悪い刑事-あらすじ-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-悪い刑事-あらすじ-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

悪い刑事

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

性犯罪者ばかりを狙って、制裁する人物。
なぜ性犯罪者ばかりなのか、そこに制裁者の正体や意図を知るヒントが隠されていそうです!一体、どんな理由や背景があるのでしょう・・気になりますね。

今回は17話からお伝えしていきますね♪

スポンサーリンク

    【悪い刑事】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    17話

    制裁者を追う最終に1人の警官が意識不明の重体に・・しかしチャンは元気に回復中・・複雑な心境のテソク。
    そんなテソクは世間からチャンを助けたことで批判を受けていた。

    テソクはソンジェを呼び出し、記憶がいつ戻ったのかを聞く。
    「13年前の記憶だから何だか他人の書いた本を読んでる気分だわ」「自分のせいで母親が殺され、自分だけ逃げるなんて理解出来ない」「死んでいく母親の顔が頭から離れない‥思い出したくなかった」と話すソンジェ。
    ソンジェには辛すぎる記憶ですよね・・

    そんなソンジェに「すまない。何をすれば許してもらえるか」と謝るテソク。
    しかし「思い出した以上、何もなかったことにすることは不可能。どうしたら許してもらえるか分からないなら、聞かないで」と去って行くソンジェ。
    ソンジェは完全にテソクに心を閉ざしてしまったのでしょうか?

    その後、テヒのパン屋のケーキを持って実家に向かうソンジェ・・。
    電話をかけ「着いたわ。いつ来るの?」と誰かを待っている様子。
    誰に電話をかけているのでしょうか?

    一方、テソクは制裁者はウジュンという男性で、その妻ユジョンがクォン・スチョルという性犯罪者に性的暴行を受け、亡くなっていることを調べる。
    だからクォンのような性犯罪者を制裁していた様子のウジュン。

    そこでクォンをおとりにウジュンを呼び出す作戦に・・そこでクォンに面会に行き、警護をつけると話すテソク。
    しかしクォンは「制裁者はカン・ウジュンとかいうくそ野郎だろ?」と全く罪を反省していない様子・・するとテソクは「ここを出たら被害者や遺族に贖罪する気持ちで命尽きるまでひっそりと暮らせ。そうでなかったら俺がお前を殺す」とクォンを睨む。
    クォンという人物はかなり最低ですね!ウジュンの気持ちも分かる気がします・・

    ある日、ウジュンは自分の正体を動画で配信する。
    妻の事、クォンの事を全て話し、クォンを殺害するかどうかを視聴者の投票に委ねることに・・国民の同情を買うも、ネットはクォンを生かせという書き込みで溢れていた。
    ウジュンはクォンを殺せと世論が味方してくれると思って聞いたんでしょうね・・

    クォンを餌にウジュンをおびき寄せるテソクたちSNSチーム。
    そこに現れ、クォンを襲い、屋上から突き落とそうとするウジュン・・すると「お前のしていることが正義だと認められたかったんだろ。しかし、世間の選んだ結果が違った」「”出張に行かずにそばにいてやったなら、助けられたのに“と後悔しているのかもしれないが、奥さんは夫が殺人犯になることを望んではいない」と説得するテソク。
    ヘジュン救出に間に合わなかったテソクはウジュンの気持ちが分かるのでしょう・・

    するとクォンを解放したかと思ったその時、クォンの頭を鉄棒で殴り殺害し、屋上から飛びおりようとするウジュン・・「俺と同じだと思ったのに・・」と話すウジュンに「俺は自分のしたことを正当化したことはない」と答え、逮捕するテソク。
    クォンのした事は悪い事ですが、だからと言って殺していいわけではないですよね・・

    その後、納骨堂にテソクを呼び出したソンジェ。
    「許してあげてもいいわ。そのかわり、条件がある」「養父母を殺した犯人を捕まえて・・それがもし私だとしても・・」と話すソンジェ。
    ソンジェの狙いとはなんでしょう?

    帰宅したテソクは郵便受けに届いていた箱を開ける・・するとそこには血のついたハンマーが入っていた・・。

    スポンサーリンク

    18話

    ハンマーを鑑識に出すテソク。
    するとハンマーについていた血液はソンジェの義両親と飼い犬のもので、犯人の指紋はないものの、これが凶器で間違いないという結果が出る。
    犯人はソンジェ?それとも別の人物?

    ある夜、銀行員のクォン・ジスクが寝ていると何者かに殺され、犯人はジスクの制服を奪って逃走する。
    ・・通報により、現場に向かうテソク。すると過去に起きた銀行員連続殺人事件との類似点が多いことが判明。犯人は持ち去った制服は今のものではなく、過去の事件当時の制服のようだ・・そして、当時、ジスクのみが殺人未遂で助かった人物だったのだ。
    過去の事件と関連がありそうですね!

    当時の犯行内容は外部には漏れておらず、当時の犯人か、もしくはその情報を知っている犯人に通じている者なのか・・そこで当時の担当刑事を調べるとチョン捜査隊長の名前が・・。

    一方、チョン捜査隊長はチェ議員に「ハンギョル病院の院長が困っているから助けてやって欲しい」と賄賂を受けとる。
    どうやらハンギョル病院のイ院長の息子の友人を助けようと、自分の病院に搬送したが、死亡・・それを医療事故だとその息子の母ブギョンがデモをしている様子・・「どうにか穏便に・・」とチョン捜査隊長にお金を渡すイ院長。
    チョン捜査隊長は裏でこんな悪いこともしていたんですね・・

    ブギョンにデモを辞めるよう説得に行くチョン捜査隊長・・しかし「辞めるかわりにウ刑事(テソク)に会わせて欲しい」と交換条件を出してくる。

    その頃、当時の銀行員殺害事件の容疑者5人のアリバイを調べるとイ・ソンハクという人物だけが連絡が取れない状況。
    その後、ソンハクの住所を特定し、テソクたちは家へ向かう。
    すると、テソクたちが来るのを待っていたかのように、迎え入れるソンハク・・その後、当時の殺人事件について「私が殺した」と自白し、証拠となる殺された3人の制服を見せる。
    ソンハクもまた自分の殺人が完璧だと世に知らせたいタイプのサイコパスなようですね・・

    警察に連行し、取り調べるも当時の犯行資料とソンハクの供述が一致・・しかも時効が成立してしまって逮捕が出来ない状況。「警察をあざ笑う日を待っていたんだ」と反省していないソンハク。
    「当時ジスク殺害に失敗した理由は?」と聞くテソク・・すると「ジスクの女友達が来ていたからだ」と話すソンハク。

    その話を聞きたテソクは当時、襲われたジスクを助けた同僚のジョンスの証言が嘘だと分かり、ジョンスを呼び出すことに。
    ・・「実はジスクさんと不倫関係にありました」と話すもジョンスはジスク以外の女性は見ていないと話す・・。

    スポンサーリンク

    悪い刑事~THE FACT~ 17話・18話 感想

    妻が性犯罪者に暴行され、殺され、そんな妻を助けられなかった後悔から制裁者になってしまった様子のウジュン。ウジュンの気持ちが十分すぎるくらい分かるからこそ、制裁することに賛成してあげたい気持ちもあるけれど、やはり殺人はいけないこと。それは許してはいけないですよね・・。でもウジュンの気持ちを思うとやりきれないだろうなと思ってしまいます。どうか罪を償い、立ち直って欲しいですね!
    そして記憶を取り戻したソンジェは、テソクを挑発するような行為をするのはなぜなのでしょうか?復讐するため?それとも違う意図があるのか・・気になりますね!

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2件のコメント

こんにちは!
悪い刑事を何話か見逃したのでこちらで確認しようとしたところ、無法弁護士?に飛んでしまいます…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください