悪い刑事-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-悪い刑事-あらすじ-9話-10話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

悪い刑事

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ソンジェがテヒの存在を知っていたのはなぜでしょうか?
もし記憶を無くしておらず、テソクに近づいたとしたら、復讐という可能性もありますよね!ソンジェは一体何を企んでいるのでしょうか?

今回は9話からお伝えしていきますね♪

【悪い刑事】(ネタバレあり)

9話

テソクは妻ヘジュンの家に忍ばせていた監視カメラの映像を復旧させるようジドゥクに頼む・・カメラにはヘジュン殺害時の映像が映っていたはずだが、チョン捜査隊長が消した様子。
テソクにとって、この動画を見るのはかなり辛いことですよね・・

ある日、また殺人事件が起きる。
現場に行くと野次馬の中にある怪しい男性が・・その男性を追いかけるテソク。
その男は自分が働いている解体工場の地下まで逃げる・・その中に入っていくテソク・・すると背後から仮面をつけ、テソクを襲う犯人。
結局、ヒョンミンではないようですね・・

しかし、テソクは犯人の腕に噛みつく・・そこに「チーム長!」と叫ぶドンユンの声がし、逃げていく犯人。
その後、犯人の血液を鑑識に回し、前科者データと照らし合わせるよう指示するテソク・・どうやら噛みついた時に血液を口の中に含んでいた様子。
テソクの犯人を捕まえるという気持ちと根性にびっくりです!!

その後、ジドゥクから「データ復元完了」というメールがテソクに・・覚悟をして再生するテソク。
そこにはヒョンミンがヘジュンを殺害する映像と、「あなたにはもうテヒしかいない・・仲直りして」というヘジュンの姿が・・そして「もう話さない方はいい」と止め、救急車を呼ぶソンジェの姿も写っていた。
・・今まで我慢していた涙が溢れるように号泣するテソク。
ソンジェの話は全て本当だったんですね・・

ある日、仮面をつけた連続殺人犯は防犯カメラに生中継しながら、殺人を犯していく。
その光景は警察内に流れており、その犯人に襲われながらも命を取りとめた被害者ジュヨンがそれを見てしまい、恐怖で発狂する。

その後、ドンユンとガヨンは、ジュヨンを家まで送ることに。
ジュヨンは家の仲間でついてきて欲しいと、女性刑事のガヨンに同行を頼む・・部屋に入る2人・・。
しかし、その頃、外で待機しているドンユンの車に、仮面をつけた殺人犯が!!
テソクに「チャン・ヒョンミンだ。チェ刑事(ドンユン)は預かった」と殺人犯から連絡が・・。
犯人は警察を相手にするなんて、なにか企んでいるのでしょうか?

現場に向かうテソク・・どうやら車の中でドンユンは犯人と争い、その後拉致した様子・・車内には血がたくさんついていた。

ドンユンの行方を必死に探すテソク達SNSチーム。
しかし、犯人は前科者でもなく、手掛かりがない状態・・そこに非通知でテソクに連絡が。
するとドンユンの悲鳴が・・「要求はなんだ?」と聞くもあざ笑うような解答ばかりで、核心を話さない犯人・・すると電話を切るテソク。
電話を切ると犯人の要求が分からないのに・・

その後、ガヨンに犯人から連絡が・・しかし「出るな。犯人はいかに俺たちが無力かを証明したいんだ。だから電話に出て、チェ刑事の悲鳴を聞いたら、チェ刑事は死ぬ」と話すテソク・・。

10話

犯人は警察が電話を取らないことに苛立っていた・・そんな犯人に「どうして仮面をつけているんだ?」と聞くドンユン・・すると仮面を取り「(殺人の)効率があがるからだ」と笑う犯人。

一方、マンス射殺の件で監察の調査を受け、困っているチョン捜査隊長。
そこに密輸犯でグクインターナショナル代表のハ・ビョングクが近付き「観察に金を握らせないと」と声を掛けてくるも断るチョン捜査隊長。
またしてもチョン捜査隊長に甘い悪魔のささやきが・・

捜査に息詰まるテソク。
するとチェ刑事誘拐事件捜査本部が立ち上げられ、チョン捜査隊長が指揮を取ることに。
その様子を冷ややかな目で見ているテソクは「公開捜査は反対です」とSNSチームは参加しないと話すも、ドンユンが心配なガヨンは捜索に参加することに・・そんなガヨンをフォローしてやって欲しいとムンギに頼むテソク。
テソクはガヨンの気持ちも分かるからこそ、送り出したんでしょうね

チョン捜査隊長は公開捜査に切り替え、大々的に捜索をしている。しかし警察庁長官にやっている振りを見せればいいだけと考えているようで、ドンユンを捜すことが目的ではない様子。しかもドンユンが生きているとは考えていないようだ。
その上、記者に「人質交渉失敗」という記事を書かせ、テソクに責任を取らせる様子のチョン捜査隊長。
チョン捜査隊長はどこまでも最低な人物ですね・・

その事に気付いたソンジェは、テソクを薬で眠らせ、動けなくする。
「こうやって動けない間にチェ刑事が死んだら、私のせいにすればいい。自分のせいだと思い込みすぎて脳が疲れるの・・人のせいにして負担を軽減すればチェ刑事も見つかるわ」とテソクを心配している様子のソンジェ。
ソンジェはテソクのことをよく分かっているようですね・・

その後、テソクは被害者に前科ありという共通点があることを発見する・・調べると担当は退職したコ・ジュソンという警察官だった。
どうやら警官時代、女子高生を取り締まった際に逆に暴行を受け、その動画を拡散された挙句、“ビビり”とネット上で言われている男で、被害者は全てその動画に映る人物達だったのだ。
まさか元警官だったとは・・

ジュソンの妻に「親戚に譲り受けた銭湯がある」と聞き、そこへ向かうテソク。
中に入ると、すべてのお湯が出され、ボイラ室では蒸気があがり、その中で縛られ、気を失っているドンユンを見つけるテソク・・すぐに病院へ搬送され、一命を取り留めるドンユン。
・・テソクがドンユンを救出したという一報に怒りを露わにするチョン捜査隊長。
ドンユンが死ななくて本当に良かった・・

すると、ある変死体が発見されたと連絡を受け、現場に向かうテソクとチョン捜査隊長。
その遺体の首の刺し傷を見ると、見覚えがある傷口・・チャン・ヒョンミンの仕業の様子。
死んだはずのヒョンミンが生きていることを核心するテソク・・。
本当にあのヒョンミンが生きている!?そんなことがあるのでしょうか・・

一方、殺人犯ジュソンは当時、動画を撮影していた人物で一番初めに襲ったものの一命を取り留めた人物ジュヨンを殺害しに向かっていた。
その頃、記者としてソンジェはジュヨンの取材をしていた・・しかしジュヨンはトイレに行っている所を狙われ、拉致されてしまう・・。

悪い刑事~THE FACT~ 9話・10話 感想

ドンユンが殺されかけているシーンや悲鳴はかなり見るのが辛かったです・・。
ドンユンはきっとテソクやSNSチームのメンバーを信じていたのでしょうね!最後まで諦めなかったし、最後まで刑事として犯人と向き合っていたように思います!テソクの元でたくさんの物を学び、成長したんだろうなと思いました。
そんな中、息詰まっているテソクをやり方は荒いですが、心配しているソンジェ。記憶があるなしに関わらず、テソクのことをかなり気に掛けていますよね~好きなのかな?
そして、ヒョンミンが生きている可能性が出てきました!ヒョンミンは不死身なのでしょうか?wwもし生きているとしたら・・考えるだけで恐ろしいです!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください