恋の記憶は24時間-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-恋の記憶は24時間-あらすじ-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

恋の記憶は24時間


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
3年前の記憶についてなんとか取り戻したいマソン。
キジュンの母親であり会長でもあるコモが、マソンを陥れようとしているのが見ていてとても嫌な気持ちにさせます。人は誰かの心を尊重するよりも、権力やお金、地位や名声を選ぶ人ばかりなのでしょうか?
世の中にはいろいろな種類の人間がいますが、コモのような人間ばかりだとは思いたくありませんよね。マソンはキップンに会うために、横断歩道を渡ろうとしていましたが、その時に偶然にも3年前の記憶が蘇ってきます。
3年前と全く同じ状況が起きたから・・・。記憶を思い出したマソン。マソンはキム・ボムスと対峙しようと考えます。

【恋の記憶は24時間】(ネタバレあり)

11話

記憶を思い出したマソンは、漢江のたもとでキム・ボムスと会います。
一人で行って大丈夫なのかな?

やってきたキム・ボムス

キムに対してマソンは3年前のことを話します。
3年前に起きた出来事のすべてを思い出した。
警察に出向きキム・ボムスと対決することを伝えるマソン。

それでもキム・ボムスは表情を崩すことはありませんでした。

マソンは早速、自分の秘書に3年前の件について話します。
目撃者として名乗り出ると決意したマソン。
秘書もマソンの決意を尊重して、マソンのサポートにつくことを決めます。

鮮明な記憶をもっと手繰り寄せたいマソン。
秘書がマソンの食事のために、近くの中華料理の店に連れて行きます。

店内に入り席に着いたマソン
再度マソンの脳裏に記憶が・・・。

店の作り、出てきた飲み物のお茶。
3年前の記憶がもっとよみがってきます。

一方のキップン
キップンも3年前、殺人事件の容疑者として疑われた事件について、警察の事情聴取をもう一度受けることになります。
たった一人で警察の事情聴取を受けるキップン。
キップン頑張れ!!

店の作りやお茶などから、中国での記憶をもっと思い出したいマソン。
マソンはお茶や店内の中国を感じることができる、匂いを嗅いで思い出そうと考えます。

マソンは自分のすべてでキップンを守りたいと考えていました。
もし思い出すことが、自分の命を縮めたり病気を悪化させることになったとしても、キップンだけは守ってあげたいと思っているんだよね

警察の聴取を受けるキップンに、マソンは優しい言葉をかけます。

「これからは僕がキップンを守る。だから何も心配しないでいいんだ」

そうキップンに伝えたマソン。
マソンは目撃者として警察に・・・。

そこへやってくるキム・ボムス
マソンが警察に証言をしたことで、キップンの殺人事件の容疑者としての名誉は回復されることになります。
喜ぶ家族や事務所のメンバーたち。

しかし気がかりなことがありました
マソンの体調がどんどん悪化の一途をたどってしまいます。
マソンはキップンに心配をかけないために隠すんですよね

一方のキム・ボムス
自分の逮捕が近いのが確実になリます。
マソンになんとかして、この仕返しをしてやりたいと考えていました。

12話

マソンは自分が患っている記憶障害(シンデレラ症候群)のことを、世間に隠すことなく公にすることを決めるとすぐに行動に移します。

マソンの病気は瞬く間にマスコミで報道され、韓国中にいる誰もが知ることとなります。

キジュンも報道によって、マソンが記憶障害を患っていることを知ります。
マソンの病気のことを自分だけが知らなかったことに、キジュンは傷ついて会場から去っていきます。
キジュンはコモとは違っていい人間だから、自分だけが知らなかったことに少しショックだったのかもしれませんね

キジュンが出て行くのを見たマソン。
急いでキジュンを追いかけます。

追いかけてきたマソンと喧嘩をしてしまうキジュン。
キジュンは自分が知らなかったのが悲しくもあり、もしかするとマソンを失ってしまうことになるかもしれない。
その恐怖心から心にもない言葉を言い、喧嘩してしまったのでした。
キジュンの気持ちもよくわかります

マソンが去った後、キジュンは一人子供のように泣き崩れてしまいます。

キジュンが一人、大泣きする駐車場にハインが・・・。
キジュンを支えることを決めたのでした。

世間に病気を公表したことで、マソンは世論を味方にすることに成功します。
全てはキップンを守るためですね

その後、ハインとキジュンは告白をしあって、二人はカップルになります。
キップンもマソンにご飯を作りますが、マソンには味がわかりません。
ご飯の味がしないって辛い。甘かったら甘い。辛かったら辛い。
そう感じたいし、美味しかったら美味しいって言いたいもの

仕返しを考えていたキム・ボムス。
警察に自分で仕立て上げた、偽物の証拠を提出します。
3年前の事件の証拠品であり、キップンの私物だと言い張るキムは、このことによって事件を蒸し返すのです。

そして世論もこの事件について知り、騒動になってしまうことに。

キップンは3年前の事件についてニュースになっていることに気づきます。
それはキップンが容疑者として扱われているもの・・。

急いでキムの元へ向かったキップン
その頃、マソンは記憶が行ったり来たりを繰り返しながら、3年前の決定的なことを思い出しました。
キム・ボムスこそが犯人だと!

感想

会長のコモに負けず劣らず、キム・ボムス。
相当にあくどい人間ですね。キジュンがマソンを思う優しさも知ることができた回でした。マソンの病気を知り、駐車場で一人大泣きするキジュンの姿は、まるで小さな子供が大切な人を失ってしまったかのような泣き方。その光景は見ていて大変悲しかったです。キップンを必死で守り続けるマソンもとても男らしくかっこよかった。
残りもあと4話。マソンとキップンはもちろん、キジュンにも幸せになってほしいと心から思っています。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください