恋の花が咲きました-あらすじ-46話-47話-48話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テジンはグンファに対して誠意をもって接しています。優しい愛しかたです。
対照的にドヒョンは手に入らないグンファに強引に迫ります。
ボラはスヒョクが好きなのに父親の反対にあうのがわかっているから諦めようとしました。しかし諦めきれずスヒョクに告白するのですが、今度は、スヒョクはボラがドヒョンの妹だと知り離れようとしています。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

46話

ドヒョンはスヒョクの事務所にいるボラを見て、スヒョクに自分の妹だと言う。
知っていたと言うスヒョク。
ドヒョンはスヒョクにボラと付き合っているならこの事務所を潰してやると言う。
ボラを連れて帰ろうとするドヒョンにスヒョクはボラが好きだったがもう終わったことだと言う。
自分に仕事も出さなくていいと言うスヒョク。

ボラは泣きながら帰る。

入れ替わりにグンファが来た。
もう少し早ければ!

スヒョクにお弁当をたくさん持ってきたグンファ。
ボラがいるなら一緒に食べようと言うグンファ。
いないと言うスヒョク。

スヒョクはグンファに、仕事は取れなかったと言う。
また最初からやり直すと言うスヒョク。

家に帰ったボラはドヒョンにスヒョクのことが好きだと言う。
ドヒョンは父さんが知ったらスヒョクは潰されると言う。
ボラにスヒョクのことを考えるなら諦めろと言うドヒョン。

ギョンアは祖母の話し相手になるためにサンチョルの家に来た。
祖母はギョンアに事務所で暮らしているようだが不便ではないのかと聞く。
昼間は事務所として使っているから自分は散歩をしたり市場を回ったりしていると言うギョンア。

ギョンアは祖母に指輪をもらったお礼を言う。
死ぬまで大切にすると言うギョンア。

出かけるためにスーツに着替えるドヒョン。
いつも思うのですがドヒョンの洋服センスはひどすぎません?

スノクにマッサージ機を使っていいと言う。
身の程をわきまえていなかったと言うソノクにこの前は言い過ぎたと謝るドヒョン。
ボラの食欲がないから気を使ってやってくれと言うドヒョン。

ソノクはボラに果物を出してあげる。
ソノクは帽子のお礼を言う。
息子がその帽子を見てオードリヘップバーンみたいだと言ってくれたと言う。
ボラに顔色が悪いが何かあったのかと聞くソノク。
好きな人とはうまくいっていないのかと聞くソノク。

ソンヒはボラに好きな人がいるのかと聞く。
小さな事業をしている人だと言うボラ。
経済的には裕福でなさそうでなさそうだけれど、どこが好きなのかと聞くソンヒ。
優しくて誠実で誰よりも心が温かいと言うボラ。

ソンヒは、しかし結婚は現実だと言う。
いい人でも家族に苦労をかけることもあると言う。

ソンヒはボラに誰にでも優しくするものではないと言う。
線を引けと言うソンヒ。
ソノクに掃除を言いつけるソンヒ。
ボラと仲の良いソノクに焼きもちですか?

自転車を買ってほしいと言うウリのためにスマホで自転車の価格をチェックするグンファ。
ボーナスで買わないとウリが悲しむと考えるグンファ。

グンファが呼ばれて席を外した。
グンファのスマホに写っている子供の自転車を見たテジン。

グンファとテジンは警察署でサイバー捜査の研修を受けることになった。

スヒョクはジュヨンに東大門の仕事から降りると言う。
ジュヨンはその仕事を当てにして金を返すつもりだったと怒る。
この部屋も出なければいけないのにどうするつもりかと言うジュヨン。
スヒョクは銀行に行って融資を頼んでみると言う。

ヒジンはヘチャンの家庭教師を変えるのにまたお金がかかると頭を痛める。

ドヒョンはグンファの家を捜しに来た。
近くの公園で空のコーヒーの容器を投げ捨てる。
それを見ていたウリがドヒョンにゴミ箱に入れろと注意をする。
ウリは悪いことをしたからおじさんを捕まえてもいいかと手錠を出す。
ドヒョンはおじさんを刑務所に連れて行く気かと聞く。

そこにウリの友達が自転車で遊ぼうと来た。
自転車の持っていないウリは遊べない。
しかたなく一人で遊ぶウリ。

その様子を見ていたドヒョン。
ドヒョンが行こうとするがそのときウリが公園の遊具の上から落ちてしまった。
ウリを病院に運ぶドヒョン。
子供には優しいのですね

ジェヒは約束の時間になっても来ないドヒョンに電話をする。
ドヒョンは会社に戻ったがウリの事が心配で病院に電話をする。
まだウリが目覚めていないと聞いた。

ソンヒはジェヒを呼び出した。
ボラに好きな人がいるようだから急いで行動しろと言うソンヒ。
ボラは心が優しいから貧乏な人を放っておけないのだと言う。
ジェヒが理解してくれたらあとは自分が何とかすると言うソンヒ。

ソンヒはニューヨーク行きの飛行機のチケットを用意していた。
それを見つけたテガプ。

研修を終えたテジンとグンファは食事をする。
テジンは二度とドヒョンに会ったら許さないと言う。
グンファは嫉妬かと聞く。
そうではないと言うテジン。

グンファは携帯の電源を付けた。
ウリが病院に運ばれたと聞いたグンファ。
病院に駆けつけるグンファ。

ドヒョンはウリが心配でもう一度病院にやってきていた。
ウリがグンファの娘だと知ったドヒョン。
ウリに話しかけるグンファを見て微笑むドヒョン。
2人を見つめるドヒョンに気付いたテジン。

47話

ドヒョンはウリがグンファの娘だと知って喜ぶ。
そのまま帰っていくドヒョン。

看護師はグンファに男の人がウリを病院に連れてきたと言う。

グンファは受付に行くと言いウリのことをテジンに頼む。
ウリはテジンにおじさんとの約束を守れないかもしれないと言う。
自転車がないと言うウリ。
テジンはおじさんが送ってあげると言う。
ウリはサンタクロースになってくれと言う。

ウリを連れて帰ってきたグンファ。
ソノクはグンファに誰がウリを病院に運んでくれたのかと聞く。
善良な市民だろうと言う。
今回のことは確かに善良でした

ソノクはその人に感謝しなければいけないと言う。

ドヒョンは部下に子供用の自転車をグンファの家に届けろと言う。
一番高い物を買えと言うドヒョン。

ギョンアはサンチョルにお弁当を持ってきた。
海苔巻きを食べさせるギョンア。

スヒョクはジュヨンにここを辞めて違う企業に就職しろと言う。
ここにいたら雑用ばかりだと言うスヒョク。
ジュヨンはボラを追い出しただけでは足りないのかと言う。

祖母はヒジンにギョンアをここに住ませたらどうかと言う。
ヒジンは嫌だと言う。
結婚式もあげていないのに同居するなんてとんでもないと言うヒジン。

テジンは祖母に、お父さんの部屋を改装したり旅行も行くだろうから使ってくれと言いお金を渡す。
祖母はテジンに本当にいい子だと言う。
どんな人が嫁に来ても物足りなく見えるだろうと言う祖母。
子持ちだったら絶対に許さないでしょう

テジンはグンファに会いに来た。
テジンは、ウリはどうかと聞く。
寝たと言うグンファ。

テジンは、グンファに超過勤務は止めろと言う。
デートする時間がなくなると言うテジン。
グンファは家計が苦しいからそうはいかないと言う。
母も兄も働いているから私も頑張らないといけないと言うグンファ。
頼もしいパートナーだと言うテジン。
グンファは私とつきあうのは大変だと言う。
楽しみだと言うテジン。

家に帰ったグンファ。
スヒョクが一人で酒を飲んでいた。
ボラのことが好きなのになぜ別れるのかと聞くグンファ。
いくら好きでも金目当てだと思われたくないと言うスヒョク。
東大門のクライアントがボラの兄だったと言うスヒョク。
ボラはお金持ちの御嬢さんだったのねと言うグンファ。

スヒョクはテジンが来ていたようだがお前も好きなのかと聞く。
グンファは心が一歩近づくと体が遠ざかるようだと言う。
好きになり過ぎたらどうしようかと思うと言うグンファ。
確かに!反対されるが目に見えていますから

出勤してきたソノクにいろいろと料理を言いつけるソンヒ。
ボラは手伝うと言うが奥様に怒られるから駄目だと言うソノク。

テガプはジェヒにソンヒに子供がいると教える。
最近再会したのだと言うテガプ。
ジェヒは財産分与を請求してきたら問題が大きくなると言う。

家に帰ったテガプはソンヒに自分に内緒で飛行機のチケットを買ったのかと聞く。
ソンヒはあなたに無理な要求をしたようだからしばらく距離をおいてお互いの将来を考えてみたらどうかと言う。
どんな決定をしても理解をすると言うソンヒ。

ウリに自転車が届いた。
ソノクはグンファが買ったと思っている。
ウリはすぐに乗りに行きたいと言う。
使ったら返品できなくなるのに

ウンジュはグンファにビールを飲もうと誘う。
ヒジンの店に来た2人。
ウンジュはヒジンのことをお姉さんと呼ぶ。

ウンジュはテジンに告白して振られたと言う。
好きな人がいると言っていたが知らないかと聞くウンジュ。

テジンが来た。
ウンジュが酔っ払ったのでヒジンが呼んだのだった。
ヒジンはウンジュを送って行けと言う。
ウンジュはヒジンにテジンには好きな人がいるのだと言う。

48話

テジンに好きな人がいると言うウンジュ。
酔ったウンジュを連れて行くテジン。
テジンはグンファにウンジュを一緒に送って行こうと言うがグンファは家が近いからそのまま帰ると言う。

家に帰ったグンファは玄関に置いてある自転車を見つけた。
ソノクはお前が買ったのではないかと聞く。
違うと言うグンファにもうウリが乗ってしまったと言う。
ソノクはこの前洋服やカバンを送ってきた人ではないかと言う。
違うと言うグンファ。

グンファはテジンが送ってきたのかもしれないと考えた。
まさかドヒョンではないと思っているグンファ。

翌朝、出勤してきたウンジュ。
テジンに諦めないと言う。
グンファに昨日変なことをしなかったかと聞くウンジュ。
テジンが送って行ったと言うグンファ。

ギョンアは祖母の食事を作ろうとサンチョルの家に来た。
冷蔵庫の中や食器を整理するギョンア。
そこに帰ってきたヒジンは家事をしろと頼んだかと怒る。
まだ結婚もしていないのにやり過ぎだと言うヒジン。
他人が勝手に自分の物に触るのも嫌だと言うヒジン。
ギョンアは悪かったと謝る。
掃除をしてくれたのだから感謝しなくちゃ

急に帰ろうとするギョンアにヒジンに何か言われたのかと言う祖母。
本当ならサンチョルと2人で暮らすのがいいだろうけど、私が責任を取るから荷物をまとめて家に来なさいと言う祖母。
ギョンアはヒジンの言うようにまだ結婚していないと言う。
それまでこの部屋で過ごせばいいと言う祖母。
祖母はおばあさんと呼ぶのも止めてこれからはお義母さんと呼びなさいと言う。

テジンはグンファに仕事が終わったらウリの自転車を買いに行こうと言う。
グンファは、自転車はあるから大丈夫だと言う。
今日は早く帰らないといけないと言うグンファ。

交番のパク巡査部長の子供が白血病で8~9年前に骨髄移植をしたのだが、再発してしまった。
最近、遅刻したり早退をする理由を知ったグンファたち。
イ警部は治療費もかかるから理解してくれと言う。

ソノクが作ったお粥を泣きながら食べるボラ。
ソノクは周囲の人が止めさせるにはきっと理由があるのだと言う。
本当は両方の両親に祝福してもらえるのが一番いいのだがと言うソノク。
ソノクはこんないい子を泣かせるなんでひどい男だと言う。
あなたの息子です

ソノクはボラに吹っ切るか捕まえるか、お酒を飲んで暴れるか後悔しないように好きなことをやればいいと言う。
そのためには力が必要だと言うソノク。

ソンヒがアーケードを売却したと聞いたテガプ。
怒りのあまり血圧があがってしまったテガプ。
テガプを家に連れて帰るドヒョンとジェヒ。

グンファはドヒョンに話をしたいとメールをするが気付かないドヒョン。

テガプがソンヒに俺があげたものを売りに出したのはなぜかと聞く。
子供たちにあげたのかと聞く。
好きに考えればいいと言うソンヒ。

ギョンアはサンチョルに結婚もしていないのに家に入るのはずうずうしいと言う。
サンチョルは好きにしたらいいと言う。
しかしジュヨンとスヒョクが事務所も引っ越さなければと話しているのを聞いたギョンアはサウナに泊まることにした。

ボラは酒を飲んで酔っている。
事務所から出てきたスヒョクに冷たいと言う。
自分の話だけをして私の話を聞かないで終わりなのかと言うボラ。
ボラはスヒョクに帰れと言う。
酔っているボラを部屋に運ぶスヒョク。
それを見ているジェヒ。
チクルつもりでしょう

ドヒョンはやっとグンファからのメールを見た。
しかしグンファはもう家に帰っていた。

家の家賃が上がるようだとグンファに相談するソノク。
ソノクはスヒョクの仕事もうまくいっていないことを心配する。
グンファは悪いことが重なると言う。

テジンはグンファをカフェに来いとメールをする。
そのメールを見る前にドヒョンに会うために家を出てしまったグンファ。
ドヒョンはカフェでグンファを待っていた。

46~48話感想

ドヒョンがウリに対して優しいので意外でした。グンファの子供がウリで喜んでいるドヒョンの姿はやったーって感じでしたね。まさかウリの父親になるとは言わないでしょうね。
ボラはスヒョクの事がそこまで好きなら父親を説得すればいいのに、一人で落ち込んでいるのはおかしいです。やるだけやってみないと後悔しますよ。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。