恋の記憶は24時間-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-恋の記憶は24時間-あらすじ-9話-10話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

恋の記憶は24時間


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
芸能界復帰を徐々に成し遂げていくキップン。事務所がキップンの出演するための番組を撮ってきたことで喜ぶ面々。
キジュンが提案して、みんなで山へ遊びに行くことに。とても嬉しそうな事務所のスタッフ。そしてキップン。
芸能界復活への道のりはまだ始まったばかり。そしてマソンもまた、キップンがいる場所へ行き、二人は二人の時間を過ごしたことでマソン。
ついに3年前の記憶を取り戻しました!それも突然です!記憶を戻したマソンは急いでキップンの元へ行き、3年前にキップンに言った言葉でそのまま告白をしてキスをしましたね。とても暖かいキスシーン。
今回はどうなっていくのでしょうか??

スポンサーリンク

【恋の記憶は24時間】(ネタバレあり)

9話

3年前の記憶を取り戻し、告白しキスをしたマソンとキップン。
二人はみんながいる、場所へ戻るためにヒーリングマウルの中を歩きます。

その場には・・・ハインとキジュンの姿もありました。

キップンを呼び出すハイン
二人きりになって話をすることに。

マソンもキジュンと二人で話をすることにしました。

キップンを呼び出したハインは、キップンにキジュンのことが気に成ると話します。
いつの間に⁇(´Д` )

実はキジュンもハインの事が気になっていました・・・。

うまく収まるように収まったカップルたち。

自宅へと帰った面々。
マソンは自分で歩けずに秘書たちに抱えられるようにして、自宅へと帰ってきます。
しかし自宅の暗証番号もわからないマソン。
記憶が失われて行っているようです

マソン自身も自分の記憶が日々、曖昧で途切れ途切れになっていっているのを感じていました。

心配なマソンは主治医のもとを訪ねますが、主治医はマソンを親身に治療するつもりはなく、マソンに対して何かを目論んでいるようです。

一方のキップン
幸せ絶頂の中、オーディションに出るために準備をしています。

キップンは自宅の暗証番号がわからないと、マソンからの電話でマソンの自宅へと向かうことに。

何とか自宅へと入れた二人。
ほっとします。暗証番号をどうにかしないと

着替えが終わったマソンはキップンに3年前の話をします。
3年前、キップンに会えなかったのは事故にあったのが原因だと。

キップンもずっと気になっていたことを話します。

マソンの話を聞いて心が痛んでしまうキップン
キップンのせいではないよ!
その後も記憶が曖昧になっていくマソンは、ビジネスにおいても記憶のせいで失敗してしまいます。
落ち込んだマソンはキップンの家の前に行くと、キップンに電話をしてご飯を一緒に食べたいと話します。

キップンは家族の晩御飯を準備していたため、マソンに行けないと断ったもののどうしても気になります。

そのためマソンに電話をかけ直すキップン
そしてなぜかキップンの家族と食卓を囲むマソン。

マソンは自分を受け入れてくれた、キップンの家族の温かさに嬉しさを噛み締めます。
ある意味、マソンはずっと孤独だったもの。よかったねマソン

キップンのオーディションの日。
マソンはキップンに花の道を作って、精一杯の応援をしますが・・・・。

スポンサーリンク

キップンはオーディションに参加しませんでした。
ハインの事務所の社長であるキム。
キムによってキップンはダメージを受けます。

3年前のマソンの事故は、キップンのせいで起きたことであり、マソンが記憶障害を患っているのも全てキップンが原因だと話します。
キムって本当に悪行の限りを尽くしていますよね(`_´)ゞ

大粒の涙をこぼし、泣きじゃくりながら歩くキップン。

そこにやってきたのは・・・・。

スポンサーリンク

10話

涙をこぼし泣き噦る、キップンの後を追ってきたのはマソンでした。
マソンを見たキップンは、自分が行ってきた言動を泣きながら謝ります。
いつもキップンを守ってくれるのはやはりマソン

マソンはキップンの自宅に行くと、キップンの家族らに付き合っていますと伝えます。
父親は大喜びでマソンにお酒を勧め、マソンは断れないためお酒を飲みます。

その後、眠ってしまうマソン
キップンの家に外泊しちゃいましたね(^_^)

キップンはキムに言われた言葉が頭から離れません。
それでもキップンは、マソンに洋服をプレゼントするために、マソンの洋服を製作します。

キップンに友達はこう言います。

“マソンが記憶障害なのはロマンチックだね“と。
友達優しいです。二人は何があっても運命だと言いたいのかな

マソンに女の影を感じたコモ(キジュンの母親)は、キップンについて調べ始めます。

そんなことなど知らないキップン
マソンと電話でデートの約束を・・・・。

キップンとデートを約束し、幸せ気分のマソンにコモはお見合いを勧めます。
完全に何か企んでいます
キップンもマソンとのデートの日に、オーディションが入ってしまうことに。
仕方なくデートをお互いに取りやめたマソンとキップン。

キップンはオーディションの場所へときます。
そして永遠に指導を受け続けることに・・・。
どうしてゴルフ場なんかで??

そして・・・そのゴルフ場であってしまうマソンとキップン。

その後もなんでもお金で解決できると信じているコモ
キップンの家族を取り込もうと、化粧品・バイクなど高額なものをキップンの家族に渡そうとしたりします。

キップンの家族に圧力をかけようとするコモ
悪女ですね。悪行の限りを尽くそうとしている

秘書からコモの話を聞かされたマソン
マソンはキップンに会うために、3年前と全く同じような状況に出くわします。

照り輝く太陽の日差し。
横断歩道・・・・。そして聞こえる車の行き交う音・・・。

マソンは3年前、自分が事故に遭う直前の出来事を思い出します。

“あいつだ!”

スポンサーリンク

感想

キジュンの母親であるコモが、本格的にマソンに対する実力行使に出始めました。必要なほどのお金・権力に対する執着。これを息子であるキジュンが知った時、どう思うのか?どれだけ苦しむのか?落胆するのか?考えないのでしょうか?息子よりもお金、権力、地位が全てなのかとすら思います。
キップンも偽のオーディションを受けされられたり、家族に対する不可解な出来事に困惑し戸惑います。
しかしこのくらいではまだ終わりそうにもなく・・・。この先の二人が、とても心配です・・・。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください