヒョクたちの受賞を知った。

テジンの懲戒免職はほぼ決定になった。

スヒョクはボラに会いに来た。
スヒョクはボラにお前さえいればいいと言う。
自分が全部捨てると言うスヒョク。
これからは俺たちの子供のことだけを考えようと言う。
ボラは泣きじゃくる。

ソンヒはグンファの家にやってきた。
ボラのことで来たと言うソンヒ。
ソンヒは、2人は別れるしかないだろうと言う。
グンファは子供もいるし、本人の意思を尊重すると言う。

そこにジュヨンたちの受賞を聞きつけてギョンアがやってきた。
ソンヒがいるので驚くギョンア。
ソンヒはまだ出直してくると言い帰る。

グンファはギョンアにあの人を知っているのかと聞く。
ギョンアはテジンの母親だと答える。
将来の姑?

ドヒョンはジェヒと酒を飲む。
ドヒョンはジェヒに、ボラのために俺や父に殴られても我慢をしてきたのに最後までボラに振り向いてもらえずかわいそうな男だと言う。
その言葉にムカついたジェヒ。
ジェヒは、お前はテジンを警察から辞めさせることはできてもグンファやウリの前にはもう立てないだろうと言う。
ドヒョンは怒り出し、今度俺を怒らせたら弁護士を続けられなくなると言う。

ドヒョンの家から帰るジェヒはソンヒにテジンを助ける方法を知りたいかと聞く。
知りたいです!

イ警部は酔って寝てしまったテジンのためにグンファを呼び出した。
テジンは一人では歩けないほど酔っていた。

グンファはテジンを送っていく。
グンファはテジンにあなたは悪くないと言う。
私の好きな人で、自慢の人なのにここで諦めてしまうのかと言うグンファ。

テジンは大丈夫だから帰れと言うが、グンファは帰らないと言う。
死ぬまであなたの隣にいると言うグンファ。
どんなにつらくても愛する人がそばにいれば耐えられるのだろうと言うグンファ。
あなたの隣には私がいると言うグンファ。

グンファはテジンに愛していると言い、キスをする。

112~114話感想

ドヒョンは、テジンを陥れ、自分が犯した罪を知っても自首しようとはしません。やはりテガプに似て本当の悪党なのかもしれません。ウリと遊んでいる時のドヒョンが本来のドヒョンであって欲しかったです。
ジェヒは本当にボラのことが好きだったのですね。それならもっと爽やかな男になるべきでした。残念!
グンファはテジンに自分から告白をしました。うまくいくような予感がいっぱいです。

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください