恋の花が咲きました-あらすじ-64話-65話-66話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-64話-65話-66話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テジンは家族にグンファが好きだ、付き合っていると告白しました。当然家族は大反対です。
祖母は、テジンは家族を捨てるような子ではないからこのままこの話には触れずに様子を見ようと言います。しかしすでにヒジンはグンファに会って別れるように言ったあとでした。そしてソノクはチキンを買うためにヒジンのチキン屋に行き、そこでヒジンと会ってしまいました。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

64話

ギョンアはヒジンにソノクのことをグンファの母親だと紹介する。
ソノクはいつもテジンにお世話になっていると言う。
ヒジンは娘さんせいでうちは大変だと言う。
テジンとグンファの交際は絶対に認めないと騒ぎ出すヒジン。

ソノクは、話はわかったと言う。
ヒジンは交番で噂にでもなったらテジンが困ることになると言う。
ソノクはわかったと言っているでしょうと言う。
ソノクは今後話があるなら私に言ってくれと言い帰る。

スヒョクはソノクがチキン屋に行ったと聞いて心配していた。
帰って来たソノクに何か言われたのかと聞くスヒョク。
グンファのせいで家が大変なことになっている、交際は認めないと言われたと言う。
ソノクはきっとグンファにはもっときつく言ったはずだと言う。

スヒョクはそう言われても別れないのだから本当に好きなのだろうと言う。
ソノクはあんな家にはグンファはやらないと言う。

ソノクはグンファに電話をして仕事が終わったらすぐに帰るように言う。

帰ってきたグンファにテジンの姉に会ったのだろうと聞くソノク。
何を言われたのかと聞くソノクにお母さんの想像している通りだと言うグンファ。
ソノクは別れろと言う。

ソノクは立場が変わったら相手の言うことも理解できると言う。
確かにその通り!

ソノクはテジンの姉はウリの前で弟とグンファの交際は認めないと騒いでいたと言う。
グンファはウリが傷ついたのではないかと心配する。
ウリを抱きしめるグンファ。

ベクホはヒジンに子供の前でグンファの母にひどいことを言ったと怒っている。
グンファだけでなく母親まで傷つけることはないと言うベクホ。

それを聞いていたテジン。
テジンはヒジンに何をしたのかと聞く。
ヒジンはグンファにも母親にも会ったと言う。
死んでも付き合うのは認めないと言ってやったと言うヒジン。

テジンは姉さんに失望したと言う。
テジンは家を出て行く。
祖母はその話を聞き、ヒジンになんてことをしたのだと怒る。
祖母はグンファだけでなく母親にも会ったのかと聞く。

グンファはなんて言っていたかと聞く祖母に、最後までテジンと別れるとは言わなかったと言うヒジン。
祖母は母親には何も言わずにそのまま帰せばよかったと言う。
平気な顔をしているからカッとなってしまったと言うヒジン。
祖母はそのせいでテジンは家を出てしまったと言う。

テジンはグンファに電話をするが出ない。
ソノクはグンファに辛いだろうと思うけれどやめた方がいいと言う。
ウリがいなくても生きていけるのかと聞くソノク。
ありえないというグンファ。
この辺で終わりにした方がいいと言うソノク。

グンファは泣き続ける。

スヒョクはソノクにグンファは悩んだうえに別れないのだから無理だろうと言う。
テジンが何かするだろうから待ってみようと言うスヒョク。
ソノクはグンファがあの家に嫁に行くのは嫌だと言う。

ギョンアはサンチョルにチキン屋で起こった話を聞かせる。
グンファの母親にまでに怒ったヒジンを叱ろうとするサンチョルにすでに祖母がたくさん叱っていたと言うギョンア。
そもそもギョンアがグンファの母親だと言わなければよかったことでしょう

テガプはファン調査官と食事をする約束をした。
一緒に行こうかと言うドヒョンにお前の相手ではないと言うテガプ。

ドヒョンはボラにホテルの仕事をしようと言う。
ボラは自分の力で稼ぐと言う。
自立するつもりだと言うボラにドヒョンは、父が結婚以外でお前を家から出すはずがないと言う。

ドヒョンはボラに急に大人になったようだと言う。
ボラはつらかったぶん大人になったのかもしれないと言う。

テガプはファン調査官と食事をする。
テガプはテジンのことを知っているかと聞く。
ファンは自分の部下だったからよく知っていると言う。
若くて怖いもの知らずだと言うファン。

ヒジンはソンヒに電話でテジンの話をする。
それを聞いていたサンチョル。
電話を切ったヒジンにテジンの問題には口を出すなと言う。

そしてソンヒに会うなら近所ではなく遠くで会えと言う。
テジンがソンヒの顔を見たいと思うのかと言うサンチョル。
思わなかったようです

テジンはグンファが来るまで公園で待っているとメールを送る。
グンファは走って行く。
テジンはグンファを見てごめんと謝る。
グンファは泣きながらテジンの胸に飛び込む。

65話

テジンはグンファに姉に会ったことをなぜ言わなかったと聞く。
グンファはテジンのほうがもっと辛いだろうと思ったと言う。
テジンは自分のせいでグンファが傷つくのは嫌だと言う。
テジンは自分がどうにかすると言う。
永遠に一緒にいたいと言うテジン。
いっそ早くわかってよかったと言う。

テジンはグンファの家に行くことにした。

ソノクに謝るテジン。
ソノクは勝手に店に行った自分が悪いと言う。
立場を変えて考えたらお姉さんの言っていることは理解できると言う。
しかしいい気はしないと言うソノク。

ソノクは大人だから交際には口を出さないけれど心配だと言う。
グンファが同じような立場の人と出会えたら心を楽に暮らしていけると言う。

テジンはソノクに自分がきちんと解決すればよかったと言う。
グンファを愛しているから二度とこのような目には合わせないと言うテジン。
ソノクは、今夜は遅いから帰ってくれと言う。

テジンの帰りを待っていた祖母やサンチョル。

テジンは話があると言う。
テジンは家族の前でグンファと結婚したいと言う。
心配するのはわかるが努力をすると言うテジン。
祖母は家族全員が反対してもグンファと結婚するのかと聞く。
テジンはそうだと言う。

テジンは今まで結婚など考えたこともなかったし、誰かと付き合うこともなかった。
グンファが最初で最後だと思って許してほしいと言う。
いい言葉ですね~

祖母は勝手にしろ、しかし結婚は認めないと言う。
サンチョルはテジンに気持ちはわかるが家族全員が反対しているのだから一度くらい考え直す誠意を見せろと言う。
女のために家族を捨てる気かと言うサンチョル。

ヒジンは自分が口を出したためにテジンが止まらなくなってしまったと泣く。
ベクホは好きな人が自分のせいで傷ついたのだから仕方がないと言う。
見合いの話が来た時にテジンはグンファと結婚することを決めていたのかもしれないと言うベクホ。

ヒジンはテジンに自分が悪かったと言う。
付き合ってもいいから結婚はやめてくれと言う。

スヒョクはグンファに男を見る目があると言う。
グンファは、予想はしていたけれど実際に直面すると辛いと言う。
スヒョクは、テジンはもっと辛いはずだと言う。
テジンはお前の勇気のある姿が好きだと言っていた、辛くても別れられないのなら耐えるしかないと言うスヒョク。
耐えられるでしょうか?

交番にファン調査官が来た。
ファンはテジンとグンファに会えてよかったと言う。
ファンはテジンに近いうちに本庁に戻すつもりだから準備をしておけと言う。
グンファには殴り合いをしたくせに随分出世をしたものだと嫌味を言う。
さんざん交番にいる警官たちを馬鹿にして帰って行くファン。

イ警部はテジンに本庁への異動願いを出したのかと聞く。
出していないと言うテジン。
なぜあんなことを言ったのだろうと不思議に思うイ警部。

ドヒョンは_テガプにファン調査官と会ったのかと聞く。
テガプは、ファンは自分の敵だと思う相手を引きずり降ろすのがうまいと言う。
彼を敵にしたために辞めた人間も多いと言うテガプ。
ファンには近寄らない方がいいと言う。
ドヒョンはわかったと言う。
グンファ絡みで近寄ることになりそうな予感

万能クッカーの会社の女社長がボラに会いにきた。
料理教室で万能クッカーを使ってほしいと言う女社長。
女社長はスヒョクたちに広告を作ってもらうことにしたと言う。
スヒョクのことを本当にいい人だと褒める女社長。
ボラは自分も手伝えることがあったら協力すると言う。

ソンヒはヒジンにテジンに会ったと言う。
何も言わずに行ってしまったと言うソンヒ。
ヒジンは、テジンはお母さんのことを恨んでいるから理解してあげてほしいと言う。
ヒジンは積み重なった感情はなかなか解けないと言う。
簡単にほどけたヒジン

警察の正装姿に着替えたテジン。
グンファについてこいと言う。
テジンはムクゲの咲く公園に連れて言った。
グンファはムクゲの花を見せて私に元気を出せと言いたいのかと聞く。

テジンはお前の隣には俺がいるからお前のことは心配していないと言う。
テジンはグンファに愛していると言い、プロポーズをする。
抱きしめられたグンファは泣く。

66話

グンファはテジンにプロポーズをするために正装をしたのかと聞く。
そうだと言うテジン。
正装して髪を上げているテジンはかっこいいと言うグンファ。
私はたらしているほうが好きです

テジンはプロポーズの答えを聞いていないと言う。
答えられないグンファに周りではなく俺だけを見ろと言うテジン。
グンファはそうしたいけれどテジンと幸せになるとウリに申し訳なくなると泣き出すグンファ。
テジンはウリのいい父親になる努力をすると言う。
母がいなくなって冷たくなった俺の心をお前が温めてくれたようにウリに愛を注ぎたいと言うテジン。

祖母はテジンの意固地も長く続かないだろうと言う。
初めて家族を困らせているだけだと言う。
今は辛くても過去の話になると言う祖母。
プロポーズをしたと知ったら大変!

家に帰ったグンファはスヒョクにプロポーズされたと言う。
すぐにオッケーしたかったけれど急に怖くなったと言う。
夫が亡くなったのが衝撃だったからまだ傷が残っているのだろうと言うスヒョク。
スヒョクは、テジンは信頼できると言う。
グンファは自分がお荷物になっているような気がすると言う。
スヒョクは、テジンは辛くても幸せなはずだと言う。

テガプはドヒョンの仕事ぶりに満足している。
テガプはボラとジェヒはどうなっているのかと聞く。
ドヒョンはあの2人をくっつけようとするなと言う。
そんなことをしたらボラは外国に行ってしまうかもしれないと言う。

ドヒョンはテガプに最近ソンヒのことを信頼していないようだと言う。
テガプは俺が信用できるのはお前だけだと言う。
この仕事がうまくいったら女を連れてくるのだろうと聞くテガプ。
ドヒョンは連れて来たら絶対に賛成をしろと言う。
連れてくる日が来るのでしょうか

ボラはソンヒに自立しようと思うから味方になってほしいと頼む。
ソンヒは私も自由になりたいと言う。

ソンヒはヒジンからサンチョルが再婚した相手は初恋の人だと聞いた。
ソンヒはそうでなければ再婚などする人ではないと言う。
ヒジンは反対にソンヒが一緒に暮らしているテガプのことを聞く。
経済力のある人だと言うソンヒ。
家族も最初は気を使っていたが今はうまくいっていると言う。

テジンはヒジンとビールを飲んで話をする。
ヒジンは私のことを怒っているだろうと聞く。
ヒジンはテジンの結婚を夢見ていたと言う。
テジンは謝る。
謝るなら考えてみてほしいと言うヒジン。

テジンはグンファにプロポーズをしたと言う。
ヒジンはなぜ私に相談をしないのかと怒る。
テジンは姉さんが他のお母さんと一緒になって自分を育ててくれたのはわかっていると言う。
ヒジンは私のために幸せになってほしいと言う。
テジンはグンファと一緒にいるのが幸せだと言う。
俺の幸せを願ってくれと言うテジン。

ソンヒはテガプになぜサンチョルを辞めさせないのかと聞く。
命の恩人だと言うテガプ。
ソンヒはドヒョンが、サンチョルが私の元夫だと知ったらどうするのだという。
テガプは明日会社に来いという。
お前の手でサンチョルを解雇させてやるという。

翌日テガプの車が停まったのでドアを開けようとするサンチョル。
車から降りて来たのはソンヒだった。

64~66話感想

テジンはプロポーズしましたね。たしか亡くなったグンファの夫もプロポーズするとき正装をしていましたが、警察官がプロポーズするときは正装するものなのでしょうか?
自分がなんとかすると言ったテジンは一番手強いヒジンから説得に入ったようです。
グンファと付き合ってもいないドヒョンはグンファを家に連れて来る気満々です。そんな日が来るのでしょうか。来たとしたら大どんでん返しですね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください