恋の花が咲きました-あらすじ-67話-68話-69話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-67話-68話-69話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テジンはグンファと結婚したいと家族に言いますが大反対です。テジンはグンファには自分がなんとかするから信じて待っていてほしいと言っています。なんとかなるのでしょうか。
グンファはスヒョクの賠償金を助けてくれたのがドヒョンだと知りません。これからドヒョンがだんだんとグンファに接近していきそうな予感がします。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

67話

テガプはソンヒを会社に呼んだ。
サンチョルは車から降りてきたソンヒを見て驚く。
そんなサンチョルを見て笑うテガプ。

家に帰ったソンヒはテガプにもう一度サンチョルに会う必要があると言う。
子供に会ったことを言わなくてはならないと言うソンヒ。
テガプはお前のことは理解するから俺のことも理解してほしいと言う。
テガプはソンヒにお前を籍に入れるつもりはないと言う。
ドヒョンしか愛していないと言われても仕方ないが、あいつに与えた傷を癒してあげたいと言うテガプ。

スヒョクたちは万能クッカーの女社長の事務所を使うことにした。

ドヒョンはボラに子供にクッキーをあげたいから心をこめて作って欲しいと頼む。
ウリに?

サンチョルはテガプに辞表を出した。
テガプは元夫が警察官だと聞いていたがまさかお前だと思わなかったと言う。
再婚はしたのかと聞くテガプ。
はいと答えるサンチョル。
テガプは退職金だと言い封筒を渡すが、受け取らずに出て行くサンチョル。

会社を出たサンチョルにソンヒから電話がかかってきた。
2人で会うソンヒとサンチョル。

ソンヒはサンチョルに初恋の人と再婚できて良かったと言う。
自分は刑務所から出て死にそうになっているところをテガプに助けてもらったのだと言うソンヒ。
ソンヒは、今後は子供たちに会うと言う。
サンチョルは今さら会う資格はないと言う。

ソンヒはあなたの少ない給料では子供の教育もできないと言う。
私はあなたにも子供にも恥ずかしいことはしていないと言う。
子供から母親を奪ったのはあなただと言うソンヒ。
私が子供を育てていたらヒジンをあんな男と結婚されていなかったと言う。
かわないそうなベクホ

ソンヒはヒジンに不幸な生活をさせたくないし。テジンも交番に置いたままにしたくないと言う。

ヒジンはテジンがグンファにプロポーズをしたと聞いてから落ち込む。
ヒジンはグンファに電話をして呼び出す。
そんなことをしたらテジンがまた怒るでしょう!

ヒジンはグンファに、テジンは私にとって、ただの弟ではないと言う。
テジンには幸せになって欲しいのにお荷物を抱えて結婚するなんて胸が痛いと言うヒジン。
グンファはテジンと一緒にいれば幸せで何があっても克服できると思うと言う。

テジンはヒジンがグンファを呼び出したことを知った。

ヒジンは、交際は止められないからそれに関しては何も言わないけれど、結婚だけは慎重になって欲しいと言う。

テジンが店に走ってきた。
テジンはヒジンに二度とグンファを呼ぶなと怒鳴る。
グンファを連れて行くテジン。

グンファはテジンにお姉さんは私に謝るために呼んだのだと言う。
何も知らずに怒鳴ることはないと言う。
グンファは大変な時に私は隠れていていいのかと言う。
2人で乗り越えるべきだと言うグンファ。
厳密には私が打ち勝つ問題だと言うグンファ。
この覚悟もなくテジンに付き合うとは言わなかったと言う。
堂々とテジンを付き合うために自分のことは自分で守ると言うグンファ。

ヒジンはテジンに怒鳴られて泣いている。
テジンが私の真心を無視したと言うヒジン。
勝手に結婚すればいいとふてくされる。

酔っ払って帰ってきたサンチョルはテジンになさけない父親ですまないと言う。お前は苦労してきたのだから幸せな結婚をしろと言う。
成功をして堂々と生きろと言うサンチョル。

ギョンアはサンチョルにいつも堂々としているあなたを弱気にさせた人は誰かと聞く。
ギョンアは私が代わりに喧嘩をしてやると言う。
頼もしい!

暴力予防キャンペーンで学校を訪問した交番のみんな。
テジンの周りには女子学生が集まりファンミーティングのようだったと言う同僚。
グンファの周りにも男の先生が集まっていたと言う。

グンファはテジンにお姉さんは本当にテジンのことを愛していると言う。
テジンはだから時間がかかっても姉さんは味方になってくれるはずだと言う。

ソンヒはテジンに電話をした。
テジンはソンヒに会いに行く。

68話

テジンはソンヒに話しがあるなら言えと言う。
ソンヒはお母さんを許してほしいと言う。
家を出た事情があったのだと言うソンヒ。
テジンは許すもない、あなたの記憶を消したと言う。

ソンヒは今までしてあげられなかったことをしてあげたいと言う。
テジンは自分には関わらず、そのままいい生活を続けてくれと言う。
なぜ来たのかわからないが二度と連絡しないでくれと言うテジン。
帰ろうとするテジンの腕をつかむソンヒ。
テジンは放せと言う。
あなたは俺にとっては死んだ人だと言う。
母親として何かしようとしたら許さないと言う。

交番に戻ったテジンに何かあったのかと聞くグンファ。
何もないと言うテジン。

家に帰ったソンヒは昼間から酒を飲む。
テジンの言葉を思い出して泣くソンヒ。

ギョンアはソノクの家にジュヨンがお世話になっているからとおかずと果物を待ってきた。
ソノクはグンファのせいで家が大変だろうと聞く。
祖母はテジンのことをとても愛していると言う。
今朝私がグンファのことを褒めたら怒られたと言う。

ソノクはそんな家にグンファを嫁がせたくないと言う。
そのうえテジンは4世代が一緒に暮らしている家の長男ではないかと言う。
今時珍しい家だと言うソノク。
ギョンアはお互い好きあっているではないかと言う。
好きなだけで結婚はできないと言う。

ドヒョンは公園で遊ぶウリに会いにきた。
ウリはドヒョンに毎日待っていたと言う。
自転車はテジンが買ってくれたと誤解しているウリに、この自転車はおじさんが買ったのだと言うドヒョン。
ドヒョンはウリにボラが作ったクッキーを渡す。
店に売っているものより綺麗だと言うウリ。

ウリはドヒョンに毎日会いに来てほしいと言う。
ドヒョンは忙しいけれど1週間に1回は来ると約束する。

グンファはウリとドヒョンが一緒にいるのを見て驚く。
ウリに家に帰れと言うグンファ。
ウリはドヒョンにバイバイして家に帰る。

グンファはドヒョンに何をしているのかと聞く。
友達と遊んでいると言うドヒョン。
ドヒョンはグンファに元気そうで良かったと言い帰って行く。

ソノクはグンファとドヒョンが話をしているのを見ていた。
家に帰ったソノクはグンファにボラの兄を知っているのかと聞く。
ウリが気絶した時に助けてくれた人だと言う。

グンファはウリにさっきの人が足長おじさんかと聞く。
ウリはそうだと言う。
グンファはあのおじさんにはもう会うなと言う。
ウリは嫌だと言う。

万能クッカーの女社長はボラの料理教室の生徒全員に万能クッカーをプレゼントした。
私も欲しいです!

女社長はボラに会わせたい人がいると言う。
今日約束の場所に来てくれと言う女社長。

女社長が会わせたい人はスヒョクたちだった。

ボラはスヒョクに久しぶりだと挨拶する。
チキンとビールで乾杯する女社長。

女社長は約束があると席を立つ。
もっと飲みたいと言うジュヨンに話があると連れて行く女社長。

ボラはスヒョクに私は会いたかったけれどあなたは違うようだと言う。
ボラはク社長の仕事をするならこれから顔をあわせる機会も増えると言う。
スヒョクに私が振られたのにそんな態度だと困ると言うボラ。
ボラは昔の友達に会えて嬉しい、昔のことは忘れて仕事をしようと言うボラ。

ソノクはグンファにテジンだけ見れば結婚してもいいと思うが、結婚は違うと言う。
いくらウリに優しくしても本当の父親ではないと言う。
万が一あの家がグンファを受け入れると言っても出したくないと言うソノク。

ヒジンはテジンにお母さんに会ったかと聞く。
テジンはあの女の話はするなと言う。
ヒジンは私も最初は許せなかったけれどお母さんは私たちの何倍も苦労をしてきたのだと言う。
だから嫌だと言わないでくれと言う。

テジンは姉さんが会うのは止めないが俺は違うと言う。
ヒジンはお母さんは私たちに何かする機会をくれと言っていたと言う。
テジンは金か?と聞く。
自分は要らない、欲しければ姉さんがもらえばいいと言うテジン。
ヒジンは、私がお金目当てで言っていると思っているのかと怒る。
ヘチャンの家庭教師代もお金でしょう?

ヒジンは好きにすればいいと言う。

テジンは酒を飲みながらグンファを呼び出した。
グンファは家で大変なのだろうと聞く。
グンファは私のせいでつらいのだから頑張れと言えないと言う。
テジンはお前のせいでつらいのではないから俺の前にいればいいと言う。

グンファはテジンの酒を代わりに飲む。
テジンはアレルギーが出たらどうするのかと聞く。
倒れたら救急車を呼んでくれと言うグンファ。

テジンは酒を飲むのを止めてグンファを送ることにした。
グンファを抱きしめるテジン。

ドヒョンはソノクを呼び出した。
ドヒョンは何でも聞いてくれと言う。
グンファとどこで知り合ったのかと聞くソノク。
ドヒョンはグンファのことが好きだと言う。

69話

ドヒョンはジェヒを呼んだ。
ドヒョンはグンファと結婚したいと言う。
テジンに奪われたくないと言うドヒョン。
ジェヒは会長が知ったら大変だと言う。
怒るだろうが父は俺に借りがあるから受け入れるだろうと言う。

ジェヒはドヒョンに自分もボラに最善を尽くすから妨害しないでほしいと言う。
真剣なのだと言うジェヒ。

ドヒョンはソノクに会い、グンファが好きだと言った。
どうやって知り合ったのかと聞くソノク。
殴られて倒れているところを助けてくれたのがグンファだと言うドヒョン。
ソノクは、グンファはあなたにあまりいい感情は持っていないようだと言う。
ドヒョンはグンファに子供がいると知ってドキッとしたけれどそのあと独身だと聞いて安心したと言う。
この気持ちに気付かなかったと言うドヒョン。

ソノクはグンファには好きな人がいると言う。
知っていると言うドヒョン。
それなのになぜと聞くソノク。
ドヒョンは息が詰まっておばさんに打ち明けたかったと言う。
グンファといると幸せだと言う。
顔を見られればうれしいと言う。
まだ結婚していないから諦めない言うドヒョン。
ドヒョンが少しだけ男らしくてかっこよく見えるのは私だけ?

ソンヒはヒジンの店にきた。
ヒジンにテジンが私に冷たいのはサンチョルが私の悪口を言っていたのだろうと言うソンヒ。
父はそんな人ではないと言うヒジン。
ソンヒはベクホに何かやりたいことは見つかったかと聞く。
特にないと言うベクホだが、横からヒジンがスポーツジムはどうかしらと言う。
ベクホはありがたい話だけれどチキン屋で十分だと言う。
ソンヒはベクホに、ヒジンの苦労やヘチャンの将来を考えていないのかと聞く。

ギョンアが店に来た。
ソンヒを見て中に入るのを止めた。
ソンヒが帰ったので店に入ってきたギョンア。
今店から出て行った人は誰かと聞く。
客だと言うベクホ。

ジェヒはボラに料理を習いたいと言う。
社会人クラスを勧めるボラ。
生徒の一人にしか見ていませんよ

ボラに作ってもらった料理をスヒョクたちも食べさせるク社長。
ク社長はスヒョクたちにはボラに教えてもらったと言っている。
ジュヨンはスヒョクの好物ばかりだと言う。
ボラと結婚する男性は幸せ者だと言うク社長。

結婚に対して焦るテジンにゆっくりいけばいいと言うグンファ。
私たちが焦ると家族が傷つくと言うグンファ。
テジンはお前が止まりたいのかと聞く。

グンファはテジンの家族が反対する理由がわかるから苦しいのだろうと聞く。
テジンは家族の気持ちはわかるが、それよりお前への気持ちが大きいと言う。
このまま進みたいと言うテジン。
自分達が幸せになればいいと言うテジン。

グンファは私やウリが重荷になるのが耐えられないと言う。
私のことを思うなら我慢してくれと言うグンファ。
ゆっくり進もうと言うグンファ。
そのうちドヒョンが介入してくるかもしれませんよ

帰ってきたグンファにソノクはドヒョンとはどんな関係なのかと聞く。
今日私に会いにきてグンファのことが好きだと言っていたと言うソノク。
グンファはそのうち冷めるから大丈夫だと言う。

ソノクはあの家で家政婦していた時にドヒョンが子持ちのシングルマザーが好きだと何度も相談されていたと言う。
その相手があなただとは思わなかったと言う。
私に付き合えと言うのかと聞くグンファ。
少なくとも冷たく接する相手ではないと言うソノク。

ドヒョンは私たちの恩人だと言う。
スヒョクの事故を保険で処理するように処理してくれたのもドヒョンだと言うソノク。

ドヒョンはボラにジェヒはまだお前のことが好きらしいと言う。
ボラは知っているけど受け入れられないと言う。

ウリはグンファにドヒョンのことが好きだと言う。
自転車も押してくれるし、お菓子もくれて優しいと言うウリ。
友達になったのだと言う。
ウリは、ママはあのおじさんが嫌いなのかと聞く。
嫌いではないでしょう?

ギョンアは祖母にテジンたちの母親のことを聞く。
祖母はあなたのように地味ではなく派手で目立つ目鼻立ちの女性だと言う。

ヒジンは祖母にテジンの気持ちを変えるのは難しそうだと言う。
祖母はゆっくり話して諦めさせるしかないと言う。
テジンは彼女にプロポーズしたのだと言うヒジン。
祖母はテジンを呼べと言う。

グンファはテジンの家に挨拶に来た。
テジンはグンファを手に握り、俺が隣にいるから怖ければ俺を見ろと言う。
うなずくグンファ。

グンファは祖母とサンチョルに挨拶をする。

67~69話感想

いよいよグンファはテジンの家に挨拶に行く段階までこぎつけました。しかし、グンファの言う通りテジンは急ぎ過ぎているような気がします。
反対にドヒョンは振り向いてもくれないグンファを諦めないとソノクに宣言しました。少しだけかっこよく見えました。
ドラマもやっと中盤です。グンファとテジンがこのまますんなり結婚ができるとは思えません。何かが起こりそうです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。