恋の花が咲きました-あらすじ-61話-62話-63話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
グンファはヒジンからテジンと別れろと言われたのに別れていません。テジンとウリと会わせることは止めて結婚などは考えないようにしているようです。
ドヒョンはスヒョクの事故の相手に圧力をかけたり、ウリと遊んだり、すべてグンファのことを思ってしているようです。最近のドヒョンは悪くはないですが、グンファの気持ちはテジンにありますから可哀想です。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

61話

テジンは家族に好きな人がいると言う。
その人は交番にいるグンファだと言う。
祖母は家族構成を聞く。

お父さんは亡くなって母と兄と娘がいると言うテジン。
祖母は娘がいると聞いて結婚していた女性かと聞く。
そうだと言うテジン。
祖母は結婚歴がある女を好きになったから見合いをしないと言うのかと言う。
何も言わないテジンに出て行けと言う祖母。

サンチョルはテジンを連れて行く。
サンチョルはお前が連れてくる女性は無条件で賛成するつもりでいたが、これは駄目だと言う。
テジンはグンファのことをいい人だと言う。
サンチョルは祖母に孫に子持ちの嫁を迎えさせるのかと言うサンチョル。
サンチョルは絶対に許さないと言う。

ヒジンはテジンに家族を無視するつもりかと聞く。
家族を捨ててもあの女を選ぶつもりかと怒るヒジン。

ソノクは交番のみんなの話をする。
ソノクはイ警部が自分より年下だと聞き老けていると言う。
一目惚れされたようですよ

テジンのことを少食だと言うソノクにお母さんの前だから緊張したのだろうと言うグンファ。
確かにイケメンだったと言うソノク。

我が家のイケメンの顔を見てくると言ってソノクはスヒョンの部屋に入った。
ソノクはスヒョクにテジンに会ってきたと言う。
いい人そうだと言うソノクに、スヒョクは男の自分から見てもそう思うと言う。
ソノクはテジンの相手の家がグンファのことを反対するだろうと言う。
付き合っていることを知ったら大騒ぎになると言うソノク。
大騒ぎになっていますよ~

グンファもそれを悩んでいたと言うスヒョク。
それでも付き合うってことは本当に好きなのだろうと言うスヒョク。

ソンヒはテガプにドヒョンは、今は仕事に熱心だから見合いの話は先にしたらどうかと言う。
このままでは孫の顔が見られないと言うテガプ。
ドヒョンはホテルをオープンさせたら相手を連れてくると言う。
テガプは変な女に引っ掛かるなと言う。
ドヒョンはしっかりした女にするから連れて来たら苦しめるなと言う。
テガプは楽しみにしていると言う。

出勤前に祖母に挨拶をするテジン。
祖母はずっと怒っている。

祖母はヒジンたちにその女の話をするなと言う。
テジンから忘れるようにさせないといくら止めても諦めないだろうと言う。
ヒジンにグンファに会ったりするなと言う。
もし会って、そのことをテジンが知ったらもう止めることはできないと言う祖母。
もう会ってしまいました

グンファはテジンの様子がおかしいので何かあったのかと聞く。
何でもないと言うテジン。

交番に駐車場のことで争っている男性と女性が来た。
男は交番で働くテジンたちを馬鹿にする。
テジンは怒って男性に掴みかかろうとするが同僚に止められる。

スヒョクとジュヨンは以前広告を任され金を払わずに逃げた男の姉に会った。
その女性は弟から会社を引き継いだのだった。
また広告を作って欲しいと言う女社長。
まだお金も貰っていないと言うジュヨン。

女社長はあの商品は世界にも通用するはずだと言う。
スヒョクは自分もそう思ったから仕事を引き受けたのだと言う。
もっと工場を大きくするために今投資を受けていると言う女社長。
そのためには会社を宣伝しなければいけないと言う。

スヒョクはそれならもっと大手に広告を頼むべきではないかと言う。
女社長はスヒョクのところは安いし、アイディアも実力があると言う。
お金を払ってくれと言うジュヨン。
女社長は、約束は必ず守ると言う。
大丈夫なのでしょうか

グンファはテジンに交番の仕事はつまらないでしょうと聞く。
本庁では凶悪事件を扱っていたと先日表彰状をもらいに行った時に聞いたと言うグンファ。
テジンのパートナーだなんて光栄だと言われたと言う。
グンファは辞令が出て本庁に行ってしまうかもしれないと言う。
テジンは一緒に行くかと聞く。
グンファはもちろん永遠のパートナーだから行くと言う。

ヒジンはソンヒにテジンがグンファの話をして祖母が寝込んでしまったと言う。
テジンは一度決めたら頑固だし、家族に好きな人がいると言ったのも初めてだから心配だと言う。
祖母が知ったのだから黙っていないだろうと言うソンヒ。
ヒジンは地方警察庁の伯父を持つウンジュとくっ付けておけばよかったと言う。

テジンは帰宅途中にヒジンがソンヒと話しているのを見てしまった。
ヒジンと別れたソンヒはテジンが見ていることに気付いた。

62話

テジンはソンヒを見ている。
それに気付いたソンヒはテジンのところに駆け寄る。
しかしテジンは黙って行こうとする。
ソンヒはテジンにお母さんだと言い腕をつかむ。
テジンはその手を振り払って行ってしまう。

家に帰ってきたテジンは祖母に挨拶をする。
祖母の手を取って傷つけて悪かったと謝る。
祖母は食事してゆっくり休めと言う。

スヒョクとジュヨンは仕事が貰えそうだと喜んで帰ってきた。
それを聞いて喜ぶソノクとグンファ。

ソノクはグンファにスヒョクはボラと別れて大丈夫なのかと聞く。
グンファは先日ボラが交番に来たと言う。
ボラに今はスヒョクを放っておくほうがいいと言ったのだと言うグンファ。

ソノクはスヒョクの事故が示談になったのはボラが頼んだのかもしれないと考えた。
違いますよ~

サンチョルはヒジンにいつから母親に会っているのかと聞く。
ヒジンは、最初は無視をしたけれど数日後に連絡が来たのだと言う。
ギョンアが来たので話をやめるヒジン。

ギョンアはテジンが可哀想だと言う。
ヒジンは感情を出すけれどテジンは一人で苦しんでいると言う。
最近は笑顔も増えてよかったと思っていたのに人を好きになるのは仕方ないと言うギョンア。
サンチョルは何を言っているのだと怒る。

テジンはグンファを待つ間一人で酒を飲んでいる。
そこにスヒョクが来た。
一緒に飲んでもいいかと聞くスヒョク。
スヒョクはテジンにグンファと付き合うのは大変だろうと聞く。
グンファのどこが好きなのかと聞く。
テジンは、グンファは辛い時も正面からぶつかっていくところだと言う。
グンファがやってきた。
スヒョクは、邪魔者は帰ると言い帰った。

何本も飲んでいるテジンを心配するグンファ。
今日は飲みたい気分だと言うテジン。
グンファは何かあったのだろうと聞く。

テジンは母親に会ったと言う。
突然目の前に現れ母親だと名乗ったと言う。
テジンは20年ぶりに現れて母親を名乗るくらいの人だから子供を捨てることができたのだろうと言う。

グンファはテジンを抱きしめる。
かわいそうだと思っているのかと言うテジン。
テジンの隣には私がいると言うグンファ。
テジンはグンファに家族から反対されていることは言わないのですね。思いやりですね

家に帰ってきたグンファにスヒョクはお前だけでも幸せでよかったと言う。
グンファは実はそうでもないと言う。
テジンの姉が会いに来たと言う。
何を言われたのかと聞くスヒョク。

グンファは母親であることを忘れる女は最低だと言われたと言う。
ウリの顔が思い浮かんで申し訳なかったと言う。
しかしテジンと別れたくないと言うグンファ。
テジンはそれを知っているのかと聞くスヒョク。
私のせいで苦労をしているのでこれ以上迷惑はかけられないと言うグンファ。

先日交番で騒いだ男が殺された。
グンファは現場の様子を見て気持ちが悪くなった。

テジンはサンチョルから仕事が終わったら会おうと言われた。

スヒョクとジュヨンは広告を頼むと言っていた女社長の事務所を訪れた。
事務所の中はぐちゃぐちゃでその中で寝ていた女社長。
配達を手伝ってほしいと言う女社長。
スヒョクは引き受ける。
優しいですね~

ドヒョンを呼び出したソノク。
ソノクはドヒョンのためにおかずを作ってきた。
ドヒョンはおばさんの料理が食べたかったと喜ぶ。

ソノクにもらった料理を大切に抱えて歩くドヒョン。
その時荷物をたくさん抱えて運んでいるサンチョルとぶつかった。
サンチョルは謝るがドヒョンはサンチョルに掴みかかる。
それを見ているテジン。

63話

サンチョルはドヒョンに謝るがドヒョンは大丈夫ではないと言う。
どこを見て歩いているのだと怒るドヒョン。

テジンが父さんと名前を呼びながらやってきた。
2人が親子だとは世間が狭いと言うドヒョン。
テガプからの電話で行ってしまうドヒョン。

サンチョルはテジンにカフェで待っていろと言う。

ドヒョンはソノクの作った料理を食べる。
お母さんの作ったお弁当みたいだと言うドヒョン。

テジンはサンチョルに警備の仕事を辞めたらどうかと言う。
サンチョルは恥ずかしいのかと聞く。
夜間の仕事はきついと言うテジン。
サンチョルはこれより大変な思いとしてお前たちを育てたと言う。

テジンはグンファと結婚したいと言う。
サンチョルは何もなくても結婚は大変なのに子供までいたら無理だと言う。
テジンは絶対に諦められないと言う。
問題がないと思って結婚しても失敗する事があると言うテジン。
グンファとならどんなことがあっても克服できる自信があると言う。

家に帰ったサンチョル。
サンチョルは祖母にテジンは諦めそうにないと言う。
祖母は心に決めたから話をしたのだろうと言う。
祖母はテジンは親や私の事を無視するような子ではないから様子を見ようと言う。
絶対に許しては駄目だと言う祖母。

ウリと公園に行くグンファ。
ドヒョンと似ている人がいて間違えて声をかけたウリ。
グンファは誰と間違えたのかと聞く。
足長おじさんだと言うウリ。
ウリは結構ドヒョンの事を気に入っているようです

女社長はスヒョクに配達してくれた報酬を渡す。
お陰で助かったと言う女社長。
女社長はスヒョクたちに事務所がないからここを使っていいと言う。

ソノクはグンファにお弁当を作って売ろうと思うがどう思うかと相談する。
グンファは食品製造業の許可が必要だと言う。
取ればいいと言うソノク。
グンファは店もないのに難しいのではないかと言う。

スヒョクたちは女社長から万能クッカーを1台貰って帰ってきた。

グンファはテジンに会いに行った。
グンファは、最近は家の近くまで来てくれなくなったと言う。
駆け引きしているのかと言うグンファ。

グンファは今日母親がご馳走を作ったのだと言う。
テジンに食べさせてあげたかったと言うグンファ。
ドヒョンのために作った料理です

グンファは思い通りにいかないのが人生だと言う。
平気な顔をしているけれど20年ぶりに会ったのだから大変なことだと言う。
グンファはテジンにつらそうに見えると言う。
テジンは自分には関係ない人だからお前も忘れろと言う。

ドヒョンはソノクに言われたので朝ごはんをきちんと食べることにした。
ソンヒの体調が悪くなってしまった。
テガプはあっちの家庭と何かあったのかと聞く。
好きに会ってもいいが病気になるなと言う。

グンファは以前警察署の前でデモをした時に助けてくれたのがテジンだと知った。
グンファはテジンにいつから私のことを好きになったのかと聞く。
私のために組織を動かしてくれていたとは感激だと言うグンファ。

チキンを食べたいと言うウリを連れてヒジンの店に買いに行くソノク。
ギョンアに挨拶をしてチキンを注文する。
チキンを受け取って帰ろうとするとヒジンが戻ってきた。

ギョンアはヒジンにこの人はグンファの母親だと言う。

61~63話感想

やはり大反対でしたね。当然だと思います。家族から期待されているテジンが子持ちの女性と付き合っていると知ったら誰でも反対しますよね。
ソンヒも反対だからドンヒョンとくっついてもらいたいのかもしれません。しかしドヒョンはくじけない性格ですね。意外とドヒョンと結婚した方が一生愛されて幸せになるかもしれません。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。