恋の花が咲きました-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テジンはグンファのことを警察官として見直してきたようです。グンファを女性として意識し始めたようにも思えます。一方ドヒョンはグンファに子供がいるのを知ってもまだ気になっているようです。
グンファとテジンは酔っ払って運転している男性を交番に連行しました。その男性が乗っていた車のボンネットに血痕を発見したテジンです。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

【25話】

ウリを乗せてパトカーで交番に帰るグンファたち。
パトカーの中でウリはみんなお父さんが来ているのに自分は一人で寂しかったから幼稚園を出てしまったのだと謝る。
テジンはウリになぜ電話をしようとしていたのかと聞く。
お母さんの電話番号は知っているけれど携帯電話ももっていないし、お金もなかったから困っていたと言うウリ。
テジンはウリに賢いと褒める。

交番でみんなに挨拶をするウリ。
グンファは、今日はウリと一緒に帰っていいと言われた。
グンファはみんなにお礼を言い帰る。

家に帰ったウリはテジンの事を大好きだと言う。
警察の無線も使わせてくれたと喜ぶウリ。

スヒョクはドヒョンの前で企画の説明をしていた。
上手く説明できないスヒョクに期待外れだと言うドヒョン。
企画書を持って帰れと言うドヒョン。
スヒョクはもう一度機会をくれればシンプルに作り直してくると言うスヒョク。

テジンはグンファの履歴書を見ている。
テジンはグンファが警察官だった夫のあとをついで警官になったことを初めて知った。
今までのグンファの行動が理解できたテジン。

スンアに呼び出されたドヒョン。
スンアはグンファに会ってきたと言う。
ドヒョンに、あの夜、酔っていて覚えていないかもしれないが性犯罪の加害者として訴えられたくないだろうと言うスンア。
スンアは正式に謝罪して補償をしないなら警察に行くと言う。
ドヒョンは勝手にしろと言う。
できないと思っているのかと言うスンアに、二度と自分の前に現れるなと言うドヒョン。
現れたら殺してやるかもしれないと言うドヒョン。
本当に殺しそうです

スヒョクはウリの幼稚園に行けなかったことをグンファに謝る。
仕事は上手くいったのかと聞くグンファにまだだと言うスヒョク。
自分とウリを泣かせたのだから絶対に成功させろと言うグンファ。

テジンは明日グンファと会う約束をした。
サッカー観戦のチケットを買うテジン。

テジンの祖母が作ったうどんをみんなで食べることにした。
ギョンアにも一緒に食べようと言うヒジン。
ギョンアは今月で仕事を辞めると言う。

グンファはテジンとの約束のために何を着て行くか悩んでいる。
そんな姿を見て久しぶりだと言うソノク。
ソノクは洋服を買ってあげないといけないと言うが、グンファはこの体だから何でも着こなせると言う。
スタイル抜群ですからね~

テジンはサッカーのチケットをヘチャンにあげた。
グンファと行かないのですか?

テジンはグンファをカフェに連れて行った。
グンファに好きなものを注文しろと言うテジン。
グンファは優しくした後どんでん返しがあるのかと聞く。

ボラがボランティアをしている記事がネットに載った。
スヒョクはその記事を見て、ボラにボランティアをしているなんて偉いと言う。
ボラは最初は一緒に美味しい物を食べたいと思っただけだと言う。
そのうちに自分が料理を作るのが得意だとわかったからボランティア先の人に感謝していると言うボラ。

テジンはグンファに夫は警察官だったのかと聞く。
グンファは飲酒運転の事故で亡くなったのだと言う。
だから飲酒運転には感情的になってしまうと言うグンファ。
この仕事は辛いだろうと聞くテジンに、母も娘も兄も私を誇りに思ってくれていると言うグンファ。
テジンは今まで知らずにいてごめんと謝る。

もう話がないなら帰ると言うグンファに明日会おうと言うテジン。

帰り道、グンファは期待していて馬鹿だったとつぶやく。
グンファもテジンが好き?

スンアに呼び出されたグンファ。
グンファはスンアに辛いと思うけれど勇気を出してくれと言う。
スンアはその人から殺してやると言われたと言う。
グンファはその人は代価を払うべきだと言うが、家族にばれたら死んでしまうと言う。
スンアは、相手はドヒョンだと言う。

スンアはドヒョンに診断書まで取って送ってきた。

スンアからは話を聞いたグンファはドヒョンに会いにきた。
スンアに謝れと言うグンファ。
ドヒョンは勝手に訴えればいい、自分も誣告罪で訴えてやると言う。
どっちが勝つか見ていろと言うドヒョン。

【26話】

グンファを追いかけてきたジェヒ。
ジェヒは、スンアはすぐに告訴はしないのかと聞く。
謝罪を求めているようだと言うグンファ。
ジェヒは、スンアは嘘をついていると言う。
事実かどうかは警察が調べると言うグンファ。

ジェヒはドヒョンにスンアに会って示談にしろと言うが、絶対に示談にしないと言うドヒョン。
会長が知ったら問題だと言うジェヒだが聞き入れないドヒョン。

グンファはスンアに国選弁護人を雇って民事訴訟を起こしてもらえば被害補償がもらえると教える。
嫌かもしれないが補償は受けるべきだと言うグンファ。
それが目的ですから受け取りますよ

サンチョルはギョンアに自分の気持ちに答えず、勝手に出て行こうとするなんてひどいと言う。
ギョンアはこのまま静かに去らせてくれと言う。

2人の会話を聞いていたベクホ。
ベクホはサンチョルに悩んでいることがあるなら自分に何でも相談してくれと言う。

祖母はギョンアに息子を結婚させて一緒に暮らしたらいいと言うが、ギョンアは息子の負担にはなりたくないと言う。
ギョンアはもっと年をとったら老人ホームに入って、同じ境遇の人と仲良く暮らすつもりだと言う。

グンファの見合いの相手を探しているソノク。
37歳で離婚した男を紹介されるソノク。

ウリはグンファにテジンにもう一度会いたいと言う。

ドヒョンが帰ってこないので心配するテガプ。
テガプはソンヒに、ドヒョンは自分の事を頼りない父親だと思っているはずだと言う。
妻が亡くなる時に自分は出かけていて、妻の最後を一人でみとったのがドヒョンだと言うテガプ。
それは辛い経験ですね

死ぬまで自分のことを許さないだろうと言うテガプに、ドヒョンも結婚すればわかると言うソンヒ。

グンファはイ警部にスンアが会いに来たと報告する。
国選弁護人も決めて病院の診断書も申請したと言うグンファ。
テジンはグンファに加害者は知人かと聞く。
加害者は誣告罪で訴えると言っていると言うグンファ。
テジンはグンファに、何もわかっていないなら勝手に判断するなと言う。

ソンヒはテガプやドヒョンのために高級な海産物を購入した。
ソンヒはソノクに生きたまま調理してくれと言うがソノクはやったことがないと言う。
ソンヒは自分がやると生きている魚の頭を包丁でたたき始めた。
大胆ですね! 見た目とは大違い!

テガプはドヒョンに今夜は早く帰って来いと言う。
ソンヒはボラに電話をするが明日のボランティアの準備で遅くなると言うボラ。

グンファに厳しいテジン。
パク巡査はテジンが厳しいのはグンファのためにやっているのだと言う。
命の恩人なのだから怒られても我慢しろと言うパク巡査。
命の恩人とはどう意味かと聞くグンファ。
バイクの犯人に殴られた時にグンファを助けたのはテジンだと教えるパク巡査。

グンファはテジンにバイク事件の時に助けてくれたお礼を言う。
テジンはお前でも同じことをやったはずだと言う。

ジェヒはドヒョンにお前の方が不利だから示談にした方がいいと言う。
調査が始めれば嫌なことも質問されると言うジェヒに、どんな恥にも耐えると言うドヒョン。
だからお前が無実を証明しろと言うドヒョン。
事実も確認せずにグンファに謝れと言われたことを怒っているドヒョン。

駐車場で荷物を運ぼうとするボラ。
重いので一人では無理だとスヒョクを呼ぼうと電話をした。
電話に出ないスヒョク。
その時ボラに襲い掛かる男がいた。

【27話】

ボラは男に口をふさがれ引きずられそうになる。
そこにスヒョクが通りかかった。
スヒョクはボラを助けるため男に掴みかかる。
男を殴り、マスクを取ろうとするスヒョク。
男の首には火傷のような傷跡があった。
男は逃げて行った。

警察に被害届を出し、帰ってきたボラとスヒョク。
スヒョクは車にかわいいぬいぐるみなんか置くなと言う。
ボラはスヒョクの姪のために買ったのだと言う。

テガプは早く帰れと言ったのにドヒョンが帰ってこないのでイライラしている。
ソンヒは用事が出来たのだろうと言う。

ベクホが指を怪我してしまったのでギョンアに店で働いてもらえないかと頼むヒジン。
祖母からもお願いされギョンアは承知した。

ベクホはヒジンに今度はギョンアに優しくしたほうがいいと言う。
サンチョルの妻になるかもと思っているのでしょうか

ソノクはグンファに見合いを勧める。
グンファは、結婚は一度でいいと言う。
相手は社長だと進めるソノクにグンファは、私は一生働いていけると言う。

スヒョクはグンファにボラが襲われた話をした。
グンファにも気をつけろと言うスヒョク。
スヒョクは本当に見合いをしたらどうかと言うが、順番で言えばスヒョクが先だと言う。
結婚を諦めている訳ではないでしょうと聞くグンファ。
スヒョクは自分の人生に諦めはないと言う。
ボラからもらったぬいぐるみを渡すスヒョク。

遅く帰ってきたドヒョンとボラ。
テガプは子供たちに顔も見たくないと怒っている。

グンファの制服のポケットからウリの髪ゴムが出てきた。
それを見たテジンはグンファに、ご主人はウリのことをかわいがっただろうと聞く。
グンファは妊娠中に亡くなったからウリの顔も見ていないと言う。

グンファはスンアに通報したり、位置情報がわかるスマートフォンを渡す。
グンファはスンアになぜ私に通報してきたのかと聞く。
知っている警察官がグンファだけだったと言う。
スンアは、ドヒョンはグンファのことが好きみたいだと言う。
あの日もグンファに冷たくされたから私にあんなことをしたのだろうと言うスンア。
そのときスンアにローン会社から脅しのメールが送られてきた。
スンアはドヒョンの弁護士からのメールだと嘘をついた。

ドヒョンはテガプに昨夜は悪かったと謝る。
テガプは親に逆らう子供は要らないと言う。

ドヒョンはジェヒにスンアの件はどうなったかと聞く。
ジェヒはあの女は嘘発見器でも動じなかったと言う。
ドヒョンに本当にやっていないのかと聞くジェヒ。
ドヒョンはいいかげんにしろと怒り出した。
スンアはお金目的だからここはドヒョンを応援したい気持ちです

店を手伝うギョンア。
サンチョルが店にやってきた。
ヒジンはサンチョルに出かけたいから代わりに店番をしてほしいと頼む。
ギョンアの作った漬物を運んであげるサンチョル。

ボランティアに出かけるボラに大丈夫かと心配するスヒョク。
スヒョクは荷物が多いときや遅くなる時は必ず連絡しろと言う。
スヒョクはボラに土曜日の夜にアイディアを練らないかと聞く。
ボラはジェヒと約束があると断る。

サンチョルはギョンアにこの前の話は本気だと言う。
ギョンアは苦労している息子のことを考えるとこんな話をしていることすら申し訳ないと言う。
息子は楽しそうに仕事していますよ

ギョンアは自分一人幸せになる訳にはいかないと言う。

祖母はサンチョルに好きな人はいないのかと聞く。
まだ60歳なんだからお前が好きな人なら誰でもいいと言う祖母。

公園のトイレで女性が襲われた。
男性トイレから出てきた男が女子トイレから悲鳴が聞こえたと言う。
グンファが女子トイレに入ると中で女性が震えていた。

被害の報告に警察署にやってきたグンファとテジン。
ドヒョンも調査のために呼ばれてきていた。
ドヒョンはグンファにもし俺でなかったらどうするのだと言う。
ドヒョンは正々堂々と勝負をしろと言う。
グンファは調査が終わったら勝負しようと言う。

テジンはスンアが訴えた相手がドヒョンだと知った。

25~27話感想

今回のドヒョンはなんだか応援したい気持ちになります。スンアのほうが詐欺師なのですから絶対に補償金を払ってはいけません。
やっとスヒョクはボラのことが気になり始めたようです。ジェヒに焼きもちを焼いている自分に気付いたようです。このままボラと友達のままでいられるのでしょうか。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください